2007年02月19日

楽しい週末

土曜日行われた新年会と日曜日行われたディスクゴルフチャレンジの写真をアップしました。

土曜日は仕事を終えると急いで名古屋に向かう。信大愛知組久々の新年会だ。




とても楽しい時間はあっという間。そう、あっという間に終電に乗り遅れ、またムーンライトながら(夜行電車)に乗る羽目に…この展開を何度経験しただろう。しかも名古屋〜豊橋の近距離で…32歳はまだまだ子供なのだと痛感する。いや、私が成長していないだけか。

さて、翌日は沼津の方までディスクゴルフチャレンジに向かう。今回は永井さんの車で大会に行った。メンバーは全員で4人。私、永井さんにカッパさんと龍谷大の藤井くんという今までにないパーティーだ。
私は昨日も書きましたが一般部門で優勝することができました。これで一般部門は卒業し、次回は競技者部門のステージでプロに挑戦したいと思います。




永井さんと藤井くんはデビュー部門に出場。永井さんは3位、藤井くんは優勝という快挙!デビュー部門と言えど距離や難易度はデビューのプレイヤーには厳しいコースが多かったにも関わらず二人の健闘ぶりは私も励みになりました。







カッパさんは競技者部門4位と好成績。今回の競技者部門コースは傍目から見ても厳しいコースだったので女性(?)ながらこの成績はすごいと思いました。さすがプロの貫禄でしょうか!




ということで今回永井車に乗った4人全員が表彰されるという素晴らしい大会でした。このことは決して偶然ではなく、アルティメッターもゴルフの世界にチャレンジしたら無限の可能性があるということを示したのではないでしょうか?と私は思います。そしていろんなスタンスで取り組むゴルファーそれぞれにスポットを当て表彰して下さるヒーローさんの運営もやはり素晴らしいと思いました。初心者からプロ、子供からシニアの方まで楽しめるディスクゴルフチャレンジ、このイベントから徐々にゴルフが若い世代にも浸透してそのうち学生選手権なんて開催される日が来るのかなあと楽しみでなりません。




それにしてもやっぱり今回も楽しかったディスクゴルフチャレンジ。次回も再びこの4人で、いや、もっと多くのアルティメット仲間でこの大会に“チャレンジ”できたらと思う。




…とざっと早送りでこの週末2日間を総まとめしてみました。他にも撮った写真をマイフォトアルバムにアップしたのでご覧下さい!明日からは大会の詳細を綴っていこうと思います。


noroots_noloose at 20:52│Comments(2)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by いつのまにかボス   2007年02月20日 00:26
5 2日間お疲れ様でした。

これからどのようにこの2日間が綴られるのか楽しみにしております。

ところで仕事終わりだったので、土曜日はスーツで登場しましたが、いつもとキャラが違って見えたようで。。

確かに「愛知組新年会メンバー」の写真を見ると隣の席にいたんだけど、思わずカメラ目線で写ってしまったサラリーマンのようにも見えます。

次回は着替えてでも私服で登場したいと思います
2. Posted by 福田   2007年02月20日 20:52
5 ボスさん、コメントありがとうございます。
いつもとキャラが違って見えた…のではなく、真実の姿が見えた、のではないでしょうか?(笑)もし着替える時間がなければ今度の組会はみんなボスに合わせてスーツにしましょう!
次回は花見でしょうか。楽しみにしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
信州キーワード集
信州Roots
詳しくは公式ホームページをクリック!


信州大学Loose
1993年に長野県で初めて創立されたアルティメットチーム。
指導者がおらず近隣に交流できるチームもなく決して恵まれた環境とは言えない中、信州の雄大な自然の中でゆっくりとチーム力を育み続けた。栄枯盛衰が激しい中部地区で今日も地道に活動を続けている。
チーム名の由来は発足当時のメンバーが時間にルーズだったらしくその伝統と文化は十余年経った今も脈々と受け継がれている。

信州大学Loose HPはこちら↓↓↓


アルプスカップ
信大OBと現役生が毎年世代を超えて頂点を争うカップ戦。
日本の屋根と言われる信州北アルプスに喩えられるように文字通り信州一決定戦である。第1回大会は2004年。2003年に行われたLoose創立10周年記念イベントOB学生対抗戦に端を発し、以来OBと学生の仁義なき戦いが続いている。

2006アルプスカップの詳細はこちら↓↓↓
★パンフレット
★参加チーム
★大会の模様

信州ディスク
第1回アルプスカップ開催を記念して作られた信州のシンボル的ディスク。
信州名産のりんごを中心に据えそこに力強い肉筆が加わり柔と剛、デジタルとアナログが共存したコントラストが特徴。メインデザインを3代目キャプテン黒田氏が提案、筆文字は10代目キャプテン加藤氏が担当、そしてそれぞれの個性を殺すことなく2代目キャプテン竹内氏がまとめあげた正に信州の歴史の集大成とも言うべき逸品。フライングディスクの殿堂、クラブジュニアにも貴重な1枚が飾られている。