木場 東陽町 肩こり 腰痛 整体 鍼灸 西村バランス治療院 院長西村ブログ

「西村バランス治療院」院長西村のブログです。当院は肩こり 腰痛等の諸症状を根本改善する「全身バランス調整」のプロフェッショナルです。アスリート、医師や看護師などの医療従事者も多数ご来院頂いています。木場駅から徒歩6分、東陽町駅から徒歩9分。

第1600話 壁マネジメント

連休前の診療も無事。

スタッフりえさん、まいさんのお陰で
私は診療に集中できるので
本当に楽をさせて頂いています。

いつも心情的にサポートして頂き
本当にありがとうございます。

患者さんの治療中は
ゾーンに入っている状態なので
空間の乱れに非常に敏感です。

不自然な物音や
対面、電話での言葉
空間の雰囲気など
過敏に反応してしまいます。

患者さんの心身の状態に対して
神経を研ぎ澄ましているので
周辺の環境に対しても
どうしても感度が上がります。

何を受信して何を受信しないか
その選択と管理がもっと必要です。

ノンストレスで治療に集中できると
驚くほど短時間で良い結果が出せます。

院内の環境に関しては
私がマネジメントできる範疇です。

自分がマネジメントできる範疇の出来事は
少なくとも完全なる自己責任です。

万事自己責任

時として他人や環境のせいにしたくなります。
時間や心に余裕がないと
そのようになりやすい傾向があります。

徹底するのは簡単ではありませんが
思考と行動の習慣として
これだけは徹底したい考え方です。


夕方からは雨でしたが
悪天候の雨の中
ご来院頂いた皆様に
心から感謝します。

雨が降っていたけど
それでも頑張って来て良かった

そう思って頂けるよう
感謝の言葉
ねぎらいの気持ち
いつも通りのいい治療

ご提供できるよう
自身の心身の管理です。

女性スタッフを改めて求人活動。
いつを開始スタートにしようかと
若干迷いましたが
9月は財成、10月は安定ということで
両月とも幸運気になりますので
両方に乗っかろうと思い
また、一日でも早く進もうということで
来週から2週間掲載で開始。

よい方とのご縁を楽しみにしています。

今回の方法で結果が出なければ
10月中に他の方法をすぐに試します。

先程、「壁マネジメント」
に関する書籍を読みましたが
至極真っ当な内容だと思いました。

スタッフを育てる、指導するということも
言語、非言語を使っての
コミュニケーションの数と質を
どれだけ上げていけるかに集約される。

正しい方向の努力を
どれだけ沢山行えるか。

シンプルな原則に行き着きます。

とにかくどんな形ででも関わること。
そしてその関わり方の工夫。

仕事というのは突き詰めていくと
いかに短時間で効果を出せるかという
質の向上への挑戦とも言えます。

言葉沢山、時間沢山を使って
伝えることは簡単です。

しかしそれはプロではない。

プロフェッショナルとは
驚くほど短時間で結果を出すこと。

少ない接触で
劇的に人生を変えられる。

短時間で結果を出そうとすれば
自ずと選択、捨てる、洗練が起こります。

院もスタートして5年目となり
足し算足し算で進んできた部分も多く
思い切った引き算が必要な時です。

それは今年10月から来年2月が勝負。
仕事に関わることも含めて
私生活においても断捨離が必要です。

まずは小さいところから
山積みになった書籍の整理を。

そういう小さいことに手を付けることで
本業にも良い影響が有ると考えています。


本日は祝日のため休診。
今日と明日と連休を頂きます。

今日、明日は家族で京都に。
岡山の両親と京都で合流です。

皆様、よい週末をお過ごしくださいね(*^^*)

