2019年11月29日

無視

Blogトップ
前の記事
次の記事

案山子堂

 公正取引委員会が事務所退所後の芸能活動禁止を独占禁止法違反と見解したとのこと。

 今更というか、ようやくというかな。

 芸能関係者以外にこれがどういうことなのかどれだけ認識されているのか。

 ときどき役者が事務所を辞めたタイミングで活動休止したり留学行ったりして丁度一年で帰って来るアレ。

 アレがソレだ。

 アレもソレ、か。

 アレは先に「他にやりたいことがあるから一年休む」があるわけではない(ことの方が多い)。

 「うちの事務所辞めんの? じゃあ一年間干すね」

 こういうことだ。

 「干されるんで休みます」とは言えないから色々なソレっぽい理由になるわけだ。

 不思議なもので俺みたいな泡沫演出家のところにまで「アイツうちの事務所辞めるんで一年間干して下さい」とかの連絡はある。

 そういう時は「そうなんでゲスか? 大変でゲスねぇ、ウヘヘ!」とか、聞いているような聞いていないような返事をして、結果無視する。

 「どう考えても違法だろ」と思っていたから。

 馬鹿のフリをして無視をする。

 でもね、律儀なもので俳優さんの方も守るのだよ、守らなくても良い約束を。
 一年間きっちり休んだりする。
 禊ということなのだろう。
 禊ぐことなんて何も無いと思うんだけど。
 でも、その期間を一般人として過ごせば芸能の世界には戻れるという謎の仕組みになっていたわけだ。

 売れるまでに育てる過程でお金も時間もかけているから辞めるなら干すのも干されるのも仕方なし、みたいなことらしい。

 ダセェなぁ。
 なんだそのリベンジポルノみたいなマインド。

 ダセェなぁ。
 別れた恋人に「お前、一年間恋愛禁止な」とか言うかね。

 ダセェなぁ。
 一般企業でそんなこと許されるかね(言ってみたものの、これに関しちゃ一般企業に勤めたことがないからわからない)。

 そもそも、事務所なんていらない(そんなこと言いながら俺も事務所を運営しているわけだけれどもね)。
 日本と韓国くらいなんじゃないかね、あんなデカいビルを持っている芸能事務所なんて。
 そんなものを建てたり維持するお金があるならアーティストや俳優にもっとお金をあげてくれ。
 エグいぞ、事務所が持っていく金額(事務所による)。
 マネージメントなんてスマホ一つで出来るから。
 四畳半あれば出来るから。

 無くてもいいセクションが間に入って大金をせしめていくというのは別に芸能に限ったことではないんだろうけど。

 それぞれが楽をしたくて思考停止した結果出来上がった仕組みでもあると思う。

 これをきっかけに色々変われば良いとは思うが、変わるためには関わる人達みんなの意識が変わらんとね。
 じゃないと水面下で続くからね、こういうの。

 これまでも馬鹿のフリして無視してきてきたけど、これからは積極的に無視するでゲス、ウヘヘ。




プロフィール

noshin0724

表現する猫

Recent Comments
  • ライブドアブログ