2013年01月30日

プライド

久しぶりにキムタク主演のドラマ・『プライド』を観たくてDVD借りてきちゃいました♪

クッサくて熱いドラマ、結構好きです(笑)

多分僕のキャラの半分はこういう主人公の人格が影響されてます。
僕の恐ろしいのはそれを地でやってるところかな(^^;)

えっと、久しぶりにblog更新して言いたいことはそれじゃなくて。

『プライド』みたいにキムタクが主演して、月9ドラマで取り上げられて話題になったアイスホッケー。アメリカでは以前からすごい人気を誇るメジャースポーツとして有名です。

ドラマが終わって9年、現在の日本では今もアイスホッケーは話題かというと…
ドラマの頃ほどではないと感じています。

ディスクの世界も、ここ数年マスコミに取り上げてもらい少しずつですが盛り上がっているように思います。
昨年アルティメットは日本で世界大会も行われ、ウィメン日本代表は何と金メダル、世界一に輝きました!

興奮も覚めやらぬまま翌日の仕事に行けば、世界大会が開催されていることも知らない人達がほとんど。現実を目の当たりにしました。



ここ数年、ずっと考えてきました。


僕に何ができるか。


世界を目指さなければ、


勝利を目指さなければ、


僕みたいな人間はディスクの世界に何も貢献できないのでしょうか!?


いや、そうじゃない。


僕にもできることがある。


blogを休んでから1年間。


いろんな場所に行って、


いろんな人達に出会って、


ようやく見えてきたものがありました。


僕が本当に伝えたかったもの。


ようやく見つけることができました。


それは僕だけじゃなく、


一流プレイヤーじゃなくても、


ディスクに携わったことのある人だったらできること。


今ディスクを投げている人。


そしてこれからディスクに出会う人。


その人達みんなを笑顔にするのは、


僕ら1人1人のちょっとした心掛けや努力ひとつだと思います。



今までチラッと一度でものぞいて下さった方々、本当にありがとうございました。

気持ち新たに、ここから再びblogをスタートしようと思います。

きっとまた休んだりするでしょう(笑)

挫けたりするでしょう。

でも、僕自身は休みません。

事実、この休んだ1年間もずっとずっと前に歩みを止めず進んできました。

もしここがまた寂しくなっても、僕は歩みを止めませんからご安心下さい。

逆にこれが誰にも見られなくなっても、

僕は歩みを止めません。

ディスクの光が射す方へ、

ずっとずっと歩んで行きます。

その先で、その途中で、

また皆さんとお会いできたら嬉しいです。

その日が来ることを楽しみにしています!


noroots_noloose at 23:50│Comments(2)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 梅崎   2013年01月31日 05:45
5 ディスクゴルフコースも増え、フライングディスクがメディアで少しずつ取り上げられきましたね。
フライングディスクの魅力が一人でも多くの人に伝わるといいですね!
2. Posted by カリスマ   2013年01月31日 21:12
梅崎君、コメントありがとう!
僕らが伝えていこう。
君のプレーだったら伝えることできるよ。
いつか来るのを待ってるのは嫌だからね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

信州素浪人・福田

信州キーワード集
信州Roots
詳しくは公式ホームページをクリック!


信州大学Loose
1993年に長野県で初めて創立されたアルティメットチーム。
指導者がおらず近隣に交流できるチームもなく決して恵まれた環境とは言えない中、信州の雄大な自然の中でゆっくりとチーム力を育み続けた。栄枯盛衰が激しい中部地区で今日も地道に活動を続けている。
チーム名の由来は発足当時のメンバーが時間にルーズだったらしくその伝統と文化は十余年経った今も脈々と受け継がれている。

信州大学Loose HPはこちら↓↓↓


アルプスカップ
信大OBと現役生が毎年世代を超えて頂点を争うカップ戦。
日本の屋根と言われる信州北アルプスに喩えられるように文字通り信州一決定戦である。第1回大会は2004年。2003年に行われたLoose創立10周年記念イベントOB学生対抗戦に端を発し、以来OBと学生の仁義なき戦いが続いている。

2006アルプスカップの詳細はこちら↓↓↓
★パンフレット
★参加チーム
★大会の模様

信州ディスク
第1回アルプスカップ開催を記念して作られた信州のシンボル的ディスク。
信州名産のりんごを中心に据えそこに力強い肉筆が加わり柔と剛、デジタルとアナログが共存したコントラストが特徴。メインデザインを3代目キャプテン黒田氏が提案、筆文字は10代目キャプテン加藤氏が担当、そしてそれぞれの個性を殺すことなく2代目キャプテン竹内氏がまとめあげた正に信州の歴史の集大成とも言うべき逸品。フライングディスクの殿堂、クラブジュニアにも貴重な1枚が飾られている。