狭小住宅とリフォームの三代目工務店(中央区・江東区・江戸川区・港区・文京区)

自然素材・耐震補強・リフォーム・電化住宅まで。中央区の則武工務店

カテゴリ : 見学

前回に引き続き福島県いわき市視察報告です。

私は恥ずかしながら行くまでは「いわき市」の位置・面積・文化等をほとんど
理解していませんでした。

そこで、いわき市で頂いた「東日本大震災から1年・いわき市の記録」と市行政経営部松木さん
のお話をもとに報告します。
240713いわき市の記録

いわき市の面積は数年前までは日本一広い市でした。福島県の東南部に位置し、南は茨城県、
東は太平洋に面しており、寒暖の差が比較的少ない緩やかな気候に恵まれています。

3月11日は津波による被害も甚大ですが福島県と言えばその後を大きく変えたのは、
やはり3月12日15:36の福島第一原発の水素爆発です。

福島県はその日は北西の風が吹いておいました。
つまり、いわき市は原発から30繊50膳内にありますが南に位置するため、
被ばくは少なかったのです。現在では放射線量0.1〜0.2マイクロシーベルトだそうです。

しかしながら、風評被害が問題となっています。
農業や漁業の盛んな県のため風評被害の払しょくが大きな課題となっています。


240713いわき市と原発の位置

7月6日〜7日と福島県いわき市へ復興視察とキッチンメーカー・クリナップ工場見学へ行って来ました。

津波高さ

画像は小名浜港『ら・ら・ミュウ』と言うショッピングモールのコンクリート柱です。
なぜこの手前の「いか」ではなく柱を中心に撮ったかと言えば

柱上部の緑テープが貼られているのがお分かりになりますか?!
このマーキングは3・11時に最大でここまで津波が打ち寄せて来たそうです。
市場は海岸線から300mほどで、市場のおじさんによると
津波は5回に渡り打ち寄せ、最大でテープの位置約2.7mほど来たそうです。

3・11は満潮が20:00で夜中まで潮は曳かなかったそうです。
翌日、市場にやってくると小さな波はまだ続いていたそうです。

市場は復興のシンボルになるようにと昨年11月に再開し、
土日は駐車場がいっぱいになるほど大盛況です。

市場

子メバルあさり
真イカ

旅行では滅多におみやげを特に海産物を買わない私が、
おいしい復興支援のために上から「子メバル」「あさり」「真いか」を買ってきました。

このページのトップヘ