木場 東陽町 肩こり 腰痛 整体 鍼灸 西村バランス治療院 院長西村ブログ

「西村バランス治療院」院長西村のブログです。当院は肩こり 腰痛等の諸症状を根本改善する「全身バランス調整」のプロフェッショナルです。アスリート、医師や看護師などの医療従事者も多数ご来院頂いています。木場駅から徒歩6分、東陽町駅から徒歩9分。

第1692話 チームミーティング

今週も連日の猛暑の中
当院にご来院頂き
誠にありがとうございます。

朝も昼も、院外に出ると
ムワッとした猛烈な蒸し暑さ。

こんな中を患者さんは
涼しい家から外に出て
当院まで来てくださるのか…

と思うにつけ
絶対に後悔させたくない
症状改善を前進させたい
喜ばせて差し上げたい
という覚悟が強まります。


経営合宿セミナー後、
また8月から変化や新しい流れが。

全ては意味のあることであり
フラットな事象に対して
自分自身が自信をもって
前向きな解釈を施しさえすれば
良い方向に進めていけると確信しています。

ピンチはチャンス

もはやある程度のことが起こっても
ピンチとも思わなくなってきましたが(笑)

神様は乗り越えられない試練は与えない

乗り越えられるという確信と
過去の成功体験があるから。

もちろん毎度大きな余裕はありませんが。

試練という被り物をした
成長、成果、報酬、ということです。

試練が来てしまった…
ではなくて

よしきた!成長!!

とリフレームすればよいのだなと。


今週また1つのきっかけを得て
施術の次元が1つ上がったことを
体感しています。

これからも長く付き合っていく
大切な相棒である自分の体。

少しでもロスや消耗を避けて
なおかつ成果を最大化する体の使い方。

健康管理、すなわち
睡眠、食事、運動
この三要素の探求は永遠に続きます。

これでいい
と思った瞬間に
神様からぶっ叩かれます。

高慢になるんじゃない!
という愛のムチです。

何事も終わりはありません。
ただ、終わりのないレースは走れないように
ゴール設定のない人生は苦しいです。

今からマラソン始めます。
ゴールはありません。

そんなレースは誰も走れません。

ゴールは21キロ後!
42.195キロ!
100キロ!
200キロ!

みたいにゴールが明確だから
ペース配分を考え
覚悟を決めて走れます。

人生も仮で良いのでゴールを決めるのです。

考えるにつけ、
人生はマラソンそのものです。


フルマラソンならば
例えば3時間で完走したい

だったら1キロ4分16秒ペースがマスト

後半のペースダウンを考慮して
1キロ4分15秒以内で走る必要がある

このくらいのペースでフルを走るには
練習では1キロ4分で
10キロ、20キロを走れるように

本番レース1ヶ月前には
30キロを本番ペースの1キロ4分15分で

練習は最低週3回で

食事はこう、飲み物はこう…


このように得たい最終目標を設定し
そのために必要な少目標を掲げ
走る以外の飲食の条件を固め

あとは決めたことの実践と継続あるのみ。

このような形で半年間準備できれば
ある程度の精度をもって
目標タイムを達成できます。


マラソンやめずに続けてみて
よかったなと常々思います。

レースを1本走る度に
人生における学習体験か
成功体験を得られるのです。

素晴らしいなと思います。


話が大きく脱線しましたが(汗)

昨日の診療後に
1時間半のチームミーティング。

たかこさん、あやねさん、あゆみさん
素晴らしいなと改めて見直しました。

もっと彼女たちに相応しい
院長に、経営者に、人間にならなければと。

今のメンバーで一緒に仕事ができるのも
長くて後1年前後でしょうか。

寂しくなるので
あまり想像したくないですが(泣)


