February 05, 2006

ありがとうございました。

●ごあいさつ●

諸般の事情により、このブログをクローズすることにしました。
(データは置いておくかもしれませんが、もう更新はしません。)
これまでのみなさまのご訪問・ご愛顧に心より感謝申し上げます。
たくさんのコメントやトラックバック、うれしかったです。
どうもありがとうございました。

2006年2月  のせなお  
Posted by nosenao at 03:33Comments(5)TrackBack(0)blog

January 26, 2006

モーリス・ユトリロ展

京都・高島屋で開催中の「ユトリロ展」を観てきました。
http://www.nhk-sc.or.jp/event/contents/utrillo.html

ベターっとした絵の中にそっと浮かび上がる風情。
さみしげな絵が多いなー・・と常々感じていたけど、
ユトリロ自身の人生に触れ、その理由がわかったような気がします。
アルコール依存、マザーコンプレックス、女性への複雑な愛憎・・。

いろいろ抱えていてもそれを何かに昇華できるひとはステキ。

ユトリロは「白の時代」にたくさんの白を基調とした絵を描きました。
「モンマルトル、雪のアブルヴォワール通り」という絵が好き。

雪の絵が大好き。観てるとものすごく落ち着く。

モネの「La pie」という絵もとても大好きです。
http://www.postershop.fr/Monet-Claude/Monet-Claude-La-Pie-3100035.html
  
Posted by nosenao at 01:15Comments(4)TrackBack(1)blog

January 17, 2006

初春の

久しぶりに一句を詠んでみました。

-------------------
初春の
ココロ新たに
ひと想う
-------------------
年が変わっても大切なひとのことを想って・・。

想いが届きますように・・。(*'ー'*)  
Posted by nosenao at 08:31Comments(2)TrackBack(0)haiku

January 04, 2006

あけましておめでとうございます

2006年もカラーの奥深さに触れる一年となりますように・・。(*'ー'*)

・・と言いつつ、
年明け早々、引越しの準備でバタバタなのでした。
引越しって、ほんと、あれこれ手続きがめんどうです。(-_-;)
  
Posted by nosenao at 22:11Comments(5)TrackBack(0)blog

December 31, 2005

今年もあと少し

今年も残りわずかとなりました。
colorの世界を通じて、多くのものに触れたすばらしい1年でした。

life in colorを読んでくださったみなさま、コメントをくださったみなさま、
本当にどうもありがとうございました。

どうぞ幸多き新年となりますように・・。(*'ー'*)
  
Posted by nosenao at 22:30Comments(0)TrackBack(0)blog

December 03, 2005

魅力を引き出す喜び

パーソナルカラー診断をしていて楽しい&うれしいのは、
クライアントの魅力を引き出せること。

お洋服やアイカラーやチークのちょっとした色使いで、
ひとの印象はうんと変わるし、
いままでチャレンジしたことのない色やメイクが、
思いの外よく似合うことがあるのです。

色使いを変えると、イメージや雰囲気もずいぶん変わります。
ひとが、いままで知らなかった自分に出会ったり、
一層チャーミングに変身する場面に立ち会えるのは、
本当に楽しくてうれしくて、このうえない喜び。(^-^)
  
Posted by nosenao at 00:31Comments(5)TrackBack(0)blog

November 24, 2005

山のあなた

ものすごく久しぶりに、
カール・ブッセの詩「山のあなたの空遠く・・」を耳にしたので、
一句詠んでみました。(笑)

-------------------
錦秋の
山のあなた(彼方)に
クリスマス!
-------------------
紅葉の11月もそろそろ終わり。
12月になれば一気にクリスマスムードです。


ちなみに、件のカール・ブッセの詩は以下のとおり。
-------------------
山のあなたの空遠く
「幸」住むと人のいう
噫(ああ)、われ人と尋(と)めゆきて
涙さしぐみかえりきぬ
山のあなたになお遠く
「幸」住むと人のいう
-------------------

「幸(さいわい)」ってどこにあるんでしょうね・・。
きっと、すぐそばにあるんですよ。(^-^)
  
Posted by nosenao at 22:56Comments(3)TrackBack(0)haiku

November 21, 2005

ボジョレー・ヌーボー

今年のボジョレー・ヌーボーは噂に違わずかなり美味ですよ!
マコン・ヴィラージュ(白のヌーボー)もめちゃくちゃ美味でした。

ボジョレーはアルベール・ビショーのが美味しくて好きです。
(ジミー大西がエチケットを描いてるとこです。)

本当に最高の当たり年だと思います。
ぜひお試しを。(*^-^*)
  
Posted by nosenao at 08:23Comments(2)TrackBack(0)blog

November 20, 2005

清水寺のライトアップ

b8f49c5b.jpg清水寺の夜の特別拝観に出かけてきました。
夜の京都はすっかり冬の気配です。

高台寺のライトアップは何度か行ったことがあるんだけど、清水寺ははじめて。
すごくよかった!('-'*)
すばらしく真っ赤に色づいた木に、思わずため息が。

塔頭のひとつ、成就院の「月の庭」が特別公開されてて、
夜ならではの庭園の趣に魅了されました。借景がすばらしく。

おみくじ引いたら「凶」でした。(-_-;)
「とかく心をしずめて時のいたるを待ちてよし」とのこと。
いろいろありますが、がんばります。
  
Posted by nosenao at 23:55Comments(2)TrackBack(0)blog

November 16, 2005

LIVE LAUGH LOVE

高島屋のクリスマス・ギフト・カタログをゲットしました。
今年のテーマは「LIVE LAUGH LOVE」だそうな。

おおっ。これってわたしには既に馴染みのステキなコトバ。
そう、mihorisさんのブログのタイトルです。(*^-^*)

