Not Fade Away - ANGEL News

海外ドラマ「エンジェル」「BONES」を中心に海外ドラマ情報を集めます。
HP併設のBBSの替わりとして、みなさんから情報やコメントなどいただけるとうれしいです。
当ブログでの私の意見、感想は、放送局や制作者の見解を代表するものではありません。

BONES The Final Chapter DVD届きました

今回は国内版よりも先にUS版をゲットできました。(笑)
すでに字幕のデジタル配信が始まっているので、最終話までご覧になった方も多いと思います。
(吹替版は日本版DVDの発売日と同時7月14日から)
おそらく同じ内容だと思いますが、DVD独自の特典は、12シーズンを振り返る制作陣とキャストのインタビューとギャグリール程度で、いつもながらあっさりしていました。
でも、始まった頃のキャストの姿を見ると「みんな若かったなあ〜」という感慨に浸ってしまいますね。
「本当に終わった」という脱力感もじわじわ湧いてきます。
とにかく、FOXの放送が待たれますが、その時には改めて感想など書きたいと思います。


BONES ―骨は語る― ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX
エミリー・デシャネル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-07-14

DBの新ドラマ「Seal Team」パイロットのトレーラー

この秋のCBSの新ドラマにDBが主演する「Seal Tem」が加わります。
今のところ水曜日のタイムスロットに入っていて、5分もあるトレーラーを見た限り、良い感じ。(笑)
完全にDB主役のドラマになっている事に感慨を覚えます。何せ、もう20年近く彼を見てきたので。
新ドラマではブースの良い部分を取って、別のキャラクターがもう出来上がったように見えました。
今年の3月〜4月にかけて、ニューオーリンズで撮影したみたいですね。
(フルスクリーンで見ることができます)  IMDb Seal Team

BONESファイナルシーズンDVD発売

アマゾンで、シーズン12の予約が始まりましたね。
発売日は7月14日ということですが、ということはFOXの放送もその辺になるのでしょうか。
併せて、コンプリートDVD BOXも発売で、どちらも初回生産分についてはメモリアルリーフレットが特典として着いています。
私がいつも買うUS版が6月13日の発売になっていますが、また他にもバージョンがあるようでしたら、探してみます。

BONES ―骨は語る― ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX
エミリー・デシャネル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-07-14

DB CBSの新作ドラマ・パイロットに主演決定

まだタイトルは決まっていませんが、エリート・ネイビーシールズの生活を描くCBSのドラマのパイロットにBONESを終えたばかりのDBが決まったそうです。

TV Line

元はと言うと「パーソン・オブ・インタレスト」のジム・カヴィーゼルが決まっていたそうですが、クリエイティブの相違からジムが降りたらしい。
DBの役は戦闘経験豊富な尊敬を集める特殊急襲部隊のリーダー、ジェイソンだそう。
なんか、ブースをそのまま持っていったような感じもしますが、また違う面を見せてくれるかなと期待します。
ちょうど年齢的にも良いのかな。
ついにFOXのしがらみから離れられるし、何と言ってもドラマのCBSだぞ。
とはいえ、パイロットエピソードを作ってもシリーズ化されるかどうかは判りませんので、しばらくウォッチすることにします。
共演には「ベイツ・モーテル」のマックス・シエリオット、「CSI:NY」のA.J.バックリー、「MAD MEN」のジェシカ・ペアだそう。

BONES 11-22 「懐かしい悪夢」

シーズンフィナーレ。
新たなシリアルキラーの本性とは?
前回と同じく、必要以上にホラー調で気味悪く、出るぞ出るぞと脅かしてきますね。
でも、さすがに冒頭は素直にドキッとしました。
監督はDBで演出がわかりやすい。(笑)
人形劇のシーンは、よく似たエピソードが「ANGEL」にあったなあと思いました。
そもそも「彼」を出すためのエピソードなのでしょうね、たくさんのヒントがあって、長年見ているファンならばすぐにわかります。
理論派のブレナンが悪夢や幻覚を見るというのは、これまでにも意外とあります。(笑)
でも信頼してないセラピーを受けるのは珍しいですね。続きを読む