彼女たちが当院を卒業する時には

もっと続けたいな
ここで働けてよかったな
ここで成長させてもらったな
先生に認めてもらえたなら
どこに就職してもやっていける

そんな前向きな気持ちを持って
送り出したいと思います。

一緒に考えて頂いた
患者さんの不安をなくすための課題。

早速チームで取り組んでいきます。

私も皆様から頂いた宿題
1日でも早く形に仕上げます。


必ずやり遂げる、マスト!
という気概を持って
ToDoリストを埋める作業から。


本日も快晴なり。
皆様、よい週末を(*^^*)

第1691話 経営合宿セミナー2018

先日、7/15日〜7/16月祝の1泊2日
全国の院長先生が集結する
経営合宿セミナーに参戦。

御年70歳になられる
偉大な先達の40年の歴史
そして現在も1日50人を治療されるという
実際の治療も生で見学させて頂きました。

様々な角度から繰り出される
数百個の質問事項。

表面的な応えから始まり
どこまで深く掘っていけるか。

合宿全体を通しての
一貫して発せられるメッセージ。

そして1年前とは異なる価値観。

まだまだ消化不良ですが
今月かけてしっかり消化し
昇華していきます。

合宿に参加されていた先生方の
生き生きとした表情。

本気で自分に、
自分と事業の未来に向き合うことにより
得られた答えと課題。

皆様とても清々しく
素敵な表情をされていました。

治療家としてだけではなく
経営者として成長させて頂ける貴重な場。

このような機会を
1年に1度頂けることは
ものすごい贅沢であり財産です。

本当にありがとうございます。


頭をフル稼働させたせいか
翌日は軽くバーンアウト。

そして早速ちょっとしたピンチが。
ピンチはチャンス、ということで
この状況を今後に活かしていけるよう
試行錯誤しながら実験です。

第1690話 私の岡山の実家、無事です

本日も暑い中ご来院頂き
誠にありがとうございます。

この連日の暑さ。
日常的に30度を超える日が多いですが、
一昔前までは30度を超える日は
こんなに多くはなかったと記憶しています。

地球単位の異常気象であり
日本だけの問題ではありません。

地球規模で具体策を実行し続けないと
地球の老化が加速し
寿命がその分短くなってしまうように思います。

知ることは力なり

少しでも知るべきことを知って
小さいことだとしても
まずは自分自身が実践していけたらと。


私の実家が岡山だということをご存じで
友人や患者さんで気にかけて下さる方が
沢山いらっしゃいます。

お心遣いを頂き、
本当にありがとうございます。

私の実家は岡山県岡山市ということもあり
今回の被災地からは若干外れており
自宅付近は近年まれにみる大雨ではあったそうですが
浸水とか致命的な問題は発生しなかったようです。

中四国の方々で特に
大変なご状況でお辛い思いをされている方々には
心からお見舞い申し上げます。

一日でも早く平和な日常が戻りますように…。

しかし、私達関東人も全く他人事ではなく
いつ何があってもおかしくない状況。

せめて何かあった時に後悔しないよう
家庭での備蓄と事前の決め事を。


経営合宿セミナーがいよいよ間近。

連日時間を捻出して準備していますが
これで万全!というわけにはいかず
いくら時間を費やしても
いくら考えを絞っても
まだまだ十分ではありません。

こういう機会でもない限り
必至で事業や未来について
考えるということはできません。

どうしても直近に必要な業務的なことの連続に
時間を優先して使ってしまうのが日常です。

職人であれば目の前の仕事に集中しさえすれば満点。
しかし私達は職人でもあり、
それ以上に経営者です。

経営者の仕事は決断すること。
未来を見据えて脳に汗をかくこと。

体ばかり汗をかいてもいけないのです。

経営者としてはまだまだひよっこの身。
モデリングすべき対象の経営者はいくらでも存在する。

モデリング対象を選択して
集中的に学習していきます。


明日もチームでいい仕事をしていきましょう。

第1689話 エアコントレーニング

暑い1週間が始まりました。

昨日も暑い中をご来院頂き
誠にありがとうございます。

院内を適度な室温と湿度に管理して
少しでも快適に院内を過ごし
ノンストレスで治療を受けて頂けるよう。

エアコンの冷房温度設定だけでも
患者さんの立場に立つ
患者さんの気持ちを想像する
それらの重要なトレーニングになります。

単純に
今、自分が暑いから
という理由で温度設定を
下げることはありません。

あくまでも患者さん視点が判断材料。

今、患者さんはこの院内で
快適に過ごせているだろうか?

