2006年12月

2006年12月31日

アフロ記念日

「俺は、後ろなんて振りかえらねぇ。全力で前だけ見つめるんだ。」

そんな男の中の男でも、

「今年も色々あったなぁ。」

なんて、一年を振りかえるであろう年末。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

きっと、今年は○○な年だったから来年は○○な年にしたいね。

なんて、彼氏彼女仲むつまじく、来年の更なる飛躍を誓っている事でしょう。

 

僕は、といいますと朝の6時から彼女から電話の着信。

どうやら、仕事に向かう途中車同士でサイドミラーがもげる事故を起こしたらしい。

相手方が、車線を越してコチラに向かってきたので明らかに非があるのは向こう。

そして、相手方の車はそのまま走り去っていった。ひき逃げである。

正確にはひき逃げではないが、そのまま逃げたらしい。

年も末なら、世も末である。

 

そんな、悲惨な電話を受けた僕はまだ寝ぼけていたのか、曖昧な返事。

 

僕「まぁ、けど怪我がなかっただけよかったんじゃないの?」

 

彼女「結局、他人事か!!」

と捨て台詞を残されて、電話を切られる。かけ逃げである。

正確にはかけ逃げではないが、そのまま電話を切られたらしい。

僕も僕なら、電話を怒って切る方も切る方である。

 

彼女が言うには、大殺界のど真ん中らしい。

 

そんな年末ですが、こんな年末だからこそ、一年を振りかえるいい機会。

という事で、今年一年を振り返ってみたいと思います。

なぜかって、時間が余りあるから。様は、今日も暇だから。

ちなみに、来年の僕は大殺界らしい。

 

今年もいろいろありました。

その中で、自分の中の価値観を変えられた出来事がありました。

 

 

アフロヘアー、皆さんはこの髪型にどんなイメージをお持ちでしょうか?

アフロヘアーとは、アフリカ系ヘアスタイル

知っての通り、パーマで髪を丸くそして、膨らませる髪型の事である。

 

恥ずかしながら、このアフロヘアーに僕はいいイメージを持っていませんでした。

 

 

過去の鶴瓶師匠を筆頭に。

 

オーバーオールに、アフロな、落語家ってどうでしょう。

 

そして、サイババ

 

手から出すあの白い粉何?

 

と、どうしても、

そのようにアフロヘアーに必要に付きまとう負の部分、闇の部分の存在が引っかかり

そのままアフロヘアーを受け入れる事が出来ませんでした。

 

僕のアフロ界に対する不信感はそのまま、

日本政治界に対するそれといっても過言ではありませんでした。

 

しかし、アフロ界は違っていました。

 

そんなアフロ=ダーティーの方程式を腐食出来ずに、

アフロに対して偏見の眼差しを持っていた僕の価値観を変えてくれた人。

そんな人が今年僕の前に現れました。

 

それは、スキマスイッチの彼でした。そう、スキマスイッチのアフロの方

(コブクロの背の高い方みたいなノリで)

彼の存在を知って僕のアフロ感は変わりました。

僕の中のギアはアフlowから、瞬く間に、アフhighにきり変わりました。

 

アフロ犬、確かに彼もいい線いっていました。

あの頃から、僕のアフロ界のイメージも徐々にクリーンになっていった事は言うまでもありません。

そういう意味では、アフロ犬の功績これは大きいかもしれません。

けどしかし、やはりなんと言ってもスキマのアフロの方の彼です。

 

切れ長な一重まぶた、無愛想な笑顔、多少不潔な髭、

そして、あの重厚なアフロを支える細い首。

初めて見た彼は、アフロ界のダーティーな部分を一身に背負う

まさしくアフロ界に君臨するミスターアフロ

初めて彼を見た僕は、「遂に、アフロも最終手段に出たか。」

「アフロ界も、なりふり構わず潰しに来たな。」そう思った事を今でも覚えています。

 

そう、彼の第一印象は恐ろしく悪いものだった。

 

が、その後事態は急変する。

 

テレビ画面に映し出された彼は、タモさんとの会話も終わらぬまま

歌のスタンバイの為セットに向かう。

 

そう、ミュージックステーションである。

タモさんとの会話を中途半端に残し、スタンバイへ。

 

