日時:2019年8月10日(土)13:27〜8月13日(火)10:10

コース:(1日目)上高地〜明神〜徳沢〜横尾
    (2日目)横尾〜一ノ俣〜槍沢ロッヂ〜大曲〜天狗原分岐〜殺生ヒュッテ
    (3日目)殺生ヒュッテ〜頂上往復〜徳沢
    (4日目)徳沢〜明神〜上高地

時間/コースタイム:24時間4分/19時間20分

距離:39.7km

標高差:1665m

累積標高上り/下り:2291m/2289m


北アルプス(飛騨山脈)にある、槍ヶ岳(3,180m)に行ってきました!天気は4日間とも晴れです。ずっと憧れ続けていた山についに挑戦してきました。

IMG_8844

殺生ヒュッテのキャンプ場から見た槍ヶ岳です。ここに辿り着くまでとても辛かった分、感動も達成感もひとしおでした。最高に楽しい山行になりました。


こちらが今回のルートです。槍沢コースで行きました。槍沢コースはいくつかあるルートの中でも一番易しいです。標準的な行程は2泊3日ですが、恥ずかしながら私たちは登るスピードが遅いので、安全に確実に行くために3泊4日で行きました。

IMG_8877

(12:05)
沢渡バスターミナルから近い、つつき駐車場に車を止めました。(1日500円)他の駐車場が1日600円が多いのに対し、こちらは100円安くてお得でした。

IMG_8593

(12:10)
沢渡バスターミナルに到着しました。ここでバスの往復の乗車券を買いました。もうお昼を過ぎた時間だったからか、そこまで人がいませんでした。人が多いようならタクシーでの乗合も考えていましたが、今回はバスで行くことにしました。

IMG_8878

(12:58)
沢渡バスターミナルから、30分ほどバスに乗り、上高地バスターミナルに到着しました。バスは荷物をトランクに入れてくれるタイプなので楽でした。

IMG_8879

上高地に到着しました。とりあえずお昼を食べようと思ったのですが、飲食店は激混みでした。待って食べるほどの時間はなかったので悩んでいたら……

IMG_8880

お弁当が売っていました!「かっぱの昼めし」というお弁当を買いました。値段は観光地らしく、1,100円とちょっとお高めでしたが、美味しかったです。

IMG_8882

(13:32)
お昼を食べ終えたら、出発します。河童橋では皆さん記念撮影をしていました。登山の方というよりは、時間帯的に観光の方が多いような気がしますね。

IMG_8885

河童橋からの景色

IMG_8883

(13:37)
しばらく歩くと、小梨平キャンプ場に到着しました。色とりどりのテントがあります。私たちも横尾でテントを張る予定なので、ワクワクしていました。

IMG_8602

上高地から横尾までは林道が続きます。明神まで2.7km、徳沢まで6.2kmと距離にすると長いのですが、歩きやすいのでそれほど苦痛ではありません。

IMG_8890

こんな感じの平坦な林道です。車も走れるぐらい広いので、下山の方とのすれ違いも安心です。行きはテンションが高く、トクと構想を話していましたw

IMG_8893

途中で川(沢?)に下りられるところがあり、皆さん涼んでいました。私たちも涼みたかったのですが、あまり時間がないので先に進むことにしました。

IMG_8891

明神岳

IMG_8894

(14:21)
出発から約1時間で明神館に到着しました。本当はコースタイムを少しでも切りたかったのですが、急いでも急いでもやはりコースタイムぴったりでしたw

IMG_8896

徳沢まで3.4km

写真を撮り忘れましたが、明神には綺麗な公衆トイレもあります!

IMG_8897

徳沢を目指して歩いていきます。急ぎ気味に歩かないとコースタイムで歩けないということが分かったので、重い荷物に負けずにどんどん歩いていきます。

IMG_8898

明神館から少し歩くと、白沢出合・徳本峠入口の分岐があります。こちらは徳沢・横尾方面に向かいます。徳沢までのコースタイムはちょうど1時間です。

IMG_8899

立派な橋があります。北アルプスは整備が行き届いていて安心ですね。観光の方も軽装で歩かれていました。中にはキャリーケースを転がしている方も!

IMG_8900

小さな沢を渡っていると、どこからともなく獣のにおいがしてきました……

IMG_8901

サルが現れました!しかも、1匹や2匹ではないのです!群でやってきた感じです!人馴れしているのか、あまり人間を怖く思っていない様子でした。

IMG_8902

古池があります。水が透き通っていて、とても綺麗でした。

IMG_8903

途中、景色のいいところに出ました。青空で気持ちがいいです。しかし、どんどん暑くなってきて、そろそろバテてきました。全くスタミナがありませんw

IMG_8906

(15:19)
徳沢に到着しました。徳沢園にはみちくさ食堂があります。前回、涸沢の帰りにお昼ご飯を食べました。とてもおすすめなので、ぜひ寄ってみてください。

IMG_8938

ということで、絶品のソフトクリームを食べました!とても濃厚で美味しいです!