第1599話 長男2歳のバースデー☆☆

今日は長男の2歳の誕生日。

今日は私の仕事上、
帰りが遅いので
昨日の夕食後に
家族でお祝いしました。

長男はまだ話せる単語は少ないですが、
こちら側の言うことは
ほぼ全て理解しているようで
言葉で伝えたらだいたいわかってくれます。

ボタンを押したら音楽が流れるおもちゃがあるのですが、
ここ数日は本人がその曲目の
「ハッピーバスデーソング」
を繰り返し押して曲を流していました(笑)

自分の誕生日を理解して
アピールしていたようです。

昨日は診療後、
税理士さんと打合せをして
その足で保育園のお迎え
長女のプールのお見送り
プールの間に
長男と木場イトーヨーカ堂に行き
お誕生日プレゼントを一緒に選び
トミカのはしご車とスーパーアンビュランスを。

夜は嬉しそうに
この2台のを握りしめて寝てくれました。

本当に可愛いなと思います。

群馬のご両親からは
沢山のお菓子、ゼリーと一緒に
働く乗り物の図鑑のプレゼントが。

早速食い入るように
読み漁っていました。

長男は今日で2歳になりましたが
もっと長く一緒にいる気がします。

生まれてたったの2年間で
こんな風に体も心も成長するのだなと
感心してしまいます。

子供達の成長に負けないよう
私ももっと成長したいです。


今日もご来院頂き、ありがとうございます。
今日も引き続き、
治療能力開発セミナーの内容から
具体的なテーマを抽出して実践。

自分の状態と時間を管理しながら
テーマの濃淡で施術効果の判定。

今まで以上に非言語の世界で
施術効果を感じられるようになってきました。

確かに治療ベッドに入る状態ですでに
治療の結果は決まってくるようです。

院に入ってからの
治療スペースに入る前の
自分の状態管理をさらに徹底すると
もう1段階次元があがりそうです。

昨日より、今日、今日より明日。

1日1日地道にコツコツ成長したいです。


9/23土と9/24日は連休となります。

明日は連休前の診療日。
状況によっては
時間外も可能な限り受け入れて
連休を頂きたいと思います。

明日もどうぞ宜しくお願い致します。

第1598話 治療能力開発セミナー

先日、日曜日はセミナー参加。

師匠、花谷先生主催の
「治療能力開発セミナー」

花谷先生が25年以上の
臨床経験から会得してきた治療の奥義を
超濃縮して学習する内容。

治療家として
このセミナーに参加できることが
どれほどの価値と意味があるか
参加するごとに深みを感じます。

10時からスタートして17時に終了。
あっという間の7時間。

セミナー後に、
懇親会、二次会と参加させて頂き、
お腹がはち切れるほど
美味しいお料理を沢山頂きました。

帰りの電車の中で
お腹を抱えながら

たらふく食べてお腹いっぱいで
明らかに消化不良のように
それ以上にセミナー内容で
私の脳みそは消化不良状態なのだろうな

そんなことを考えていました。

実際に、この55個の奥義は
1年やそこらで体得できるものではなく
これから治療家として活動し続ける限り
永遠のテーマとさえ思います。

知は力、と言いますが
まずはこの55の奥義を知れたことが感謝。

知らないのにできるわけはなく
知ってできるようになる努力をするのみです。

最近思いますが、
治療家という仕事はとてもシンプルだと思います。

目標とする先生の
治療、経営をモデリングすれば
ある程度の結果が得られます。

目標とする先生を
得られるかどうかが全てです。

セミナー最後に

生徒の準備ができた時、先生が訪れる

という言葉を頂きました。


私は幸いなことに先生を得ました。
準備ができた、とは決して
先生を迎える程に成長できた
ということではないと思います。

自分の足りなさ、未熟さ、
成長しないとやばい
自力でこれ以上進めない

そんな危機感を切実に感じ
己の小ささを受け入れて
誰かを通して学ばなければ

そんな状態になれたことがすなわち
生徒としての準備ができた
ということなのだと思います。

先生からの教え
清濁全て飲み込む姿勢。

年齢にかかわらず
先生から教えを乞う
生徒になる覚悟ができた時。

きっとそういうことなのだと
今では思います。

