2006年01月14日

ホテル・ルワンダ

hotelrwandaイギリス&イタリア&南アフリカ合作
監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル
    ソフィー・オコネドー
    ホアキン・フェニックス
    ニック・ノルティ


1994年アフリカのルワンダでフツ族とツチ族による民族対立が原因の大量虐
殺事件が発生。欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、ベルギー系の高級
ホテル「ミル・コリン」で働く有能な支配人ポールは1200人もの人々をホテ
ルに匿いにその命を守り抜いた一人のホテルマンの奇跡の逸話を映画化。

ルワンダでの大量虐殺事件が起こったのが94年ということもあってそれなりに
記憶にも残っていたので「ミシシッピー・バーニング」や「シンドラーのリスト」
よりも身近に感じとても怖いと思えた作品でした・・・。
ことの発端はベルギー植民地時代に少数派のツチ族が優遇された不満が爆発した
結果ツチ族による虐殺行為のようですがある日を境に今まで仲良くしてきた隣人
を絶対的な敵とみなし有無を言わさず殺していまうという行為がいとも簡単に出
来てしまうことに強い憤りを感じずにはいられませんでした。
謙虚で真面目でなんの影響力も持ち得ない主人公のホテル支配人ポールが部族も
関係なく一人でも多くの人命を救おうと奔走しながらもそれでいて決してホテル
マンとしての誇りを捨てない直向な姿に涙。それを演じたD・チードルの落ち着
いた演技がスゴイ好印象♪脇を固めた俳優陣も素晴しかった。

欧米諸国がルワンダから手を引いたことにより避難民を救助することが困難にな
り尚且つ暴徒化する民兵に手出しが出来ないことに激しく憤りを感じる国連軍の
オリバー大佐の姿やジャーナリストのジャックが言った「なんてひどいニュース
だ!でも人々はこう言ったあと飯を食べるんだろうね」が脳裏に焼きついて離れ
ません・・・一人が声高に叫んだところでどうにもならずで後ろに大きな力がな
ければ大量虐殺や紛争は止められないでしょうかね・・・考えさせられます。
それでも叫び続ければいずれはきっと大きな力になるんだよね!!

