木場 東陽町 肩こり 腰痛 整体 鍼灸 西村バランス治療院 院長西村ブログ

「西村バランス治療院」院長西村のブログです。当院は肩こり 腰痛等の諸症状を根本改善する「全身バランス調整」のプロフェッショナルです。アスリート、医師や看護師などの医療従事者も多数ご来院頂いています。木場駅から徒歩6分、東陽町駅から徒歩9分。

第1629話 経営セミナー、開院5周年

先日2/18日は重要な節目となりました。

毎年受講させて頂いている
師匠花谷先生の経営セミナー。

全国から院長先生はじめ
院長先生の奥様、
治療家の方々が
沢山ご参加されます。

私も今回は妻と二人で受講。
子供達三人は初めての保育園に
半日預かり保育。

子供達も頑張ってくれたおかげで
パパとママは無事に
セミナー受講できました。
慣れない環境で頑張ってくれて
ありがとう。

セミナーに参加することで
同じ空気を吸い
同じ話を聞いて
共通言語、共通体験を得ます。

同じ話を聞いても
気づきや感じることは違います。

しかし同じ「場」に居合わせること
これこそが大切です。

私が普段どのようなセミナーに参加し
どのような考えのもとで
日々の診療、事業があるか。

その重要な背景が花谷先生です。
もちろん埼玉時代から
妻も花谷先生にずっとお世話になり
セミナー内容や書籍なども
今までずっと共有してきました。

しかしセミナー参加はほぼ初体験。
本人にとってもとてもよい刺激に
なったようでよかったです。

子育てに連日奔走していると
外の空気を吸いたくなるものです。

来年4月からは妻も少し余裕が出るので
2月、3月で今後のことを
一緒に計画していきたいと思います。

セミナー後には
子供達が頑張ったご褒美として
外食して大好きなアイスを解禁。

外食するたびに
「やっぱり外食は大変だ。家が一番」
とは思うのですが、
子供達が喜ぶので
たとえ水や食べ物がこぼれようと
服が汚れようと
親達がゆっくり食べれないとしても
たまにはいいかな…
と思います。

でもやっぱり家が一番です(笑)


5年前の同日、
西村バランス治療院が産声をあげました。

ようするに
経営セミナーの日と
当院の開院日が同じだったと。

節目となる記念日に
重要で大切なセミナーが開催され
6年目に向けて緊張の帯を締め直しました。

改めてここで原点回帰。
5年目を抜けたので
もう修行期ではありません。

新鮮路線はもう通用しません。

治療院も私個人も
次のステージに進む時です。

まずは全方位において引き算を。

5年間走ってくる中で
足し算足し算で頑張ってきましたが
ホームページを象徴として
足し算しすぎて混沌としています。

タイムリーにホームページを見直す機会を
花谷先生から与えていただいたので
早速HPリニューアルをご依頼しました。

HPをきっかけに
自己紹介文も含めて
一つ一つ
真に自分のものとして打ち出せるように。

今までは
先を突っ走る
先達の方々のお知恵を
そのまま拝借し進んできました。

これからは少しずつだとしても
自分らしい形も模索しながら
進めていけたらと思います。


西村バランス治療院を
開院以来、そして開院前からも
ずっと支えて来てくださった皆様に
心から、深く感謝申し上げます。

5年間治療院が継続経営できて
6年目を迎えることができて
これは当たり前のことではないと
本当に感謝する気持ちでいっぱいです。

これからもご縁のあるお一人お一人と
地域社会のお役に立てるよう
精一杯頑張りますので
今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

