2020年07月15日

遺影

By noshin0724
01:38
Permalink

案山子堂

 後輩から喧嘩(仕事)の必勝法を聞かれる。

「自分から先にキレない」
「正直であること」
「ユーモア」

 要約するとこんな感じ。
 むしろこれくらいしか気をつけてない。
 説明はめんどいので割愛。



 石田さん(石田スイ)がオイラの絵を描いてくれたよ!
 嬉しくて遺影にしました。



 あの舞台に立っていた人達を責める気にはならない。
 いつか誰かが。
 それが彼らだった。
 そんな印象。
 呆れてはいるけどね。
 それだけ。
 悪いのはコロナよ。
 
 もう一度だけ言うけどさ。
 ちゃんとした業界団体、組合みたいの作りませんか偉い人。
 ガイドラインも作ってさ。
 自分達こそが演劇みたいな考え方はもう飽きたよ。
 みんな同じこと言ってるんだもん。
 マイノリティは協力し合わないと権利は勝ち取れないでしょうよ。
 みんなそんな芝居ばっかり作ってるはずなのに。
 作品が虚しくなるばかり。

 もう俺は自分の作っているものが演劇と呼ばれなくたっていいや。
 そんなふうにも思い始めておりやす。

 おちんちーん。



2020年07月14日

By noshin0724
03:52
Permalink

案山子堂

 車で移動するようにしている。
 初めて自分の車と同じモデルのものを見た。
 瞬間思ったのは犬のこと。
 うちの犬にもきっと兄弟姉妹がいた。
 そういう再会に近いような気がした。

 頂きを見た人は優しく頭が良く少しの怖さを持っている。
 そう思った。

 目線は上を向いている。
 笑う余裕もユーモアも忘れない。
 今はストロングポイントの活かし時。 

 嫌な雨ではない。



2020年07月13日

そんな日

By noshin0724
01:05
Permalink

案山子堂
 いつかは何処かで起きたであろうことが起きた。
 あ、俺の現場の話ではないですよ。
 ふんどしを締め直さないとな。
 
 預かっているもの
 託されているもの
 待たれているもの
 願われていること
 祈られていること
 大きいからねー 
 
 そんなことを考えていた日。
 そんな日でも町村農場のバターが美味かった。
 
 ああ、あと金木のことも考えていた。
 金木研。
 
 ひところはずっと一緒に居た感覚。
 彼の逆境に比べれば大概のことは大したことないよなぁと。

 風が吹いている。
 立ち向かえるだけ立ち向かうのでござるよ。

 ござる。
 
 ござるー。



2020年07月12日

普通

By noshin0724
04:19
Permalink

案山子堂

 病院に行ったが休みだった。
 
 銀座シックスの正式な表記がGINZA SIXだと知り少しばかり親しみが失せている。
 寄ったときは真田で蕎麦を食うのがなんとなくのルーティーン。
 広いから待つことが無い。
 窓の外ではユニクロのマネキンが回転している。
 幾つかのテナントは撤退していた。
 
 壹眞珈琲は喫煙席が残されていた。
 助かる。

 スムージーをスムージーに作れた。
 横着せずに始めから細かく刻んでぶち込めば良かったのだな。

 銅製のフライパンがなかなか調子が良いのだがやはり重い。
 料理をするという休憩方法。
 忙しくなるとやりがち。
 
 隅田川を見ながらビールを飲むという遊びが定着している。
 川は良い。
 雨に打たれてずぶ濡れになったがそれもまた良い。

 なんか普通にこと書いてんな。
 まあいいべ。



2020年07月11日

大往生

By noshin0724
00:54
Permalink

案山子堂

 今日もなんだか吸われた日。
 でもこれから先に繋がる出会いがあった気がするので満足。
 帰宅してキャンプ動画を見ていたらコテンと寝てしまった。

 スムージーを作ってみたら美味かったんだけどミキサーの音が全然スムージーじゃなかった。
 ガガガガガガガガして。
 あの音で目覚めるから朝飲むのだろうか。

 多分ちょっと胃がやられてるっぽい。
 精神が平気なぶん肉体にきたか。

 コピーバンドがやりたいんだよな。
 十年くらい前から言っている。
 最後にやったのは氣志團のコピーバンドでベース。
 『雷電』が鬼楽しかった。
 大往生。



2020年07月10日

ファミコン

By noshin0724
01:16
Permalink

案山子堂

 雨。
 寝坊。
 東京ドーム。
 会議室。
 打ち合わせ。
 全体に色々説明。
 擦り合わせ。
 演劇スーパーコンピューターの伊達がぶん回してくれる。
 残念ながら俺のスペックが演劇ファミコン。
 ドット絵と3和音でなんとかなりませんか?
 なりませんかそうですか頑張ります。
 ピヨピヨにはなったけど今は楽しいよ。
 