notorious74 at 23:01コメント(28)トラックバック(42)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 真実を知れ 「ホテル・ルワンダ」  [ 平気の平左 ]   2006年01月14日 23:04
評価:90点{/fuki_love/} ホテル・ルワンダ ホントこの映画が日本で公開されることになってよかったと思います。 100万人以上が虐殺されたという事件の割に、残虐描写は控えめですが、緊張感はすごいです。 残虐性描写は事件の割に控えめ、というだけであって、一般...
2. 2 ホテル・ルワンダ  [ 毎週水曜日にMOVIE! ]   2006年01月14日 23:48
新年初試写は、「ホテル・ルワンダ」でした。 昨年のアカデミー賞から気になっていて、日本で公開されないらしいとぼんやり知っていました。で、私も参加しているmixiから「ホテル・ルワンダを日本公開を応援する会」というのを立ち上げた方がいて、草の根口コミ活動の末...
3. 映画 「ホテル・ルワンダ 」  [ ようこそMr.G ]   2006年01月15日 01:57
映画 「ホテル・ルワンダ 」 の試写を有楽町朝日ホールにて。
4. ホテル・ルワンダ HOTEL RWANDA  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年01月15日 09:51
ドン・チードル主演 1994年に起こった ルワンダの大虐殺を描く実話を基にした映画 約80万人が虐殺されたと言うルワンダ その中で 外国人向け一流ホテルの支配人ポールが多くの難民を ホテル内に隠し命を救った 虐殺が起こったのは国内の人種問題でした ルワンダは 大...
5. ■ホテル・ルワンダ Hotel Rwanda ドン・チードル ニック・ノルティ  [ ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY ]   2006年01月15日 12:54
■Hotel Rwanda ホテル・ルワンダ ●1994年、人類の歴史で最悪の残虐行為の一つ、それはルワンダで起こった。最先端の情報収集技術が24時間体制で飛び交うメディア合戦の時代に、このルワンダでの出来事は世界から取り残され、見過ごされたままだった。たった3か月の間だけ
6. ホテル・ルワンダ  [ No Need To Argue ]   2006年01月15日 16:46
4 公式サイト http://www.hotelrwanda.jp/ 試写会@シネセゾン渋谷 12/19 日本未公開になりそうだった為、ネット上で(というか主にmixiで)"公開を求める会"が発足し話題になっていた作品。 (mixi加入されている方のみ) http://mixi.jp/view_community.pl?id=2...
7. ホテル・ルワンダ  [ 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 ]   2006年01月17日 00:39
★本日の金言豆★ 「フツ族」「ツチ族」などの「〜族」という呼称は、差別を連想させるものとして、現在公式の場では使用されない。本作では話をわかりやすくするためにあえて使用。
8. ホテル・ルワンダ(これから)  [ cococo ]   2006年01月18日 03:09
観ましょう! 是非、観ましょう! ★★アカデミー賞、主要3部門ノミネート作品、
9. ホテル・ルワンダ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年01月18日 12:17
映画ファンの署名活動が実って、日本での劇場公開が決定したという話題の映画作品です。 かなり政治色の強い内容になっている作品だけれども、各地の映画祭などで賞を取ったため、権利が高騰し、配給会社が買い付けに難色を示していたのだとか。それでも、この作品を海外...
10. ホテル・ルワンダ  [ だらだら映画・和日和 ]   2006年01月19日 03:49
満足度 測定不可 この作品は1994年アフリカの中のひとつの国で実際に起きた実話を基に製作されました 観られた方々と同じようにさわわもこの言葉を言わせてもらいます。 "映画??
11. 「ホテル・ルワンダ」Hotel Rwanda 祝!日本公開決定  [ 「USAのんびり亭」映画情報 ]   2006年01月19日 04:13
「ハリーポッター」は1週間、昨日ご紹介の「Mr.&Mrs.スミス」は公開まで日本
12. ルワンダ命の物語「ホテル・ルワンダ」公開  [ 映画好き集れ!! ]   2006年01月19日 08:07
戦火のルワンダで、1200人の命を救ったひとりの男「ホテル・ルワンダ」公式サイトストーリーフツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれようとしていた1994年、ルワンダの首都キガリ。外資系高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポールは、近くフツ族の民兵...
13. 『ホテル・ルワンダ』  [ ラムの大通り ]   2006年01月19日 14:02
「憎しみからは何も生まれない」 ----これってインターネットの署名運動によって 日本公開が実現した映画だよね。 「そう。昨年度のアカデミー賞で ドン・チードルの主演男優賞ほか 全3部門でノミネートされた話題作だ」 ----そんな映画なのに なぜオクラ入りしそうになった...
