狭小住宅とリフォームの三代目工務店(中央区・江東区・江戸川区・港区・文京区)

自然素材・耐震補強・リフォーム・電化住宅まで。中央区の則武工務店

欠陥住宅裁判 欠陥住宅の購入者が、売り主ではなく施工業者に直接、損害賠償を求めることができるかどうかが争われた訴訟の上告審判決がありました。

 裁判長は「建物の基礎や構造にかかわるような重大な欠陥でななくても、施工業者が賠償責任を負う場合がある」との判断を示した。

 耐震強度偽装事件でも問題になったように、建物に欠陥が見つかっても売り主が倒産するなどして補修費用を負担できないようなケースでは、購入者の泣き寝入りを強いられることが多かった。建て売り住宅や分譲マンションの建設業者は、売り主の不動産業者などと建設の請負契約をしているだけで、購入者とは直接の契約関係はないため、損害賠償が認められにくかったからだ。

 だが、この判決では、たとえ直接の契約関係がなくても、建設業者には賠償義務があることを明確に認め、賠償責任が生じる欠陥の程度についても大幅にハードルを下げた。判決ではバルコニーの手すりの欠陥を例示したが、今後は、シックハウスやひどい雨漏りなどにも賠償責任が認められる可能性がある。

 2000年4月に施工された住宅品質確保促進法により。新築住宅の重大な欠陥を10年間、無償で補償する義務が負わされるようになったが、この判決は建設業者にも、住宅の安全に対し重い責任を課せられた

(2007.7.7読売新聞一部抜粋)

★リフォーム&新築工事は則武工務店


 人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

中央清掃工場 横浜市のごみ排出量は人口の伸びを上回って増え続けてきました。

 このままでは焼却灰を埋め立てる処分場が不足し、新たな整備が必要になります。整備費用を節減し、環境の保全をめざし、次代に住み良い都市環境・豊かな地球環境を残すために、 平成22年度のごみ排出量を平成13年度に対し30%減らすという目標をたてましたG30

 

具体的な取り組み

●ごみゼロオフィスを目指し、古紙(OA紙、新聞紙、雑誌、段ボール、ミックスペーパー)の分別を徹底する。 

●飲食店等から発生する生ごみを、肥料や飼料にリサイクルする。
●缶・びん・ペットボトルごみとして出さずに、納入業者や回収業者に引き取ってもらう。

●地域、業種、業態別の減量・リサイクル活動に積極的に取り組む。
●適切なリサイクルや処理・処分が行えるように、商品情報を公開する。

●長持ちする商品を作り、環境負荷を少なくする。
●リサイクルしやすい商品の開発に取り組む。

●資源化技術の開発に取り組む。
●使用済み商品を回収・リサイクルする。

●飲料容器、パック等の容器包装類の店頭回収を進める。
●商品が壊れた場合の修理体制を確保する。 

 横浜ランドマークタワー

 その結果、平成13年度は横浜ランドマークタワーの12杯分だった横浜市のごみの量が、平成18年度には約8杯分にまで減少。

 2つの焼却工場(栄工場、港南工場)が廃止になり,予定されていた工場の建て替え費用1,100億円が節減に。運営経費も毎年30億円削減。ただし。ごみのリサイクルなどの新たな経費に平成17年度は24億円かかっているので、毎年6億円の経費節減ということになります。

 平成13年度に比べ、平成17年度の二酸化炭素は75t減少。これは約5、400本分のスギが1年間に吸収する量に相当します。(横浜市の1.2倍の面積にスギを敷き詰めたのと同じ効果)

 横浜市は平成17年度以降、分別収集を拡大したため、大幅なごみの削減に成功しました。大切な地球のために一人一人の心掛けが大切ですね!!