 



2020年07月09日

1980

By noshin0724
02:16
Permalink

案山子堂

 今日は吸われる仕事だったので疲れた。
 でも結果的に直感のピースがハマったので良かった。
 ここまでが長かった。
 何も始まってはいないのだが始まる予感がするかどうかが重要。
 
 それ以外には特筆して書くことがない一日。
 真面目に仕事をするとそういう日になる。
 
 飲むヨーグルトにウイスキーとガムシロップを入れて飲んでみた。
 美味かった。

 近頃二十代の頃のことをよく考える。
 というより2000年代のことをか。
 何かの拍子に視界に入る数字。
 2003とか2006とか。
 演劇をやっていたことばかりが思い出される。
 今に繋がっているのだからその選択は正しかったんだと思う。
 演劇をやっていたことしか思い出せない。
 それはそれでどうかと思う。
 三十代のときは知らない町に行くと「この町で生きていたとしたらどんな思春期だったのだろう」とか空想していたわけだが。
 それの二十代版が忍び寄って来ている感じがする。
 違う人生の2000年代。
 違う人生の二十代。
 そういう空想。
 まあまだ三十代なんだけど。
 まもなく四十代に突入するわけで。
 少し巻いてそんな空想が忍び寄って来ている。
 空想には少しだけ痛みを伴う。
 年をとっている。
 とはいえ1980年生まれって何かにつけて計算しやすい気がして得をしている気もしている。
 



2020年07月08日

スムージー

By noshin0724
03:01
Permalink

案山子堂

 DISTANCE第二弾が発表された。
 オイラは大演練と鬼かぶりなので今回は後方支援。
 川尻恵太が抱える物量が半端無いので心配。
 死ぬかも。
 オイラも大演練で死ぬかも。
 死んだら二人の墓には「コロナ禍でそこそこ演劇がんばった奴ら」というエピタフを刻んで欲しい。

 アラケン(荒木健太朗)と文平(佐藤文平)が事務所に来ていたので顔を出す。
 なんかよく一緒にいるな、この二人。
 相性良いんだろうな。
 文平にはよく「ミカサノさんはおっかないっす」と言われるのだが俺よりよっぽどおっかない顔している文平に言われるのは不本意なのである。

 魚住が「イマイチだった」と言っていた餃子屋に言ったらそこそこ美味かった。
 彼とは舌が合わないのかもしれない。

 真夜中の発作的料理。
 オーブンを使った料理は連敗中。
 むずし。

 スムージーを作るために注文したミキサーが届いたんだけどスムージーなんて一回も飲んだことないんだ。
 
 死んだキャラが生き返ったと思ったら4巻を読んでから3巻を読んでいた。
 漫画の読み方もわからなくなっている。



2020年07月07日

大演練

By noshin0724
04:17
Permalink

案山子堂

 というわけで大演練の構成と演出を担当することになりました。
 出来ることに限りはあれど出来る限り。
 逆境も逆風も逆手にとっていつもは出来ないことも。
 とにかく楽しんで元気になってもらえるものに。
 そんなふうに思ってます。
 へい。

 短い時間だったけど茅野さん末満さんと同じ空間で話せて良かった。
 いつかじっくりこってり『あの頃は大変でしたね会』を開催して語り合いたい。
 いや、ホント、大変だったんだってばよ。
 笑い話に出来るのは続けてきたからだよ。
 これまでの五年。
 これからの五年。
 さてさて、語るより書くより今は示すです。

 配信のあとで打ち合わせをしたんだけど使う頭がいつもと違うので終わった頃には激しい頭痛。
 この感覚も久しぶりな気がする。
 創造しているということか。
 終わるまではキャンプは諦めるか。
 しかしまあ大変そうだけど楽しそうよね。
 既にちょっと楽しいもん。
 わけわかんなくて。
 