西村バランス治療院
西村徳啓

第1628話 求人活動継続中

1月末から求人活動を
4週連続で継続中。

今回はどうあったとしても
4人か5人を採用すると決めています。

最初の接触感じたこと
面接で感じたこと
それらが一緒に仕事をすると
増幅されて感じるように。

私も人間観察力がまだまだ未熟なため
一緒に数日仕事をしてみないと
わからないことも多々あります。

開業5年の月日を経て
今までの経験の積み重ねから
今後3年間の院の形を
この2月の採用とその後の
状況を見て判断します。

それなりに大変な思いを味わい
時間とお金も投資して
頭となって行なっている事業です。

自分の大切にしている
大切にしていきたいと思っている
価値観を曲げたり
不要な我慢をしてまで…
とはもう考えていません。

必要な指導はするし
それに対して謝れないとか
素直に改めない態度を見せるスタッフとは
一緒にいい仕事をすることはできません。

一緒に仕事をしてくれることで
プラスの影響を与えてくれる

それが絶対条件です。

マイナスの影響を与えるとしたら
存在する意味はなく
だったらいない方が、となります。

経営者として
院長として
伝えるべきことを
相手の立場や状況に合わせて
最大限伝えながら
責任分担を果たしていき
その結果どうか、ということです。

この2月の成果が
今後3年間を左右します。

今日も14時から1件面接。
ご縁を楽しみにしながら
今週も頑張りたいと思います。

第1627話 2月スタート

天中殺月が明け
まずは4週連続の求人期間へ。

連日面接を行ないます。
何人もの方と面接し
一緒に仕事をしてきたこともあり

電話の応対ですでに結果は予測できます。
面接時にドアを入ってきた
その数秒ですでに結果は決まっています。

その直感の答え合わせと
勤務時間やご状況などの確認。

先週の土曜には
新スタッフが初勤務。

まずは試用期間にてお互いに判断を。

1月に開院当初の状況となり
新人指導も含めて
全ての事務作業を洗い直し。

足し算足し算で膨大になった業務を
このタイミングで可能な限りスリム化を。

スタッフに任せるとことと
自分で行うことの線引も再考。


同時に開院5周年に際しての
広告活動も平行作業。

毎年助けて頂いている方のお力添えで
満足のいく広告紙面が完成しました。

毎年この2月の開院月に
地域近隣の皆様に
当院の存在を知って頂く活動を。

近所にあっても
知られていない
という前提です。

人は探さないと
その対象物は
視界に入っていたとしても
認識することはありません。

肩こり腰痛、体の不調がなければ
当院の存在は目に入らないのです。

この木場駅、東陽5丁目に
西村バランス治療院は存在していますよ

という認知活動です。

当院のことを知らなかった人が
知ることによって
お体の痛みや不調を解決できて
より快適な毎日を過ごせますように。


日曜日は家族とたっぷり過ごしたので

木場公園ラン→院で仕事→ファミレスで仕事

のゴールデンコースです。


少しでも運動して汗を流してから
静止状態での作業をした方が
集中力が長く保てるようです。

起きている時間帯の中で
少しでも長く集中力の高い
過ごし方ができるよう
もっと工夫したいと思います。

第1626話 リスタート

この短期間で様々変化がありました。
2月の転換点を迎える前に
いったんリセット、リスタートです。

事業において
足し算、足し算、足し算…
では限界にぶつかります。

足し算より難しいのは引き算。
足し算より重要なのは引き算。

足し算に勇気も工夫もいりません。
引き算にこそ勇気や工夫が必要です。
引き算は怖いものです。

今まで5年間、
引き算重要!と自分に言い聞かせながらも
足し算、足し算で進んで
きたように思います。

ここにきて
引き算をせざるを得ない状況に。

何かよりよいものを打ち立てようとするならば
今まで積み上げてきたものを一旦壊し
それから新たに積み上げるしかありません。

クラッシュ→ビルド

しかなく、クラッシュなくして
ビルドはありません。

さぁ、これからどうしていこうか。