自分に限界を感じないうちは
先生が隣にいても
気付けないものだと思います。

真の生徒になれない人が
先生になることもないでしょう。

これからも与えて頂いたテーマを掲げて
日々の診療に謙虚に取り組んでいきます。



昨日は家族で葛西臨界水族館、公園へ。
朝一ででかけて夕方に帰宅。

子供三人を連れてでかけるのは
近場だとしてもパワーがいりますね。

今日の午前は休養に当てました。

水族館も歩き回り
観覧車にも乗り
公園を元気に走り回って
長女、長男も大満足。

心配していた天気も
台風一過で夏のような快晴。

夕食は長女と長男を連れて
三人でサイゼリアに。


まだまだ小さい子供達なので
怪我や危険が心配で心配で。

もっと大らかに
もっと器の大きい
余裕綽々の親でいたいものです。


まさかの足底筋膜炎。
ランニングの練習量を一時的にダウン。

自分の体で実験しながら
しっかり治療していきます。



今日は同門の塚本先生が開業。
渋谷区幡ヶ谷にて
バランス整骨院 幡ヶ谷」が船出。

http://blog.livedoor.jp/takeo_tsukamoto/

私も自分の開業当日を思い出します。
あれから約5年。

開業当日は今日のような日を
迎えられるとは想像していませんでした。

どんな状況だとしても
自分が心身健康で
諦めずに学び続け
正しい努力を継続できれば
時と運の中で
立てた目標は必ず達成できる。

自分の経験を踏まえて
これは言い切れます。

〇年前の自分に話してあげるとしたら?

というワークがありますが、
開院当時の私に話してあげるとしたら
そんなことを話してあげたいですね。

当時は不安や迷いが満載でしたが。

今は今で課題が満載です。
自己管理を徹底しながら
求人活動の再開です。

私自身の心身の安定があってこそ
良い方とのご縁を得られると信じています。



第1597話 言葉と姿勢

あっという間に1週間も終わり。

この1週間の積み重ねが
1ヶ月となり、1年となり、一生となる。

生涯の縮小版が
この1週間である。

ということを考えると
危機感を覚えるわけで…。

多面にわたり
改善要素満載です。

ニュースレターも無事に発送され
患者さんからの反応も様々です。

何かを伝えようと思った時
言葉が2割、姿勢が8割だと考えています。

言葉選びも毎回全力ですが、
それ以上に言葉周辺の
私の姿勢がどうあるか
だと思っています。

言葉だけだと浮きます。
矛盾や違和感を感じます。

発した言葉に相応しい
姿勢を常に取り続けたいです。


先日は同門である野上先生に
ランチをご馳走になりました。

目標達成したら是非ご馳走させてくださいと
開業当初から仰っていましたが
有言実行の姿勢に脱帽です。

具体的な数字による目標を立て
それを実際に達成し続ける姿に
私も非常に刺激を受けています。

同じステージに立っている人同士でしか
分かち合えない現実や感情があります。

お互い上昇志向が非常に強いので
これからも切磋琢磨しながら
治療家として経営者として家長として
一緒に上がっていければと思います。

野上先生、ランチをご馳走して頂き
そのお気持ちがとっても嬉しかったです。
ありがとうございます。


今日は治療家として
最高峰のセミナーに参加。

「治療能力開発セミナー」

再受講のセミナーですが
参加する度に高みを感じます。

今日の内容を仮に
全て身につけることができたとしたら…

まさにカリスマ治療家の完成です。

治療家を超えて
どの分野、業界でも
結果を出し続けるカリスマに
なれるだけの内容だと思います。

私は自分のことを
ただ治療だけする治療家だとは
全く思っていません。

治療は対社会に対する
貢献手段の一つに過ぎません。

四方八方、あらゆる手段が存在します。

どんな職業、ビジネスでも
根っこの部分はつながっています。

その根っこの力を身につけることだけを
日々意識しながら学習しているつもりです。

会社員がその会社を超えて
仮に転職をしても必要とされる
人財になろうと日々努力されているように
私も今の職業から変わったとしても
今以上に社会に必要とされる
人財であれるようにと思います。


