木場 東陽町 肩こり 腰痛 整体 鍼灸 西村バランス治療院 院長西村ブログ

「西村バランス治療院」院長西村のブログです。当院は肩こり 腰痛等の諸症状を根本改善する「全身バランス調整」のプロフェッショナルです。アスリート、医師や看護師などの医療従事者も多数ご来院頂いています。木場駅から徒歩6分、東陽町駅から徒歩9分。

第1492話 かおりさん卒業

今日の午前を持ちまして
当院スーパースタッフかおりさんが卒業。

多忙を極める毎日をお過ごしでしたが、
最後まで全力で仕事に当たってくださいました。

1年間、本当にありがとうございました。
たった1年間とは思えないほど、
濃密に一緒に仕事をしたような感覚です。

新人教育マニュアルをはじめ
当院の業務全般のあらゆるマニュアル作成、
資料の整理整頓や掃除などなど
多面にわたり尽力して頂きました。

特に、お子さん連れのママとお子さんには
まさに「神対応」と呼ぶに相応しい姿を見せて頂き、
私も含めてスタッフ皆が刺激と学習を得たと思います。

かおりさんの対応に心癒されたママさんたちは
ものすごく多かったと思います。


私も、かおりさんとはもっとずっと一緒に
仕事ができるとばかり思っていたので、
本当に残念ですが…

改めて、
1年間、本当にお疲れ様でした。
かおりさんにお声をかけさせて頂いて
スタッフになって頂いて大正解でした。

当院の第一黄金期を作って頂いた
貴重なスーパースタッフです。

これからも多忙な毎日が続くと思うのですが、
お体だけはご無理なさらず。

もし、しんどくなったら
西村バランス治療院チーム一同が
いつでもサポートさせて頂きます。

心からの感謝をこめて。

西村バランス治療院
院長 西村徳啓

第1491話 息子の1歳の誕生日でした

9月の臨時休診を頂いてから、
ブログの方も
随分臨時休診を頂いてしまいました(>_<)

診療自体は
通常通り行なっていますので、
ご心配なさらないでくださいね。


さて、先日は息子の1歳の誕生日。
家族皆で後楽園遊園地へ。

「観覧車とメリーゴーランドに乗りたい」
という娘からのリクエストがあったので。

息子の誕生日ではありましたが、
娘のための一日だったような。

でも、まだ歩けない息子に
どうしても時間も意識も行っている中で
娘がお姉ちゃんとして
頑張ってくれているのでご褒美ですね。

患者さんからも
息子の誕生日をお祝いして頂き、
お心遣い、ありがとうございます。


さて、色々な変化のめまぐるしい最近、
昨日は花谷先生とゴールド電話で経営相談。

濃密な25分間。

経営者として常に孤独を感じていますが、
全てあからさまに話すことができる
月一の貴重な時間です。

今回も近況報告からご相談まで。
この10月は第1エンジンから第2エンジンへの切り替え。

来年2月は今とはまた少し違った形で
開院5周年を迎えることができるように。

毎年10月と2月は変化の月。
私にとって重要な月になります。

来月10月をどう過ごすかで
来年2月の状態が変わってきます。

エンジンかける時です。



明日は当院スーパースタッフ
かおりさんのラスト勤務。

社会からの要請で
当院で仕事をする時間が
来月から作れなくなってしまいました。

一緒に仕事ができなくなるのは
本当に残念です。

明日は全員出勤。
全員でかおりさんの有終の美を飾りましょう。

第1490話 臨時休診を頂きます

----------------------------------------------
9/18日〜9/22木は
臨時休診を頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、
ご了承のほど宜しくお願い致します。

西村バランス治療院 西村徳啓
----------------------------------------------

先週も濃い一週間でした。

この連休は
家族との時間
院の今後の方向性
自分自身のリフレッシュ
などのために有意義に過ごさせて頂きます。

様々な状況が重なり、
当初連休を頂く状況や理由とは異なりますが、
このタイミングで連休を頂けて
本当によかったと感謝しています。

今回少し長めのお休みを頂き
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが
連休明けからまた一生懸命頑張らせて頂きますので
どうぞ宜しくお願い致します。