BONES 11-21 「海を渡った宝石泥棒」

ついに、残り2話となりました。
4月からのFOXの予定を見ると、シーズン11の吹替版を放送するようなので、ファイナルシーズンを続きで見られるかなという願望は打ち砕かれました。
ということは、例年のように10月に始まるのかなあ。DVDも11月ころでしょうか。
本国では3月中にシリーズフィナーレが放送されますので、タイムラグがあるのは悲しいです。

宝石泥棒がテーマなので、やたら映画ネタがありました。
ブースの「ケーリー・グラント」ネタは何回目だろうか。
ブレナンが「ピンク・パンサー」を観たことがないというのも、定番のネタ。
フランス人の警部というと、ゲストのセバスチャン・ロッシェを想定したようなエピソードですよね。
ちなみに、彼は「ブレード・ランナー」の原作者フィリップ・K・ディックの小説を元にした「高い城の男」シリーズに出演しています。
Amazonビデオで見られるのですよね。
続きを読む

BONES 11-20「容疑者となったスクインツ」

原題は韻を踏んだのか、おふざけ的な感じですが、歴史的な人物を捜査して歴史を書き換えるという、考古学者にとっては美味しい事件ですね。
しかも、クラークがジェファソニアンに来る前の事も描かれるし、まとまって意味あるエピソードだったと思います。
残念だったのは、フェリシア役の女優さんが交代していたこと。
まあ、シーズン3以来ですから、みんな覚えていないか。ミシェル役も交代しましたしね。

続きを読む

BONES 11-19「アスリートの抱える闇」

ホジンスたちのおふざけが甚だしくて、とても、邦題と内容が結びつきません。
こういう笑いがBONESらしさだとしても、メインじゃないところで弾けすぎた感じ。
ブースがアイスホッケーが得意だということはシーズン4のエピソードでもありましたが(あれこそ心の闇が触れられていた)、今回は言うまでもなく、DBの個人的な側面で、ご贔屓のフライヤーズのユニフォームを着てご満悦でした。
実名で出演していたジェレミー・ローニックは元NHLプレーヤーで、フライヤーズにもいましたから、自分のドラマに出てもらえてDBとしたら役者をやっていて良かったと思ったでしょうね。

続きを読む

BONES 11-18「アメリカの横顔」

これ、タイトルをなぜ「ジェファソニアンの横顔」とか、「潜入!法医学ラボ」とかにしなかったんだろう。
ドキュメンタリータッチのエピソードというよりも、BONESをリアリティショーにしたような演出でしたね。
「これは『全米警察24時 コップス』の撮影か?」というセリフもありましたね。
ダイナーの客の顔に、わざわざぼかしを入れていたのはご愛嬌です。
とにかく、過去11シーズンを振り返った回でした。
続きを読む

BONES 11-17「命懸けの忠誠」

久しぶり登場のフィッシャーくんこと、ジョエル・デイヴィッド・ムーアは、「Forver」に出演していましたが、そちらが打ち切りになったので、戻ってきたのでしょうね。
誰かみたいに殺されていなくてよかった。(笑)

続きを読む
Categories
Profile
Archives
キーワードblog検索
Season 11
BONES ―骨は語る― シーズン11 DVDコレクターズBOX
エミリー・デシャネル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-11-05
骨は語る
ANGEL コミック
After The Fall
DBカレンダー
Angel DVD
SPIKEコミック
Agents of S.H.I.E.L.D.
QRコード
QRコード
ろくれいななに
Recent Comments
おすすめ!
海外ドラマ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

blogrankingbanner2

人気ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

My Yahoo!に追加
TB海外ドラマが好き
  • ライブドアブログ