2008年09月04日

ある日どこかで…なぜ心を打つ?‥「何度見てもすごい50本」に選出5

16ae7fa0.jpg誰にでも、生涯心に残る作品がある。…なぜこれほど心を打つのか、初見から25年たち、やっと解りました。『ザナドゥ』の併映→2週間で打切り→その後口コミで広がる→多くの人の心を鷲掴みにした「ある日どこかで」をオススメ!

〈ストーリー〉
1972年・新人劇作家リチャードは老婦人から古い懐中時計を渡される。その8年後・彼は古いホテルで女優の肖像写真に魅せられるが、それはあの老婦人の若き日の姿。想いに苦しむ彼は、ついに時間を越え彼女に出会う。

"恋愛もの""時間SF"に縛られず、狂おしいまでの切なさに満ちた名編
>主演J・シーモア&C・リーブ d('-^o)☆イイ!

〈オススメ!ポイント〉
細かいところまで気の利いた、優れた脚本&演出
ミシガン州に実在する美しいOld Americanホテル/風景という舞台
出演者&クルー、脚本が好きで作り上げたという純粋な情熱
…悲しい結末もビューティフル・エンドというものです(*゜‐゜)ボォ--
>J・バリー&ラフマニノフの甘い旋律が、涙をさらに絞ります。

スタッフのこの映画への熱意と純粋さを受け止めよう
>AmazonやAll Cinema onlineの膨大なレス数を見れば納得です!

〈まとめ〉
切なすぎるほどに甘く、眩暈がするほどに美しい映画です。
スケールや派手さとは無縁でも、良い映画はこうして出来るんです!
>夢を求めない現実派は、どうぞ観ないで。もったいないですが^^;

>「ある日どこかで」がスクリーン上映決定!!
 「午前10時の映画祭 何度見てもすごい50本」に選出され
 全国25箇所のスクリーンでニュープリントで上映されます!
 スクリーンで是非「ある日どこかで」を体験してください。
 期間限定。あなたの街のスケジュールをチェックしましょう!
>廉価版DVDにも特典映像・インタビューが。魅力が増します。
続きを読む に〈結末について〉などを追記。


〈結末について〉→ネタバレ注意
1.劇中流れるラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲(作品43より第18変奏曲)」の発表は1934年。1912年の彼女は知らない訳です。22年後になり初めて彼女は彼が未来から来たことを知ることになるのです。さらに再会は38年後の1972年…出会いからなんと60年のラブストーリーΣ('0'*)!は、最後には永遠になるのですね。
2.主人公・男性の視点で語られる本作、エリーズのその後の人生は語られず「ずっと再会を待っていた」という設定は、「男性が美化した究極の女性像」と異論ありそう…感情移入度が割れる点かもしれませんね。
3.本当に彼は時間旅行したんでしょうか?全てが、幻想だったら?2人がもし同じ時代に生まれたなら必ず結ばれていたはず。しかし2人の人生の時間は微妙にずれていた…。愛→唯一絶対の存在=この世の全ての時のどこかで(Somewhere in Time)必ず結ばれるなら、2人が、2人で過した時をそれぞれ「夢見た」のかもしれない…??

nostoromo at 19:10│Comments(3)TrackBack(2) 洋画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画『ある日どこかで』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年01月12日 01:36
原題:Somewhere in Time   ??“帰ってきて”?? とてもとても・・・とても悲しく切ない物語だ。かつてのスーパーマンことクリストファー・リーヴの落馬事故での麻痺から9年後の昨年、息を引き取るまでの苦難の道を思うと余計に悲しくなる・・・。 純愛物語に時...
2. ある日どこかで??200本達成!  [ Osaka-cinema-cafe ]   2006年01月12日 02:46
いよいよ2005年も大晦日になりました。 去年は念願の映画年間100本を達成して、 密かに自己満足してましたが、今年は倍の 200本を達成しました。 いや??、我ながら、よく見たなあと思います(^・^) その200本目の映画が、シネマコミュニケーターの 森川みどり先生も...

この記事へのコメント

1. Posted by yamasan   2006年01月12日 02:52
4 TB有がとうございます。

劇場公開時は、かなり散々な結果ですね。大阪では「グレート・ブルー」も
わずか1週間で打ち切りでしたよ。
その後は、口コミで広まり、「グラン・ブルー(完全版)」などが出て、ジャン・レノも一躍有名になりましたが。
日の目を見ない映画もありますからね。
ちなみに僕は「グレート・ブルー」の前売り券を買っていました。

この映画も見れば見るほど味が出るような映画のように感じます。
僕はラストではハッピーエンドだと信じたいですね。
2. Posted by のすとろ   2006年01月12日 12:28
yamasanさん TB・コメントありがとうございましたd('-^o)
「グレートブルー」ですか!Σ('0'*)ハッ!いい目を持っていらっしゃる!
「グレートブルー」公開時期はわたしの“劇場ブランク”に当たるので、渋谷単館の頃「グラン・ブルー」を見た後で、レンタルビデオで「グレート・ブルー」を見直したクチです(/-\*)残念♪
私のNo.1 Movie「グラン・ブルー」については、そのうち記事UPの予定(?)です〜!
3. Posted by たんぽぽ   2006年04月15日 11:54
5 映画をそれほどたくさん見る方ではありませんが、ある方のホームページでこの映画を知りました。そして気になりながら、昨年、ようやく見ることが出来ました。DVD・CDアルバム・原作本も購入して、いまでは特別の思い入れのある映画になっています。お気に入りの記事として私のブログに表示させていただきましたので、よろしくお願いします〜♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

m577apc

カテゴリ別のアーカイブ
ranking
↓ランキング参加しています
ranking
↑クリックをお願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログが多数紹介^^↑
月別アーカイブ
ranking
↓映画ブログのランキングです
ranking
↑他にも多数紹介されてます↓
にほんブログ村 映画ブログへ
↑クリックをお願いします^^