もしくは、
これからご来院される患者さんは
快適に過ごせるだろうか?

という視点を持って
空調の温度設定を意識して調整するならば
簡単で単純な業務と思える仕事を
創意工夫を発揮する
とても創造的でやりがいのある
仕事に変えることができます。

当院スタッフには
的確な業務の遂行をベースに
こういった患者さん視点、相手視点に立った
親切の実践を要望しています。

幸い当院スタッフには
業務ができているんだから問題ないっしょ?
という横柄なスタッフはおらず(笑)
皆、素直に私のリクエストに
十二分に応えてくれています。

もちろん雇用主の私のためでもありますが
職場におけるチャレンジは
結局自分のためにしかなりません。

他人のために汗がかけない人間に
自己成長はありません。

逆説的ですが

自分が成長したいから
自分が稼ぎたいから
などという自分視点が強すぎる人よりも

自分のことや自分の考えは後回しにして
上司のリクエストに応えよう
社長の期待に応えよう
という他人のために汗をかける人の方が
結果的に自己成長を成し遂げたり
経済面でも心理面でも満たされます。

成功や幸せの定義は千差万別ですが
社会において得たい成果を得るためには
自己評価ではなく他人評価を得ること。

周りの人から見て
顧客から見て
同僚から見て
雇用主から見て
評価される人間になること。

そのためには
顧客、同僚、雇用主の立場に立つこと
何を期待しているのか
何を喜ぶのかを想像する気持ち。

人にとって仕事以上に
真剣に物事に取り組める場は
あまりないのが現実です。

給与やお金、生活がかかっているという
真剣さを活用すればいいのです。

真剣に物事に取り組む時にしか
やりがいとか成長とか達成感とか
自分を喜ばせる体験はできません。

当院スタッフとしてご縁があって
一緒に仕事をするようになった人には
少しでもそういう視点や考えを得ることで
あそこで働いてよかった
そう思って頂ければなと考えています。

スタッフ一人一人の求めているもの
ニーズや喜びやりがいを感じる点も
それぞれ全員違います。

それらを想像しながら
1個でも多くその機会を提供できるように
努力することが私の仕事です。

毎日とても難しさを感じていますが…。


連日スキマ時間を見つけて
経営合宿セミナーに向けて準備を。

治療院、という枠を超えて
今の自分は向こう3年
何をどうしたいのか?

