なぜなぜ分析

カテゴリ:
朝のめざまし占いでサソリ座が一位だった日、
職場で大失敗してしまいました。
何が原因だったのか、どうすれば防げるのか、すごく考えさせられました。

こういう時、先輩方は「なぜなぜ分析」なるモノをして、
ミーティング時に解決策を提案されるんだけど、
「注意喚起の貼り紙」「チェックシートを設ける」みたいな、
何か違う気がするんですよねぇ。
上司や取引先に「こんな対策をしました」と報告するための対応みたいな。

分からないなら言われた通りにすれば良いんだと言った、
僕自身の「人の仕事を手伝っている感」を治さねば、
この手の失敗は防げないと思う。

映画「切り子の詩」のダンゴムシ作画しました

カテゴリ:
映画「切り子の詩」の回想シーン、筆箱の中のダンゴムシを作画させていただきました。

実写映画です。筆箱の中にビッシリ詰まったダンゴムシ、これが実写だと気持ち悪いので、
絵で大きく可愛らしく描いてアニメで動かして欲しいと監督に頼まれていたのですが、
筆箱とズレないよう描くのが精一杯でして、結局こんな感じになってしまいました。
全レイヤー表示すると気持ち悪いっすね!
まぁ、監督のオッケーが出たので目出度し目出度し。

きのう、映画の舞台である神戸市長田区(鉄人28号のすぐ近く)にて、
関係者一同に揃っての舞台挨拶&先行上映会がありまして行ってきましたよ。
監督の近兼拓史さんとは15年前に西宮北口駅前オーロラビジョンで
機動戦士のんちゃんを上映して頂いた頃からのお付き合いです。
11月4日(金) JR新長田駅前 ピフレホール3階


2016年12月2日(金)渋谷ユーロライブほか、全国順次ロードショー!
主演:とみずみほ、澤田敏行 監督:近兼拓史

ダンゴムシの跳ね方転がり方を24fpsでリアルに描いたので、
結構うまく合成されてましたよ。うまく行き過ぎてアニメだと気付かないくらい。
でも、それじゃ本当はダメなんです。可愛く描かないと。。
そして主役はダンゴムシじゃなくて、工作機械・設備の商社マン。

タイトルにある切り子とは、鉄工所で出る切りくずのこと。
派手な展開やドンデン返しなど無く、物語は静かに進みますが、
「名もない人々の小さな仕事の積み重ねが世の中を動かす大きな成果の礎となっていく」
誰にも気づかれないけど、コツコツ大切な仕事をしている
働くお父さんにスポットを当てた人情ムービーです。
近兼監督の思いと共に関西人のクスッとした笑いが随所に散りばめられ、
見終わった後で何とも清々しくて優しい気持ちになれる、そんな作品でした。

僕の担当部分はほんの少しでしたが、
エンディングのスタッフロールに「のすふぇらとぅ」と入れて頂きました。
チョットでもこの映画に関わることができて良かったと、
帰りの電車から神戸の町を眺めながら思いました。

 

またまた怪獣娘の爆発作画(第5話)したがき・清書・塗り

カテゴリ:
またまた怪獣娘(第5話)の爆発部分を描かせて頂きました。
上空から見た煙モクモクのループ動画と合わせて2カット。

マウス作画は結構楽しいです。
爆発だと意外な形に描けちゃったりするので面白い。
フリーハンドの線は慣れない左手で描くようなヘタクソさだけど、
清書はパス(ベジェ曲線)なので、マウスでも大丈夫よ。


グリグリとマウスで描いていると、まぁまぁ良い形になってきました。


こいつをパスでトレースするとこんな感じ。


パスを細い線に変換。


ドバドバーっと色を流し込んでみます。まぁキレイ!


線に強弱を付けてみて、しばらく眺めます。。。。
んでから、どうするか考える。こんな感じ。

怪獣娘のエンディングテロップで僕の名前を見つけたと
田舎の先輩から電話がかかってきました。
ブログのコメント欄やツイッターでもメッセージ頂戴しました。
あ、あ、あざーっす!!


【第5話あらすじ&場面写 公開】本日第5話配信!
3人揃っての変身バンク必見!トーク番組も配信!


第5話は10月25日火曜日12時より「dアニメストア」で配信開始!
dアニメストアは初回31日間無料で視聴できます。



   

久しぶりに機動戦士のんさん描いてみたり

カテゴリ:
特技は?と尋ねられ、
ルービックキューブと答えてしまいました。
絵やアニメは長いこと描いてなかったせいか、
とっさに出てこなかったです。

久しぶりに機動戦士のんさん描いてみたり。


第8話作ってから14年も経過してますかぁ、、、。
あの頃のように頑張れたら良いんですけど、
昼間はやる気満々、夜がすぐ寝ちゃうんですよねぇ。


  

会社からバイクで帰宅途中、黄色い軽自動車に物凄い勢いで煽られました。

カテゴリ:
会社からバイクで帰宅途中、黄色い軽自動車に物凄い勢いで煽られました。

数日前に神戸で白バイから逃走バイクの男性ワイヤに激突し胴体切断即死の記事を見ていたので、煽られても安全運転だけは心掛けようと平静を装って走っていたのですが、真後ろにピタッと張り付き、右や左に揺れながらヘッドライトで背中を照らしてきます。スピードを緩めても傍に寄せても追い越さない、まるでワシを煽るのが目的かのような、マンションまで付いてきそうな執拗さです。しばらくして赤信号でキキキーッとブレーキ踏んで停まったら、隣車線をまたぐ感じでワシのバイクに寄せて停車し、ウィーンと運転席の窓を開けるではないですか。

こ、こいつ、くるのかっ・・・!!


思わずグリップを強く握りしめアクセルを吹かせそうになりました。
威嚇するような黄色い車体、数十センチ先で開いていく運転席の窓、中からドスンドスン聞こえるカーオーディオの音、そちらの方向に恐る恐る顔を向けていくと、そこには人の良さそうな兄ちゃんの満面の笑みが、そして甲高い声で、

「テールランプ切れてるよ〜、危ないで〜!」

えっ!なんだ、メッチャクチャ親切な人だったのか。球が切れてるとは知らなかった。ありがとうございますと、軽く礼を言ったんですが、最初に思い込んだ凶暴凶悪ドライバーと満面の笑みを浮かべる兄ちゃんのギャップが非常に大きすぎて混乱し、怒りなのか恐怖なのか安堵なのか、信号が青になるまで震えが止まらなかったです。

そんなワシを追い越してスイスイ〜っと黄色い軽自動車は夜の闇に消えて行きました。

このページのトップヘ

見出し画像
×