『ホテル・ルワンダ』(2004 / 南アフリカ・イギリス・イタリア / テリー・ジョージ) Text By 仙道 勇人  人類史上最悪と言われるルワンダの虐殺が発生したのは、今から12年前の1994年のことである。この事件では、群集心理に煽られる形でごく普通の人々が虐殺に加わったこと...
15. 『ホテル・ルワンダ』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2006年01月27日 15:25
署名運動の末、一般公開にいたったことを嬉しく思う。 1人ひとりがポール・ルセサバギナのような行動をとることは難しいだろうけど、ポールの行動を正しいと思う人が大多数である世ならば捨てたものじゃないかもしれない。 1994年、アフリカのルワンダで多数派フツ族によ...
16. ホテル・ルワンダ  [ 映画通の部屋 ]   2006年01月27日 20:17
「ホテル・ルワンダ」HOTEL RWANDA / 製作:2004年、カナダ=イギ
17. ホテルルワンダ・・・・・評価額1800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年01月28日 01:03
この映画、本来日本公開の予定が無かったのだが、ネット上の署名活動で公開が決まったのだそうだ。 運動を展開した「『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会」、そして彼らに答えた逈
18. 『ホテル・ルワンダ』  [ 異国映画館 ]   2006年01月28日 01:15
2004年 南アフリカ イタリア イギリス 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/25           ホテル・ルワンダ ...
19. ホテル・ルワンダ  [ amapola ]   2006年02月02日 14:42
(2004英伊南アフリカ/テリー・ジョージ監督/劇場/★4) 1994年。アフリカのルワンダ内戦。フツ族による少数民族ツチ族の大量虐殺で、自分はフツ族でありながらも妻をはじめツチ族の人々をホテル「ミル・コリン」に匿い、多くの命を救った実在のホテルマン、ポール・ルセサ....
20. 『ホテル・ルワンダ』を観ました。  [ 0120 Blog ]   2006年02月02日 14:48
4 それは1994年の出来事・・・。 今からたった十数年前の平成の世に起こった惨劇。 思い出してみて下さい。 あなたはその頃何をしていましたか? 人それぞれ、色々な出来事があったにせよ、ほぼ平穏な毎日を送られていた事でしょう。 そんな中、アフリカのほぼ中....
21. ホテル・ルワンダ  [ シャーロットの涙 ]   2006年02月02日 17:47
「よかった」とか、「感動した」とかそんなことじゃない何か…。言葉が見つからない。やるせなさと哀しさと恐さ・・・またそれ以上になんて言ったらいいのか。 涙腺弱いのを自分で認めているので、前評判からしてどんなに泣くのかとちょっと恐かった。しかし・・・泣くなん...
22. ホテル・ルワンダ@シアターN渋谷  [ ソウウツおかげでFLASHBACK現象 ]   2006年02月02日 18:36
実話を基にしているといってもそれはピンからキリまであり、脚色が甚だしいものでも、そう謳われることがある。本作は事実に対して忠実に作られたと感じた。物語のリアリティは、主人公ポール・ルセサバギナの人間性にもある。 1994年、アフリカのルワンダにてフツ族とツ...
23. 『ホテル・ルワンダ』  [ Brilliant Days ]   2006年02月02日 21:47
昨年のゴールデン・グローブ賞の作品賞にノミネートされ、アカデミー賞では主演男優、助演女優部門でそれぞれノミネートされるという話題作でありながら、日本ではなかなか公開のめどが立たず、危うくボツの憂き目に合う所を、映画ファンの呼びかけで署名運動が起こり、それ....
24. ホテル・ルワンダ  [ MIDDLE-EARTH ]   2006年02月02日 21:48
2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ 122分 監督 テリー・ジョージ
25. ●ホテル・ルワンダ(HOTEL RWANDA)  [ コブタの視線 ]   2006年02月02日 21:50
世界に衝撃を与えた作品でありながら、日本での公開も危ぶられていたのですが 署名運動により上映が決定しという経緯のある作品です、その評判で上映館数も増えてきているようです。
26. ★「ホテル・ルワンダ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年02月02日 22:52
当初、日本では公開予定がなかったのに・・・ 署名運動で公開にこぎつけた・・・って話の映画だよね。 主演もドン・チードルだし・・・ 実話らしいし・・・ チネチッタのポイント貯まってるし・・・ 観てみる事に。
27. 【ホテル・ルワンダ】  [ にゅるろぐ ]   2006年02月02日 23:49
1994年、ルワンダの首都キガリ。 多数派のフツ族と少数派のツチ族の内戦はようやく終息したものの街は依然不穏な空気に包まれていた。 ベルギー系の高級ホテル“ミル・コリン??
28. 映画「ホテル・ルワンダ」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年02月03日 00:23