本当の自分の気持ちを見つめるという
難しい苦行でもあり大切な機会です。

人は思った通りにしか生きれません。

何を思うか?
を考える時間です。

第1688話 経営合宿セミナー準備

いつもご来院頂き
ありがとうございます。

先週土曜日は
スタッフあやねさんが体調不良により
たかこさんにサポートを一任。

朝早くから遅くまで
長時間のサポートをして頂き
ありがとうございます。

予約満席の状態を
一人でサポートするのは
とても集中力、気力、体力
消耗するものです。

私も含めて
スタッフ皆の健康管理
しっかり気配りできればと思います。

あやねさんもくれぐれも
お大事になさってくださいね。


今日は予定よりも
スタートが遅れてしまったので
木場公園をハーフランの予定を
15キロランに削減。

シャワーを浴びて
経営合宿に向けてプチコモリング。

帰宅して補助輪を外した
長女の自転車練習で
並走ランを5キロほど。

合計20キロで無事にハーフ遂行。

娘も随分自転車の運転が
安定してきました。

私が補助輪を外すのって
もっと転んだり苦労したはずだけど…。


妻のコンディションを最優先に
今日は家族で家で過ごしたり
近場で過ごしたりしました。

一日中動き回った子供達は
珍しく19時頃には就寝。

私は
花谷先生の書籍を2冊抱えて
再びプチコモリングを。

いよいよ経営合宿セミナーも間近。
事前準備を進めねばと思う気持ちと
当日二日間を楽しみに思う気持ちと。

成果は準備に比例する

できる限りの準備を進めていきます。
そして経営合宿の成果をもって
今年後半と来年以降に向けて
進めていくのみです。


経営者としての自己確認と
成長のチャンス。

家族の協力を得て
しっかり掴みたいと思います。

第1687話 実体験に勝るものなし

連日暑い中ご来院頂き
本当に本当にありがとうございます。

日中外に出てみると
凄まじい暑さにくらくらします。

こんな天気の中
患者さんはわざわざ
治療院に来てくださっているのです。

想像力を一生懸命
働かせることも大切ですが
実体験に勝るものではありません。

書籍やセミナーでの知識も重要ですが
自分自身の実体験を増やすこと
よりいっそう重要で優先すべきだなと。


今日は早朝から妻が諸用で外出。
子供達三人は妻が玄関を出る際には
全員号泣の大合唱(T_T)

妻が日頃どれだけ子供達を愛して
良くしてくれているのかを痛感します。

いつもありがとう。

朝の準備を終えて
子供達三人を連れて
保育園に一緒に移動。

三人とも泣いたり騒いだし嫌がったりもせず
ニコニコ教室に入れました。

子供達も健気に頑張ってくれています。
パパももっともっと頑張らねばと思います。


ルーティンに筋トレも追加され
時間管理もいっそうタイトに。

優先順位と後先順位を明確にして
フォーカスした目的を達成するために
不要なものを捨てながら
息抜きや自己メンテの時間も持ちながら
様々バランスをとって前進します。


現在PRONTOでプチコモリング。
今月の経営合宿セミナーに向けて
準備、準備です。

第1686話 サッカー日本代表ベスト16

6月も終わり、
7月がスタート。

サッカーワールドカップ
日本代表、お疲れ様でした。

部分的にしか試合を
観ることはできませんでしたが
大会前の多分な批判を受けての
ベスト16という結果
本当に素晴らしいと思います。

私も幼少期から20年以上
サッカーを経験しているので
国家代表選手達に
言えることは何もありません。

あのステージに立つための
努力、実力、運を掴む力。

涙ぐましい過程の結果です。

あえて言えるとすれば
選手個人のパフォーマンス云々ではなく
本気で日本サッカー代表に
結果をもたらしたいならば
できることはもっとあるのでは
ということ。

サッカーという専門性を取り除くならば
1つの組織運営でしかありません。

その組織運営を
限られた人材の中で
限られた知識、ノウハウ、能力で
どうにかしてきたのが現状ではないかと。

あくまでも私見ですが
サッカー協会などの専門組織が
他の分野業界の実力者から
助力を求める仕組みがあるのだろうかと。

日本にも世界にも
組織運営のプロフェッショナルは
ものすごく沢山いらっしゃいます。

本気で世界に通用する
世界で結果を出せる日本サッカーを
継続的に目指していくならば
世界の頂点に近づく可能性は
まだまだ十二分にあると思います。

世界的に結果を出している
サッカー分野以外の
経営者や専門家の力を
最大限活かすような仕組みが有れば。

例えば世界有数の経営者が
日本代表のサッカーを
長期視点でマネジメントしたならば…。

目標設定のプロ
カウンセリングのプロ
モチベーション管理のプロ
肉体改造のプロ
運動能力向上のプロ
心身メンテナンスのプロ
リーダーシップのプロ
コミュニケーションのプロ
などなど