 ★リフォーム&新築工事は則武工務店


    人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 

 施工の第一段階は、 基礎工事です。適切な基礎をつくるには事前の地盤調査が不可欠です。建築基準法では地盤調査を要求していないから不要という業者もいますが、大変危険です。

ロータリーボーリング

 

 この現場は木造2階建てを解体して、鉄骨造5階を建てる予定です。

 ご覧の通り、ローリングのやぐらが敷地狭しと建っています。解体工事の途中で地盤調査を先行するため、やぐらが建てられるように天井と床をこわしました。

 この調査方法は「標準貫入試験」と言います。目的は成層状態の調査及び地盤の強さ(N値)の測定。有効可能な深さは50mです。一般に先行調査用として、全ての土に使用できます。

 

 

 

 平成12年に施行された「住宅品質確保促進法」(品確法)では、柱などの構造躯体と同じく、基礎も10年保証(瑕疵担保責任)の対象となっています。地盤調査を行わず基礎をつくり、10年以内に欠陥が発生すれば、施行業者は無償で補償しなければなりません。地盤調査は行うのが当然と言えます

 「地盤」とは建物を支える地表付近の土のことです。地盤というとき、2つの意味があります。ひとつは、一定範囲のエリアについて地形の成り立ちから、強い地盤か弱い地盤かということです。たとえば、水が集まる低地や海岸沿いの埋立地は地盤が弱いとされてます。もうひとつは、具体的に建物を建てるとき、その敷地がどれくらいの重さの建物まで支えられるかということです。

 土地を探すときには、前者の意味(一定範囲のエリア)で地盤の善し悪しをひとつの判断材料にします。そして、いざ建物を建てるときには、後者の意味(地耐力)が問題になるのです。

 一戸建ての場合は地表から5mほどの深さまでが大事で、その深さまでに、柔らかい地層(自沈層)がないかどうかがポイントになります。その範囲の地耐力が3トン(1崚たり)あれば、比較的良好な地盤といえるでしょう。

 ★リフォーム&新築工事は則武工務店


    人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 

落雷 関東地方は梅雨入りしましたね。この不安定な時期から夏にかけてのシーズンは雷が多く発生します。

 落雷による災害事故は毎年発生し、平成17年には6人の死者・行方不明者と26人の負傷者が出ています(平成18年警察白書より)。

 

 雷の接近は落雷や稲光で知ることができますが、次のような方法でわかる場合があります。

 〇┣擦肪躇

 雷が発生すると、AMラジオ(*)の周波数に近い電波が発生します。このたみAMラジオに「ガリッ、ガリッ」というノイズが入ることがあります。ノイズの感覚が短くなると、雷が近づいていることがわかります。

 帯電に注意

 落雷が起きる前には、釣りざおや傘などの金属部分で青白い光が出たり、釣りざおから火花が発生することがあります。これらの現象が起きると、いつ落雷してもおかしくない、大変危険な状態といえます。

 ★危険を感じたら避難を!

 雷雲は移動速度が思いのほか速いので、落雷や稲光だけでなく、これらの予兆を感じたら、すぐに釣りやゴルフなどのアウトレジャーを中断し、車や建物の中などの安全な場所へ避難しましょう。

 ★横から落雷も!

 高い木には落雷が落ちやすく、落雷が木にあたった場合、幹を伝わり横にいる人にもさらに電気が伝わります。大変危険ですので、木のそばへ避難してしてはいけません。

 *最近のAMラジオはノイズカット機能付の製品もあり、雑音が入らないこともあります。

(東京くらしねっと2007年5月号より)


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 

平成の現在、リサイクルが叫ばれていますが、江戸の庶民は既にリサイクルの文化でした。

  リサイクル・サークル(モノの循環)

リサイクル・サークル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 江戸庶民のリサイクルを図案化したものです。家庭での再生、不用品はこの循環を回ることで、再生品としての価値が生み出されていき、何度も何度も形や姿を変えながら、家庭に蘇っていたのです。

 そして、本当に使えなくなると、燃料化され、その灰も肥料として活用されていました。

 庶民一人一人が、何からモノが作られ、何に再生できるかを生活の知識として知っていたからこそ、この循環が、当たり前のように行われていました。

 現代でも参考になる循環システムではないでしょうか。

 江戸時代には家庭内で不用品となった物を回収したり修理する、様々な再生業者がいました。

 すり切れた着物・破れ提灯・割れた茶碗・古傘・古下駄・木屑・灰・・・・ろうそくのしずくや落し紙(トイレットペーパー)まで、全てが再生業の対象でした。修理したり加工することで、新たな製品として市場のひとつに戻される。リサイクルが江戸の流通の大きな柱をなしていたのです。

 江戸庶民に習って、現代人もリサイクルに心がけてみませんか!!