原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 時代は、フツ族とツチ族の内戦がようやく終結をみるが、当時のフツ族大統領が暗殺...
29. 『ホテル・ルワンダ』を観た  [ TV視聴室 ]   2006年02月03日 10:04
虐殺も、他国から見れば他人事…。この作品は、おいそれと感想を書ける映画ではありませんでした。
30. ルワンダの話を聞いてくれ  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年02月10日 22:33
25「ホテル・ルワンダ」(南アフリカ・イギリス・イタリア)  ほんの10年ちょっと前の1994年、アフリカのルワンダではフツ族とツチ族の民族間の争いが激化していた。国連の働きで和平協定が結ばれたはずだったが、フツ族の大統領がツチ族に暗殺されたことから、再...
31. ホテル・ルワンダ  [ Lovely Cinema ]   2006年02月10日 23:11
2004/南アフリカ=イギリス=イタリア 監督:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル    ソフィー・オコネドー    フォアキン・フェニックス    デズモンド・デュベ    デイヴィット・オハラ    カーラ・シーモア    ファナ・モコエナ 2006/2...
32. 『ホテル・ルワンダ』 テリー・ジョージ監督  [ ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 ]   2006年02月12日 14:34
渋谷の映画館「シアターN」で、前回上映が終わってお客さんがゾロゾロ出てきたなー、と思ってふと見上げると、40歳ぐらいのおじさんがモロ泣きしていました。けっこう泣いている人が多かったです。そう、恥ずかしげもなく涙を流すに値する作品でした。 内容詳細につい...
33. 『ホテル・ルワンダ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年02月20日 12:48
「愛する家族を守りたい。」ただひとつの強い思いが、1200人の命を救った・・・。 ■監督 テリー・ジョージ■脚本 ケア・ピアソン・テリージョージ■キャスト ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ□オフ...
34. 【映画】ホテル・ルワンダ  [ セルロイドの英雄 ]   2006年02月20日 21:13
"Hotel Rwanda" 2004年南アフリカ/イギリス/イタリア監督)テリー・ジョージ出演)ドン・チードル ソフィー・オコネドー ニック・ノルティ満足度)★★★★ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 1994年ルワンダ。長年争ってきたフツ族とツチ族の2つの...
35. 「ホテル・ルワンダ」 Hotel Rwanda  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年03月03日 03:24
第1次世界大戦後、国際連盟はルワンダを『戦利品』としてベルギーに与えた。国家としてまとまっていたルワンダを分裂させるためにベルギーが利用したのはフツ族とツチ族の容姿の差。黒い肌に平らな鼻と厚い唇、そして四角い顎をもつフツ族に対し、薄めの肌に細い鼻、薄い唇に...
36. 「ホテル・ルワンダ」 無関心という罪  [ 目の中のリンゴ ]   2006年03月03日 08:07
昨年のアカデミー賞 主演男優賞、助演女優賞、脚本賞にノミネートされ 高い評価を受けていたにもかかわらず、日本公開のめどが立たなかった映画。 公開を求めるネットでの活動が功を奏して やっと上映という いきさつアリ。 私も早く観たいと思いつつ、終了間際になってし...
37. 『ホテル・ルワンダ』  [ 金食う虫たち ]   2006年03月09日 12:01
今日は水曜日!! ということで、私たちのシネマクラブの日です♪ しばらくちょっとした事情で開催されていませんでしたが、また今日から開催です 今日は私の観たかった映画 『ホテル・ルワンダ』を観てきました お昼休みにチケットを買いに行ったんですが、買っておい...
38. ホテル・ルワンダ  [ まつさんの映画伝道師 ]   2006年03月17日 09:35
第381回 ★★★★☆(劇場)  明石家さんまは、大竹しのぶとの間に出来た子供の名前を「いまる」と名付けた。   その由来は「生きてるだけで丸儲け」というものだった。  当時のマスコミは自分の子供の名前にまで芸人根性丸出しのさんまの言動を「いいかげ...
39. FUN … 『ホテル・ルワンダ』  [ FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して?? ]   2006年04月02日 12:13
【enjoy weekend vol.2】
40. ホテル・ルワンダ  [ 【極私的】Movie Review ]   2006年04月07日 21:16
原題…HOTEL RWANDA 監督…テリー・ジョージ 出演…ドン・チードル/ソフィー・オコネド/ニック・ノルティ 極私的満足度…△ ルワンダの杉原千畝 2004年のトロント映画祭でグランプリにあたる「ピープルズ・チョイス賞」を受賞し、2005年のオスカー脚本賞を受賞(主演の....
41. ホテル・ルワンダ  [ Diarydiary! ]   2006年05月04日 19:14
《ホテル・ルワンダ》 2004年 南アフリカ/イギリス/イタリア映画 - 原題