今日は一日未来に投資します。

そして明日は家族と一緒に過ごすことだけに
投資したいと思います。

良い明日を迎えるために
二度とない機会だと思って
全国の精鋭院長先生方と共に
全力で喰らいついてきます。

第1596話 ゴールイメージ

今週もスタート。

昨日はセミナー参加もなく
一日家族と一緒に。

妻と子供達と一緒に過ごせることは
とても幸せを感じる時間であり
同時に仕事とは違った疲れも(笑)

子供と一緒に過ごすのは
本当にパワーがいります。

子供と一緒に楽しく有意義に過ごすことも
知識、技術、訓練が必要です。

その点、まだまだ私は未熟
ということです。

子供達も毎日成長し
年齢もあがってくるので
常に違った気持ち、性質になるので
親も常に成長し続ける必要があります。

今日の子供の状態にうまく対応できても
明日の子供の状態にうまく対応できる保証は
一つもない、ということです。

いつまでたっても
親として未熟だな、足りないな
という気持ちを
片隅にはずっと持ちながら
これからも子供達とつきあっていくのでしょう。

十分足りないとしても
昨日より今日、今日より明日と
少しでも親として成長した姿で
子供達に接していきたいものです。


昨日もご来院頂き、
ありがとうございます。

夕方には突然の雨。
ちょうど当たってしまった患者さん、
本当に申し訳ありません。

お風邪などひかないよう
くれぐれもお体ご自愛くださいね。


本日初めてご来院頂いた患者さん。
様々な医療機関に行って治療を受けても
一向に良くなる兆しが見えず
当院エキテンを見つけて来院されました。

どんな治療を今まで受けてきたかを
お話伺いましたが、
局部的な治療しか受けてこれず
まさに

木を見て森を見ず

という典型的なパタンでした。
ご丁寧な方でもあり
非常に不安だったのでしょう。

膝と腰のレントゲンデータを
ご持参頂きました。

レントゲンデータを分析することは
私はプロではないですが
よくよく見ても目立った異常はなく
骨の形状、関節の状態は
とてもキレイなのではないかと。

初診問診でその方にお伝えました。

局部の正確な診察は非常に大切です。
しかし今回の症状は
全身のバランスがこう崩れているので
痛みの有る局部に過剰な負担がかかっています。

局部だけの処置を受けても
これは良くなりません。

逆に極端な話、
局部全くを触らなくても
全身のバランスを調整して
この患部かかる負担を軽減していけば
消失していく症状です。

と。

実際に施術はある程度うまくいき、
10分足らずの施術後には
ご本人の口から

変わった!