IMG_8905

徳沢のトイレは水洗(汲み取り式)で無料です。無料のトイレはここが最後なので、寄っておいたほうがいいですね。有料の綺麗な水洗トイレもあります。

IMG_8908

徳沢でしばらく休憩したら、横尾に向かいます。横尾までのコースタイムは1時間10分です。多少のアップダウンはありますが、広くて歩きやすい道です。

IMG_8909

途中にある新村橋

IMG_8910

新村橋を横尾・涸沢・槍方面に向かいます。やっと槍という文字が出てきました。

IMG_8911

この時間に横尾に向かう方はほとんどおらず、かなり人気がなくなってきました。徳沢までは人がたくさんいたのに、なんだか少し寂しくなってきました。

IMG_8912

林道歩きを3時間ほどしてきましたが、何が辛いかというと「飽き」ですwぜひ景色を楽しんだり、同行者と会話をしたりして、気を紛らわせてください。

IMG_8914

(16:36)
横尾に到着しました。手前が公衆トイレで、奥が横尾山荘です。横尾の公衆トイレは有料(100円)のボットン便所ですが、においがほとんどありません。

IMG_8913

この日は横尾でテント泊をしました。ちょうど林道歩きがウォーミングアップになりました。テント泊のことはまた番外編にでも書きたいと思っています。

IMG_8915

(6:46)
時間を早送りして、次の日の朝から始めます。槍ヶ岳方面に向かいます。上高地から11km、槍ヶ岳まで11kmなので、横尾はちょうど中間地点なのですね。

IMG_8631

「これより先は登山エリアです」の看板があります。蝶ヶ岳との分岐は槍ヶ岳方面に向かいます。いよいよ槍ヶ岳に向かうのだと思うと緊張してきます。

IMG_8917

上高地から横尾までの道と比べると、登山道っぽくなりましたが、まだまだ平坦な道が続きます。それは、最後のほうに急登があることを意味しています。

IMG_8918

とてもよく整備された道です。槍ヶ岳=険しいというイメージがあったので、もっとすごい道を行かされると思いましたが、そんなこともないようですw

IMG_8919

木の上を歩くようなところもあります。ちゃんと滑り止めに切り目まで入っています。「『ケンケンパ』しようぜ!」とトクが楽しそうに言っていましたw

IMG_8920

平坦な道が続きます。また、ずっと沢沿いを歩くので、会話をする時は大きな声でしないと、「えー?なんだって?」となりますので、ご注意くださいw

IMG_8921

槍「沢」コースというだけあって、沢が多くて涼しいです。そして、ビックリするほど虫がいません。今回はハッカ油のお世話にならなくて済みそうです。

IMG_8922

平坦平坦と書いてきましたが、時には登りもあります。登りになると急に失速する2人。「こんな調子でこの先、大丈夫なのか」と少し不安を覚えます。

IMG_8923

超立派な橋があります。下には沢が流れています。

IMG_8924

(7:44)
橋を渡りきったら、一ノ俣に到着しました。一ノ俣の周りは少し広くなっているので、重いザックをおろして休憩しました。横尾からちょうど1時間です。

IMG_8925

一ノ俣からしばらく進んでいくと、「注意 頭上落石」の注意書きがあります。

IMG_8926

ここが注意書きのところのようです。なるべく静かに速やかに進むようにします。

IMG_8928

しばらく進むと、今度はまた立派な橋があります。橋の上はとても涼しいです。

IMG_8929

(7:59)
二ノ俣に到着しました。暑くなってきたので、水分補給はこまめにしました。北アルプスは涼しいだろうと思っていましたが、意外とそうでもないのですw

IMG_8930

ずっと沢沿いで、同じような景色の道が続きます。地図上では進んでいますが、本当は同じ場所をクルクルと回っているのではないかと疑っていましたw

IMG_8931

だんだんと日差しが強くなってきました。「暑いよ暑いよー!」と言いながら進んでいきます。槍沢ロッジに着いたら、服を調整しようと思っていました。

IMG_8932

(8:32)
槍沢ロッジに到着しました。たくさんの登山者の方で賑わっています。槍沢ロッヂには水場があるので、冷たいお水をナルゲンボトルに入れておきました。

IMG_8933

この先はゆっくり休憩できる場所がないだろうと思ったので、少し早いですが、カップラーメンを食べることにしました。この判断が結果的に正解でした。

ここで前編を終わります。写真が多いですが、今回は前中後編でまとめたいと思っています。中編は殺生ヒュッテまで、後編は槍ヶ岳の穂先をレポします。


↓ブログにご来訪いただきまして、ありがとうございます。ランキングに参加しております。よろしかったら、クリックお願いいたします。


にほんブログ村


山ガールランキング