    人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

我社の工場と周辺がドラマの撮影現場になりました。

題名は今週土曜日(5月19日)深夜に日本テレビで放送の『死ぬかと思ったビビる男 』です。撮影は3月24日土曜日に行われました。

製作会社のスタッフがある日突然現れ、工場をドラマ撮影に使用させていただけないかと打診がありました。工務店を舞台に主人公と工務店の社長との絡みを取りたいとのことでした。銀座で前シーンの撮影があり、移動時間を短くする為、江東区か中央区でロケ地を探していたところ、偶然に弊社を見つけたそうです。この日は特に工場を使用する予定をないし、面白そうなので引き受けました。

「死ぬかと思った」5月19日24:50放送

 

弊社の側道を使い、工務店の社長を脅しているシーンです。たまたま掛かっていたハシゴを即興で利用していました。

写真右の自転車はマイチャリです。(笑)

 

 

 

 

 

 

ロケ隊

 

たった5分程度の放送に朝の9:00〜14:00位まで掛けて。3シーン撮っていました。

スタッフは20人ほどいました。

 

 

 

 

 

 

主人公はお笑いのラーメンズ・片桐仁ですが、私は知りませんでした(笑)

工場の中で、主人公がなぜか万力で頭を挟まれるシーンを撮っていました。興味のある方は5/19土曜の深夜24:50にご覧になって下さい。番組エンドロールに撮影協力「則武工務店」と出るそうです。

謝礼に2万円貰いましたが、みんなでお寿司を取って食べてしまいました。姪っ子はたった2万円しかくれないのと厳しいことを言っておりました(笑)


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

前回に引き続き、 今回は『※特別養護老人ホーム』 の浴室改修仕上げです。

鋼製床敷&モルタル補修(縮小)

 

前回と同様、仕上前の状態です。

 

 

 

 

 

機械浴

 

鉄板とモルタル面の下地の床に2mmの防滑用長尺シートを敷き詰めました。

完成。

 

 

 

 

 

 

機械浴斜め

車いす、ストレッチャー対応型リフト浴槽『機械浴』です。

浴槽は2600mm*996mm H=695mm

写真左がストレーチャーです。

 

 

 

 

ストレーチャーへのアプローチ

機械浴使用方法


 

 

 

 

    

 因みに、機械浴を設置するまでの解体や鉄板敷きの工事費用よりも、機械浴やストレッチャー等の価格の方が掛かります(驚)


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

私が住む東京都中央区には『※特別養護老人ホーム』  は2ヶ所あります。今回その中の1ヶ所の施設の浴室改修を施工しました。

浴室改修前

浴室の改修と言っても、ご覧の通りの大風呂改修です。

平成7年の開設当初は入居者も自力で手摺などを使い入浴できる方もいたのですが、入居後10年以上もすると、高齢化が進み完全な介護無しでは入浴できない状態になりました。

 

 

 

 

 

既設手摺など撤去

 

そこで今回の工事は既設の手摺、立上りのコンクリート部分などを撤去し、既存の床部分に鉄板を敷き、車いす、ストレッチャー対応型リフト浴槽『機械浴』が設置出来るように改修しました。

左図は撤去完了

 

 

 

鋼製下地

 

鋼製で支持脚、大引き、根太を敷きました。

 

 

 

 

 

 

鋼製床敷&モルタル補修

 

4mmの鉄板を割付、600mm角の床点検口を取付、画像右下が機械浴用の給水管と給湯管、電気ケーブルです。

鉄板と既設床との段差はモルタルで補修しました。

 

 

仕上は次回に!!

 

※『特別養護老人ホーム』 65歳以上の者で、身体上または精神上著しい障害があるため常時の介護を必要とする者(いわゆる寝たきりの老人等)で、居宅において適切な介護を受けることが困難な者を入所させる施設をいいます。
           


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

                        

今週、弊社の情報誌、ノリノリタイムズ8号を発行しました。

2007.4-P1

いつどこに大地震が起きても不思議ではないこの日本。自分の家は大丈夫ですか?

今回は、国土交通省監修の耐震診断を載せてあります。一戸建木造住宅が対象となりますが、自分でできる耐震診断なので、是非やってみてください。

 

裏面は、認知症発見テスト。テレビでも取り上げられましたが、数年前ドイツで発表された「RDSTテスト」ですわずか2問ですが、80%の高確率で認知症を見つけだすことがテストだそうです。

 

2007.4-P2

 

そして、『節水便器』について。水道代の25%を占めるトイレの水。1回に流れる水の量が従来の半分以下という地球にも家計にも優しい節水便器を取り上げました。

 

 

 

 


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第8号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 間取り塾第四講

 

 

 

 

 

 

 

光と風をデザインする)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。 間取り塾運営事務局の則武です。
あと少しでゴールデンウィークですが、いかがお過ごしですか?