「Live, Love, Laugh and Learn」
http://ameblo.jp/mihoris/

生きて、愛して、笑って、学ぶこと。
これこそが、わたしたちがこの世に生をうけた理由(目的)なんだと思います。


それはそうと、カタログにはチャーミングなお品が満載。('-'*)
毎年のことながら、化粧品メーカーの出すコフレもとってもカラフルで、
観てるだけでワクワクします。(付いてるポーチとかがかわいい。)
  
Posted by nosenao at 18:25Comments(2)TrackBack(0)blog

November 12, 2005

むかしのマンガ

近々お引越しをすることになりまして、本棚の整理をしています。
基本的に、買った本やマンガは処分しない主義ですが、
そうも言ってられないほど大量なので、(-_-;)
もう読まないかなー・・というやつは思い切って処分することにしました。

しかしいざ整理をはじめると、とっても懐かしかったり思い出深い作品も多く、
「捨てる前にもう一度・・」と思い、むかし買ったマンガや小説を再読したりしてます。

そうすると、思いがけず、
とってもステキな言葉やいまの自分に必要な言葉と出会えたりするから、不思議。


「人間がね
 自分の可能性を信じて努力することを
 『勇気』っていうんだよ
 それから
 他人の可能性を一緒になって信じてあげることを
 『愛情』っていうんだ」


小学館の「ちゃお」に連載されてた、
麻原いつみ「DOUBLES(ダブルス)」のなかのひとコマのセリフ。

覚えてなかったので、きっと当時(小学生のころ)はそれほど心に響かなかったような気がする。
その言葉が、あれから20年ちかく経ったいまでは、こんなに深く染み入ります。

ひとは、必要なときに必要なものがちゃんと与えられるようになってるんだと思います。
マンガや小説、映画との出会いも。
いつだって、たくさんの言葉たちが、側でわたしを支えてきてくれた。


ちなみにこの「DOUBLES」は、テニス、双子、恋愛、家族、両親の再婚・・などがテーマの
「青春本格ロマン」(・・って紹介文に書いてある(笑))です。
  
Posted by nosenao at 16:29Comments(5)TrackBack(0)blog

November 09, 2005

あたたかい存在

いつもわたしを癒してくれる「あたたかい存在」に感謝。
  
Posted by nosenao at 13:53Comments(5)TrackBack(0)blog

October 29, 2005

言の葉

きょうの日経新聞(夕刊)の「あすへの話題」が心に留まりました。
国立民族学博物館教授・小長谷有紀氏による「『こと』と『もの』」。

「ことばが現実に働きかけることを私たちは知っている」
「『言の葉』がそのまま『事』に通じてゆくという『言霊』の原型を体感することができる」
「祝詞のように良い言葉を発すれば吉事が起こり、呪いのように悪い言葉を発すれば凶事が起こる、という了解の仕方があったのだった」
「あまりにも多様な物質に囲まれてしまった私たちはもはや、こうした『ことば』と『こと』の直截的な関係を感じることが難しくなっている」

一方、大病をした母を死の淵から引き戻すために息子たちが急いで棺を作った例を引き、
「『もの』は『こと』を決して招かない」
「呼ばないどころか『こと』を阻止すると考えられているようだ」
「『もののけ』が『こと』をはばんでいるのかもしれない」


「言霊」に「もののけ」。
見えない力に想いを致すとき、いろいろなものがうんと豊かになる気がします。
  
Posted by nosenao at 18:49Comments(2)TrackBack(0)blog

October 24, 2005

工房 風の調

サイドバーの「Links」のとこに、
「工房 風の調」さんを追加しました!
http://www.k2.dion.ne.jp/~k_n_s/

京都の鷹峯におしゃれな居を構える上田さんご夫妻は、古くからのお知り合い。
なんだかんだでもう10年ちかくになりましょうか。わたしも若かった。(笑)
ご夫婦そろってとってもステキな作品をお創りになる、アートなカップルなのです。(*´∇`*)でれー

わたしの持ってる上田寛さんの木工作品。
つるつるに磨き上げられた木の感触と、あたたかい曲線をつつむ漆の艶がすごくお気に入り。
アクセサリー・ディッシュとして愛用しています。(*^-^*)

d22ee1b9.JPG  
Posted by nosenao at 13:15Comments(6)TrackBack(0)blog

October 22, 2005

冬の色

朝晩めっきり寒くなってきました。ヽ(´▽`)/〜♪
寒くなると、空気が澄んで、いろいろなもの色鮮やかになると感じます。
冷たい空気のなかにたたずむ、あのクリア感がとても好き。

冬の色のイメージは「コントラスト」。
真っ白な雪と黒い枯れ木。
緑濃い松葉に赤い南天の実。
あ、これはクリスマスカラーでもありますね。(*^-^*)

年末から年始にかけての、街の色の移り変わりが好きです。
  
Posted by nosenao at 10:26Comments(1)TrackBack(0)blog