 はじめましての人も多いしお久しぶりな人達もいる。
 出会いと再会は演劇を作る上で目的であり要であり御褒美です。
 
 『LAST GIGS』『Use Your Illusion World Tour』『1.4』
 同じ空間で出来ることが光栄。 
 タイニイアリスと同じテンションで挑むよ。
 演劇人だから。



2020年07月06日

いいこと

By noshin0724
02:06
Permalink

案山子堂

 チャーシューはまあまあの出来だった。
 これを書き終わったらおかかでも作ろう。

 都知事選。
 投票所にはいつもより多くの人が詰めかけていた、ように見えたのはソーシャルディスタンスか時間帯が理由だった模様。
 こういうのってTwitterのタイムラインでもそうだよなって思う。
 角度とか思い込みとか。
 結果は予想通りではあったけど個人的には「変なものをもらわない」選挙で安堵した。
 「アイツは間違ってる自分は正しい」っていう強いエネルギーの飛ばし合いが苦手でね。
 暴力性や狂気、カルト感すら感じてしまう。
 理想や強い思いは必要だと思う。
 でもそこに熱狂が加わると恐怖しかない。
 正しいことを言っていてもどんな態度で言っているかも大事。
 冷静に冷静にね。
 もちろん誰が言っているかも。
 政治家だろうが仕事相手だろうがユーモアを持っている人を支持しますよ。
 ま、そんな奴は一人もいなかったけどな!
 淡々と考え、淡々と投票に行き、結果も淡々と受け止める。
 投票に行った人にはきっといいことがあるよ。
 次も行けばもっといいことがある。
 見えないTポイントみたいのが貯まってくんだ、きっと。
 そういうもんだと思ってる。

 事務所にわかまっちょ(若松春奈)が来ていた。
 なんの話の流れか「幸せとは何か」という話になった。
 もちろん結論は出なかった。
 帰宅して寝落ちしている間にわかまっちょからLINEがきていた。
 「この事務所に出会えたことが私は幸せです!」
 ほらね、さっそくいいことあった。
 と共にspacenoidのおじさん達はゴゴゴと目が炎になるのである。
 理想と強い思いを持って狂気すら辞さない覚悟で彼女の幸せを願うのだ。
 愛娘を守るために父親達は冷静さとユーモアをかなぐり捨て武器を取るのであった。

 さて、おかかを作ろう。



2020年07月05日

実感

By noshin0724
01:17
Permalink

案山子堂

 チャーシューを作っている。
 まだ終わっていない。
 
 自分に対してのヘイトが積もり危うい感じだったので隅田川に向かった。
 ちょっと楽になった。
 インスタライブをやったらもっと楽になった。
 配信を終えると矢崎が居た。
「普通に横切ったんだけどな」
 全く気づかなった。
 帰ろうとすると橋の上から「おう」という声。 
 魚住が居た。
 地元の森のようだ。
 ずっと稽古をしていた森。
 森のベンチ。
 これからは川なのかな。
 自分という個体は木々か水面かを見ていると落ち着くのだろう。
 葉擦れか水音に助けられているのかもしれないが。
 キャンプ動画を見ているのは火をみたいからなのだろう。 
 あとは人。
 おじさん達よ、ありがとう。
 
 シンプルに生きたい。
 しばらくはそうもいかないのだろうけど。
 せめて川は流れていてくれ。
 
 さて、チャーシューを仕上げよう。
 そして仕事をしよう。

 寝て起きたらまたその日の世界と向き合おう。
 自分が関わることで少しは世界を楽しくしたい。
 実感を得られるまでは続けたいこと。



2020年07月04日

一日

By noshin0724
04:11
Permalink

案山子堂

 事務所にリーちゃん(加古臨王)が来ているというのでちょいとだけ顔を出す。
 こうなる前に会ったのはいつだったか。
 こうなってからは初めてだった。
 矢崎と二人で「演出家 加古臨王」について話していた様子。
 やるといいやるといい。
 あんたは演出向いてるよ。

 リーちゃんも矢崎も出払ってしまい珍しく事務所で一人きりになった。
 雨が降りそうな夕暮れ。
「遠出は出来ないな」なんて思いながら空を見てた。
 何処かに行きたいんだけど行きたい何処かが思い浮かばなかった。
 どうやら行かない理由を見つける為に雨が降るのを待っていたようだ。
 場所ではないことはわかっていた。
 風が気持ちよかった。
 そのうち眠っていた。