とのお言葉を頂きました。
ご依頼する前にご本人のご意思で
エキテンにも率直なコメントを頂けました。

本日行なった施術は
初回ということで
まずは、の応急処置です。

本格的な施術は次回から。

2回目、3回目と進む中で
いっそう施術の技術、診断の精度が
必要になってきます。

1回目の施術の方が
変化を出すのが
おおよそ簡単なケースが多いのです。

2回目、3回目と
続けて変化、結果を出し続け
見込み通りの改善ストーリーを
ノンストレスで安心して
歩ませて差し上げること。

そして故障以前よりも
良い心身の状態にして差し上げて
院を卒業させてあげること。

そして今後、万が一何かがあっても
ここがあるから大丈夫!
と思って頂けること。

当院の存在を忘れず
何かあった時に
すぐに思い出して頂けること。

それがひとまずゴールです。

改善のイメージ。
ゴールのイメージ。
その時の患者さんの表情、感情。

それらが既に実現したイメージを
明確に持ちながら
初診の時間を一緒に過ごせたら
ゴールの達成はほぼ間違いないです。

不思議とそういうゴールイメージが
自然と描きやすい方と
難しい方がいらっしゃいます。

お互いのフィーリング相性、
お互いが作り出す場
私の実力とコンディション

様々な要素が有るかと思います。

私の範疇で改善できる部分を
成長させることだけに
しっかり注力したいと思います。


今日は新人アヤカさんと
診療後にお話です。

面接以来、初めてお話するので
とても楽しみです。

鍼灸専門学校の1年生。
私も同じ立場の頃がありました。

その頃は京都にいましたが、
同じ職場の先輩方から
本当に良くして頂きました。

京都であの鍼灸整骨院で働けたから
今があります。

楽しいことも辛いこともありました。

過ぎてみて今振り返ると
マイナスの要素はすっぱり忘れられます。

あの時の経験は
あの時しかできなかったもの。

その時しか一緒に仕事ができなかった。

あの時はあれで精一杯でしたが
今の自分があの頃の自分に話すとしたら
沢山話してあげられることがありますね。

当時は今のような自分を
全く想像できなかったです。

12年以上前の自分ですが
この期間、激動でした。

あらゆる要素が
大きく変化した期間。

きっかけを与えてくれた
人達と環境。

与えられる状況になったことに感謝し
恩返しの気持ちを持って
ご縁の有る人達に接していきたいです。

第1595話 書籍とは、走るとは

一週間も無事終わり
日曜日を迎えています。

今週もあっという間でしたが
色々な経験をさせて
頂いたことに感謝します。

人生前倒し
を基本原則としていますが
物事によっては
状況などの諸条件を加味して
さらにタイミング
という要素を見極める
精度を上げていかなければと思います。

ニュースレターも発送手配が終わり
後は業者さんにお任せです。
到着は9月中旬の予定。
お手元に到着するのを
当院既存患者さんにつきましては
楽しみにしていてくださいね。


ここ数日、時間の捻出をミスし
読みたい書籍が山積みに。

今朝もスタートが遅れましたが
木場公園を時間短縮で走り
今は書籍3冊を読み終えた所です。
あと2冊残っています。

書籍を読んでいて感じるのは

良いことを書いているかどうか
真新しいことを書いてあるかどうか

それよりも

著者の熱いエネルギーを感じるかどうか

それだなと思います。
文章の言い回しが荒削りだとしても
それが感じられるならば
読んでよかったなと感じます。

なぜならば、
熱いエネルギーこそが
私のハートに響いてくるからです。
熱ければ熱いほど
ハートの奥まで届いてくる。
具体的に行動しようと
突き動かされるパワーがある。