第1489話 治療能力開発セミナー

*****************************************
9/18日〜9/22木は連休を頂きます。

ご不便おかけしますが、
ご了承のほど、宜しくお願い致します。

西村バランス治療院 西村徳啓
*****************************************


昨日は師匠花谷先生による
治療能力開発セミナーに参加。

朝から晩まで
花谷先生が20年以上かけて追及した
治療の真髄を伝授して頂く場。

もちろん一日で継承できるものではありません。
まずは「知る」だけです。

「わかる」ことさえできないものばかりです。

治療現場に落とし込むには
熟成する期間と大量の経験値が必要。

それでも知らなければ
50年治療活動を続けてもできるようにはなりません。

まずは知ることが大きいのです。
知って、それから忘れずに意識してやろうとし続けること。

55個のテーマを頂きましたが、
今日はその中の2つをテーマに。

いつもと違った感覚を得たり
患者さんから違った反応を頂いたり。

「お前らも成長するかもしれないけど
俺はお前らよりもっと進化し続けるよ」

という花谷先生からのお言葉。
進化し続ける師匠の背中を見るために
開業して以来、ずっとセミナーに参加しています。

私自身が最大限進化するためには
ずっと先を走り続け、進化し続ける
師匠の姿を実際に見ることが必須。

私は天才肌では全くありません。
ずば抜けた才能も持ち合わせていません。

だから愚直に学び努力し続けるしかないのです。

直接師匠から学べる機会も
ずっとはありません。

いつ学べなくなるかもわかりません。

あらゆることに置いて
今の状況は明日にはないかもしれないのです。



今月は様々な出来事があり過ぎて
さすがに放心するような気持ちです。

今週もうひと踏ん張りして
大切な方々と大切なお話を。

綺麗にまとめず
本心をさらけだそう。

もちろん必要なウソもあります。

「優しいウソを付けないやつは
治療家なんてやっていけない」

花谷先生のこの言葉。
最初はよくわかりませんでした。

ウソはいかんでしょ、と(笑)
世の中、正しいことが正しいんだと。

結果的に幸せを導くために
プロセスとしてウソを利用することは
むしろ正しいことなのだと今は思います。



明日も朝から税務署へ。
今週は最後まで走ります。 

第1488話 あやさん卒業

今日はスタッフあやさんと個人ミーティング。
突然ではありますが、
今月末で卒業となりました。

終始穏やかな表情で話されるあやさんからは
もう既に気持ちは固まったということが
伝わってきました。

卒業を希望される理由を伺っても
私にはあやさんを引き止める
という選択肢はありませんでした。

もっと早くあやさんの状態やお気持ちを
気づいて差し上げるべきだったと思います。

当院の状況を考えてくださって
このタイミングまで口に出すことなく
ずっと頑張って仕事に専心してくださいました。

当院にとって、私にとって
最初の一人目の大切なスタッフです。

2年弱、当院を朝の顔として支えてくださったあやさんが
卒業するのはとても寂しい気持ちですが、
ダブルワークで働いていた職場で
すごく高い評価を受けていらっしゃり、
是非ともフルタイムで、という話もあったようです。

そのような好条件の職場からの進言を
当院での仕事を頑張りたいからと
ずっと保留になさっていたようです。

あやさんらしいというか、
本当にお気持ちありがとうございます。

あやさんの人生にとって
当院を卒業してフルタイムの職場で
さらにご活躍されていくでしょうから、
本当に喜ばしい卒業です。

残り一ヶ月弱、
あやさんにしかできないことを
沢山残して頂こうと思います。

スタッフ皆で笑顔で送り出したいと思います。


当院の朝の顔だったあやさんが卒業することで
当院の診療時間もそろそろ見直しかなと。

開業してそろそろ丸四年。
診療時間、院のシステム、
様々な点を大幅見直しを
否応なくしなくてはいけなくなりました。

ピンチはチャンス。

この機会を当院にとって
今まで進めなかった次のステップに移行する
チャンスとして活かしたいと思います。

今月来月かけて
必ず良い人材を採用できるよう
求人を最優先事項にして動きます。


今日は診療後、
自然と、というか主体的に
かおりさん、りえさんが院に残ってくださって
今後についてのチームミーングを臨時開催。

あやさん卒業が急遽決まり
半分放心状態のかおりさん、りえさんでしたが、
そのような状況でも一緒に院の将来を
一生懸命考えてくださる姿に
私はとても心強く、ありがたく感じていました。