 出かけていた魚住が戻って来た。
「この絵は見たこと無いわ」と笑う。
 私が一人で事務所にいることなんてめったに無いからね。
「そっか、誰かにとってのそれでもいいのだな」と気づいた。
 
 新しい体験とか新しい感情とか新しい風景とか。
 そういうものと出会えないと一日を終えられないような。
 そういう拘束の中で生きている。
 今日は何も無いと言ってしまえば何も無い一日だった。
 上記したようなことがあったくらいだ。
 
 でも曇り空の感じとか。
 暑くも寒くもなく心地よい風が吹いていた感じとか。
 その中で微睡んだこととか。
 カーテンのゆらぎとか。
 リーちゃんが置いて行ったゴーフルとか。
 魚住の作ったアイスコーヒーとか。
 彼が今まで見たことのない絵の中にいる自分とか。
 
 なんか、そういうのを感じた一日として忘れないような気がした。

 「暇ならメンズエステにでも行って来たら?」

 魚住の言うそれも間違いではないような気がした。



2020年07月03日

赤面

By noshin0724
03:37
Permalink

案山子堂

 今月は弊社が関わっている企画が二つほどございますのでよろしくどーぞ。
 一つはしげ美さん(田中しげ美)のイベント。
 アラケン(荒木健太朗)も出るのである。
 もう一つはSeanNorthのライブ。
 こちらは勝手知ったるニシオカ・ト・ニール女史、平田裕香女史が参加してくれている。
 宣伝したいんだけどリンクの貼り方とかよくわからないのでググってくれ。

 とあるZoom打ち。
 改まった感じで「では御笠ノさんの方からもお話をお願いします」と言われたので冗談で「嫌です」って返したら何故かその瞬間にZoomが切れて退出状態になってしまって冗談でもなんでもないただの失礼な奴になってしまった。
 はじめましての人も多かったのに。

 コールマンのクーラーボックスが届いたのだが想定よりサイズが大きくて「小さめのも買おうかな」という気分になっている。
 これはこれで使えるとは思うのだが。
 事務所のメンバーでBBQでもやる時に使うか。
 やったことないけど。

 昨日のインスタライブで話の流れもあってキャンプギアを紹介したのだけれど矢崎に「あんなにはしゃいでるお前は久しぶりに見たぞ」と言われ赤面。
 赤面ついでに矢崎をブロックしようかと思っている。

 



2020年07月02日

7%

By noshin0724
00:37
Permalink

案山子堂

 朝方に重めのものを提出。
 脚本というより設計図とパーツを詰め合わせた謎の文章という感じだ。
 これからこれが脚本という体裁になるまであがくわけだ。
 なんか奇妙で面白い作業だよ。
 どう仕上がるんだろうね。
 まだ見てない景色はあるんだなぁ。
 この仕事があったから今年で引退しないで済みそう。
 あ、ディスタンスも面白い演劇体験だった。
 新しい演劇体験が出来たら翌年も演劇を続けて良い免許を発行する。
 来年も頑張ります。
 その前に目の前のことを頑張ります。

 取材を受ける。
 これはあんまり面白くなかった。
 面白くなりそうな期待値が高かったぶん残念だった。
 取材っていうのはインタビュアーの力量に左右されるものだ。
 思い込んでいる自分の文脈に誘導しようとしているが見え見えで、こっちはそうは思ってないからそこを避けて通ろうとするとインタビュアーは一気に興味を無くす。
 そんな取材。
 俺に興味が無いってことなんだろうけど。
 慣れてるけどね。

 気分を変えようと思ってアウトドアショップに行ったけど駄目だった。
 駅前で曇天の空を見つめていた。
 同じように同じ場所で曇天を見上げていた過去を思い出す。
 無為に過ごしていたのかもしれない過去。
 後悔というほどではないけどコーカイくらいはしているのかもしれない。
 あのときもう少し頑張っていたら違う今もあったのかも。
 もう少し誰かの何かになれたのかも。
 まあ、しゃーねいしゃーねい。

