2007年03月14日

パフューム ある人殺しの物語

perf ドイツ&フランス&スペイン
 サスペンス&ドラマ&歴史劇
 監督:トム・ティクヴァ
 出演:ベン・ウィショー
    ダスティン・ホフマン
     アラン・リックマン
     レイチェル・ハード=ウッド

18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。
危うく捨てられかけた赤ん坊は間一髪で拾われグルヌイユと名付けられて育児
所に引き取られる。グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが何キロ
も先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主だった。やがて青年となったグ
ルヌイユはある時運命の香りと出会った。それは赤毛の少女の体から匂い立っ
ていた。しかし彼は怯えて悲鳴を上げようとした少女の口をふさぎ誤って殺し
てしまう。以来、彼は少女の香りを再現することに執着し香水調合師バルディ
ーニに弟子入りするのだが…。 (allcinema)

当初は全く興味も無かったので観る予定すら無かったのだけれど、ここのとこ
ろ忙殺され些かフラストレーションが溜まり気味だったので気持ちを落ち着か
せるためにもと思い観に行って来ました。
冒頭の今にも劇場内を悪臭で覆いそうなパリの町並みとグルヌイユがこの世に
生まれ出てくるグロいシーンに早くも構えてしまったり、終盤からラストにか
けてしっくり来なかったりと多々言いたいこともあるがそれ以外は完全にノー
マークだっただけに素直に楽しめた。グルヌイユの犬以上の【嗅覚】と【体臭】
が無いという常人離れした能力も然ることながら犬にも気取られないまでに気
配を殺せることがスゴイ!そしてその犬によって事件が明るみなってしまうの
がベタだけれどオモシロい。余談だが臭いを追って追跡するとことに「鮫肌男
と桃尻女」のミツルを思い出した。
一つの道を極め究極のものを生み出し群集を惹き付けることが出来るのなら例
えそれが悪徳だったとしても芸術の域にまで達してしまうのかななんて思って
みたりした。絞首台で振りまいた究極の香水って一体どんな香りがするかも気
になるが今まで感情らしい感情を見せなかったグルヌイユが涙を流すシーンが
とても印象的だった。

落ちぶれた香水調合師役のD・ホフマンがヨカッタなぁ〜やっぱりこの俳優さ
ん好きだ!!ニンマリ顔でベットに横たわるところなんざオヤジにも関わらず
可愛かったし。恐らく原作には香水調合に関してもう少し詳しくあるのだろう
がもう少し、コレはどんな感じとかアレとソレはどう言う効果がある等の説明
が欲しかったかな。最近じゃ「ハリポタ」のスネイプ先生の嫌な野郎のイメー
ジが強くなってしまったA・リックマンの普通の役にもシビレた!