そう、よくある光景である。

 

そして、彼らの音楽がスタートした。

 

僕は、そこで愕然とした。

アフロの彼が、

 

ピアノを弾いている。

 

アフロの彼が、

DJでも、ダンサーでもなく、PIANOを弾いている。

 

しかしその後すぐに激しいダンスに転じる筈だ。

サングラスをはめダンスに徹する筈だ。

そうタカをくくっていた僕の目の前で彼はピアノに終始しました。

 

そこで、僕のAFURO感は脆くも崩れ去りました。

 

ダンサー、DJ、以外のアフロがいた事に。

たしかに例外もある。

落語家AFURO鶴瓶教祖AFUROサイババ、と

アフロも千差万別なのは認めていた。

 

しかし、PIANOを、それもああも華麗にPIANOを弾くAFUROがいるとは。

そして、あのすばらいいメロディー。あのメロディーを奏でられた時、僕は負けた。

 

確かに、タモさんとの会話での謙虚さに多少違和感は覚えていた。

アフロにしてあの謙虚さ。おかしい、何かあると。

 

しかし、ココまで急転直下。アフロ感を変えられる事になるとは。

あの金曜の夜僕は、その日を、アフロ記念日に認定した。

 

その夜は、落語家AFURO鶴瓶教祖AFUROサイババに続き、

ピアノAFUROスキマ巨頭AFUROの一人に認定した夜でもあった。

 

今年アフロに対する不信感は、完全に腐食された。

スキマスイッチのアフロの彼のお陰で。ありがとう、ピアノAFUROスキマのアフロの方

 

そう、お気づきの通り彼の名前はまだ知らない。が、そんな事は関係ない。

スキマスイッチのアフロの方で、ばっちりわかるから。

そういう意味でも、アフロは強い。

 

が、パンチパーマについては、それ以上の不信感が今も残っている。

特に、「おばさんパンチ」には。

 

来年は、パンチパーマのイメージを覆す誰かに出会う事を期待しつつ、

今年を締めくくりたい。

 

今年一年、どうもありがとうございました。

 

…すごく微妙な一年の締めくくり。


ブログランキング

 ←寒い冬こそ、暖かいクリック。

 

FC2ランキング←冷える夜こそ、暖かいクリック。



2006年12月29日

年末、ちょっとマツネン。

こんばんわ。今日は非常に寒かったですね。

僕の暮らす名古屋では、…正確には名古屋ではなく愛知のハズレでは、

雪がチラつきました。チラホラしました。

そりゃあ寒いはずです。雪が降れば寒い。この安易な方程式は成り立つ訳です。

 

そして今日から僕は年末年始休みに入りました。

約1週間の長期休暇。…長期休暇。

ほんとは、こんなのちっとも、これっぽっちも、長期なんかじゃない。

社会人って怖いです。学生時代には考えられない感覚。

大学時代は常に休みだったから。

 

連休があったらどこかに出かけなきゃイケない。

そんな、脅迫まがいの危険思想に追いかけまわされます。

だって、3日以上の連休なんて社会人にはほとんどないんだから。

 

人ってほんとにつくづく、なくなってからしか、

今まであった大切なものに気がつかない生き物ですね。

 

休みの大切さを今になって身に沁みて感じます。

休みをもっと大切に使えばよかった、今になってそう思います。

そう思ったときには、もうそれは手に入れることの出来ないものにもかかわらず。

…ちょっぴり切ないです。

次休日があったら、絶対後悔のない日を満喫してやります。

そこまでしちゃった?ってくらい、ハッチャケてやりますとも。

 

と、言う事で今日も暇でやる事無いんでそろそろ仮眠でもとるとするか。

それじゃぁ、また。

 

って、今の休みを満喫しろ!!って少しでも思った方、ハンズアップ。

自分でも思う。今でしょ!!って。

…けど、なかなかねぇ。。

 

いつも、ダイエットは明日から。それじゃぁ、なかなかねぇ。

ダイエットなんて出来るわけ無い。休みを満喫するのも一緒。

 

わかっちゃいるけど、なかなか。弱いね意志。石なら軽石だ。間違いなく。

 

よし、来年こそは、固い意志で。

 

来年こそは!!なんて結局、ダイエットは明日からのノリ。

 

それでも、来年こそは!!