 ビール一本で心地よく酔っ払う。
 7%っていう度数が良いのかね。
 検証が必要。

 ヒロシ氏のキャンプ動画を見終えてしまったけど、うしろシティの阿諏訪氏のキャンプ動画があるのでまだ大丈夫。
 



2020年06月30日

つもり

By noshin0724
23:50
Permalink

案山子堂

 今日は晦日。
 印税はこの日に入るものが多い。
 口座を見て「なるほど」と感じる。

 銀行へ。
 都民税の支払いに。
 引き落としにも出来るのだけれど三ヶ月に一度は銀行に行く方が経済感覚としてよろしいのではないだろうかという自分でもよくわかっていない理由で引き落としにはしていない。
 三ヶ月前よりシステムが簡便になっていた。
 メガバンクは進化するのも早いのか。
 金は入った分だけ出て行く。
 資産運用みたいなことは特にしていない。
 銀行側からは定期的に勧められる。
「あんまりしつこいとメインバンク変えまっせ」と言ったら以前よりはおとなしくなったけど「担当がが変わりましたので」の度に電話がかかってくる。
 担当が頻繁に変わり過ぎてむしろ心配になった。
 登録したのでもはや銀行からの電話は出ない。
 世に落ちている情報や人から勧められる情報に儲かる話なんて無いと思ってる。
 そもそもそんなに儲かりたいと思っていない。
 静かに暮らせればそれでいいのだ。
 立って半畳寝て一畳どころか家すらなくても生きていけると思っている。

 叶屋でうどんを食べる。
 待っている時間が長いので後ろの席の女子大生と思われる2人組のかしましい話を聞くともなしに聞いていたが話題に出て来る単語の半分もわからなかった。
 おじさんだなと思った。
 それでもいいとも思っている。
 仕事の思考がおじさんでさえ無ければ。
 誰かの「好き」を否定するつもりも時間も無い。
 自分の「好き」を追求することに時間と労力を割きたい。
 巨岩を削って一生をかけてショットグラスを作るような人が好きだ。
 そんな人がいるかどうかは知らない。

 豪雨に濡れたけど嫌な気はしなかった。

 コールマンのクーラーボックスを購入。
 車と同じ色のものを見つけたから。
 零戦カラー。
 好き。

 『幕末天狼傳』の詳細が発表された。
 初演の初日、楽屋前で落涙したことを思い出した。
 新撰組を描けたことが嬉しかった。
 過去の自分の思いが成仏した瞬間だったのかもしれない。
 まだまだ描いてあげたい人達はたくさんいる。
 連中の成長も見たい。
 作品の中身もそうだけど、演劇への逆風が吹く中で刀剣乱舞が果たしていかなくてはならない役割は大きいと思っている。
 そんなつもりでいます。



ナイフ

By noshin0724
00:33
Permalink

案山子堂

 上野広小路。
 ナイフ専門店のマルキン商店へ。
 料理用のオピネルは既に入手したのだがブッシュクラフト用に何を買えば良いのか判断がつかなかったので実際に握ってみたかったのだ。
 店員さんは親切に説明してくれた。
 手馴染みが良かったのでVICTORINOXアウトドアマスターLを購入。
 ファイヤースターターも付いていた。
 着火に凝る予定は無かったんだけどせっかくだから使ってみよう。
 
 上野のマルイへ。
 LOFTを眺めてみたもののこれはというものに出会えず。
 あまり寄りつかない無印を徘徊していたら手頃なサイズのカッティングボードに出会えたので購入。
 ちょっと重いんだけど始めはこれで良い気がした。
 カッティングボードはいつか自作しようと思っている。
 もしくは魚住に作ってもらうか。
 得意だからな。
 仕事だし。

 無印のカフェで食事をしながら「OIOIの看板を見るとオイオイと読んでしまう」ことについて考えていた。
 先にOiパンクに出会っているからだ。
 
 あれだぞ
 オレたちだって
 バカじゃないぞ
 アタマいいんだぞ
 
 今年で中学何年生だったっけ。
 27年生くらいだろうか。
 俺は労働者。
 小銭を掴んだだけ。
 これでもパンクス。
 なので都知事選は行くよ。

 
 
