2019年08月15日

突飛

Blogトップ
前の記事
次の記事
Comments(1)

案山子堂
 
 夜。
 夏になってから初めてコーヒーを淹れようとした。
 フィルターがなかった。
 買いに行こうと思って外に出た。
 涼しかった。
 雨の影響か、夏の終わりも近いのか。
 だからコーヒーを淹れようとしたのか。



 昼。
 出かけた瞬間に豪雨。
 コンビニに駆け込んで時間をつぶす。
 止みそうに無いので傘を買う。
 外に出た瞬間、晴れる。
 そして電車の中に忘れる。
 傘として使ってやることは出来なかった。
 ほぼ杖だった。
 アイデンティティを否定してしまってすまないと思ったけど、謝ることはもう出来ない。
 別れとは往々にしてこういうもの。



 夏の原風景は岩手県衣川村だ。
 祖父母も亡くなり、帰ることもない。
 ZABADAKの『Tin Waltz』を聴くと、何故か田舎の風景を思い出す。
 不思議だ、田舎で聴いていたわけでもないのに。
 そういう音楽と出会っていることが嬉しい。
 

  
 昔作った童貞Tシャツが出て来た。
 漢の七箇条みたいのが書いてあった。
 若い頃にやっていたこういうことは大概恥ずかしいことなんだけど、恥はちゃんと晒すようにしている。
 自分のやったことだし。
 違うものにはなれないし。
 


 a-haとリック・アストリーが来日するらしい。
 両方行くか、後者だけにするか。
 ルー・リードも観ておきたかったなぁ。
 デタラメな並びだな。
 脳直なので。
 

 
 今日も文体が安定している。
 文章を書くということは自分を確認しているようなものなのだと思う。 
 安定してないときの方が突飛な文章になるんだけど。
 今は突飛じゃなくていい。





この記事へのコメント

1. Posted by かおる   2019年08月15日 12:46
傘のお話、胸に沁み入りました(T-T)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

プロフィール

noshin0724

表現する猫

Recent Comments
  • ライブドアブログ