サッカー以外の分野で
努力し、その分野で結果を出している人材は
日本の中にも沢山います。

サッカーに関わるあらゆる分野の
国家代表組織を形成して
様々なスポーツ分野の
アドバイザーになってくれたら。

会社組織で言えば
スポーツ選手は社員に過ぎません。

個々の社員の力を引き出し
連結させるのは課長、部長、社長、顧問など
集団のトップに立つ人の仕事です。

その使命を監督一人に背負わせるのは
能力的にも心理的にも荷が重すぎます。


結果を出すプロセスは
どんな分野でも共通しています。

得たい結果からの逆算です。

本気でワールドカップ優勝を得たいならば
8年、12年、16年、20年という
長期的な視点で
個々の選手ではなく
日本サッカーを育てなければなりません。

今だけ、自分だけ
という刹那的な視点だけで
運営されている組織の連続が
今の日本代表サッカーの
ベスト16という結果のように思います。

本当の意味で
国家単位のプロジェクトになるならば
今までの組織運営とは
全く違うものにできると思います。

現状の方法による延長線に
世界一は私には全く見えません。

逆に日本人の総力を結集して
サッカー分野にテコ入れをして取り組めたら
その時点で世界一は確定だと思います。

一時代とはいえ
世界における経済分野の
No.1になれた国民です。

何かの分野で世界一を達成できるならば
どの分野でも達成可能だからです。

サッカーで言えば
デュエルなどの個人の力量は
体格差や身体能力の差があっても
全く歯がたたないほどの差はできないことが
今回のロシア大会だけでも証明できました。

スポーツにおいて
体というのは1つの要素に過ぎません。
もちろんとても大きな要素ですが
他の要素で全て勝っていれば
個々の総合力でも上回ることができ
個々で上回った個人が組織力でも上回れば。

世界一の個々の能力
世界一の組織力
世界一の継続努力

多くの世界一を準備できたチームが
優勝するだけです。

もっとできることは沢山あります。

4年後のワールドカップでは
現状から継続努力で積み上げた
進化した日本サッカー選手たち
日本サッカー組織を是非魅せてください。


私ももっと大きな視点で
社会に良い影響を与えられる
個人と組織を作りたいです。


プロサッカー選手に
とうてい手が届かなかった自分としては
国家代表選手達がとてもうらやましく
だからこそもっと先の結果を
得てほしいと思います。

国家代表というからには
国家の総力と威信をかけて
あらゆる可能性を追求しながら
結果を求めていくときに
もっと日本サッカーは面白くなり
もっと国民を、
世界を熱狂に巻き込めると思います。


日本サッカー、これからも応援しています!

