ay1














先日、Reicoねいやんと埼玉の寄居町へ鮎料理を食べてきました。
割烹旅館「京亭」でございます。
作家の池波正太郎が旨い鮎料理が食べれると紹介した宿であります。

えー、料理の詳細はアチラにまかせるとして(ヲイ)。
たくさん出た料理の中でオイラが気に入ったものを↓

ay2














鮎の一夜干し。

ay3














鮎の塩焼き。

ay4














鮎の刺身。

ay5














骨せんべい。


美味しかったのですけど、オイラには全般的に塩分値がタカー(゚Д゚)
(お好み焼きを素(ソース類なし)で食べるような人間なので基準にならないとは思いますが)


ay6














食後はお庭散策。
2階の縁側で池波先生がタバコをぷかりとやっていそうな雰囲気であります。

ay7














敷地からは荒川が見えます。
おそらく数十年前からほとんど変わってはいない風景ではないのかな。

昭和初期の建築物と鮎づくしの料理を楽しみたい方は是非どうぞ。



《おまけ》

ay8



















近所にあった「川の博物館」のやたらと大きい大水車。
親子連れに人気の施設でありました。