 


ブログランキング

 ←寒い冬こそ、暖かいクリック。

 

FC2ランキング←冷える夜こそ、暖かいクリック。

 



2006年12月26日

心の声。

楽しい歌が歌いたい。楽しい時間が過ごしたい。

楽しいお仕事、働きたい。楽しい休日、遊びたい。

楽しくなくちゃ、つまんない。楽しくなくちゃ、つまんない。

 

誰よりつらい夜、僕よりつらい夜。超えてきた。

夜よりつらい朝。起きてきた。

 

あわてんぼうのサンタクロース、きっと誰よりさみしんぼう。

大好物は、うまいぼう。愛読書は、おいしんぼ。

 

シロガネーゼより、金ねーゼ。

寒い冬より、暑い夏。夏になれば、寒い冬。

 

飛べない豚はただの豚、空飛ぶ豚もただの豚。

スローライフ、スローフード。瞬くあいだにスローモーション。

 

そんな毎日、エブリデー。1週間がウィークエンド。

 

昨日誰かが言った「あいつはきっと、虹になった」って。

昨日あいつが言った「赤と紫の外は見えないから気をつけろ」って。

「見えないからこそ、気をつけろ」って。

 

漢字に、英語に、ジャーマニー、これがほんとのサラダボール。

そんな毎日、サラダ記念日。今日は楽しいクリスマス。

 

般若がおたふく、ふくれっつら。

シロガネーゼより、金ねーゼ。般若も堪らず、苦笑い。

 

サイコロ振れば、1,2,3。桃鉄全然進まない。

通知表も1、2、3。高校進学難しい。

 

雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう。

確信じみた自信に放心。

慢心精神、改心決心。

細心促進、最近熱心。

更新最新、妙に意味深。

 

言いたい事は、そういう事。

伝えたい事は、そういう事。

言いたい事がないんです。伝えたい事が、ないんです。

 

結局、毎日夢のような日々。嘘のような本当。本当のような嘘。

どれがホントかなんて関係ない。見えるだけ、掴めるだけで、それでいい。

表も裏も、表裏一体。見えてるものがホンモノで、見えないものは、知らぬが仏。

見えてるものが一角ならば、見えないものはきっと氷山。

見えなきゃ見るな。見るなら、チラミ。飲んだら乗るな、乗るなら飲むな。

 

 

アクセル全開で、スロースタート。カーブはノコノコ、直線ドンキー。

ドリフトの大切さ、やっと気づいた。君の大切さより少し前に。

きっと明日は、ロケットスタート。きっと明日は、スタートダッシュ。

Bを押すだけBダッシュ。僕のBボタンをすぐ知りたい。

僕のBボタンは、きっと君。やっと気づいた。

 


ブログランキング

 ←クリックすると順位があがる。やっと気づいた。

 

FC2ランキング←FC2だってきっとそう。やっぱりそうだ。



2006年12月22日

ダメダメ。なんならいいの?

頭痛が痛い僕です、こんばんわ。

今日は会社の忘年会。年に一度の年忘れの会。

年を忘れるために、なんて理由にかこつけて、結局ただの飲み会。

ほんと、何かにつけて飲み会。なんか理由をつけては飲み会。

ほんとに、飲みたいばっかりなんだから。

 

飲みたいばっかりならもう、いさぎよく

「なんか、飲みたいから飲む会」だとか、

「理由なんてない、ただ飲みたいから飲む会」

みたいなタイトルで飲めばいいのに。

 

いつの間にか、大人になるにしたがって、なんか理由をつけなきゃ

何も出来なくなってくるんだから。

いつも自分が動く理由を探して、こじつけて、

「〜が、〜だから、〜したんだ。だから、しょうがないんだ。」

みたいな、理由付けして、逃げようとする。

 

素直に、「〜がしたいから〜するんだ。」って自分に率直になりたい。

まぁ、よく考えたら、理由つけてでも動けるんならいいんだけども。

 

けど、「だって、しょうがないじゃん。」

これが、一番ダメ。しょうがない事なんて、意外にないって。

しょうがなくないって。しょうがないで終わったらなんの進歩もない。

どうすれば、よかったのか?ドコがだめだったのか?これからは、どうするのか?