第1685話 次のテーマ

本日も暑い中
ご来院いただき
ありがとうございます。

連日暑い日が続きますね。
脱水症状や熱中症には
くれぐれも気を付けたいですね。

自覚症状なしに突然襲ってくるので
無自覚の疲労の蓄積
無理なスケジュールを重ねるとか
この時期には特に避けた方がよいと思います。


さて、昨日は月イチの電話相談。
師匠花谷先生と25分間のお話。

今年の10月で40歳を目前と控え
今までの走り方を変える節目に。

来月の経営合宿を起点に
次の5年、10年に向けて
少しずつシフトしていきます。

次のテーマを見つけるべく
この半月はコモリングを増やします。

第1684話 エコカラット施工

本日も快晴。
今週から特に暑い日が続きます。

暑い天候の中
本日もご来院頂き
誠にありがとうございます。

先日6/23は当院が法人成した記念日。
今回で2回目を迎えました。
ということで、法人として2歳。

まだまだ始まったばかりですが
とにもかくにも継続していくこと。
存続していくこと。

当院を存続させなければ
ご縁ある患者さんにご迷惑をおかけすることに。

役に立ちたいとどんなに願っても
たとえどんな治療技術を持っていても
治療院の存在がなくなってしまえば
治療を提供することはできなくなります。

なので、
治療院を存続させていくことが
何にも勝って至上命題となります。

同時にそれを完遂させるためには
私自身の健康管理は不可欠。

生きている限り学習は続くと考えていますが
特にこれから3年間は集中学習の期間。

少しずつ学習対象が定まっています。
学習のプロセスは頭ではわかっているつもり。

ですが、頭でわかっていたとしても
実際に学習のプロセスを実践できるかと言えば
それは別問題。

今回未知の分野に対しての挑戦だったり
以前断念した分野への再挑戦だったり。

どんな分野に取り組むとしても
成長のプロセス、成功のプロセスは同じです。

一つの分野でどれだけ次元高く成功体験を得ているか。
それがあれば他の分野も同じプロセスを経れば
同じような結果を導き出せます。

もちろんどの分野にどれだけの結果を求めるか
どれだけのリソースを注力するか、にもよりますが。

楽しみながら取り組みたいと思います。


先日の日曜日には
治療院の内装をプチリフォーム。


20180624エコカラット1
受付台の後ろの壁にエコカラットを。


20180624エコカラット2
各ベッドの壁にもエコカラットを。


20180624エコカラット3
トイレにもエコカラットを。

ということで、
院内の空気環境をよくする目的で
エコカラットを施工しました。

翌日、院内に足を踏み入れてみると
湿度、臭い、確かに違いました。

院内の環境がより良くなれば
同じ治療をしたとしても
治療効果がその分自然と良くなります。

私自身のコンディションも上がるので
いっそう集中力のある良い治療ができます。

本当にプチ、ですが、
微差の積み重ねで大きく結果は違ってきます。

これからも違いを生み出す微差を積み重ねていきます。


今週はとても暑くなりそうですし、
皆様くれぐれもご自愛くださいね!

第1683話 天候に左右されない

本日は朝から雨模様。

雨天の中ご来院頂き
本当に本当にありがとうございます。

当院は自由診療の予約制ですが
天候にかかわらず
皆様予約通りにご来院頂けます。

天候に左右されない治療院を作りなさい

という言葉を師匠から頂いてきました。
少なからず
そのような治療院を作れつつあると思います。

どうすればそのような治療院を作れるか?
お店といえど、結局は人対人です。

人と会う約束をしていて
雨が降ったからキャンセルするか?

本当に会いたくて約束した人とは
予定キャンセルとはならないわけです。

治療院も同じです。

私の治療を受けたいと思って
次回予約をして頂けたか?

お義理や流れで次回予約はお取りしません。
もしそういう予約が有れば
天候や諸所の状況で簡単に破談です。

逆にそのような予約ならば
お互いのためにない方が良いとさえ思います。

厳しい言い方ですが…。

人生は有限であり、
明日の命は保証されていません。

私も患者さんもスタッフも
皆、貴重な時間、命を使って
ご来院頂いているのです。

他のどこの誰と一緒に過ごすよりも
当院で過ごす時間をその時優先させたい。

究極そのような思いを
潜在的にでも抱いてご来院頂けるような
そんな治療院になりたい。

木場駅、東陽町駅にも
次々と治療院が開院しています。

そんな中でも選ばれ続ける治療院であるには?

どの院のどの先生にも負けないくらい
ハードなトレーニングを
読書を
セミナー参加を
学習を
継続しながら

家族を
スタッフを
ご縁を頂いた患者さんを
大切に一生懸命思うこと。

この近隣地域で
少なくとも江東区で一番の
それらの総合的な努力を継続すれば
選ばれないわけがないと思います。

選ばれ続けるだけの継続努力が
圧倒的な自信を生み出します。

その努力と自信がある限り
地域ナンバーワン治療院を自負し
誠心誠意治療活動を続けられると思います。


本日診療は様々重なり
なかなかハードな状況に。

新人スタッフちかさんが
奮闘してくれました。

少しお話がしたいなと思い
診療後、遅めのランチをしながらお話を。

話を聞くことがもちろん優先ですが
私からも自然と話したいことが沢山。

伝えたいメッセージがあるのだなと。

小出しにしながら
これからも必要なお話をしながら
一緒にいい仕事ができればと思います。


その後はジムにて
インターバル走と筋トレを。

短時間でどこまで効率的に追い込み
求める結果を出せるか。

これもチャレンジです。

フルマラソンは10月、11月。
もう1つの分野でも
具体的な目標設定ができればと。

長期視点で目に見える結果を出せるように。

これから帰宅して家族と夕食です。
記事検索
自己紹介

西村 徳啓

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