私1人では決断しきれなかったことも
お二人と一緒に直面すると
決断せざるをえない状況に。

私がなかなか決断しきれなかったことを
あやさん卒業の状況と
かおりさん、りえさんの存在が
私の尻を叩いてくださったかのようです。

状況が落ち着くまで
しばらく踏ん張らなければならない時期が続くと思いますが
チームの皆で乗り越えたいと思います。

まずは今月末に
あやさんを気持ちよく送り出せるように
今のチームでいい仕事をしていきたいです。


まだ一ヶ月弱ありますが、
ひとまず、あやさんお疲れ様でした。

当院を一人目のスタッフとして
今日まで支えてくださったこと
本当にありがとうございます。

第1487話 自分の人生を生きろ

今日の出勤時、
シャッターの鍵穴をふさいでいた
掲示物の下部分がはがされていたので
「まさかなぁ…」
と思ったのですが、そのまさかでした。

本日五回目のシャッター事件。
前回は5/19木曜日。

まず間違いなく同一犯でしょうから
朝7時〜10時くらいの時間帯に
この近辺をうろうろしているのでしょう。

前回の犯行があった際に
防犯カメラを設置しておいたのですが、
それでも犯行を行なうという、
随分図太い犯人です。

しっかり録画されているので
今回しっかり特定して終わりにしましょう。


今日も15時から全ての予約枠が
患者さんで埋まっていたので、
診療スタートまでにシャッターがあかないと
沢山の患者さんにご迷惑がかかる状況でした。

テナントを管理してくださっている
不動産会社の担当の方に電話して
すぐに職人さんが駆けつけて下さって
5分前に開錠。

本当に助かりました。
ありがとうございます。

私自身が困るとか何かあるのは
全く何でもないことですが、
患者さんに迷惑をかけることは
私は絶対にしたくないし、
大変申し訳なく思います。

私個人に迷惑をかけるのは結構ですが、
当院の患者さんに迷惑をかけないでほしいものです。

あと、私の家族に何かした場合は
それなりの覚悟をしてもらいましょう。


当院のシャッターの鍵穴に
執拗に異物を押し込む犯人には

自分の人生を生きろ

と言いたいです。
人に対して嫌がらせをしている暇があったら
自分の人生にとって有益になることのために
時間と労力を使ったらどうなのか?

シャッターが開こうが開くまいが
私は自分の路を邁進するだけです。

今回のようなことは
正直何とも思いません。

マラソン完走のために一生懸命走っていたら
蚊に刺された、くらいの出来事です。

蚊に刺されたくらいで
マラソンをリタイアするでしょうか。

誰の役にも立たない
全く持って無駄な行為です。

私は人様に迷惑をかけるのではなく、
人様に対して社会に対して
必要とされる有益な存在になりたい。

自分の存在が、
自分の人生が
そうでなければ価値を持たないと思います。


明日は大切な話が。

結果がどうなるとしても
そのプロセスに今の私にできる
最大限の気持ちを込めたいと思います。

第1486話 相手の気持ちを想像する

昨日は埼玉バランス整骨院にて
師匠花谷先生の
「小顔・顎矯正セミナー」に参加。

再受講のセミナーですが、
毎回新たな気付きや収穫があります。

逆に、再受講しなければ
得られないものの方が
圧倒的に大きいと思います。

新しいことに取り組む際に
一回ですべて吸収しようとか
理解できるとか、マスターできるとか。

あり得ない話です。

講師の先生の伝えるモノが
そんな一回で十分自分のものになるわけがありません。

もし一回セミナーを受講して
同じ内容のセミナーを講師として
同レベルの仕上がりで伝えられるならばOKでしょう。

でも、そんな芸当誰もできやしません。

再受講の立場で、
現場にすでに導入して結果を出せていても
師匠のレベルを目の当たりにすると
自分はまだまだ未熟だなと感じます。

今回のセミナーでも
参加された院長先生方の様々な顔を施術させて頂き、
一日セミナーの中でそれだけ様々な種類の顔を
自らの手で触って施術できたのは
ものすごい効率の良い練習の場でもあります。

