辺銀愛理さんのぺんぎんごはんに載っていた
鶏セロリごはんの写真とレシピを見て
これは絶対うまいはず!作るべし!食うべし!
と心惹かれて脳内完食してしまったおいらは、
仕事が一段落した夕方に鶏肉とセロリを買いに行き、
翌日のランチで作ってみました。

最後に半カップの水を入れる意味を
愛理さんにメールで聞いてみたら

鶏やセロリやニンニクから出たせっかくのおいしいエキスが蒸発してしまう前に、
ナベ肌にこびりつきたがるコラーゲンたちと一緒に水でさらってしまうのさー

みたいな食いしん坊アンサーをいただく。

ほかにも裏技を教えてくれたので、
それを守りつつ作ってみました。

うまっ。すごっ。やばっ。
たしかに半カップの水が、魔法のようにめっちゃ効いてます。
愛理さんは「高校生なら米3合ペロリ」と言ってましたが、
これならば40歳のオヤジでも3合いけますね、まわりに止める人がいなければ。

中華料理の鶏&セロリ&カシューナッツ炒めをリスペクトして
カリカリのカシューナッツを最後にトッピングするのもアリかも。

我が家には滅多にセロリがなかったんですけど、
今後はやたら買ってくることになるでしょう、鶏肉と一緒に。

いやはやさすが、ぺんぎんごはん。
まいりました。

セロリ



にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