170118072213-trump-fox

日本のある方が、アメリカは、北朝鮮を攻撃するという声が強くなっている。危機が訪れている、とおっしゃっている。この場合の「アメリカ」とはどこを指すのであろうか。アメリカ政府なのか、アメリカ軍部なのか、トランプ大統領のなのか、アメリカ国民なのか?

その取材先はどこなのであろうか?

筆者は、アメリカに40年以上住んでいるが、鈍感なのか、「アメリカ」でそのような声が盛り上がっているとは、ちっとも気が付かない。筆者の周りのアメリカ人は、かなりインテリジェンスレベルの高い人たちもいれば、そうでない人たちも多くいる。しかし、誰一人として「アメリカ」が北朝鮮を攻撃し、戦争をせよ、と言った人に会ったことがない。

第一、北朝鮮のことを話す人々もほとんどいない。これまで、日常の会話で、北朝鮮のことを危険だと言った人はいたが、それは、アメリカが危険だと言うことではなく、日本や韓国が危険だと言っていたのである。

アメリカの主要メディアも北朝鮮問題を第二義的に扱っている。もっぱら国内ニュースが主流である。

北朝鮮側が核ミサイル攻撃を明日にでも行うような危険性を感じているアメリカ人はどれだけいるであろう ?

また、アメリカ政府内にもそのような予測をする人はいるのであろうか ?

そのように言っている専門家の話しを筆者は記憶にないのである。いたとしても、その専門家は、将来そのような可能性があるということを示唆しているにすぎない。

アメリカがもし北朝鮮を攻撃し戦争を始めたら、いったいどれだけの金がかかると思うのであろうか ?

巨額の金がかかることは自明の理である。そんな金をアメリカが使う余裕があるのであろうか。また、北朝鮮を占領した場合、兵士は最低十万人を必要とするであろう。イラク戦争の時のように日本や韓国に出させるのであろうか ?

そして、中国やロシアがどのような出方をするのであろうか ?

単純に考えてもこのような問題が山積している。

第一、北朝鮮の核兵器を封じ込めることができるのであろうか ?

戦争するということは、まことに重要な国の意思決定である。莫大な費用がかかると同時に多数の若い兵士の命を失う覚悟しなければならないのである。

アメリカといえども、国の一大事、なのである。

今、日本で、どれだけアメリカの北朝鮮攻撃が予測され騒がれているのか筆者は知る由もないが、そういう予測をする人は、専門家であれ、ジャーナリストであれ、その予測の根拠を明らかにし、証明する義務があると思う。

また、日本国民もそのような人のいうことも、深く吟味して理解し、行動しなければならないのではないだろうか。

 

佐藤則男

ニューヨーク



にほんブログ村