2月決済予定だった
今後30年を左右する案件も
契約直前で未練も感じないほどの完敗。

この条件であれば
競争比較の対象になりません。

そこに神様の意志はなかった
というしかありません。

次の選択肢を実現するために
邁進するだけです。

もしかしたら
治療家としての事業家としての
見栄やプライドのようなものも
そこにはあったかもしれません。

そういう判断基準ではなく
もっと実質的な相応しい選択肢を。


まずは2週間求人活動を行ってみて
それから次の展開をさぐります。

既存の患者さんにおきましては
ご不便、ご迷惑をおかけする部分があり
大変申し訳ありません。

無言、有言で私に対して
お心遣いをして頂いていることを
しっかり感じております。

私も感謝する思いを
出来る限りの形でお返ししたいと
日々奮闘しています。

そして同時に
患者さんのお心遣いに対して
絶対に甘えてはいけないと自戒しています。

甘える、任せる、頼る、というスタンスではなく

常に与える立場に立つという覚悟

もちろん受けさせて頂くことが
重要な状況や立場もありませす。

その時はそうすることが
礼儀であり逆に与えることに
つながると私は考えています。


2月の開業5周年という節目を目前に
やる気を奮い立たせるしかない状況に。

試練最高!

今こそ次のステージに上がれる
チャンスだと思って踏ん張ります。


連日、冷え込みの激しい寒い中
期待をもってご来院頂き、
本当にありがとうございます。

第1625話 都内大雪!

昨日から大雪になりました。
今朝は白銀の世界。


IMG_20180123_082213
保育園へのお見送り前に
長女と長男の三人で
二人よりも大きな雪だるまを作りました。

雪合戦もして走り回って
沢山遊んでから保育園へ。

長女も長男も保育園の環境を通して
たくましく成長しています。


昨夜の帰宅、
今朝の出勤は
皆様大丈夫だったでしょうか?

昨日も、雪の中
ご来院頂き、
本当にありがとうございます。

私の診療後、
院の目の前と周辺の雪かきをしてから帰宅。

今日は午後診療ですが
雪かきや事務仕事のため
少し早めに出勤する予定です。


1月に入ってから
リズムを作りきれず
時間管理に課題あり。

今日の午前で
積読していた8冊の本を読めて
少し気持ちがすっきりしました。

スポーツジムにも再入会し
また来月から新しいリズム作りを。

今年は健康と仕事の基本を見直す一年に
という位置づけなので
仕事、健康管理、
しっかり取り組みたいと思います。


昨日から2週間
求人広告を。

良い方とのご縁を
心待ちにしています。

今までスタッフ任せだった事務仕事を
改めて私自身がする機会に。

スタッフも誰もおらず
一人治療院だった頃を
懐かしく思い出します。

全て必然の出来事だと思えば
今の状況も起きるべくして起こっている
必要な状況なのだと思います。

まずは溜まっていた事務仕事をリセットし
2月の開院5周年に向けての準備を。

事務仕事は診療時間外でするしかないので
24時間の使い方を改めて見直し。

書店で見かけた子育てに関する書籍を
数冊読みましたが
その時期、その年齢にしかできない接し方。

5年、10年、20年先の情報やノウハウを
事前に知っておくことも大切ですが
それ以上に
今しかできないことを知って
それを実践することに注力すること。

先々の情報を仕入れる時間や労力を
今この時にしかできないことに費やす。

治療院経営、会社経営でも一緒かなと。

事業にも時期や規模、タイミングなど
その時々で様々な状況があります。

その時その時に相応しいことに全力を。

開業時には開業時に相応しいことを。
開院5年目には5年目なりの相応しいことを。

今年は天中殺前の節目になる1年なので
今までの総まとめ的な期間となります。

突飛なことをするのではなく
今まで積み上げてきたものの見直しを。


本日も雪が残っており
外出時にはくれぐれも
足元にお気をつけてくださいね。

ご来院される予定の患者さんも
くれぐれもお気をつけてご来院ください。

院内暖かくしてお待ちしております(*^^*)