これ考えなきゃ進歩もなにもない。

生姜切らしたんなら、買ってこればいいんだから。

 

ほんとに、そういう人はダメ。進歩がない人はダメ。

しょうがないなんて言っちゃダメ。

 

けど、あんまり、人の事ダメダメ言っちゃダメ。

ダメって言っちゃダメ。

…ダメって言っちゃダメなのに、ダメって言っちゃってる。

 

う〜ん、深い。シックプロテクターくらい深い。深剃り。

考え出したらキリがない。考え出すと泥沼。離婚裁判ぐらい泥沼化。

 

けど、深い酒と書いて深酒。お酒も相当深い。

だから、お酒に溺れる人がいるんですね。深いから。

まぁ、浅くっても溺れるものは溺れるけど。

そこは、お酒の席なんだから硬い事は置いておいて。

深いから、溺れる。それでいいでしょ?

単純が一番だから。

 

僕が言いたいのはそういう事。

 

 

ね?

結局ダラダラ書いてみたけど、何が言いたいか全然伝わってこない。

だって、自分でも何が言いたいのかさっぱりなんだから。

読んでる人はもう、さぞさっぱりチンプンカンプンだろう。

ついでに、トンチンカンだろう。通り越して、ヌケサク先生だろう。

 

 

けど、頭が痛いんだから、しょうがないじゃん!!

 

 

ほらね?

 

あれだけ、「しょうがない」はダメって言ってきたのに。

一番しょうがないのは、結局自分。

けど、唯一偉いのは、しょうがない自分を認めてる自分。

 

これ以上書いても、泥沼だから、離婚裁判じゃないんだから、

ここら辺で、しめとこう。

 

終わりよければ、すべてよし。という言葉がある。

最後、ビシッと男らしく一言でしめて、男を上げとこう。

 

 

……。

…。

 

 

ね?

出来るわけないね。。

 

 


ブログランキング

 ←こんな終わり方あり?なクリック。

 

FC2ランキング←そんな終わりもあり。なクリック。



2006年12月21日

バカをこよなく愛す。

自分はどれ程バカか?素朴な疑問は事ある毎に頭をかすめる。

『ばか』、『バカ』、『BAKA』、『うましか』、『ビーエーケーエー』

呼び名も古今東西様々あれば、使われ方もまた千差万別。

主に、侮辱の意味を込めて使われるが、時として、尊敬の念を込めて使われる事もある。

 

『ばか』という二文字、たった二文字だが非常に奥が深い言葉だ。

まるきり深みのない男の僕がこんな事を言うのは多少気恥ずかしいが、

これは、『あい』や、『こい』に匹敵する深い二文字だと僕は思う。

 

そして、僕にとって『ばか』とは最高の褒め言葉だ。

『かっこいい』、『男前』、と言われるのに負けず劣らず、

『ばかだなぁ』と言われる事は、僕にとっては最大級の賛辞である。

 

男たるもの馬鹿でなくちゃいけない。これは、日本男児すべての総意だろう。

どれだけ自分はバカになれるか。バカに徹する事ができるか。

初志貫徹もとい、馬鹿貫徹である。

そもそも、男という生き物は自分がどれだけバカかを誇る特性がある。

…けど、あまり見ていて気持ちのいいものじゃない。

だって、ほんとにバカだから。

 

だが、褒め言葉であるバカも、常に褒め言葉であり続けるわけでもない。

時折みせる、バカの殺生。いつも峰打ちだと思って油断していると、

時にひどい傷口を心に残す事もある。

それは、るろうに剣心が峰打ちするようなもの。

逆刃刀だと思って安心して切られにいったら、あえて峰側でばっさり。みたいな。

峰側だけど刃じゃん、だったらばっさりいっちゃうじゃん。みたいな事。

 

愛ある馬鹿だと思っていたら、ただの馬鹿、ただ見下されているだけの時。

これはほんとに、どうしようもない。ほんとにただの馬鹿。

深く深く、心をエグラレル。だから、そんなバカは言っちゃいけない。

そんな時は、ただ優しく微笑むだけでいい。

だから、僕はこんなただ見下すだけのしょうもない馬鹿は決して使わない。認めない。

僕の馬鹿はいつも愛あるバカ。

 

