寒くなってきました。

この
寒くなり始め
だったり
寒かったりそうでもなかったり
という時期が一番体にこたえる。

大きな差異に対して
人の心身はストレスを感じるものです。

患者さんの体もそう。
劇的に良くすればいいかといえば
実際はそうではない。

悪い状態から良い状態に
差異を大きく作った場合
かえって良くない結果になることを
過去の臨床経験で体験しています。

大きすぎるストレスを感じさせない
絶妙の漸進性で改善させていく。

これが患者さんの心身状態にとって
私はベストであるというのが
今の最大親切の結論です。

もちろん例外ケースは常にある
という前提ですが。


さて、先日の大田原マラソン。
沢山の方々からの声援
応援メッセージを頂き
本当にありがとうございます。

結果はネットタイムで
3時間14分15秒

chrome
過去の大田原マラソン含めて
フルマラソンの自己新達成です。

過去の最高は3時間33分。
19分ほど縮められた結果に。

今大会の目標は3時間10分だったので
その目標には届かなかったのは
とても悔しかったですが
来年から3年間休止のこの大会で
自己新を出せたのは感無量でした。

ゴールでガッツポーズが自然と出たのは
7年前に初フルマラソンを
この大田原マラソンで3時間45分で
走りきった時以来のような気がします。

IMG_20191123_133403
初めてのサブ3.5ということで自撮り


IMG_20191123_153707
レース後、合流した家族と
大田原のお父さんお母さん※で
ランチしてきました。

わざわざご一緒して頂き
本当に嬉しかったです。

※毎年大田原マラソンで
お世話になっているおじさん、おばさん


家族をはじめ沢山の方々の
ご理解と支えがあって
マラソンにも取り組めています。

この場を借りて感謝の気持を
お伝えさせて頂きます。

そして、日頃の姿勢や
次回以降のレースの結果で
その感謝の思いを表現します。

2012年からほぼ毎年走った
この大田原マラソン。

このマラソン大会の存在に
心身育ててもらったような気がします。

沢山の感謝の気持ちを込めて
一歩一歩踏みしめながら走りきりました。

この二度と戻らない一瞬一瞬の
尊い時間や出会いに心から感謝します。



以下、個人的なレース振り返りです。
view
朝から終始小雨
気温10度前後

思ったより暖かく
雨も弱かったため
かえってレースには好条件



view
レースの入りは渋滞がありながらも
大田原らしく参加者3千名ほどで
それほどロスなし

かえってオーバーペース
前半下りといえども
実力以上のペースで入ってしまった

レース折り返し地点で
1時間30分のタイム
これを後半も維持するのは
後半の下り、終盤の疲労を加味すると
非現実的なレースプランだった

view
25kmでのラップが4分50秒で失速。
ここから前半のペースが既に維持できず
35kmまでキロ5分を超えてえしまう

36kmからなんとか持ち直し
キロ4分台に戻し
スパートをかけられたのは
ラスト2kmから

競技場に入ってからダッシュをして
ギリギリサブ3時間15分達成


■どれくらい余裕度があったか?

正直前半のサブ3ペースは
早く走っている感覚がなく
心身共に余裕度があった。

折返し21km地点で
残り半分の余力がなかった
イメージ的には25km地点あたりで
80%使い切った感覚

このまま限界を超えて突っ込んだら
最後まで走り切る自信がなく
30km地点までペースを落として休もう
そこからあげようと思ったが
実際は35km地点でようやくあげられた

ラスト2kmで余力を残しすぎた
ゴール後に余力を感じてしまったので
終盤の落としたペースが遅すぎたので
なんとかキロ4分台を維持したかった
30kmから気合であげたかった


■気持ちはどのように推移したか?

前半のハイペースで楽に走れたことで
サブ3レベルの練習を
消化しきれなっかったにも関わらず
サブ3行けるかもという淡い期待があった

集団のペースに飲まれて
自力を勘違いしたハイペースになっていた

25km前後で後続に抜かれるようになり
今年も去年と同じようになるのか
という不安がよぎり
ペースは落ちても絶対に歩かない
歩いたら自分に負けだと言い聞かせた

どうにかキロ4分台を維持したかったが
足が重くキロ5分台になってしまった

終盤に足を復活させたくて
ペースを落としたが
ペースをなかなか上げられず
30km〜35kmあたりは葛藤

ラスト6kmで木場公園2周と思い
なんとか重い足を速められた

30km地点あたりで
踏ん張れば3時間15分は切れる
と計算して目標を修正

ギリギリ3時間15分切りを逆算して
ラスト10kmをマネジメントした

3時間15分切りを目指して
最後まで気持ちが切れなかった


■もっと良くするには?次に試したいことは?

土日の負荷をかけた練習が
計画通りにでききらなかったので
予定を調整して実施する

カフェインサプリを次回は試す

自作の特製ドリンクを今回試せた
実際に必要なのは2本
予備で1本必要で合計3本

配合をさらに工夫する
粉飴で糖質を
経口補水粉で電解質を
プラスアルファでMTCオイル、BCAAを

実際にMラン、Tランで試飲して
さらに効果と飲みやすさを工夫する

フルマラソンの補給
体重60kgの私の場合

糖質168g
電解質パウダー4〜5袋


練習後の栄養摂取
タンパク質24g
糖質60g
※30分以内に摂取

就寝前の腹式呼吸

できるだけジムのお風呂で
セルフケアの機会を作る