xBaKF3aN

さすが日本政府、行政機関だと思う。北朝鮮がいかなる挑発行為に出ようと、日本政府は、落ち着き、沈着な行動を取っていると思う。

北のミサイルが日本の上空を通過したが、安倍首相のとった行動は、アメリカのトランプ大統領と2度も電話会談をし、日本を訪問中のイギリスのメイ首相と会談し、そして、国際連合にも北朝鮮への圧力、警告、制裁を強めるよう強く要請している。

そして、国内の備えを強化し、北朝鮮のミサイル発射におびえる国民を安心させるため、安倍総理大臣をはじめ、関係閣僚が記者会見を開き、遺憾の意を発表している。日本らしい、万全を期した戦略が取られている。

しかし、このような日本の動きがどれだけ、北朝鮮の金正恩を動かすかは筆者は分からない。そのことは、安倍首相、その閣僚、そして、日本の「中立を守るメディア」にもあまり論じられていない。

確かに、日本の「備え」は、これで一応、日本国民に安心感を与えるだろう。しかし、もし、北朝鮮の次のミサイル発射があり、より日本に近い地点に落下したらどうするのであろうか。

また、トランプ大統領に安倍首相が電話し、「電話会談」を行うのであろうか?

そして、アメリカが日本を守ることの確約を取り付けるのであろうか?

トランプ大統領には、そのような要請に対し、ノーと言うことはあり得ない。また、イエスと言ってもどれだけ信用できるかは分からない。嘘ならいくらでも取ることのできる大統領である。歴代の大統領とは、まったく異なる人物である。そんなことは、日本国民は、十分知っていると思う。

日本のメディアは、それを報道し、日本の専門家や外国の専門家を報道番組に登場させ、しゃべらせるのであろうか?

日本のメディアは、事実を報道することが任務で、どう日本が行動するべきか論じる立場にない、と終始するのであろうか?

このような政府、メディアの行動がどれだけ日本の問題を解決するのであろうか?

そして、もし、北朝鮮のミサイルが日本本土に落下したらどうするのであろうか?

安倍首相とトランプ大統領とこのようなケースを想定し、どのような行動を取るか、話し合いは行われているのであろうか?

筆者には、日本が国家として、北朝鮮に対し、最悪のケースとなった場合、アメリカ軍とともに、北朝鮮に対し、日本軍が軍事行動に出るのかどうか、分からない。

憲法上それは不可能として、アメリカ軍に戦わせるのか?

そのような役割をアメリカ軍は認めるのか?

筆者は、日本が日本の、日本による、日本のための決意と戦略のみが本当の力を持っていると固く信じる。

佐藤則男

ニューヨーク