いよいよ、シリーズフィナーレの始まりですね。(涙)
懐かしいゲストも顔を出して全員集合とは行きませんでしたが、12シーズンを締めくくるのにふさわしい豪華さです。
パーティの場面は、もしかするとスタッフや関係者も客として顔を出していたのではないかと思いました。
そのままお別れパーティ、打ち上げパーティになだれ込むような雰囲気でしたね。
でも、エピソードのスタイルはこれまでにない、ちょっと凝った演出でした。
パーティの主役カムから始まって、ホジンス、オーブリー、アンジェラ、ブレナン、ブースと主メンバーの視点で描かれるパートを微妙に重ねて話を繋げていく。
時間軸で整理すると、結婚披露パーティ→飲みすぎて羽目をはずした翌朝→ザックの裁判開始→気になる遺体発見、現場捜索→マーク・コバック脱獄判明→ブースがブレナンを案じてラボへ、となりますが、つなぎ目はモノクロームからカラーに切り替わったり、今までになく本当に凝っています。
そして、同じシーンが別の角度から描かれたり、ブースがなぜか浮かない顔をしているとか、アンジェラが妙に体調が悪そうだとか、繰り返される事がその後のヒントとなるわけですね。
更に、繰り返しカムのバッグの事が触れられていましたが、それも最後の大惨事に繋がります。
ということは、最初にバッグを車に乗せておきました、といった人物が怪しいという事になりますね。
なかなか上手い脚本ですよね。
まあ、ブースがアヴァロンの予言を信じる過程はちょっと強引でしたが。(笑)
アンジェラとブレナンが変わらない友情を語ったり、ブレナンが一人で骨に向き合ったり、第1話もそうだったよな〜と思ってしまいました。
これもBONESのテーマですよね。
ブレナンがザックの裁判で専門性ではなく、彼の人柄を証言したところも印象深いものでした。
最終回だからとやってしまおう、というわけではないでしょうが、12シーズンお世話になったセットが派手に壊されてショックです。
ブレナン、ブース、ホジンス、アンジェラの安否はいかに?



その他、物語の結末に関わる事実など
・カムとアラストーは半年間の休みを取って、旅行に行く。その間のジェファソニアンの後任については検討中。
・オーブリーはLAへの転勤をジェシカに伝えて、ジェシカはLAには行けないと答え、破局。
・アンジェラは第2子を妊娠。遺伝性の視力障害を心配している。
・ザックはホジンスが新たに発見した証拠が認められ、ロビイスト殺害事件で無罪が確定。ただし、犯罪者を助けた罪で、あと13ヶ月拘束される。
・ミシェルはFBIのアカデミーに応募した。カムには内緒。