2013年02月09日

調子いいよ。

ここ数年は新しい年を迎えて始動すると、

今年は例年になく調子いいな!

と思います。

先日は後輩に、

「福田さんはいつも調子いいと言ってます。」

と言われてしまいました(笑)

でも確かに調子いいんです。


いつか歳をとれば、そう思えなくなる日が来るんですかね。

きっと僕の『調子いい』は肉体的なことだけではない気がするんです。


数年前までは、今も動けていることはいつか解ける魔法のように思っていました。

新しい年を迎える度に、音もなく忍び寄る(と思われる)限界にビクビクしていました。

そもそも身体能力に秀でているわけでもなければ、キラリと光る運動センスがあるわけでもない。

でも僕を支えているのは魔法でもなければ、身体の丈夫さだけでもないことにようやく気づきました。


肉体的な限界はいつか来るでしょう。


怪我もするかもしれない。


病気もするかもしれない。


でも前に進む気持ちを忘れなければ、


応援してくれている方々の笑顔を忘れなければ、


僕はきっと、


ずっと、


調子いい!って言ってるんじゃないかな。


天から何も授からなかったかもしれませんが、

バカなぐらいの真っ直ぐさが僕の唯一の才能です(笑)


noroots_noloose at 11:22│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by sugi@nagoya   2013年03月14日 00:42
復活やね
凄ーーく濃厚な時空をひた走って来た感が・・・
福ちゃんらしいよね
楽しみにしてるよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

信州素浪人・福田

信州キーワード集
信州Roots
詳しくは公式ホームページをクリック!


信州大学Loose
1993年に長野県で初めて創立されたアルティメットチーム。
指導者がおらず近隣に交流できるチームもなく決して恵まれた環境とは言えない中、信州の雄大な自然の中でゆっくりとチーム力を育み続けた。栄枯盛衰が激しい中部地区で今日も地道に活動を続けている。
チーム名の由来は発足当時のメンバーが時間にルーズだったらしくその伝統と文化は十余年経った今も脈々と受け継がれている。

信州大学Loose HPはこちら↓↓↓


アルプスカップ
信大OBと現役生が毎年世代を超えて頂点を争うカップ戦。
日本の屋根と言われる信州北アルプスに喩えられるように文字通り信州一決定戦である。第1回大会は2004年。2003年に行われたLoose創立10周年記念イベントOB学生対抗戦に端を発し、以来OBと学生の仁義なき戦いが続いている。

2006アルプスカップの詳細はこちら↓↓↓
★パンフレット
★参加チーム
★大会の模様

信州ディスク
第1回アルプスカップ開催を記念して作られた信州のシンボル的ディスク。
信州名産のりんごを中心に据えそこに力強い肉筆が加わり柔と剛、デジタルとアナログが共存したコントラストが特徴。メインデザインを3代目キャプテン黒田氏が提案、筆文字は10代目キャプテン加藤氏が担当、そしてそれぞれの個性を殺すことなく2代目キャプテン竹内氏がまとめあげた正に信州の歴史の集大成とも言うべき逸品。フライングディスクの殿堂、クラブジュニアにも貴重な1枚が飾られている。