寺子屋のような雰囲気で間取りや家づくりについて学んでゆこうと始めたこの間取り塾も、今回で早や4回目。

GW明けの5月12日(土)に開催される第四講は、講師である建築家、栗原守氏の十八番とも言うべきテーマ。
 
ただの四角い普通の部屋と、気持ちのいい部屋との違いは一体何か?
 

      その答えのひとつが「光と風 」です。 

 
間取りをただ平面的にだけ考えていたのでは、光と風をじょうずに取り込むことはできない… 一見難しそうにみえるテーマを、今回も栗原流に噛み砕いて教えていただきます。

この講義を受けると、間取りを見る目がきっと変わってくることでしょう。

気持ちのいい家を求める全ての人へ必見の講義です!! 


「家は3回建てないと満足のいくものができない」なんてウソです!

賢明なあなたは、しっかり学んで一発で大成功する道を選んでください!


 このたび、押しも押されぬ人気建築家の栗原守氏をお招きし、いちばん知りたい建築家の家づくりのノウハウを公開していただけることになりました!

建築家が考える快適な空間とは?

普通の家とどのように違うのか?

どうしたら失敗しないのか?

さまざまな秘策が満載です!



■「間取り塾」は全5回の講義により、間取りに関してはもとより、
 住まいづくりのノウハウをしっかり学んでいただくように予定して
 います。できるだけ連続して受講いただくのが理想的ですが、
 1回分だけでも内容は盛り沢山。事情があって全部来れない方
 にも十分お役に立つことうけあいです。

■始めて受講される際に「プラン用紙、三角スケール、コンベック」を
 ご用意いたします。(差し上げます)
 
■各講義終了後、ご希望の方は個別に「間取り相談」を受ける
 ことができます。
 (希望者多数の場合は対応できないことがあるので、
 あらかじめご了承ください。)
 
間取り塾第二講
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■受講された皆さんの声を一部ご紹介します。

●二世帯住宅の特徴や注意点を実例を見ながら説明する。ここまでなら本やセミナーで見聞きしていましたが、5講義あって更に「宿題」が出るとはまさに「塾」ですネ。学生時、授業も宿題も嫌いでしたが今回はなぜかワクワクしています!(M.Nさん)

●小人数で著名な建築家の方のお話しが実例を交えて伺えて良かったです。それぞれのお宅で家族構成や土地の性格などが異なるので、セミナーとして成立させるご苦労は大変だと思いました。(K.N.さん)

●私はアパートを計画中ですが、栗原先生のお考えをなるべく多く聞きたかったので参加しました(3回目)わかりやすくとても参考になりました。(S.O.さん)

 …皆さん受講お疲れさまでした、宿題も忘れずに!(事務局より)

 
 
間取り塾logo(M)  定規と鉛筆(M) 


  第四講『光と風のデザイン手法』


 日 時 平成19年 5月12日(土)13時30分〜16時
 場 所 新宿サンウェーブショールーム3階セミナールーム
 定 員 申し込み順30席
 参加費 1,000円(初めて参加される時のみ)
 
※エンドユーザーが学ぶ場です。プロあるいはプロに準ずる
 建築・設計関係者の受講はご遠慮ください。


お申し込みは簡単です。

受講を希望される方は、↓のフォームで今すぐお申込みください!


間取り塾に関するお問い合わせや
お電話でのお申し込みは
  03-3531-6311
 
 主催:間取り塾運営委員会
    則武工務店(東京都中央区勝どき2-7-9) 担当則武 孝政まで

 


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第7号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top



 

2007.1月号今週、弊社の情報誌、ノリノリタイムズ7号を発行しました。

今回のかえぽん画伯の挿絵はお正月にちなんで干支のイノシシです。当初、イノシシではなくブタさんに見えたのですが画伯いわく「亥」のマークが描いてあるとのことで、力作を認めました(笑)

持ち家率について取り上げてました。やはり都市圏よりも地方のほうが高いようです。住宅ローンの話題も取り上げています。

私の妻が昨年経験した「近視矯正」の話題を。なんと視力が裸眼で0.05→2.0に変わりました(驚)

 

2007.1月号裏

 

裏面は耐震リフォームと建ぺい率、容積率について。

阪神・淡路大震災では、犠牲者の8割以上が家屋の倒壊等による圧死でした。今回は「基礎補強」について載せました。

そして、建ぺい率、容積率の算出方法について載せました。

 

 


    人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第7号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

 

 

そろそろ家の建て替えを考えてみようかな…

そう思い始めたら

つぎは「どんな間取りにしよう? 」となりますよね。

ところがいざ間取りを考え始めると「???」

ぼんやりと頭の中にイメージだけがあって、
なかなかその先に進めないことでしょう。

それに、ご存知でしょうか?

