2010年09月08日12:59
eibetu11p
妻の聖子の母が突然亡くなった。茫然として聖子の心は休まらない。
 そんなとき二度と会わないと誓ったアニーから手紙が届いた。それも、聖子宛に届いた手紙だ。
 私は、東京に立ち寄ったアニーと会うことにした。何のために「私」に会おうとしたのか……。アニーの口から何が語られるのか……。聖子は「私」に対してどんな行動を起こすのか……。いよいよ「永別了香港」は大団円を迎える。講読はここからhttp://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/86753
norkno1
2010年09月01日13:53
eibetu10p
香港でのイベントは中止り、我社の社員達は全て去り、独りとなった。自宅の四畳半で再起をかけ、しゃにむに働いた。時間的に少し余裕の出た「私」はアルバイトでCNNの編集会社に出入し、そこで中国、香港から送られてきたアニーのレポートを偶然見た。天安門事件直前、香港のハッピーバレーで実施された民主コンサートのレポートは出色だった。天安門事件直後もアニーは、同胞の死を悼み、香港から渾身のレポートを送り続けた。講読はここからhttp://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/85501?osCsid=ueg48mqruda5dts22lrukr4bl0/sort/8d/
norkno1
2010年08月10日23:51
eibetu9p
「私」の周りの情況は、自分の意志とは関係なく、急展開をし始めた。「計画」は新関西空港建設という政治力の濃い超大型プロジェクトとして浮かび上がり、「私」が四菱商事と交渉に当たることになった。
「私」は香港の路上で暴漢に襲われる。幸い傷は急所を外れたが、原因は謎のままだ。
香港でのアニーとの生活は、クリスマスで終わった。香港での全てが思い出となった。講読はここから。http://www.dl-market.com/product_info.php/products_id/82226/sort/8d/
norkno1
2010年07月22日15:17
eibetu8p
「私」は大岩の依頼で、コンサルタントとして中国・珠海の工場を訪れた。中国共産党の老役人との出会いは印象に残るものだった。そして、通訳として同行したアニーとのマカオでの体験は楽しかった。
 東京に戻り、息子の義昭とドライブをした。しかし、家族別居という現実が息子に大きな精神的影響を与えていた事を知った。講読はここからhttp://www.dl-market.com/product_info.php/products_id/79181/sort/8d/
norkno1
2010年06月19日23:10
eibetu7p
 香港で様々な交渉を重ねたおかげで「私」の交渉術は格段にあがった。一方、東京でのタレント・ブッキング交渉は、梅沢に任せたがうまくいかない。自社の人材不足を嘆いても詮無きことなのだが……。
 今まで、加藤と、フランキーの営業力と実行力は本当だろうかと疑いを禁じ得ない。
アップロードはここからhttp://www.dl-market.com/product_info.php/products_id/72688/sort/8d/

norkno1
2010年06月02日15:22
eibetu6p_01
本日、「永別了香港」第六章アップ ロード。「私」 の香港チャリティ・コンサート企画案にスポンサーが付いた。香港の仕事に本腰を入れるため、アニーの薦めでアパートを借りた。アップロードはここからhttp://www.dl-market.com/product_info.php/products_id/69337/sort/8d/
あ らすじはここからhttp://nork.co.jp/EibetiryouHongKong.html

norkno1