第1624話 一門会

先日、日曜日は
師匠花谷先生のお心遣いにより

現役チームバランスの皆様と
卒業生一同をお招き頂き、

バランス整骨院での講義、技術セミナー
ならびにバランス法人化15周年の
お祝いの席に同席させて頂きました。


院内での凝縮された時間は
もう正直言って全国の治療家先生方が
喉から手が出るほどに羨ましがられる内容。

セミナー後は
高級料理をお腹がはち切れるほど
食べさせて頂いて

もう頂けません。
お腹いっぱい…
消化不良でございます。

そのくらいの内容。

いわば、花谷先生の背景から始まり
現在まで進化させてきたプロセスと
現状の最高レベルの治療理論と技術。

直弟子という立場で最優遇して頂き、
この場にいさせて頂きましたが
これだけして頂いて結果が出せなければ
申し訳なさすぎて顔向けできません。

すぐに診療でも活用させて頂く機会を
得させて頂きましたが
この日のご指導がなかったら
ちょっと厳しい状況でした。

即日、効果を実感せざるを得ませんでした。

あれから何度も頂いた原稿を
読み返していますが、
この5ページの原稿に
花谷先生の治療のほぼ全てが
そして私の現在の治療の全てと
これから私が行うであろう
治療における目標の全てが
網羅されているように思います。

とてもとても消化不良ですが、
当たり前といえば当たり前ですが…
このバランススタイルを
少しでも自分のものにしていけるよう
この新年のタイミングで
大きすぎる明確な目標を頂きました。

具体的な内容は
企業秘密なので伏せますが
今まで私の問題意識や質問力が足りなくて
言語化して頂けなかったことも
あますことなく言語化して頂き、
ああ、なるほど…
と腹にストンと落ちる内容も沢山。

引き出しを効果的に開ける力
もっと身につけなければですね。


凝縮された院内セミナーの後は
カシータ青山本店へ。

バランス法人化15周年のお祝いで
社長の花谷先生からチーム全員を
ご招待して頂きました。

奇跡のレストラン

究極のサービス

という評価を欲しいままにしている
超高級レストラン。

花谷先生のお心遣いで
サービス研修、という位置づけとしても
場をセッティングして頂きました。

0004_xlarge


テーブル担当の店員さんが
まさかの宴の前日に
患者さんとしてバランス整骨院に
受診していたというサプライズに
一同初めからハートを鷲掴みにされ
次から次へと繰り出されるサプライズ。

期待に胸を膨らませ
ハードルがこちらとしても
上がるしかないのですが
さらにその上をいくサプライズを
繰り出し続けるハイレベルなサービス。

もうそこには
仕事をしている
という意識よりも
ひたすら自分たちが楽しみながら
お客様を喜ばせる世界。

そのお客様が驚き、喜ぶ姿に
自分たちがもっと喜ぶ。

そんな喜びが喜びを生み出すスパイラル。

カシータは美男美女ばかりですが
本当に笑顔の素敵な方ばかりですね。

笑顔は無料でできる最高のサービス
といいますが
本当にその通りだと思わせられます。

メインのお食事は言わずもがな
とっても美味しかったです。


0031_xlarge

0037_xlarge


笑顔で喜ばせて頂きながら頂くお食事は
実際の味以上に美味しく感じるものです。

カシータのお料理の最高のスパイスは
笑顔、喜び、楽しい
なのですね。

全ての接客サービス、仕事に通じます。

見栄えが良くて美味しい料理は当たり前。
そのお料理周辺に
どれだけパワーと真心と工夫を注げるか
その余裕力がカシータのすごさかなと。

場所をわざわざ移動して
野外でコタツを囲みながらのデザート。

願いが叶うという
スペシャルな風船を飛ばすイベント。

0043_xlarge


さらに3階から6階に場所を移動して
完全なるバランス仕様のカフェタイム。

0028_xlarge

さらっとしたお見送りだな…
と思わせておいて
エレベーターよりも早い縮地により
エレベーター前でお見送りして頂いた
店員さんが1階ロビー出口で待っている
というスペシャルサプライズ。

お心遣いのお持ち帰りホッカイロには
バランスの名前とスペシャルサンクスという
文言が刻まれたシールが。

そして圧巻は最後のお見送り。
視力は一体いくつなんだと思わせる
遠方までの手を振ってのお見送り。

視力低下中の私には
はっきりとは見えませんでしたが
きっとはちぎれんばかりの笑顔で
手を振ってくれているのだろうなと
疑いもなく想像できる信頼関係。

たった数時間の出来事でしたが
ノンストレス空間で迎えて頂いた
私達チームバランスだけのために
尽くしてくださった素敵な劇場。


0052_xlarge

喜びというかあふれる満足感というか
そういう特別な空気に包まれて
カシータの皆様に背中をお見送り頂き、
都会を歩く風景は
いつもよりも極上の光により
輝いているように思えました。

