仲間仲間仲間上司上司上司

カテゴリ:
昨日からFさんの話し方に違和感を覚えたので仲間に伝えたら、
皆も同様に感じていたらしく、Fさんは今日病院で検査することになりました。
やはりそれは脳梗塞の前兆、非常に危ない所だったようで、
大事に至らずに済んで良かったと報告がありました。
僕らは普段から互いを気に掛け合っているから、
家族ですら見逃す変化を察知することができたんだと思います。
本当に良い職場、そして良い仲間。



帰りにバイクで走りながら、
「仲間」という言葉を繰り返し繰り返し噛み締めました。


仲間、仲間、仲間、、、いいなぁ〜!

おっと、わしは一方的に仲間と思っておるが、
皆さんはわしを仲間と思っておるのだろうか不安。
つーか、Fさんも仲間も全員上司なんだが(汗


    

拳を交えて決着を付けねばならん気がして

カテゴリ:

ガンダムのハイパーバズーカには照準(黄色い丸に十字の)が
付いてなかったんですね、
大気圏突入前の「うかつな奴め」ズドーン(ザクを討ちもらす)「照準がズレてる」の時に
アムロの顔に白い(+)マークが写っていた気がするんですけど(うろ覚え)
てっきりバズーカにも照準(黄色い丸に十字の)が付いてるもんだと思い込んでました。
このカットはボツになったので、もういいんだけど。

ボツになったカットを供養するため公開します。
音大きいですが ↓

子供の頃に見たジャッキーチェンの酔拳や蛇拳の、
修行研鑽を積んでやがて達人になる、
肉体の持つ可能性に魅了されるみたいなのを
やりたくて地味目のカンフーアニメに挑戦していたのですが、
バズーカを登場させて以降、
ドラゴンボールやアキラ的な要素に引っ張られて、
方向性を見失ってしまいました。
思い切って最近描いた三ヶ月分の絵をボツにしました。

この作品は16年前に描いた「雨に抱かれて」の続きなんですが、
ルカの親父とはやはり拳を交えて決着を付けねばならん気がして。



ルカ親父めちゃくちゃ顔デカかったですね。
久しぶり過ぎて眼帯とか忘れてました。

ビビリの食いしん坊「ちゃーたん」

カテゴリ:
先月、保護猫の譲渡会に行って里親の登録をしてきました。
生後10ヶ月、ビビリの食いしん坊「ちゃーたん」オス猫です。



野良時代によほど怖い目にあったのか警戒心が強く、
ウチに来てからも一週間ほどはゲージの奥から
コチラの様子を伺っていたのですが、
今では打ち解けて甘えて来るようになりました。
喜ぶと短い尻尾がプルプル震えるのが可愛い。

怖がりで食いしん坊って所が僕に似ていて、
気が合うかもしれないです。

もう二度と猫は飼うまいと

カテゴリ:

12年一緒に暮らしたミントが6月に病気で死んでしまったんです。
妻には擦り寄っていくのに、僕に懐かずとても凶暴なメス猫。
僕ら夫婦にとっては、辛い時も悲しい時もずっと一緒で、
掛け替えのない存在でした。
最後の半年間は看病が大変で、もう二度と猫は飼うまいと、
葬式の日に思ったのですが、

休日に猫カフェや保護猫の譲渡会に行き、
猫と触れ合ってきました。
不幸な猫が沢山いる現実を目の当たりにして、
一匹でも引き取って幸せにしてやる事はできないかと、
いろいろ考えさせられました。

浮気してるみたいで、
死んだミントに申し訳ないのだけど。


  

板野サーカスを描いてみよう

カテゴリ:
1995年にマクロスプラスで見た板野サーカスに衝撃を受け、
自主制作でこんなややこしいのは絶対無理と諦めてましたが、
あれから25年もの歳月が流れて、描いてみようと思いました。



むむむむ・・・難しそう。

画面から出たり入ったり、交差するミサイル、
それを避けながら手前から奥へ縦横無尽に飛行する戦闘機、
遠くで長く尾をひくミサイルはゆっくりな動き、
背景は左から右へみるみる流れて、と・・・、
50歳すぎたオッサンにこんなの描けますのん?