 仕事でちょいと脳みそがくちゃっとする。

「あれ? 俺はいま何を書いてるんだっけ?」

 外に出てコンビニでアイスを購入。
 暑いなか冷たいものを食う。
 Top'sのチョコレートケーキアイスバーうめぃ。
 寒暖差を利用した脳みその整理。

 このまま道具だけ揃えて一度もキャンプに行かないってオチだって手の内。

 違う目的でナイフを手にした自分を褒めてあげよう。



2020年06月29日

季節

By noshin0724
00:34
Permalink

案山子堂

 頭の中に思い浮かんでいることがそのままwordに反映されたら楽よのうとか思ったんだけど油断して雑念が入り込んだら地獄の業火に焼かれながらの切腹ものよのう。

 東新宿のA&Fカントリー本店へ。
 皮手袋でこれはと思うものに出会ったので少々お高いとは思ったものの購入。
 出会い、重要なり。

 近くの西向天神社に富士塚があったこと思い出したので寄る。
 紅皿の墓があって「おっ」となる。
 午前中、太田道灌と山吹のことをぼんやり考えていたから。
 呼ばれたんだなぁと納得する。
 
 肩にずっとカマキリがとまっている夢を見た。

 季節は君だけを変えるかもしれないが蚊取り線香には季節を変える力があると思う。

 上書きをされる以前の擦過傷



2020年06月28日

理解

By noshin0724
02:47
Permalink

案山子堂

 朝五時。
 「話を聞いて欲しい」とのことで話を聞く。
 二時間。
 俺は誰かに「話を聞いて欲しい」って言ったことあったかな。
 思い出せない。
 無かったってことなのか。
 それはそれでどうなんだろうか。

 歌いながら目が覚めた。
 ときどきある。

 豊洲から月島界隈を散歩。
 ららぽーとのLOGOSでキャンプ道具を物色。
 元相方がKidZaniaで働いていることを思い出したので入口付近に行ってみたけど不審な気がしたので引き返した。

 夜も別の相談というか。
 自分自身に負荷をかけて生きるのは難しいと思い込むから難しい、みたいな話をした。
 人は違えど朝と話しているベクトルは同じだと気づいた。

 「頭ではわかっている」は何もわかっていないのと同じなのかもしれない。
 「頭ではわかっている」という言葉が自体が消耗しちゃっているから「肉体で感じる(理解する)」と「心で感じる(理解する)」の方がフィットするのかな、と。
 
 



2020年06月27日

セーフ

By noshin0724
01:46
Permalink

案山子堂

 ちょいとした締切だった。
 午前中に提出する予定だったものが夜までずれ込んでしまったがな。
 日付が変わる前なのでセーフ。
 全然セーフじゃないのにセーフだと信じて疑わない作家は多いんじゃないかしらね。

 アウトドアショップ巡りをして実際に見て触って確認するのだが結局はネットで買っている。
 
 テントと焚火台が届いた。
 行こうと思えば行ける装備は整った。
 重めの締切を前倒しクリアという離れ業を成し遂げれば行けないこともないのだろうけど。
 越えた先に遊びたい遊びや行きたい場所があるのは精神衛生上は良いことなのだろう。 

 隅田川を見ながらビールを飲むという遊びが自分の中で流行りつつある。
 川と橋と高速道路とスカイツリーとが視界におさまっているのが良い。
 今が江戸なら浮世絵。
 良い場所を見つけたものだ。
 猪牙舟に乗って会いに行きたい。

 国が大金くれた。
 それ以上に税金払った。
 なんじゃいこのグルグル。

 



2020年06月26日

標榜

By noshin0724
02:33
Permalink

案山子堂

 人生は緩やかな自殺、なんて歌っていたのは誰でしょうかね。
 そうかもしれなくてもそうも言ってられんのでし。
 死ぬときまで思いつくまま頑張るのでし。
 4 REALでし。
 平行して考えなくてはいけないことがたくさんあるでし。
 それが誰かの娯楽になるのですから頑張らねばならぬのでし。
 疲れたらキャンプ動画を見て、これはと思ったギアを買うでし。
 ネットって便利でしね。
 無かった時代の夜の越え方ってどんなだったっけな。
 
 『フリースタイルダンジョン』が終わる。
 一週間のルーティーンが変わる。
 
 ようやく車に愛着がわいてきた。
 アイツかわいい。

 三毳山ですれ違ったじいさんが割と大きめな音でコルトレーンを流していたのを思い出した。
 たまたまラジオから流れていたそれなのか(ラジオを流しながら登山している人は結構いる)日頃からハードバップ登山を標榜しているじいさんなのだろうか。

 



プロフィール

noshin0724

表現する猫

Recent Comments
  • ライブドアブログ