秋田県銘木センターを見学してきました!

  • author: noshiro_kanko
  • 2020年01月25日

でらっと20号です!


1月24日(金) ・25日(土)に
「第25回 東日本銘木展示大会 初市特市」が
能代市河戸川の秋田県銘木センターで開かれるとのことで
開催前日の23日、竹内嘉人理事長のご説明をお聞きしながら
見学させていただきました

展示大会を翌日に控え
県銘木センター敷地内や倉庫には、丸太や製品が既に設置済み。
倉庫内には床柱材や角材、カウンターやテーブルとして使用される
幅広の厚板がズラリと並んでいました

買い付けに参加するのは、県内外合せて40社ほどになるのではないか
とのことでした。



DSC_0187DSC_0208DSC_0213DSC_0214






















木材や秋田杉について色々教えていただきました。

流通する木材には
国が所有する森林から供給される「国有林材」と
個人や会社等が所有する私有林等から供給される「民有林材」の
2種類があるそうです。

秋田杉には「天然」と「造林」の2種類があり
「天然杉」は、植栽記録が残っていない
樹齢150年以上の秋田杉とされますが
大量伐採の影響や森林保護の観点から
2013年3月で計画伐採が終了しており
特殊な事情がなければ流通することがない貴重なものだそうです。

今回の展示会には
由利森林管理署内の国有林で立ち枯れなどにより
放置しておくと危険な天然杉が資源の有効利用のため伐採され
特別に出品され競りにかけられます。


 ↓ 左・造林杉 右・天然杉         ↓ 天然杉
DSC_0190左・造林杉 右・天然杉DSC_0192天然秋田杉












天然杉はとても個性的で
写真のように、もともとは2本の杉が結合して一つの大きな杉になり
木の皮の部分が中に取り込まれた様子が見えるものも!


DSC_0207天然秋田杉














造林杉は
植林の時に密植することで、木が暴れず真っすぐ伸びるようにし
20年くらいで間伐して、さらに数年ごとの間伐を繰り返し
人が手入れをして、高齢級で品質の良い秋田杉を
計画的に育てていくのだそうです。

このように手入れされた樹齢80年以上、直径36cm以上など
一定の規格を満たした造林の秋田杉の丸太は
「あきたの極上品」と認定されます。


       ↓ 造林杉           ↓「あきたの極上品」認定された杉

DSC_0193造林杉DSC_0188「あきたの極上品」認定











銘木の大きさを表すには今でも尺貫法が用いられ
価格は立法単価で算出されるそうです。
例えば、7mmの厚さの板は「二分三厘」。
木都能代のお菓子屋「セキト」に「二分三厘」という
お菓子があるのです
なるほど、そういうことか!と今更ながら学習した次第です。

他にも木の性質や木目について、丸太から角材を取る方法など
興味深いお話をたくさん伺いました
本当にありがとうございました







DSC_0206





今回開催された「東日本銘木展示大会 初市特市」は
5月開催の「銘青会まつり」
9月開催の「県銘木展示大会(秋銘展)」と並ぶ
秋田県銘木センターの三大特市の一つです。
その他の奇数月も、規模の小さい競りを行っています。

競り当日の見学はNGですが
競りの前日は、競りにかかる丸太や製品を見学できます。
見学を希望する場合は、あらかじめお問い合せください。

【お問合せ先】 協同組合 秋田県銘木センター
            秋田県能代市河戸川字砂崎3-1
             TEL・0185-54-1541
             FAX・0185-54-6678


ページトップに戻る▲