バカをこよなく愛す僕は、自分でも自分をバカだと思う。

バカは自分のバカを認めた時、他人のバカも認めることが出来る。

バカがバカで繋ぐネットワーク。バカはひょっとしたら世界を救うかもしれない。

…ひょっとしたら、世界を滅ぼすかもしれない。

…ひょっとしたら、なんの影響もないかもしれない。

 

バカを認めること。ここからはじめる世界平和。

明らかに、飛躍しすぎたけれども要するに僕はバカが大好きって事。

一生バカであり続けたいって事。

誰かが言った、ほんとにバカ過ぎて、逆に頭いい、と。

そういう事なんだと思う。

 

今日、僕は一体バカって何回言ったんだろう。

バカバカ言い過ぎて、ほんとにバカになりそうだ。

 

そういう事、なんだと思う。。

 

…そういう事、でいいと思う。。


ブログランキング

 ←心優しいクリック、プライスレス。

 

FC2ランキング←暖かいクリック、プライスレス。



2006年12月20日

あれ?なんか、部屋きれい。

昨日、部屋の大掃除をしました。

会社から帰ってきて夕ご飯を食べて、僕の大掃除はスタートしました。

 

師走の大掃除。師走、師も走り回るほど忙しいと言われる12月。

僕の毎年恒例の大掃除。僕にとって大掃除は年末のちょっとした楽しみでもある。

 

なぜかって、昔のアルバムを引っ張り出してきて感傷に浸ったり。

昔の成績表を眺めて、過去を誇ったり。

昔集めたカードダス、びっくりマンシール、ガン消し、キン消し、

プロ野球チップスのカード、などを眺め、昔を懐かしんだり。

と、とにかく何かと忙しい年の終わりに、思いっきり過去に浸れる時間で、

僕にとって掛け替えのない時間だからだ。

ほんとに、どっぷり浸りっぱなしでこっちに戻ってこれるか?と心配になるくらいだ。

 

特に、コミック本が出てきた日には、もうその日一日かけて全巻制覇。

大掃除なんてそっちのけで漫画に夢中。

次に何が起きるか、この後どうなるか、何もかもわかっていながらも、

続きを読みたくて、結局全巻読み終えるまで止まらない。

かっぱえびせんも驚きのやめられなさ。止まるはずもない。

気が付けば、辺りに散らばった物品の数々。

そして、日が遥かに沈み、辺りが寝静まり静けさが襲うまで、

片付けに追われることになる。

 

ひどい時には、それでも片付け終わらず辺りにガラクタを

散らばらしたまま眠りにつく事になる。

朝目覚めて、起き上がると辺りの騒然とした状況に眼を疑う。

 

よし、今日こそは。と決心するも結局別の胸躍らす過去の産物を見つけ、

その日も棒に振る。そして、何日もかけて片付ける。

 

今思えば、こんな大掃除は最高の幸せだ。

大掃除とはそもそも、過去の思い出を切り離して考えられる代物ではない。

大掃除とは、つまり過去の清算である。

今までに築いた、過去の負債、過去の資産を清算する機会である。

そして、整理され軽く洗礼された体で明日へ向かう。それが、大掃除。

 

過去を見直す事は、未来を見据える事。

そんな、大掃除を昨日した。

 

部屋、メチャメチャ綺麗。ピッカピカ。ピカピカ。

…ポケモンではない。

 

そんな綺麗な部屋、ゲットだぜ。

…もちろん、ポケモンではない。

 


ブログランキング

 ←心優しいクリック、プライスレス。

 

FC2ランキング←暖かいクリック、プライスレス。

 



2006年12月16日

肉まん、アンマン、自己マン

雲間からチラリと太陽が覗いた。

それだけの事、たったそれだけの事で、ちょっと癒される。

そんな人間の単純な思い込みの力。そんな思い込みの力の大きさに驚かされる

 

 