コメント一覧

1. Posted by foo   2006年01月14日 23:50
TBありがとうございました。
私もホアキンのセリフに衝撃を受けました。日本でもいろんな事件があってショックを受けても、すぐご飯を食べている自分に重なったからです。
試写会会場で募金をすることしかできませんでしたが、これからいろんなこと学びたいと思います。
2. Posted by Notorious♪   2006年01月15日 15:54
コメント感謝です♪

このセリフは今作だけに適用される言葉
じゃないですよね・・・日本での殺人事件や
少女誘拐のニュースを見ると「またかよ」
と嫌な気持ちになるけど飯食いながら
見てますもんね・・・。
あぅ募金してくるの忘れてしまった ^^;
3. Posted by Ren   2006年01月15日 20:23
TBありがとうございます☆
世界中で知らないこと(虐殺や紛争)が次々起こっていると実感させられました。それを国連やメディアがなかったことにしてしまうことも・・・
4. Posted by Notorious♪   2006年01月16日 11:31
コメント感謝です♪

この作品だけを観ると民兵に対して
武力出来ないPKFやPKOの存在
意義って何ナノかなと考えてしまい
ました・・・悲しいことです。
5. Posted by あかん隊   2006年01月18日 03:10
どうもです。すみません。遅れています。この映画も、もう始まってしまった…。どうしよう。。。
TBありがとうございます。これは、絶対観に行ってきます!
6. Posted by さわわ   2006年01月19日 03:59
TBありがとうございます!
あの台詞はズンときますよね。
だってまさにそうだから。ひどいことが起こってても、"国連がなんとかするでしょ"と他人事。
可哀想と思っても自分では何もしない・・・
恥ずかしながら思いっきり自分のことです。。。
でもこの映画をみて自分にもなにか出来ることを探そうと思いました。
7. Posted by Notorious♪   2006年01月19日 10:52
コメント感謝です♪

あかん隊様
この映画は絶対に観るべき映画ですので
観に行ってくださいね。
こちらもTB仕掛けようか迷ったの
ですが「有頂天ホテル」もTBしてし
まったので仕掛けてしまいました。
ゴメンなさいです・・・。

さわわ様
恥ずかしがることはないですよ〜これに
関してはボクも全く同じですからね。
アメリカのアルカイダ&イラクへの報復
戦争のときも街中で反戦のデモを見か
けてもそれすらに参加しませんでしたか
らね・・・自分でも情けない限りですよ。
8. Posted by 隣の評論家   2006年01月27日 20:26
5 Notorious♪さま
TBありがとうございました。
この作品の『力』には、すっかりひれ伏しました。こんな素晴らしい作品に、新年早々出逢えた喜びでルンルンです。観た人殆どの人が、何かしら影響を受けているご様子なんですね。言葉にならないくらいに強いパワーを感じる作品です。
一人でも多くの人に観て欲しいですね。
9. Posted by Notorious♪   2006年01月28日 22:33
コメント感謝です♪

ホントに1人でも多くの人に観てもらい
たい作品ですね。
本来ならこういう大きなパワーがあって
影響力のある作品は単館での公開では
なく大々的に全国で上映してほしいです
よね!!
10. Posted by charlotte   2006年02月02日 17:54
こんにちは〜
結構引きずってます・・・
私自身今年はこのような重たい作品をチョイスするんだろうなと思うと、どんどんドンゾコに…苦笑
色んな事を考える機会をくれた作品でした。何も出来なくても何か私の中で変われたらそれだけでも意味があったと思いたいです。
11. Posted by マダムS   2006年02月02日 21:52
TB有難うございました。
「大変だね」と言ってご飯を食べたとしても、映画を観て「大変」と思っただけマシだと思いましょうよ。良い映画を公開まで漕ぎ着けて下さった方々に感謝したい気持ちです。
12. Posted by コブタ   2006年02月02日 21:55
TBありがとうございました!
この作品、、虐殺を行っている フツ族に対してより、、それをみてみぬふりをした世界のほうに 衝撃を感じる作品でしたよね。。
ホワキン演じる報道陣のいうように
「怖いね」といってディナーを続ける、、それくらい 自分達の国際的感覚が麻痺していたことも改めて気付かさせてくれた意味でも 私にとってこの作品との出会いは大きいものでした
13. Posted by Notorious♪   2006年02月03日 10:14
コメント感謝です♪

charlotte様
引きずってますか・・・それって結構
精神的にはキツイかもしれないけれど
忘れてはいけないというは大事なこと
かも知れませんね。
今年は重いテーマの作品が多いですよね。
「ミュンヘン」「白バラの祈り」とか
観てもっと考えていきましょう!!

マダムS様
そうですね。大変と思えたことと考え
る機会を少しでも得たことだけでもス
ゴイ意義のあることですね!!
日本公開のために尽力した関係者の方々
に感謝です ^^
14. Posted by Notorious♪   2006年02月03日 10:20
コブタ様
傍観する第三者の無責任な発言ほど
怖いものはないですね・・・。
世界の過激派グループの残虐行為があた
り前のようにニュースで入って来る世の
中もそれに対して「怖い」とか「またか
よ」しか感じないってのは確かに異常
ですよね・・・ε-(ーдー)ハァ
15. Posted by Ken   2006年02月20日 21:41
こんにちは、TBありがとうございました!
この映画、大部分がルワンダの内戦について傍観者であったであろう僕達観客に対してどこか後ろめたさを覚えさせるところがありましたよね・・・。
自分も、この映画を観た意味を咀嚼しきれていないのですが、それでも心の奥のほうで何かの糧になっている、と信じています。
16. Posted by Notorious♪   2006年02月21日 09:58
コメント感謝です♪

