20220118_smith_ge-560x373



 
 西武は18日、元アスレチックスのバーチ・スミス投手(31)と2022年シーズンの選手契約に合意したと発表。背番号は昨季限りで退団したザック・ニールが背負っていた「54」に決まった。

 スミスは193センチ・102キロの体格を誇るアメリカ出身の右腕で、2013年にパドレスでメジャーデビュー。2018年からはロイヤルズ、ブルワーズ、ジャイアンツ、アスレチックスと渡り歩き、昨季はアスレチックスで31試合(32回1/3)に登板し、1勝1敗1セーブ、防御率5.40の成績だった。

 近年はリリーフでの起用が続いており、メジャー通算102登板のうち先発登板はわずか13試合だが、渡辺久信GMは「先発として期待しています。スミス投手本人も先発で勝負したいという気持ちがあります。先発ローテーションに入って、リーグ優勝に貢献してほしいと思います」と、あくまで先発要員として獲得したことを明言。

 スミスは「このたび埼玉西武ライオンズと契約を結び、NPBの最高の選手たちとの対戦を、素晴らしいファンの皆さまに届けられることを大変光栄に思います。そしてこれから日本の文化も含め、多くのことを学べるのも楽しみにしております。このオフは自分を鍛え上げてきましたので、新しいチームメイトと共に埼玉にチャンピオンフラッグをもたらしたいです!」と意気込んだ。


 
 5人目の助っ人としてオークランドのバーチスミス(31)を獲得したことが発表されました。 昨年はメジャーで31試合全てにリリーフとして登板している。 2015年にトーミジョン手術を受けて2年間登板がなかったが、2017年以降に復帰してからは毎年投げている。 先発としては2019年に3Aで18試合(リリーフ1)、93イニングで防御率2.63、奪三振率10.0の好成績を残している。 球種は平均150キロのストレートが投球の6割以上を占めて、カーブとチェンジアップも投げる。 先発として計算するならスライダー系が少ないのがネックか?

無題

2021年MLB  防御率5.40 43.1回 被安49 被本5 四球11 三振28 BB9 2.3 SO9 5.8 
MLB通算 防御率6.03 191回 被安211 被本33 四球87 三振184 BB9 4.1 SO9 8.7

1
https://www.baseball-reference.com/register/player.fcgi?id=smith-003bur
3A通算 防御率3.49 180.1回 被安打152 被本18 四球76 三振197 BB9 3.8 SO9 9.8  
 マイナーでは好成績を残すが、メジャーではイニングイーター的な起用法が多く、典型的なメジャーとマイナーの中間にいる選手という位置づけ。 エンス、ボータカハシに比べると格上の選手ではあると思います。  


 空振りの取れるフォーシームとチェンジアップが特徴的。
スライダー系が少ないので先発よりはリリーフのほうが向いていると思われる。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
ポチッとお願いします