ちょっつええ感じ

ごっつええ感じより、少しランクが下がるくらいのクオリティで。お笑いなどを中心にいろいろやっております。スタバ的なところで書いてます。

よーい! アクション!! その2

新シリーズ「よーい! アクション!!」。

これは、映画好きだが、映画館で見るのはアクションだけ(普通の映画はDVDで見ます)、なぜなら1800円も払って外れるのが嫌だからという男の、しかも、最近は、映画館もあまり行かず、家でもアクションばかり見ている、そんな人間による「アクション映画批評」です。

ということで第2回目は「キャプテン・アメリカ・シビル・ウォー」です。

アベンジャーズシリーズの最新作で、アベンジャーズ同士がケンカしてしまう予告編で有名なあの映画です。 

まずは、全体の感想としては、「よくまとめたなあ、ちゃんとしてるなあ」です。

なぜなら、きちんとオープニングアクションがあり、それを受けて少しずつ仲間同士に亀裂が走り、それを陰であやつる何者かが暗示され…。

と、きちんとストーリーが展開する中、例のケンカが始まります。

ここがすごく良くできてるんですね。あれだけのキャラがいながら、それぞれに見せ場のあるヒーロー同士のケンカを描くのはスゴいです。

しかも、そこにきちんと新キャラが出てきますし。あと、既存のキャラの新ワザも。

さらに、陰で操る男の真の目的を探すミステリー要素も入ってます。


しかも、新キャラはすごく意外な形で登場してきます。


とにかく、いわゆる1つの「ハリウッド脚本術」を堪能できました。 


まあ、でも劇場へデートとかで観に行った人 は、前のストーリーが分からないんじゃないかなあ、というのはありますね。

それこそ漫画の連載なんで、前作の続きになってますから(ちなみに「エイジ・オブ・ウルトロン」 )。

細かく言えば、「アントマン」もからんできますが。 

ですから、このシリーズを楽しみたい方は、

アベンジャーズ 

キャプテン・アメリカ・ウインターソルジャー

エイジ・オブ・ウルトロン

を見てから、一気に見るとめちゃめちゃ面白いと思います。


なんにせよ、アメリカのアクションはよくできてます。ぜひご覧あれ。





※実は、他にもいろいろ見てましたが、サボってました。まとめて次回に。




 




スポンサードリンク

  

こういう漫才する若手よ出てこい…無理か。

これの元ネタは、「いとし・こいし」。


 

今週のお笑いアレコレ

新企画「よーい! アクション!!」が、思ったより手ごたえがなかったので、やはり原点に返ってお笑いについて書こうと思います。

まずは、今週(4月30日)の「めちゃイケ」。内容としては、そこそこだったわけですが、私が気になったのは「次回予告」でした。

「そこまで。そこまで。カウンターまで」とある人物に言っていたのですが…

これって「山本圭壱」じゃねえの?

なんとなくピンときました。理由は3つ。

まず1つは、ナレーションで「感謝してないはずの、アイツが来てパニックに」。

2つめは、そこで、なぜか笑う加藤浩次。

3つめ、なぜか このスペシャルでは、ちょこちょこ
(直接ではないが分かるようにしたりして)山本圭壱を画面に何度も映していた。

これは次回(5月21日)、まさかの事態があるかもです。



上とは全然関係ないですが、今週のゴッドタン「ストイック暗記王」のフジモンのパートで泣きました。


以上、2つのトピックスでお送りしました。




スポンサードリンク

  
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