街なかの観音堂「10番 大町」

  • author: noshiro_kanko
  • 2008年08月12日

10番大町観音堂でらっと街なか号」は、能代市史・民俗編を参考に、歴史に由来する街なかのスポットである観音堂を訪ね歩いています。

今回は、大町にある10番観音堂です。ここは、安藤愛季公(桧山城主)により弘治2年(1556年)に初代町方支配役を命ぜられた清水治郎兵衛政吉の居住地跡としても伝えられています。


『多くの観音堂は集会所ともされていて、何かの寄り合いにも使われてきた。そのために、下浜のように観音を祀る堂は、新築の際に集会所を兼ねて作られ、地域の公民館ともなってい清水治郎兵衛政吉標柱る。』能代市史・民俗編より)...つづく。

10番大町 市街地巡回バス「はまなす号」 大町停留所(毎時01分)が便利です

能代市史については、市史編さん室 
0185−89−2119へどうぞ。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

ページトップに戻る▲