家の性能や暮らし方の変化によって、間取りの考え方も
ひと昔まえと今とでは、だいぶ変わってきている
のを…。


そこで、納得の家づくりを目指す皆さんに、
最新の間取りのノウハウを体系的に学んでいただこう
というのが、「間取り塾 」なのです。

このたび、押しも押されぬ人気建築家の栗原守氏を
講師にお招きし、その門外不出の間取り術の奥義を
公開していただけることになりました!

栗原 守 氏
講師プロフィール

 栗原 守
(くりはらまもる)
 一級建築士
 光設計 代表取締役




 まず驚かされるのは、マスコミや雑誌に取り上げられた回数。

 有名な長寿テレビ番組
 「渡辺篤史のたてもの探訪」に6回!

 
住まい関係の雑誌ではトップクラスの発行部数の
 「新しい住まいの設計」に15回
 
ニューハウス」に7回
 
ハウジング」に6回
 …などなど、掲載例は枚挙にいとまがない。  

 人気の秘密は建築家とは思えない優しい人柄と、日本古来の
 住まいの知恵を現代的に解釈したというモダンな設計。

 会うとなぜか親近感がわくキャラクターの氏だが、意外な経歴を
 聞いて納得。もともと狭山市役所で建築とは縁のない仕事を
 しつつ、建築士の資格をとって建築家に転身したという努力家で、
 建築士界の役所広司と呼ばれることがあるという情報も…。
 
 1987年「光設計」設立
 1999年「あたたかな住空間デザインコンペ」優秀賞受賞
 2003年「木の国日本の家デザインコンペ」優秀賞受賞
 2005年「あたたかな住空間デザインコンペ」優秀賞受賞
 …など、受賞多数。     現在146棟目の家が施工中。

■「間取り塾」は全5回の講義により、間取りに関してはもとより、
 住まいづくりのノウハウをしっかり学んでいただくように予定して
 います。できるだけ連続して受講いただくのが理想的ですが、
 1回分だけでも内容は盛り沢山。事情があって全部来れない方
 にも十分勉強していただけます。

■始めて受講される際に「プラン用紙、三角定規、コンベック」を
 ご用意いたします。(差し上げます)
 
■各講義終了後、ご希望の方は個別に「間取り相談」を受ける
 ことができます。
 ただし、希望者多数の場合は対応できないことがあるので、
 あらかじめご了承ください。


講義の内容をほんの少し紹介しますと……
● あなたはどのパターン? (二世帯住宅は4種類ある!)
● こうすればうまくいく! (スムーズな計画の進め方)
● ここが急所! (二世帯住宅のトラブル回避術)
● 二世帯住宅ならではの設備機器のポイントは?
 
他にもサンウェーブさんにご協力いただき、最新のシステム
キッチン事情を学ぶことができます。


「家は3回建てないと満足のいくものができない」なんてウソです。

何回建てても経験に頼っていい加減に計画していたら同じことです。
だいいち一生のうち、そう何度も家を建てられるわけありませんよね。

賢明なあなたは、しっかり学んで一発で大成功する道を選んで下さい。

 
間取り塾logo(M)  定規と鉛筆(M)


 第一講『二世帯住宅-(1)』


 日 時 平成19年1月27日(土)13時30分〜16時
 場 所 新宿サンウェーブショールーム3階セミナールーム
 定 員 申し込み順30席
 参加費 1,000円(初めて参加される時のみ)
 
※エンドユーザーが学ぶ場です。プロあるいはプロに準ずる
 建築・設計関係者の受講はご遠慮ください。



お申し込みは簡単です。

受講を希望される方は、↓のフォームで今すぐお申込みください!