もう、圧巻のサービスに
虜になってしまいますね。

このようなお店に
家族、スタッフを
連れていけるような
相応しい人間になりたいと
心から思わされました。


二次会はバランス御用達の
池袋メコンへ。

いつも通りの
いつも以上の
楽しく安心できる時間。


本当だったら
私達がお祝いして差し上げる立場なのですが
今回も花谷先生に
沢山の学び、気づき、喜び、目標を
与えて頂くことになりました。


チームバランスの一員になれて
私は本当に幸せ者です。

花谷先生、改めまして
法人化15周年、おめでとうございます!

そしてお誕生日、おめでとうございます!


これからも偉大な師の背中を
しっかり見ながら成長させて頂き、
周囲10人を大切にしながら
地域社会にとって有益な存在になれるよう
ますます精進いたします。

第1623話 新年スタート

新年、あけましておめでとうございます。
ご縁ある大切な皆様、
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


年末は東京で家族とおでかけしたり
のんびり過ごし、

年始は私の実家の岡山に帰省。
両親と弟家族と一緒に過ごしたり
箱根駅伝を見て大興奮したり。

岡山→東京の帰りの新幹線は
非常に、非常に厳しかったですが
何とか無事に帰宅できました(T_T)


当院は1/4木から新年がスタート。

木曜日から昨日まで
ノンストップで稼働。

暖機運転がほしいところですが
本当に感謝しかありません。

私にとって大切な患者さんと
新年の挨拶を交わしながら
治療活動できることの幸せを
連日噛み締めています。

もっともっとご縁を強く感じながら
深く入り込んで治療に没頭する段階に。


今朝は、今日の一大イベントに向けて。
最終準備の時間をファミレスにて。

子供の頃の遠足前のような
そわそわワクワクした感覚。

脳が覚醒してたまりません。

師匠である花谷先生の元を卒業した
同門のお弟子一同が各地から集結し
現役のお弟子たちも含めて
バランスファミリーが全員集合。

私はこの日をものすごく楽しみに
そして励みにして過ごしてきました。

いっそう高みを目指す機会として
そして師匠の偉大な軌跡を
バランスファミリー全員で
盛大にお祝いする祝福の機会として…。

私にとっての一張羅をしつらえて
埼玉バランス整骨院に向かいます!

花谷先生、チームバランスの皆様
今日一日、どうぞ宜しくお願い致します!!

第1622話 2017年の診療が無事に終わりました

本日も大変寒い中、
ご来院頂き、ありがとうございます。

本日で年内最後の診療となりました。

診療時間を始めも終わりも延長しましたが、
それでもご案内できない患者さんもいらっしゃり、
私の気持ちとしては
既存の患者さんだけは
どんな形でもご案内したかったのですが、
ご案内しきれず、
大変申し訳ありませんでした。

この年末に際して、
沢山の方からお心遣いを頂き、
沢山のお礼状を書かせて頂いております。

お礼状が書けるということ
本当にありがたく思います。

普通に考えたら
ありえないわけです。

治療に対する正当な対価はすでに
支払っているのですから、
その上に何かしらのお心遣いをして下さる。

私としては
私の精一杯の治療に対して
スタッフの精一杯の接客に対して
何か感じるものがあって反応して下さり、
この年末の最後の最後まで
ご縁がつながっていられる

このことが本当にありがたいことです。

一度ではもって帰り切れないほどの
お心遣いを頂けたこの年末を通して
少しは自分も頑張れたかな、
治療以外の何かしらのプラスアルファを
喜んで頂けたなか、と
この一年間頑張った自分とスタッフを
褒めてあげたいなと思います。

