ニュースリリースでも発表しましたが、マクニカネットワークス株式会社とLoRaWANTMの実証実験を開始します。

 みなさん知っていますか?雪山でも便利なLoRaWANTMという新しい無線が最近はやりみたいです。
遠くまで電波が届いて電池が長持ちするから、ゲレンデでの見守りとかに最適ということです。
その実証実験を来年1月から開始する予定です。

 今シーズンの実証実験では、パトロールや、スタッフの位置情報をリアルタイムに把握することで、正確な指示、無駄のない人員配置が行うことができます。それによって、お客様のサポートがより迅速に行えるようになることが期待できます。
CIMG8692
<写真は過去のシーズン中になります>
【将来想定されるサービス】
LoRaWANTM搭載の小さな機器は緊急時にアラートを発信できるから迷子になったり怪我をしたり遭難したりした緊急時に大活躍!その小さな機器を持っているだけで私たちパトロールが位置情報をすぐに把握できちゃいます。今まで、時間がかかっていた迷子、けが人、遭難者の発覚から捜索、発見までの時間を大幅削減することが可能です!また、LoRaWANTMの電波は数キロ飛ぶから、駅からの送迎バスの位置情報なんかも取得できちゃいます。そうすれば、バスがどこにいるのか、バスの位置情報をみなさまにすぐにお届けすることもできちゃいます。
 今回の実証実験がうまくいったら、そんな便利な応用にも対応予定です!
2018年は安心安全なゲレンデで思いっきりスキー、スノーボードを楽しみましょう。