懇親会では会場のお店が
イベントの日だったらしく
マジシャンの方が自分たちのテーブルに参上。

カードマジックやルービックキューブを使って
マジックを披露してくださいました。

洗練された魅せ方に
もう感嘆の声しかありませんでした。

治療に共通するものを感じましたね。
治療もこのレベルまで洗練したら
一体どんな治療になるのだろうと思います。

他業界のレベルの高いものに触れると
非常に刺激を受けるし啓発されますね。

セミナー、懇親会と
貴重な場を与えて下さって
本当にありがとうございます。


懇親会後は急遽家庭の用事が入ったので
二次会は残念ながら不参加。

家庭のイベントも佳境です。
一番ふさわしい形に納まりますように。



今日は仕事中、とても残念に感じたことがあり、
これは言いにくいけど伝えておかねばと思い、
はっきりと話しました。

自分が良かれと思うことを
他人に施すことは大切なことです。

それを親切と言うこともできるでしょう。

しかし、私にとっては親切どころではなく、
「私の気持ちを考えてくれていないのだな」
と非常に残念に思うと同時に

私の大切にしているものを
まるで大切にしてくれていないのだなと
腹立たしい気持ちにさえ正直なりました。

相手の立場に立つ

これは仕事をするうえで
とても大切にしていることです。

仕事を抜きにしても
人と人が気持ちよくかかわるためには
必須なスタンスだと思っています。
何度も現場とチームミーティングで伝えてきました。

もちろんこれからも何度でも伝えることでしょう。

当然、失敗やミスはあるでしょう。
そうしたら注意、指導されるわけです。

指導することは雇い主の責任であり、
指導されるのは従業員としての義務です。

その指導を受けてどう思うのか?

1.次は絶対同じことを繰り返さないよう
相手の立場に立つことを忘れないようにしよう!

2.なんで私が親切だと思ったことをして
それを否定されないといけないのか…
こんなことまでやってられない!


私は気持ちを切り替えて
踏ん張ってついてこようとする
前者のような方と一緒に仕事がしたいと考えています。



自分の対象になる人の気持ちを想像するのです。
それが仕事の全てだと私は思っています。

見た目の仕事が
受付業務であろうと施術業務であろうと事務仕事であろうと
人の気持ちを想像せずに
機械的に行なう仕事は仕事ではなく業務です。

私は心の通っていない業務が大嫌いです。

色々なお店や場所でサービスを受けますが、
そういう業務を仕事と勘違いしている人を
目の当たりにすると
私が上司だったら絶対許さないなと思います。


言いにくいことを言うのは私も嫌です。
だけど、私が給与を支払う従業員が
仕事にならない業務を行なう姿を見ることは
もっと嫌です。

給与は仕事の対価です。
業務に対価は払えません。

私より、もっともっとレベルの高い人から見たら
私のやっていることこそ業務のレベルだと
思われてしまうのかもしれなけど、
自分が未熟であることは承知の上で
立場としての責任を放棄してはいけないのです。

社長として、院長として
言うべきことを言えないのであれば
その立場の人間として失格です。

こうありたい、
こうなっていきたい
という理想のチームになるために
自分が何を考えているか、感じているかを
はっきりと伝えなければなりません。

何がどこまで伝わったのか伝わらなかったのか
わかりませんが、
今日までの私の指導が
伝わっていなかったかのように感じてしまい
私はとても残念な気持ちになりました。

奮起して仕事に真正面からぶつかってくれることを願います。

第1485話 りえさんと個人ミーティング

今日は午前は一人治療院。
午前まるまる、というのは久しぶり。

女性スタッフのいてくれる有難さを
かみしめる大切な時間です。

お昼はスタッフりえさんと
ランチ個人ミーティング。

近所に新しくできたお店へ。
08
店内やスタッフさんを観察しながら
お互いの気づきをシェア。

初めてのお店に入ると
色々と勉強になります。

りえさんの近況や課題もシェアして頂き、
私も必要な話ができて良い時間でした。

チームミーティングと並行して
個人ミーティングも随時行なっていきましょう。

ありがたいことに、
診療中にはほとんど会話できない状況なので。


さて、明日も朝から満員御礼。
心から感謝します。

上げ過ぎず、下げ過ぎず。
淡々と良い治療、良い仕事をしていきます。 

第1484話 9月スタート!

今日から9月。
また気持ちを新たに走ります。

先月は求人が不振だったので、
今月こそは良い方とのご縁を結びたい。

シフトに穴があるので、
既存スタッフへの負担を
強いる形になっているのが
現状すごく申し訳ないし、
とても気がかりなことです。

早く求人を落ち着かせて
二人体制の時間帯も作りながら
次のステップに進みたい。

10月から新体制に移れれば
運気的にはベストだと考えています。

そのための大きな時間づくり、
思考の時間を持たねばです。


そしてプライベートでは
11月に大田原マラソン。

昨年は無念のリタイアだったので
今年こそは記録更新してリベンジです。

何事も、
成果は準備に比例する。

頑張ります!! 

第1483話 明日で8月ラストです!

8月もあっという間に終了。
残りは明日を残すのみです。

個人的に夏は大好きな季節のため、
もう少し夏を感じたいのですが…


連日なんだかバタバタしており
やることや書類がたまりがちです。

8月中にリセットしたいです。

ということは、
今日と明日だけなのですが(>_<)


これからファミレスでプチコモリングです。
踏ん張ろう!! 
記事検索
自己紹介
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