モノ自体も嬉しいことですが
それ以上に、
モノを準備して渡してあげよう
喜ばせてあげよう
感謝を伝えよう

そのように想って頂けた
患者さんたちの気持ちを思うと
すごく嬉しいなと思うのです。

永遠にお付き合いできる患者さんというのは
いないと私は考えています。

様々に状況、体調、気持ち、
変わっていくことが自然だと思うからです。

私とその患者さんにとって
ベストな期間、
ベストなご縁を持てれば
それが最高だと思うのです。

その奇跡的に
お互いの人生において交わった
限りある期間を
お互いにとって有意義な
大切な時間として過ごせれば。


当院スタッフ、りえさん、まいさんも
この1年間、本当によく頑張って
私と院を支えてくれました。

本当にありがとうございます。


今日、このように
2017年の診療を無事に
よい形で終えられたことに
心から感謝申し上げます。


まだ年内やり残した仕事がありますので、
それらを全てやり切って
来年を迎えたいと思います。

まずはお礼状を
1枚1枚真心込めて書かせて頂きます。

口コミサイトエキテンへの
患者さんから頂いた口コミ数も
今日で321件となりました。

年内に320件を達成しよう!
と目標を掲げていましたが、
ちょうど年内最後の診療日に達成。

口コミの数が問題ではなく、
どれだけ多くの方を喜ばせることができるか。

突き詰めればただそれだけです。

体治しは大前提の当然のこととして
プラスアルファ、喜んで頂くこと。

その結果、見える形での
ご感想を書いて頂けるということです。


当院は沢山の患者さんが治っています!
沢山の患者さんに喜んで頂いています!

そのように声高に叫んでも
沢山って?誰がどんな風に?
ということになります。

私が100の言葉を雄弁に語るよりも
エキテンにご投稿頂いた
生の321件のご感想が
沢山の実態を説得力を持って語ってくれます。

その患者さん生の声に
共感する方がいらっしゃって
また新たなご縁が得られるのです。


私の、当院の優先順位は明確です。

新規よりも既存。

1回目の患者さんよりも
すでにご縁を頂いている患者さんを
絶対的に大切に考えています。


来年も当院にご縁を頂いた
大切な患者さんお一人お一人にとって
必要とされる、信頼される存在として
一生懸命頑張りますので、
どうぞ宜しくお願い致します。


本年も大変お世話になり、ありがとうございます。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆様、よい新年をお迎えくださいね(*^_^*)


