「ブレナンはどうやってクリスマスを盗んだのか」

 季節違いでしたが、素晴らしいエピソードでした。ユーモアも、emotionalなシーンもいっぱいで最後は涙うるうる。説明は入りません。それとクリスマスについてあれこれいつものうんちくを言っていましたが、なるほど、クリスマスとはこういうことなのかなと判ったような気がしました。クリスマスの時期にもう一度このエピを見直してみたいと思います。
 ところでドラマによっては「クリスマスもの」を扱わないことも多いらしいのですが(再放送の時に邪魔になるので)、今回はクリスマスの設定を上手く生かしていましたね。このドラマは明らかに他の犯罪捜査ドラマとは違います。そこが私は好きです。
 ホジンスの口から自分はたまたま『グリンチ』だけれど、ブレナンは意識して『グリンチ』やっているでしょ、というようなセリフがありました。ジム・キャリーの映画にもなった『グリンチ』はいたずら好きでひねくれ者、そしてクリスマスが大嫌い。
 なぜブレナンはクリスマスが嫌いなのか?

 失踪した両親にまつわる辛い思い出があるからなのですね。両親はクリスマスのプレゼントを用意しながらいなくなってしまった。兄のRussは、幼いブレナンの気持ちを思い、ツリーの下にそれを置いてくれたのに、ブレナンは兄の気持ちを素直に受け入れることは出来なかった。その後19歳だった兄は家を出て、自分は里子になった。家族が集まる場が彼女の辛い人生の出発点になってしまったわけです。先週のエピもそうでしたが、ブレナンがどうしていつも感情をあまり出さずに冷淡に事件に接し続けるのか、判ったように思いました。

 しかし、ホジンスのおばかな行動がきっかけとなって、今年はメンバー全員がラボに閉じこめられ、50年婚約者を待ち続けたアイヴィーに会ったことが彼女の心の扉が開いた様な感じですね。スクウィンツたちの臨時クリスマスプレゼント交換の輪に背を向けたブレナンが、熱心にアイヴィーを探そうとしたのは、彼女の気持ちに共感できたからでしょう。(この女優さんがまた上手だった)結果的にベストのプレゼントを贈り、最後には封印していた両親からのプレゼントをやっと開けることができて本当に良かった。(涙)彼女が人間らしく思えた瞬間でした。それと50年代に白人と黒人の結婚が違法などとは、知りませんでした。

 さて、ブース!ブースに息子が〜というのが今回は最大の話題だったでしょうか?(笑)
普段親しくしていても、家族のことまではなかなか判らないですね。妻が結婚したがらないので普段は別居しているようですが、とても愛しているみたい。この子がまためちゃくちゃ可愛いだなあ。(泣)
 私生活でも同年代の子供を持つDBのパパとしての顔が見えたように感じました。
Ty

 スクウィンツたちの面会シーンもそれぞれでしたね。グッドマン博士はいかにも安定した家庭を持っているようで、ザックは大家族に愛され、ホジンスは意外にも恋人が面会に来た。(この人はストーカーのクリスタルではないのですよね?)アンジェラのパパの人はロックバンドZ.Z.Topの人らしいのですが、これってどういう意味があったのか。彼女にはまだまだ判らないことがいっぱいありますね。
 そして面会者もなく彼らを見守るブレナンがかわいそうだった。もちろん、隔離が済んだら本来の家族の元へさっさと帰る仲間を見送るブレナンも。でも、ブースは足を止めて後で会おうと声をかけましたよね。2人の絆をまた感じられて良かったです。ちなみに、シドの店は「ワン・フー」と判明。息子を連れてきてくれるくらいだから、かなり彼とは親しいですね。

 ところでスクウィンツたちの即席プレゼントも良かった!お互い、相手のことを考えてどんな贈り物をしたら喜ばれるのか、なるほどそういう風にプレゼントを贈るのですね。しかも自分らしさを生かして。ザックが大事なロボットをブースの息子にあげたにも感動、おかげで「最高にクールなパパ」になれたというブース。ここも良かった。アンジェラが作ったホログラムのクリスマスツリーは本当にきれいでしたね。

 仮装して「まるでスターウォーズのコンベンションだ!」というCompany Christmas Partyというのは本当に「バカ騒ぎ」なのですね。アメリカでもこういうのもあり、というのは面白かったです。
 また、「どうしてこうなった」とお互いに責任をなすりつけて、最後にはグッドマン博士が「私が悪いのか」と言わせたのが秀逸。DBの好きな派手派手靴下だけでなく、赤パンまで見せてくれて、ハイになって、サービス満点でした。
ラボがバイオハザードでシャットダウンされるシステムなどは、ついCSIマイアミでラボが放射性物質で汚染されたエピを思い出してしまいました。こういう場では必要なシステムなのでしょうね。


Pop Culture

Alien, Predator, Star Warsもう、言うまでもなく。(爆)

SkeltorSkeltor
アメコミのキャラらしいです。日本でも放送していましたっけ?





watches reruns of Firefly.
「ロボットにゴミを捨てろと言うと、テレビを見ている。」
これは、立場上触れないわけにはいきません。(爆)
"Firefly"はBuffy/ANGELのクリエーターであるJoss Whedonが作ったFOXのSFテレビドラマで、13話でキャンセルされてしまった後、映画"Serenity"として復活しました。これもインサイドジョークでしょうね。



挿入曲

Have Yourself A Merry Little Christmas - Tori Amos

Winter Wonderland - Jewel

Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow - Brian Setzer

ぽっこさんのブログ