これの元ネタは、「いとし・こいし」。