間取り塾に関するお問い合わせや
お電話でのお申し込みはフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-023-050

  主催:間取り塾運営委員会
    則武工務店(東京都中央区勝どき2-7-9)
    光設計(東京都世田谷区北沢4-9-18-101)
    大槻ホーム(東京都世田谷区成城3-2-12)


     人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第6号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top


 

 少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます”。今年最初の投稿になります。弊社は9日が仕事初めですので、明日までお休みです。Blogを始めて2年半になりました。最近は投稿がとても少なくなってしまいましたが、今年は初心に戻って「情報発信」をしていきたいと思います。

初日の出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 元旦の朝、7:00前に起きたら、自宅のベランダから初日の出を見ることが出来ました。東雲方面のビルの間から。何かとても清々しい気持ちになり、今年は良いことありそな予感が(笑)

佃島

 

去年のお正月から飲むようになった地元の佃の地名の入ったお酒です。辛口で口当たりが良いので、地酒ではないのですがお正月用に飲みました。

 

 

 

 

 

正月料理i1n河口湖

 

2日からは、一家11人で河口湖のホテルに泊まりました。

夕食のメニューです。

広間は30畳ほどの広さのところを貸切、カラオケ付舞台で、家族で好き勝手な歌を歌いました。

 

 

 

正月料理2

 

手前が伊勢海老のグラタン。隣がエイヒレ入りの茶碗蒸し、美味でした(笑)

 

 

 

 

 

 

今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。


    人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第6号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 たくさんの人が暮らし、働いている東京では、毎日たくさんのゴミが出ます。ゴミを減らし、リサイクルを進めるためにはどのようにしたらよいか、考えてみましょう。

 まず、どれだけの量のゴミが年間に出ていると思いますか?

ゴミの量と人口の移り変わり

ゴミの量と人工の移り変わり

 

 

 

 

 

 

 

平成17年度のゴミの量は、339万トン。東京ドーム約9.1杯分です。

これを1日あたりにすると、およそ9,300トン。25Mプール約97杯分になります。

1キロあたりのゴミを処理するのに、約56円かかります。1日あたりにすると、なんと約5億2千万円も掛かります。これはゴミを収集して処理するまでの人権費なども含んだ全てです。すごい金額ですね。

そこで、23区の都民約858万人が1人1日に100gのゴミを減らす

 100g X 365日 X 8,580,000人 = 313,170,000,000g

 1年で約31万トンのゴミを減らすことが出来ます。金額に換算すると、なななんと1兆7360億円の節約になります。

100gってどのくらいか

100gゴミ

 

 

 

 このぐらいならみんなで心がければできますね。

さぁ、今日からゴミ100gダイエット!

参照:東京23区清掃一部事務組合「できることからはじめよう!」


    ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第6号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 

 東京消防庁がまとめた「火災の実態」によれば、平成17年中の管内の火災件数は6,377件で、出火原因別では第1位「放火」(2,211件)、第2位「たばこ」(998件)、第3位「ガステーブル等」(653件)となっています。

●増加した天ぷら油火災

 ガステーブル等の火災のうち「天ぷら油火災」は約2/3の413件で、前年と比較して68件増加しています。

●圧倒的に多い「放置や忘れ」

 天ぷら油火災の発生原因は、「テレビを見ていた」「他の部屋で仕事」「その場を離れて雑談」「外出」など、その場を離れてしまったことが主のものです。

●安全装置とは

 最近のガステーブルには、安全装置として天ぷら油過熱防止装置が設けられています。センサーが鍋底の温度を検知し、温度が約250℃になると自動的にガスを止めて火を消し、油の発火を防ぎます。

●そのセンサーはどこにあるの?

ガス安全装置

 

 バーナー中央の凸型の装置がセンサーです。

揚げ物は、点火したらその場を離れず、センサー付のバーナー側で調理するようにしましょう

 

 


      ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第6号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

No6 P1

今週、弊社の情報誌、ノリノリタイムズ6号を発行しました。

毎回好評の画家?かえぽんの挿絵は秋にちなんで赤とんぼ。力強く飛んでいます(笑)

現場だよりとして、高輪警察署の柔剣道改修工事の完成写真を載せています。(ブログでも工事状況を紹介しています)

表面は他に、ホントは怖い「ペットボトル症候群」についてや、日本発売から26年経った「温水洗浄便座」の普及についてを載せています。

 

 