活字というのは
栄養ドリンクのようでもあり
体質をジワジワ変えていく
飲食物のようでもある。

私は活字に救われた部分が大きいので
私も活字を通して
誰かを救えるような実力を付けたい。
このブログの更新も
そのためのトレーニングの
一環だと思っています。

昨日、最後にご来院頂いた患者さんから
大変嬉しい一言を頂きました。

「仕事で辛い時は
先生も頑張っているんだろうなと思って
ボクも必至で頑張っています」

嬉しかったですね。
その方も職場でのポジションが
管理職へと昇進されて
部下も増え、責任も増え、仕事量も増え
自分を取り巻く状況が
一変したのだと思います。

そのような変化がもたらす
心身への負荷は相当なものだと想像します。

まずは体調だけは崩さずないように
その範囲内で全力で頑張れるようにと
そういう思いを注ぎながら
治療させて頂きました。

万が一頑張りすぎて
疲れ切ってしまっても
何か体に不具合が生じたとしても

「西村さんの治療院があるから大丈夫」

そう思って頂けるだけで
私はとてもありがたいです。

1人でも多くの方にとって
そういう心理的な支えにもなれるよう
これからも自分を磨いていきます。

その方に質問をされました。

「ボクも走ろうと思うんです。
先生にとって走る意味って何ですか?」

走る意味、メリットは十人十色です。
その人ごとにも違うし、
同じ人でも走るごとに意味も違ってきます。

先程読んだ書籍を通して

自分の感情の整理のため

という部分も私にとっては
とても大きいのだと気付かされました。

今朝も走りながら
考えようとしなくても
様々な感情が湧いてきました。

その中にはあまり人様には
言葉に出して聞かせられないような
負の感情も正直出てきました。

私も普通の人間なので(笑)

そういう負の感情は
直接的に該当者にぶつけるものではないと
私は考えています。

まずはその感情を整理して分析すること。
その上で伝えるべきであれば
伝えるに相応しい形に整える。
伝えるべきではないと判断すれば
その負の感情が自分の中に蓄積しないよう
例えば走りながら
その負の感情が黒い呼気として
体内、脳から全て排出されるイメージを
持ちながら走る、走る。

そうすることで
ある程度の感情の処理は完成します。

私の場合、
走って汗を流すことで
心身ともに浄化しているようです。

自分自身の心身のコンディションを
デフォルトにコントロールするために
走ることは欠かせないことだと
改めて感じる今日のランでした。


そろそろ帰宅の時間です。

今日は完全オフ。
家族との時間に集中します。


先週1週間も
ご来院頂いた患者さんたち
支えてくれた家族、スタッフたちに
本当に感謝します。

ありがとうございます。

第1594話 片想い、両想い

今朝も木場公園をランニング。

スタートの時間が遅くなったので
公園内にはいつもよりも多くの人達が。

人の少ない時間帯の貸切状態も良いですが
こういう時間帯に沢山の方々から刺激を頂くのも
また良いものですね。

ご紹介でご来院されているSさんは
膝痛がきっかけでご来院されましたが、
無事にフルマラソンも完走されて
今では月間200kmにも迫る勢い。

しかもその距離をサポーターもテーピングも無しで
以前の膝痛は全く感じなくなったそうです!
素晴らしい!!

私もそんな距離は走れていないので
ものすごーく刺激を受けています。

11月の大田原マラソンまで残り3か月弱。
この9月、10月は走らせて頂きます。


今日の勤務で、新人アヤカさんが
三日間のトライアルを終了。

本来ならば診療後、話をする所ですが、
勤務時間的に話をすることができず。

後日、今後どうしていくかのお話ができればと。
素直に元気に仕事に取り組んでくれる方なので
引き続きのご縁を頂けたら嬉しいですね。


明日は新人イトウさんが三日間のトライアルを終了予定。
診療後、少しお話しできればと思います。

職場に人が定着するのは
簡単ではありません。

状況によっては
家族よりも一緒にいる時間が長くなります。

ある程度、お互いの相性が必要です。
片想いでは一緒にいられないのです。

チームワークの良いチームというのは
両想いの集まりなのだと思います。


明日は午前診療になります。
前後の時間を使って
事務仕事を進めていきます。

しかし、診療時間内は
ひたすらご来院される患者さんだけのために
意識を集中して治療に没頭したいと思います。

本日もご来院ありがとうございます。
明日も心からお待ちしていますね(*^_^*)

