工事現場からは色々な種類の廃棄物が発生します。

廃棄物には木くず、石膏ボード、コンクリートがら、金属類、廃プラスチック類など多様なものが排出されます。

廃棄物は処分する段階で分別することによって処理料金が大きく変わってきます。

混合廃棄物は当然に割高になります。

写真は木くずだけを処理施設に持込み処分するところです。

木くずは転用できるものと出来ないものとに分けられます。

転用できないものは焼却処分となります。

転用はいくつかに分類されているようです。住宅用の室内ドアの枠や、巾木といった建材を作るのに

チップを圧縮します。また、最近は、暖炉の薪がわりの燃料として注目されこともあります。

画像1
























狭小住宅・自然素材住宅・耐震診断 東京都中央区則武工務店

中央区のリフォームなら則武工務店:港区・江東区・墨田区