なにかと考えさせられるはするけれど
一番心に感じるのは傍観者で何をしたら
よいのかも解らない「後ろめたさ」でしたね。
心の奥底で何かの糧になるものが少しでもあ
ったのなら大きな収穫ですよね ^^
17. Posted by ななな   2006年02月24日 12:37
こんにちわ。
ジャーナリストの言葉にはガツンとやられてどうすればいいのか分からなくなりました。
正に今の私でした。

一人が頑張った所で戦争は止められないんですよね。
でも一人が頑張ることで人の命を助けられることはとても素晴らしいことだと思います。
18. Posted by Notorious♪   2006年02月25日 14:57
コメント感謝です♪

そうですね、一人では戦争は止められないけ
れど一人でも人の命は救えますよね。
こういうことって難しいけどいつかは戦争も
止められるし一つの国をも動かすだけの大きな
力になるんでしょうね。
19. Posted by kino   2006年03月03日 08:09
TBありがとうございました。
やっと観られました。圧倒されました・・・。
私たちの小さな力でも 何かできるんでしょうか。
もっと世界のことを知らなくてはね。
20. Posted by Notorious♪   2006年03月03日 10:15
コメント感謝です♪

きよし師匠のセリフじゃないですが
「小さなことからコツコツと!」でやって
いけばいつかは世界をも動かせる大きな力
になると信じたいですね。
その前に世界のことをもっと知らなくては
ダメですよね ^^;
21. Posted by kiyo4hm   2006年03月09日 12:04
TB有難うございます。
こんなに心が動揺した映画は久しぶりです。
あのジャーナリストの言った言葉が 自分の事を言われたような気がして、私もとても印象に残りました。
絶対、忘れてはいけない歴史ですよね…
22. Posted by Notorious♪   2006年03月09日 15:55
コメント感謝です♪

なんだかんだと解ったような顔をして
いたことをジャックのあのセリフに思
いっきり気づかせてくれた感じですね。
ガツンとやられたました・・・。
負の歴史は風化させちゃいけませんね!!
23. Posted by カオリ   2006年03月25日 20:27
昨日、やっとこの映画を見ることができました。
今は、ひとりでもこの映画を見てほしいと言う思いでいっぱいです。
署名活動から日本での上映にこぎつけたと言うことも、素晴らしいことと感じています。

24. Posted by Notorious♪   2006年03月26日 11:47
コメント感謝です♪

>署名活動から日本での上映にこぎつけた
と言うことも素晴らしいことと感じています。
本当にその通りですよね!!
決してドンパチものの娯楽作品が悪いという
ワケじゃないですがそいう作品を大きな劇場で
展開させるならばこの作品のような深刻なテー
マを投げかける作品をもっともっと大きく広く
展開させて欲しいですよね。
25. Posted by カル〜★   2006年04月07日 21:25
こんばんは!TBアリガトウございました。

2004年のトロントでの評判を聞いて、ずっと見てみたいと思っていた作品でした。公開になって本当に良かったですよ。
大量虐殺の話だけれど、惨殺されているシーンよりも人間が人間を見捨てるというエゴイスティックなシーンの方がショックでした。
鑑賞後の気分は、決して良いものではなかったけれど、でも今観ておかなければいけない。そんな作品だと思いました。
26. Posted by Notorious♪   2006年04月08日 21:28
コメント感謝です♪

虐殺もそうだれど人間が人間を見捨てる
というのも残酷なものですよね・・・。
オリバー大佐やジャックたちも憤りを感
じるも何も出来ないで傍観せざる得ない
というのもこれまた残酷でした。
何も出来ないかも知れませんがこの作品を
観たことによって考えることや記憶に
留めておくだけでも有意義と言えますよね!!
27. Posted by ぷちてん   2006年09月08日 09:19
こちらでも上映され、見ることができました。
本当に上映されるように動いてくださった方々に感謝です。

とにかく見なければいけないですね。
見終わってからも、アフリカの国々を思いまた省みて自分たちの取り巻く世界を考える事ができました。
内戦で死にたくはないですよね・・・

28. Posted by 風情♪   2006年09月08日 23:41
コメント感謝です♪

内戦やら民族紛争というのは日本じゃ
どうしてもニュース等での知識しかな
いからどれほど悲惨なものなのか何も
知らないからこういう作品は貴重です
よね・・・ホントこの作品が上映され
るように動いてくれた方々に感謝です♪
(゚▽゚)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