西村バランス治療院 西村徳啓

第1621話 素直、可愛げ、熱心

************************************************
本日は祝日の為
休診となります。

年末年始は
12/29金〜1/3水で連休を頂きます。

ご不便おかけしますが、
ご理解のほど宜しくお願い致します。

************************************************

年末が近くなり
お体の大掃除にいらっしゃる
患者さんも多くご来院頂いております。

様々なご縁の中で
このようにお付き合いできることは
本当に奇跡であり、
感謝しかありません。

言葉だけではなく
治療を通して
姿勢を通して
感謝の気持ちを伝えられるように
伝わるように
しっかりと自己管理と自己啓発を。

「本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。
良い新年をお迎えくださいね」

という年末ならではのご挨拶で
お見送りする患者さんが多い時期です。

言葉だけではなく

心からその方の新年が
来年が素晴らしいものになりますように

そのような願い、祈りを込めて
ご挨拶できるようにと思っています。

年賀状もこの週末で
お出しできるように進めています。

今年最後のニュースレターも
「発送いたしました」
とご依頼している業者さんから連絡が。

このDM発送を代行して頂いてる
会社さんからは報連相が徹底しています。

ここまでするのね…
と、とても刺激を受け勉強になります。

このようにサービスを提供する
クライアントさんに感じて頂ければ
どんな仕事でも成功できると思います。

ご縁を大切にしたいなと
自然と思える瞬間が沢山用意されていれば
お互いにとって
最善のご縁が最善の期間続くものです。

当院もご縁を頂いた患者さんから
選ばれ続ける院であれるよう
これからもたゆまず精進します。


昨日、本年最後のご来院だったSさん。
私、りえさん、まいさんに
手書きのメッセージを沿えて
クリスマスプレゼントを贈って頂きました。

私達一人一人を大切に思って
接してくださっていることが伝わるしかなく

Sさんは普段から周囲の方々に
このように誠実に温かく
接していらっしゃるのだなと。

プレゼントを下さったから云々ではなく
Sさんのその姿勢、行動、笑顔に
自然と心を打たれました。

私が知っているご状況は
ごく一部分なのですが
様々なご状況の中で
今年一年は大変ご苦労されたのではないかと
想像しています。

そのような中でも
心のベクトルを自分に向けず
周囲の人達に向けられるSさん。

本当に素晴らしいと思います。

人のために何かしよう
何か役に立とう、尽くそうと
行動し続ける人には
必ず神様が人を通して
温かい手を差し伸べて下さいます。

それを繰り返しながら
次のステージへ移行する
その繰り返しが人生です。

自分のことばかり考えて
「我」と「利」を押し出して
自分が自分が、と生きていく人には
そのような手は差し伸べられません。

自力で到達できる
人生のステージは知れています。

自分よりも高いステージに
存在している人に
グイッと手を引っ張ってもらって
自力では到達できないステージに
まるで瞬間移動のように進めるのです。

そのために必要なのは
知識、能力
違います。

素直、可愛げ、熱心
これだけです。

少し成果を出して高慢になり
これを忘れた瞬間に終了です。

私も何を忘れたとしても
これだけは絶対に忘れてはいけないと
日々日々、自戒しています。

Sさん、お心遣いを頂き、
本当にありがとうございます。


当院にはSさんのように
様々なお心遣いを与えてくださる
素敵な患者さんに沢山恵まれて
本当に感謝しかありません。

与えたものは
回り回って
与えた対象以外からも
必ず何倍にもなって返ってきます。

私も恐縮ながら
今持っているものを通して
少しでも与える活動を行なっていけるよう
これからも頑張っていきたいです。

第1620話 年内ラスト治療家塾セミナー

寒い日が続きますが、
このような中、
当院にご来院頂き、
本当にありがとうございます。

今年も残すところ後数日。

今年も過ぎてしまえば
二度と過ごせない時間となります。

未練、後悔のないように
生きたいと思います。


先日土曜日は師匠のご親友が
埼玉からお忙しい時間をぬって
当院患者さんとして来院して下さいました。

通常の患者さんにいつもご提供している
今の私にできる
最大限の治療、サービスを。

大変喜んで頂き、
笑顔でお帰りくださいました。

大変ありがたい評価をくださり
また同時に師匠の治療を
長年にわたり受け続けている患者さんとして
師匠と私の大きな差を教えて頂きました。

師匠との大きな差があることは
同じ治療家として悔しくもあり
同時に大変ありがたいことでもあります。

もしまかり間違えて
師匠と同じくらいの
総合的な治療レベルに到達してしまったら…

自分で新天地を切り開いていくか
失礼ながら次の師匠を探すしか
成長する選択肢はないのです。

日々、自分なりに学びながら
必死で努力している自分がいる中で
師匠は同じ時間を
もっと卓越、洗練された高いスキルで
ご自身を成長させようと努力しています。

常識的に考えて
追いつけることはないのです。

もし追いつき、追い越せるとしたら
自分が奇跡を起こすか
師匠が歩みを止める時です。

大きな差がある現実をつきつけられることは
師匠が師匠としてのたゆまぬ努力を
ずっと継続されているとうことであり
私が今よりも成長できる伸び代が
それだけ大きく残されているということ。

大変喜ばしいことです。

トモ・クルーズさん
私の5年間近く戦ってきた戦場に
足を運んで下さり
刺激と啓発を与えてくださって
本当にありがとうございます。

これからも今まで以上に師匠に学び
成長していきますので
温かく厳しく見守って頂ければ幸いです。

診療後は年内最後の
治療家塾セミナー。

私に自身にとっても
年内最後の5分間スピーチを
という思いを持って準備したのですが
出来る限り全部伝えたいという思いから
かえって空回りしてしまい
花谷先生からもダメ出しを頂きました。