No6 P2

裏面は、防災をテーマに2つのトピックスを。

 地震などでガスが止まったとき、自分で復帰できることを知らない人が多いため、その復帰方法を案内しています。

 そして「ペットのための防災」について。災害時は人間同様、ペットもまた被災者となるため、災害に備え日頃から準備しておいたほうがいい必需品などを紹介しています。

 

 


     ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第6号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

床撤去 警察署の柔剣道場を改修しました。

 先ずは柔道畳を撤去しましたが、処分せずに江東区新木場にある「警視庁武道館」に運びました。そこから、海外協力隊によって海外の柔道普及のために寄贈されるそうです。

 左写真は、床板と捨て張の合板を撤去したところです。鋼製の大引きとクションゴムは残しました。

 

 

 

道場床

左写真は床張りが完了したところです。

床材は霧島松フローリングの厚み18mmを乱尺張りしました。中央の畳敷きする部分は広さの割には2日間で張れましたが、壁際の柱方(はしらがた)部分は、かなり手間がかかってしまいました。

木部の壁はOSCL塗装を使用しました。(OS=オイルステン、CLクリアラッカー)。既存の傷や汚れが目立たぬようにOSで既存より少し濃い目の茶で染色し、その後CLを三回塗りました。他壁部分はEP塗装(=エマルジョン =ペイント)です。EP塗装はコンクリート面やボード面に適します。

 

 

防具棚

 

剣道の防具を収納する棚です。幅は5.25m、高さは2m。以前は1段しかありませんでしたが、上部空間を活用して4段に増設しました。塗装は木部に適したOSCL塗装です。

 

 

 

道場畳

 

畳を敷き工事完了です。通常の畳と違い、多少やわらかい柔道畳を使います。緑色=74枚、赤色=18枚。

剣道使用の場合は畳を外し、板の間にします。

 

 

 

 

1ヶ月半警察署に通いました。最初は硬いイメージがありましたが、署の皆さんは非常に協力的でとてもスムーズに工事が進みました。(笑)



    ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)






 ★ノリノリタイムズ第4号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 

高輪警察署   この建物は、昨日までの私の現場になります。 どこだか分かりますか?建物2階角に掲げられている黄色マスコットがヒントです。少し見にくいですが「ピーポ君」です。

  ここは秋の全国交通安全運動(9/21〜9/30)が行われている港区の「高輪警察署」です。

 

ここの6階にある柔剣道場の改修工事を行いました。

 

 

 

材料荷上げ

 

 警察署の目の前ですが、もちろん「道路使用許可証」を申請し、レッカー車による材料の搬入及び残材の搬出を行いました。

 交差点にもかかり、なんと言っても「警察署」の前と言うこともあって、申請係の警察官からも「くれぐれも事故の無いように」と注意を受けました。 とは言われても、ここは幹線道路と幹線道路を結ぶ、土日でも交通量の多い場所だったため、とても気を使いました(汗)。

道路誘導員の警備会社も警察署が現場と聞いて、ベテランの誘導員を配置してきました。

残材搬出

 

6階のベランダに集積した床の残材をレッカー車を使用して降ろしました。 

 

 

 

 

材料荷上げ

 

 

トラックに積み込み。1.5t車2台分の残材を処分しました。

 

 

 

 

肝心の道場の出来上がりは次回に報告します。お楽しみに!!


    ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第4号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Top

 

 

 

 

 

 今月は防災月間になります。

 私の住む東京都中央区では災害時の運営を円滑に進めるため、区内小中学校を利用して、21カ所に防災拠点(避難所)を設けています。「防災拠点運営委員会」はそれぞれの地域の町会・自治会や防災区民組織が主体となって運営することを目的として結成。災害に備えた地域の協力態勢を確立しています。

 今年は9/3(日)に日本橋中学校の防災拠点で中央区総合防災訓練が行われました。私も中央区建設業災害対策協力会として訓練に参加しました。

 訓練想定は午前8時50分、東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、中央区では震度6強を記録、住宅やビルの倒壊、さらに小規模ながら火災とともに負傷者も多数発生しているなか、住民は防災区民組織を中心に応急措置を実施しつつ、防災拠点へ避難を始めている。区は、直ちに災害対策本部を設置するとともに、防災関係機関と緊密に連携し、被災した人々の救援・救護対策や各種災害応急対策等を講じ始めるというものでした。

消防庁&警視庁

 