…、いやぁー病むね。ほんとにちょっと油断すると、悩んじゃう。

僕は、ほんとに何を目指しているんだろう。何を求めているんだろう。

ほんとに、どうしたいのかわかんない。

毎回毎回、堂々巡り。もぅ、悩む事は高校の時に置いて来たつもりだったけど。

 

けど、いつも思う。電車の中で見る色んな人。サラリーマン、女子高生、大学生。

一杯人いるけどみんな、なんかやるために電車に乗ってるんだよね。

どこかに向かって出かける為に電車に乗ってる。アレだけ多くの人が。

なんか、すごいって思う。どうでもいいけど、なんかすごい。

世界は常に動いているって言われても実感ないけど、ふと、

あぁみんな生活してるんだなって思ったりする。

夜景を見下ろして、光を、辺り一面の光を目の当たりにしたとき。

コレだけ多くの人がここで暮らしているんだって、改めて感心する。

その一軒一軒の光の下にそれぞれ、たくさんの人々が生活していて、

その中で様々なドラマが展開されているんだと思うと胸が一杯になる。

 

結局、何を目指して生きていけばいいのか。

 

そんな事を考えると、思考は際限なくて向かう方向もわからないけれど、

最終的に自己満足、これに集約される。自分で自分に満足できればいい。

が、、他人の眼差し、他人の価値観、様々な外界の要素が

自分を満足させる要素にも影響を与える。

 

俺さえ良ければ他人なんてどうなったってかまわない。

これも、自己満足の形。

 

あの子が幸せになってくれたら、俺はそれだけで満足だ。

これも、一つの自己満足の形。

 

利己的か、利他的かの違いだけであって、最終的には自己に集約される。

ただ、その利己と利他のバランスの問題だ。

どのバランスが自分にとって最適なんだろうか。

どのバランスが自分をもっとも満たしてくれるのか。

 

利己的過ぎては、他人に疎まれる。それは、本意ではない。

また凡人の僕には、利他的過ぎてもどうやら自己の満足は得られない。

 

自分が満足するには、他人を満足させる必要がある。

が、自分個人の充実も欠かせない。

 

様は、バランス感覚。適度なバランス感覚が生きていくには必要だ。

が、なかなかバランスといわれても、アンバランス。

 

全然、満足感がない。ほんと、どうしたら満足できるんだろう自分は。

全然満たされない。満ち足りない。

みんなこの満たされない状態でよく元気に生活しているなって関心する。

それとも、自分が出来損ないの不良品なのか。

それならそれでいいんだけど、なんとか楽しく生きていく術はないのかと。

暗中模索、五里霧中。

 

まっ、こんな事言っててもしょうがないから、なんとでもなるから、まぁいいや。

だって満足感はなくたって、そんな自分だって、大好きだから。

自分愛に包まれてるんだから。ほんと自分好き。

そんな満たされないとか考えてるのも幸せなのかもね。

ほんとにダメだったらそんな考える暇もないかもね。

 

あぁ、こんなどうしようもない事書いてもしょうがないから楽しいこと書こう。

もう、こんな愚痴は終わりにしてこれからは、笑えること書こう。

愚痴ってたってしょうがないから。

でも、たまに友達に、俺はダメなんだよって愚痴るのも楽しいんだけどね。

やっぱり、たまには愚痴らなきゃダメだから愚痴っちゃおう。

 

それに、ここ数週間ブログでしょうもないこと書く事も出来ない状態だったから、

こうして、書けるってだけで上向きだね。うん、間違いない。

 

これから、バシバシ書いていくぞ。…明日もしくは、明後日から。

ダイエットは明日から、のノリで。

…絶対先延ばし、先延ばしパターンのノリだけど。

 

最後に、チョッとだけ愚痴っちゃおう。

最近彼女が犬飼い始めてホント犬に夢中で寂しい。

 

今日も、土日休みの僕は休日初日を部屋の掃除で潰す。

あぁ、なんて寂しい休日生活。

 


ブログランキング

 ←心優しいクリック、プライスレス。

 

FC2ランキング←暖かいクリック、プライスレス。



すっぽんぽんなひと
いわゆる、ぷろふぃーる

notgood

めーる
何かあったら、こちらから連絡して下さい。(リンクとか、相互リンクとか、その他諸々)