第1593話 骨盤矯正セミナー再受講

昨日は、朝からセミナー参加。

師匠、花谷先生主催の
「骨盤矯正セミナー」
を受講させて頂きました。

知っている
わかっている
できている
伝えられる

それぞれ次元が異なります。

「わかってます」
「知ってます」

これらの一言がどれくらい損をするか。
また、これらの一言を軽く言う人に
本当にわかっている人はまずいません。

本当に分かっている人は
「わかってます」
とは口が裂けても言えません。

治療技術に関しては
知っている、わかっている
はもちろん
「できている」
はあり得ません。

それは大抵の場合
「できているつもり」
でしかありません。

治療道は永遠に終わりがなく
死ぬまで追求するものだと
私は思っています。

数十年後に治療家を仕事として引退する日にも
「ゴールに至った」
とは私は思っていないと思います。

それくらい追及し甲斐がある
奥深いものだと思って取り組んでいます。

今回のセミナーでも
沢山の気づきや学びを頂きました。

全国から意識と技術の高い先生方が
受講されていますが、
そのような先生方の施術を
セミナーの施術練習の際に
受けさせて頂けることは
本当に貴重な学びが得られます。

このようなセミナー以外の場で
これくらいの先生方の施術を受けようと思ったら
全国を巡らないといけないわけです。

もうそれを考えただけでも
セミナーに参加する価値は十分あります。

もちろんメインディッシュの
花谷先生からの講義、
治療レクチャーは言うまでもありません。


今回も沢山の先生方の施術を受けながら

ここを触ればいいんだな
こういうタッチがいいんだな
手から感情は確かに伝わるな
明日からここをこう変えよう

などなど
沢山のことを考えさせられました。


今日の診療では早速得られた気づきを元に
整体、骨盤矯正をさせて頂きましたが、
確実に治療効果があがっていることを
私自身も実感しましたし、
患者さんにも体感して頂きました。

小手先が変わったわけではありません。
手順や方法が変わったわけではありません。

表面的にみたら
今までの骨盤矯正と
全く変わらないと思います。

しかし違ってくるのです。
それはほんの少しのタッチ、意識、方向、姿勢。

微差の積み重ねだけが
大きな差を生み出すのです。

微差の積み重ねを
コツコツ積み上げることで
初めて高みに至れるのです。


1冊の本を読むこと
1回自己啓発の音声教材を聞くこと
1回セミナーに参加すること

それらの1+1+1+…が継続されることで
大きな成長を得られます。

一人の患者さんの治療もそうです。
高い意識やテーマを持って取り組んだ治療と
無目的に取り組んだ治療の1回では
同じ1回でもまったく違います。

患者さんの症状改善のためにも
自分の成長のためにも
私は1回の1回の治療を意味を持って
取り組みたいと考えています。


9月から新人女性スタッフが新たに加入。
本当に十人十色です。

治療も通り一遍の同じ方法では
成果が出ないように
スタッフ育成も見極めが必要です。

個性や持ち味を殺さず生かす方向で
当院のお仕事に慣れて頂ければと思います。



今日は挨拶に関してお伝えしました。

挨拶も大切な治療の一環です。
気持ちの良いお迎え、
気持ちのよいお見送り。

これらはどんな事務仕事よりも大切です。

挨拶ひとつで
メインディッシュを生かすも殺すも決まります。

患者さんは治療だけを判断材料に
当院を選んではいません。

治療はもちろんメインで大切な要素ですが、
その周辺にある

院内の清潔さ
女性スタッフの感じの良さ
親切な対応
優しい声と笑顔
一生懸命さ

このような部分を総合して
当院を評価してくださっているのです。

書いて頂いた患者さんの声や
エキテンにご投稿して頂いた口コミを読めば
それは歴然としています。

だから、私は治療だけ良ければ良いとは考えていません。
自分の治療以外の態度、
女性スタッフの仕事ぶり
それらが全て患者さんにご提供する
大切なサービスだと考えています。

私の目指しているものを全て受け入れて
体現することはもちろん難しいと思っています。

ただ、こういう考え方を持った院長の元で
自分は仕事をしているんだという意識だけは
少なくとも自覚して頂ければありがたいなと思います。


作成が遅れてしまっていたニュースレターも完成。
後は発送作業を進めるのみとなります。

お手元に届くまで
どうぞもうしばらくお待ちくださいね。

第1592話 電話相談→コモリング

昨日は水曜診療。

スタッフマイさんの
息子さんが発熱。

マイさんが急遽お休みとなったので
リエさんに二人分頑張って頂きました。

いつも心情的なサポートをして頂き、
ありがとうございます。

マイさん、ご家族最優先ですので
後日埋め合わせを頑張って頂ければ
何の問題もあありませんので(笑)