  この訓練には東京消防庁、警視庁、東京電力。東京ガス、下水道局、NTT、自衛隊、医師会、薬剤師会など多くの機関も参加し行われました。

 

 

 

 

自衛隊災害炊き出し車

 

 この車両は自衛隊の炊き出し車です。一辺に1000人分以上の炊き出しが出来るそうです。燃料はガソリンと灯油で動かせます。この車両は練馬の自衛隊駐屯地から来ました。

災害時はとても強い見方ですね。

 

 

 

災害救援屋形船

 

 

 中央区は川と運河に囲まれた「水の都」です。そこで屋形船協会の協力で水路を利用した訓練も行われました。

 

 

 

救護者搬送

 

 救護者を屋形船を使い、日本橋から明石町の聖路加病院に搬送します。訓練では乗船するところまでです。

 

 

 

 

下水道局給水車

 

 このタンクは東京都水道局の給水タンクです。500リットルの給水が可能です。1日に人が最低限必要な水は2リットルだそうです。250人分の水を確保しています。大きい給水車では2000リットルのタンク車もあります。

 

 

 

 防災関係機関の調べでは、10年以内に震度6以上の地震が高い確率でやってくるそうです。日ごろの心掛けで被害も少なくできます。防災意識を常に持ち続けましょう。


    ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第4号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Topへ

 お盆休みを利用して、お台場へサイクリングへ行きました。流石、お台場道路は駐車場待ちの車で埋まっていました(笑)自転車で行って正解。

ガスってな〜に ガスの科学館

 その帰りに私のランニングコースにあり、以前より気になっていた江東区豊洲にある「がすてな〜に ガスの科学館」に立ち寄って来ました。

 「がすてなーに ガスの科学館」は、同じ豊洲地区内にあった旧「ガスの科学館」を新しく引き継ぐ形で、今年の6月にオープンしました。

 現代の暮らしを支える身近なエネルギーである都市ガスの役割・特長について紹介し、科学と暮らしの視点からエネルギーの「?」(はてな)を学び「!」(なるほど)を実感するように、体験・参加型の展示物を多数導入してありました。

 色々と興味のある展示がありました。その中でも私の目に留まったブースは「ガスメーターの復旧の仕方」のブースです。

 ガスを利用している家庭ならどこにでもあるガスメーター。地震などの大きな揺れや異常を感知したとき自動的に停まるしくみになっています。停止したガスメーターの復旧の仕方を皆さんご存知ですか?意外と知らない方が多いようで、大きな地震があった後に東京ガスに復旧の問い合わせが多くあるようです。因みに私の妻は知りませんでした(笑)

ガスメーターの復旧の仕方

ガスメーター異常の疑いを感知すると、メーター中央の赤ランプが点滅します。点滅している場合は次の手順で復帰をしてください。

すべてのガス機器を止めてください。屋外の機器もお忘れなく。
器具のそばにあるガス栓(器具栓)を閉じてください。
使っていないガス栓は、閉まっていることを確認してください。
(メーターガス栓は閉めない)

▲瓠璽拭失絃紊旅いキャップを外し、復帰ボタンを奥までしっかり押して、すぐ手を離してください。
ボタンは元に戻り、赤ランプは再び点滅します。

L1分お待ちください。1分間のあいだは、ガスもれがないか確認をしています。

1分経過後、再度ガスメーターをご確認ください。赤ランプの点滅が消えていれば、ガスが使えます。

ガスくさいときは、以上の操作は行わず、東京ガスお客さまセンター0570-002211までご連絡ください。(ガスもれ通報のための専用電話番号もあります)

・ガス機器の口火など30日以上連続してガスが流れ続けると、警報表示が出る場合がありますので、ガス機器を使わない時は口火を消すようにしてください。

・長時間ガスを連続して使い続けると、異常と判断してガスを遮断します。遮断する時間の目安は以下のとおりです。

 ガスストーブ・ファンヒーター-720分 風呂釜・小型給湯器-390分 大型給湯器-80分

・メーターに振動や衝撃を与えると、感震装置が働いてガスを遮断することがあります。メーターには異常な振動や衝撃を与えないようにしましょう。


    ★人気ブログランキングに参加しています。こちらをカチと応援をお願いします。(ありがとうございます)


 ★ノリノリタイムズ第4号、発送ご希望の方はコチラをクリックして下さい。すぐに送らせていただきます。

Topへ


 

このページのトップヘ