治療も講義も全ては
自分視点→顧客視点

この転換を完全にすることです。
顧客のため、と言いながらも
どこかに自分可愛いが残っていると
完全にふっきれた
気持ちのいいサービスは提供できません。

ハイレベルなサービスというのは
圧倒的な顧客視点からしか
生まれないのだと思います。

治療に関しても
フュージョンという極意がありますが
完全に自分を捨てるということです。

考え
迷い
悩み
治したいという思い
評価されたいという思い

全部ゼロにして
完全に目の前の患者さんになる

とうことです。

患者さんの
痛み
思い
感覚
悩み
喜び

本人になるのだから
それら全部をまるごと感じるのです。

痛い所が分かるのは当たり前。
何を考えているのか
どうしたいのか
どうしたくないのか

それら全てもわかるのです。
だって本人だから。

この状態で治療をすることが
院内で一緒に過ごすことが
治療家としての到達点です。

その土台として
自分の心身の健全が不可欠なのは
至極当然のことです。

この精度をどれだけ高く維持できるか。
しかもこの状態を
自分の120%、100%で実現するのではなく
偏差値51で、
自分の70〜80%で実現できるレベル。

いつもフルパワー全開!!
では1日6時間〜10時間を
1週間、1年間、10年、20年を
維持し続けることはできません。

偏差値51で淡々と

師匠の言語化された様々な言葉の中でも
多くの全国の治療家が啓発されて
日々実践しようともがいている言葉です。

私も例外なく
日々この言葉の実践にもがいています。

特に一緒に仕事をさせて頂いた期間には
「西村は波が大きいから上げすぎるな」
と何度も何度もご指導頂きました。

上げすぎるから下がりすぎる

とうことです。
物理現象ですね。

モノを高く持ち上げれば
それだけ下まで大きく強く落ちる
とういことです。

今回の治療家塾セミナーでも
沢山の刺激と啓発を頂きました。


1人院は家族と総会を

採用したくない人リストを作りなさい

モチベーションの作り方はすなわち
立場、責任、環境を作るということ

偏差値51を維持するには
寝る、食べる、動く+活字、音声教材

逆算思考vs先送り思考

セルフイメージの作り方
そうなりつつある

緊張→興奮
という言葉の置き換え


特に私の印象に強く残ったのは
対社会→対内部→対自己
の順番で問題を解決していくプロセス

正確な言葉とは違うと思うのですが
さらっと仰ったこのお話に
私は「ああなるほどな」と
とても共感させられました。

通常は小→大ということで
自己→会社→社会
という順番なのかなと思いきや
社会→会社→自己
という順番が成功者のパタンなのです。

社会のために、
社会の役に立ちたいと喜ばせたいと
必死で活動をしているうちに結果を出し

それから会社、自己組織に対して
さらにクオリティを追求する段階になり

それら全てのプロセスの中で
自分の中のコンプレックスや
抱えていた未解決だった問題も
自然と解消されているという。

そういう風にできているのだろうなと
自分の未来が見えたような感覚でした。

自分の中の問題に囚われている限り
それを解決することは一生ありません。

無視するとか諦めるとかではないですが
もっと視野を大きく広げて
こんな自分での人様の役に立ちたいとか
社会にとって有益な存在になりたいと
必死で日々もがいて成長していこうという
その心意気に対して
成長とか問題解決とか
神様が様々な形でプレゼントを
くださるのではないかと。

そんなことを考えました。

今年もセミナー、懇親会、二次会と
セミナー運営を通して
沢山の学び、刺激、リフレッシュの場を
ご提供頂いた花谷先生はじめ
セミナー運営者の皆様
一緒に場を過ごさせて頂いた先生方に
心から感謝申し上げます。

ありがとうございます。

来年も継続して学びの場に
自分を連れていきたいと思います。


昨日はプチ家族忘年会で回転寿司へ。

新幹線好きな長男が
新幹線がお寿司を運んでくる情景に
どんな反応をするのか見たくて
ということが1番の理由でしたが(笑)

予想通り、食べることよりも
新幹線がお寿司を運ぶ様子に
終始大興奮の長男でした(*^^*)
記事検索
自己紹介
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