では、やってみましょう。


1. UFOを描く
とりあえずUFOから描いていきます。
標的を先に描かないと追尾するミサイルも定まらないのだ。
UFO大
まずこんなふうに一回転する絵を10枚ほど用意し、
この10枚を拡大縮小回転などを駆使してUFOの軌道上に配置します。
UFOが旋回するイメージを頭に描いて、手前から奥へ、奥から手前へ、
「タメ」や「ひねり」をどこに作るかをこの時に考えておきます。
各コマを別々のレイヤーに分け、
「1」「8」「15」「24」・・・と番号を振ります。
じゃ、それをGIFアニメ化。↓
UFO-1
うわぁ〜、あまり良くない、失敗かぁ?
UFOの配置を納得いくまで修正。
「2」「3」「4」「5」・・・と中割りの絵を増やしつつ、
その都度GIFアニメで確認しながら、
イメージに近づけていきます。


やっと描けた。途中で嫌になってヤメようか迷いましたよ。
なかなか思ったようにならなくて、
中割りを増やしたり減らしたりで、結局2週間もかかりました。
でもそのおかげで、後のミサイルの配置がイメージできました。


2. ミサイルを描く
ミサイルは大きく分けて3パターン。
(1)手前を横切るミサイル、
(2)手前から奥へ向かうミサイル、
(3)奥から手前へ戻ってくるミサイル。

これらのうち(1)は画面を横切った後は二度と戻ってきません。
それと(2)の前半部分も画面から出た後は二度と戻ってきません。
大事なのは(2)の後半と(3)の前半をうまく繋げること。
それ以外は画面から出て戻ってくるミサイル全体の総数なんか気にせずに、
好き勝手にドバドバーッと飛ばしちゃって構わない・・・みたいです。

ミサイル1
(1)ドバドバドバーっと手前を通り過ぎるミサイル。
最初にミサイルを避けてUFOが奥に逃げます。

ミサイル2
(2)手前から奥へ飛ぶミサイル。
逃げたUFOを追いかけます。
手前を素早く通り過ぎ、奥はゆっくり。

ミサイル3
(3)奥から手前へ戻ってくるミサイル。
遠くはゆっくり、目の前で素早く通り過ぎます。

先ほどミサイル全体の総数なんか気にせずと書きましたが、
(2)から(3)にかけて、遠くへ行ったっきりのミサイルをいくつか残す事と、
後からフレームインしてくる小さいミサイルの存在が大事です。
数はどうでも良いのですが、これらが無いと
最後の方がみんな画面から出て行っちゃって寂しくなるので。


3. 空とか雲とか
そら2
背景の空です。大きなサイズを用意します。

40雲
時々うしろを流れる雲。
適当に囲った選択範囲を白とグレーで塗りつぶし→ぼかしガウスで簡単作成。

ミサイル4
遠くを飛ぶミサイル。
それっぽく見えればオッケー。静止画です。


4. AEで合成する
材料が揃ったのでAfterEffectsで合成します。この作業が一番楽しい。
ミサイルの煙はブラーガウスでぼかし、噴射口はレンズフレアで光らせました。
背景のスライドは一直線じゃなく、UFOを目で追う感じに変更。
そのせいでマクロスプラスのようなスピード感は失われますが、
臨場感が増したように思います。

UFO完成2
やっと完成!!予想以上にうまく描けました。
でも、マクロスプラスには程遠い仕上がりです。
もっと煙のモクモク感が出せれば良かったのに。
枚数を増やして1コマ打ちにしなきゃ無理だろうか。
全部で100コマ(約7秒)完成まで3週間かかりました。

久しぶりに疲れました。



 

このページのトップヘ

見出し画像
×