エブリデーライオンズ

埼玉西武ライオンズの情報をお届け!

菊池雄星ロス到着ボラス氏と「具体的な話できれば」

 米ロサンゼルスに到着し、メディア対応をする西武菊池
ポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する菊池が、自主トレ先の米ロサンゼルスに到着した。成田空港から約10時間のフライトでは「眠れなかったです」と少し疲れた様子。

10日間ほどの滞在となる予定で、代理人のスコット・ボラス氏と今後についてのミーティングも行う。「まだ知らないことばかりなので、具体的な話ができれば。しっかり準備をしたい」と話した
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00389488-nksports-base 

 すでに複数の球団がローテ2番手、3番手の評価で獲得を目指していると伝えられている。
ライオンズとしてもポスティングで移籍するからにはできるだけ高い譲渡金が支払われてほしい。



パドレス戦力外の牧田、マイナー3Aへ 米サイト「チームに必要な存在になるかも」

 
米大リーグ、パドレスは7日(日本時間3日)、牧田和久投手(33)をメジャー登録可能な40人枠から外し、傘下の3Aエルパソに配属したと発表した。

 牧田は昨オフに西武からポスティングシステムを利用してパドレスと2年380万ドル(約4億3千万円)で合意。1年目の今季は開幕から安定せず、6度のマイナー降格を経験し、メジャーでは27試合で0勝1敗、防御率5・40、マイナー3Aでは24試合、1勝1敗、防御率3・76だった。

 チームは2日に同投手を戦力外を意味するメジャー40人枠から外す手続きを取り、ウェーバーにかけたが、獲得意思を見せる球団はなかった。現時点では来季の年俸190万ドル(約2億1500万円)はパドレスが保障する。

 同投手のマイナー降格を伝えたMLB移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」はこの日、「来季の年俸を考えれば、獲得を申し出る球団がなかったことに驚きはない。マキタはパドレスにとって必要な存在になる可能性はまだある」などと伝えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000090-dal-spo
 
 2年契約の2年目はロースターから外れて、マイナー契約を受け入れるようです。
日本球界への復帰よりももう1年アメリカで勝負したい気持ちがあった。
アメリカでも対右の被打率は良かったのでそこを強みにメジャー再昇格を目指してもらいたい。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
ポチッとお願いします


↑このページのトップヘ