新規で女性スタッフ2名を増員し
診療時間内の全時間帯を
これでほぼ女性スタッフ常勤の状態に。

9月中に安定稼働にもっていき
10月からは予定通り
診療枠を増やせる見込みが立ちました。

しばらくご予約の取りにくい状況が続き
患者さんにはご迷惑をおかけしてしまい
大変申し訳ありませんでした。

チームの人数も増えたので
9月上旬にチームミーティングを。

院長としての私の考えと
今まで支えてきてくれた既存スタッフの
思いを共有したいと思います。

いい仕事をするためには
共通言語による価値観の共有が不可欠です。

当院のヒストリーを
少しでも感じてもらえればと思います。


昨日は月一の電話相談。

先日の面談結果ごご報告
今回の書籍出版の活用方法
今後の事業の展望
プライベートの相談事

などなど。

今回は実験として
自宅から少し離れたホテルにて
水曜夕方から今朝まで
コモリングを実施。

頭の中で想像しただけではわからないことも
1回実際にやってみると見えるものがあります。

今回の外部ホテルコモリング体験で
より良い自分にあったコモリングが
来月行なうことができます。

妻と子供達の協力に感謝します。

この1人静かな時間は
妻の我慢と子供達の寂しさの上にあります。

未来に発展と具体的な収穫を得ることで
この犠牲が意味の有るものとなります。

そういう意味では1人の時間ではなく
家族皆の時間だということです。

経営セミナー資料の全体見直し
治療の流れの見直しと改善
読書
広いお風呂にて自己メンテナンス

今回の時間、フル活用させてもらいました。
本当にありがとうございます。

昨夜も広いお風呂に入れて
朝風呂もできて贅沢の極みです。


整理と後片付けをして
今から帰宅します。

第1591話 面談1件

今週もスタート。

昨日は家族でオフ。
丸一日家族全員で過ごせるのは
なかなかない貴重な時間です。

特別なことをするでもなく

絵本を読んだり
外で縄跳びしたり
シャボン玉をしたり
買い物に行ったり。

小さい子供は
特別な場所に行くことよりも
大切な人から愛情を感じる時間を
過ごせることが1番なのだと思います。

小さい子供にとって
親が世界の全てであって
親が絶対の存在。

そんな時期が少なからず続きます。
この期間だけは
子供達にとって
唯一特別な存在であることを
自覚しながら過ごしたいなと。

早朝から動いて
1日中子供達と一緒に過ごすと
夕方にはヘロヘロです。

子供達の体力のすごいこと。

でも、まだまだパパは負けないよ。


今日は午前午後、
終日治療に専心。

お昼休みには面談1件。
ご縁があって
土曜日にお仕事をして頂ける方と
出会えるようになりました。

まずはトライアル3日間。
待望の土曜出勤できる方なので
期待大ですが
私達は淡々と指導あるのみ。

最大限の受け入れOKサインは出しますが
トライアル以降どうするかは
ご本人次第になります。

ご縁が続きますように。


明日は友人の柔道整復師さんが
木場まで足を運んでくれて
ランチ、治療体験、治療院見学。

女性治療家さんですが、
まずはどんな状況で
今後どんな風になっていきたいのか。

どういう形でご縁がつながっていくか
わかりませんが
このタイミングで会っておく
ということが重要なのだと思います。


9月発行のニュースレターの校正中。
今号でも重要案件をお伝えすることに。
繰り返し繰り返し校正して
私の思いや考えが
出来る限り正確に伝わるように。

今日はこれから早寝して
明日は早い時間から始動です。
記事検索
自己紹介
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