notorious74 at 15:02コメント(14)トラックバック(54)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『パフューム ある人殺しの物語』  [ ラムの大通り ]   2007年03月14日 15:22
(原題:Das Parfum : Die Geschiche eines) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、スゴい評判だよね。 確か「衝撃のラスト!」とか言われているんでしょ? 「う...
2. パフューム -ある人殺しの物語-  [ 花ごよみ ]   2007年03月14日 15:36
「その香りに、世界はひれ伏す」 パトリック・ジェースキントの 幻のベストセラー小説の映画化。 主役はベン・ウィショー、 脇を固めるのはアラン・リックマン、 ダスティン・ホフマン。 舞台は18世紀のパリ。  悪臭いっぱいの魚市場で  産み捨てられたグルヌイユ...
3. 映画「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に...  [ masalaの辛口映画館 ]   2007年03月14日 15:45
 18日渋谷NHKホールにて「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に参加した。今回は入場時に座席指定券と引き換えての入場。マスコミ発表によると客席数3677名のところ2000名の客入りで、オーケストラピットや報道のスペースなどで、かなり...
4. 『パフューム~ある人殺しの物語~』  [ 試写会帰りに ]   2007年03月14日 16:15
前日の夜から映画を観る直前まで原作小説『香水―ある人殺しの物語』 を読んでいたので、映画『パフューム~ある人殺しの物語~』で使われるナレーションは勿論、セリフはほとんど原作文章のままというのがよくわかりました。 ただ映画を観る前には、グルヌイユがある香りに取...
5. パフューム ある人殺しの物語  [ ネタバレ映画館 ]   2007年03月14日 16:15
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・
6. パフューム/ある人殺しの物語  [ Akira's VOICE ]   2007年03月14日 16:18
血の流れない「ハンニバル」  香りの生存証明。
7. パフューム ある人殺しの物語  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年03月14日 16:40
5 スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会った女の...
8. 『パフューム ??ある人殺しの物語??』  [ Sweet* Days ]   2007年03月14日 17:06
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女性の...
9. パフューム ある人殺しの物語/ベン・ウィショー  [ カノンな日々 ]   2007年03月14日 17:38
3 今日、公開された作品で楽しみにしていたのが「パリ、ジュテーム」とこの作品。邦画の新作もたぶん観には行くけどイマイチ気分が乗ってません。特に予告編でモンゴルの英雄が日本語を気張って喋ってるのには引き気味です(笑)。 出演はその他に、ダスティン・ホフマン、ア....
10. パフューム ある人殺しの物語  [ とんとん亭 ]   2007年03月14日 17:44
「パフューム ある人殺しの物語」 2007年 独/仏/米 ★★★☆☆ 18世紀のフランス。 人並みはずれた、嗅覚を持った孤児の男がいた。1738年 実の母親には、産み落とされた直後殺される寸でのところを助けられた のだが孤児を(母親は絞首刑)、...
11. 『パフューム』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2007年03月14日 17:47
『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 −ある人殺しの物語− スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世界が...
12. パフューム ある人殺しの物語  [ I am invincible ! ]   2007年03月14日 19:21
Perfume: The Story of a Murderer Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders Le Parfum - Histoire d'un meurtrier Perfume El Perfume - Historia de un asesino 公開中なので控えめに! 悪臭に満ちた18世紀パリの魚市場で産み落とされ、育児所で13歳まで...
13. パフューム ある人殺しの物語  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2007年03月14日 19:47
■ 試写会にて鑑賞 パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 2006年/ドイツ・フランス・スペイン/147分 監督: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド 公式サイ...
14. パフューム ある人殺しの物語 (2006) 147分  [ 極私的映画論+α ]   2007年03月14日 19:56
 「変態」の定義は本当に難しい(笑) かつて「カリギュラ」という映画でみた裸を上回る裸の量でした(笑)
15. パフューム 〜ある人殺しの物語〜  [ そーれりぽーと ]   2007年03月14日 20:03
タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』を観てきました。 ★★★ 私達には嗅げない(見えない)匂いの世界が彼の周りには存在している。 描けないはずの“香り”が映像を通して描かれているところが...
16. パフューム  [ B級パラダイス ]   2007年03月14日 20:16
香りはしないのに観てるだけで「うわー嫌な感じだなあ」と思いその香りがなんとなく脳裏に浮かぶ・・・冒頭でそんな風に思いました。
17. 「パフューム??ある人殺しの物語」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年03月14日 20:33
音や味以上に言葉での表現が難しい匂い(香り)。類いまれなる嗅覚の持ち主は、天使か悪魔か・・・。なんとも言いがたい”残り香”はあるものの、すぐに消え去った。何も残らないというか・・・それがそのままそんな作品だったように思う。(何が言いたいん
18. 映画「パフューム ある人殺しの物語」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年03月14日 20:35
映画館にて「パフューム ある人殺しの物語」 1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。 1783年、パリの魚市場で産み落とされた赤ん坊ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は驚異的な嗅覚を持っていた。青年にな...
19. パフューム ある人殺しの物語(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年03月14日 21:23
その香りに世界はひれ伏す。
20. パフューム ある人殺しの物語  [ Diarydiary! ]   2007年03月14日 21:40
《パフューム ある人殺しの物語》 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画
21. パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年03月14日 22:47
世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるという驚異の嗅覚彼の出生も凄いものがある。パリの魚市場で産み落とさ...
22. パフューム ある人殺しの物語  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年03月14日 23:11
Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんですよね〜...
23. パフューム ある人殺しの物語(評価:☆)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年03月14日 23:30
【監督】トム・ティクヴァ 【出演】ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド 【公開日】2007/3.3 【製作】ドイツ 【ストーリー】 18世紀のパリ。悪臭立ち込め
24. 「パフューム ある人殺しの物語」  [ てんびんthe LIFE ]   2007年03月14日 23:38
「パフューム ある人殺しの物語」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 これがウワサの…、衝撃、衝撃、衝撃。たしかにすごい作品でした。グロい映像と相対して柔らかな光の加減、騙され続けるようにうまく書かれた脚本とその意外なストーリー。役者たちの飄々とし...
25. 圧巻! 「パフューム-ある人殺しの物語-」  [ 平気の平左 ]   2007年03月14日 23:47
評価:80点
26. 『パフューム ある人殺しの物語』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2007年03月14日 23:52
この映画には是非館内に香りを漂わせて欲しかったのですが、行き過ぎると気分の悪くなる人が続出してしまいます。ならば、イヤフォンならぬノーズフォン?いやセント・アタッチメントみたいな自分だけが嗅げる装置なんかがあると面白いかも。
27. パフューム −ある人殺しの物語−  [ 映画のメモ帳+α ]   2007年03月15日 00:09
パフューム −ある人殺しの物語− (2006 ドイツ・フランス・スペイン) 原題   PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 監督   トム・ティクヴァ 原作   パトリック・ジュースキント 脚色   トム・ティクヴァ アンドリュー・バーキン       ベルント...
28. パフューム −ある人殺しの物語−  [ ルナのシネマ缶 ]   2007年03月15日 00:27
原作は、有名なベストセラーらしい のですが、残念ながら未読なので、 予告編を観て、かなり期待していた作品です。 世界がひれ伏す香りとは? 誰もみたことのない衝撃の結末! このフレーズだけでも ちょっとワクワクしてしまいますよね〜! 18世紀のパリは、臭...
29. パフューム ある人殺しの物語 /Perfume The Story of a Murderer  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年03月15日 00:48
わたしの嗅覚、犬並み{/kaminari/} ナンテいつも豪語?してたけど、犬の嗅覚は人間の1億倍!なんだってー。 猫は人間の10倍らしいから猫並みにしておこ☆ でも鼻が良くてもいいことなんてほとんどない{/kaminari/}(笑) 自分のつけた香水が、ほんのりいつまでも香ってた...
30. 映画「パフューム ある人殺しの物語」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年03月15日 01:39
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーンがあ...
31. 感想/パフューム -ある人殺しの物語-(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2007年03月15日 02:59
けっこうな触れ込みに期待を膨らませ鑑賞『パフューム -ある人殺しの物語-』3月3日公開。汚臭漂う18世紀パリで産み捨てられたグルヌイユ。彼は、遠く離れた匂いも嗅ぎ分け、どんな香りも記憶し、再現できる超人的嗅覚の持ち主だった。ある日彼は、かつてない香りを放つ赤毛の...
32. パフューム ある人殺しの物語  [ Good job M ]   2007年03月15日 06:48
公開日 2007/3/3監督・脚本:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン 他【あらすじ】舞台は18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子供が産み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイ...
33. パフューム ある人殺しの物語  [ カリスマ映画論 ]   2007年03月15日 08:25
【映画的カリスマ指数】★★★★★  匂いをまとわぬ、香りの天才  
34. パフューム -ある人殺しの物語-  [ シュフのきまぐれシネマ ]   2007年03月15日 08:33
パフューム ある人殺しの物語?? 2/16 @よみうりホール(試写会) 監督/共同脚本/音楽:トム・ティクヴァ  原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」(文春文庫刊) 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン 
35. パフューム ある人殺しの物語  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年03月15日 09:50
『PERFUME:THESTORYOFAMURDERER』公開:2007/03/03(03/03)製作国:ドイツ/フランス/スペインPG-12監督:トム・ティクヴァ原作:パトリック・ジュースキント    『香水ある人殺しの物語』(文藝春秋刊)出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマ...
36. パフューム??ある人殺しの物語☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2007年03月15日 11:33
体調的にやばまだった土曜日よりも、多少元気になった今朝夕方になれば、もうちょっと大丈夫だろうと・・・本日のチョイスは『パフューム??ある人殺しの物語』それは、あるひとりの天才調香師の一生を語った物語究極の香りを求め続け、必要だから・・・と殺人を続けついには
37. 映画:パフューム ある人殺しの物語 プレミア試写会  [ 駒吉の日記 ]   2007年03月15日 14:47
パフューム ある人殺しの物語 オーケストラ生演奏付プレミア試写会(NHKホール) 「香水と音楽は似ている」 ■東京フィルの生演奏とイベント(?) 司会は坂上ミキさん、映画の映像をバックに東京フィルの生演奏(3曲)ありました。スローで不安感を煽るような切な...
38. 「パフューム ある人殺しの物語」 Perfume: The Story of a Murder  [ 俺の明日はどっちだ ]   2007年03月15日 17:13
「香り」というよりまさに悪臭に満ちた18世紀のパリの中でもひと際汚臭漂う魚市場の屋台で産み落とされた主人公。 映画“ STONED ”でキース・リチャーズに扮していたベン・ウィショー演じるこの生まれながらに驚異的嗅覚を持ち、一切の体臭を持たない男、そんな彼とかかわ...
39. パフューム ある人殺しの物語  [ 悠雅的生活 ]   2007年03月15日 19:45
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
40. 映画〜パフューム ある人殺しの物語  [ きららのきらきら生活 ]   2007年03月15日 21:17
 「パフューム」公式サイト東京フィルハーモニーの生演奏つき試写会でした♪普段クラシックコンサートに縁のない私にとってはすごい恵まれた機会☆うっとり〜。演奏にあわせてバッグに映像が流れる、、、という演出はとっても良かったです!そしてゲストはなぜか昨日結婚式...
41. パフューム  [ シャーロットの涙 ]   2007年03月15日 23:43
東京国際シネシティフェスティバルにて…
42. 『パフューム−ある人殺しの物語−』  [ となりのケイコさん ]   2007年03月16日 10:02
 期待作! 以前、小説を読んだので詳しい内容はそちらで。 小説どおりの箇所もあれば、「あれ?こんなシーンはなかったな。」と 思ったり・・でも変えちゃいけないグルヌイユの人格、香りへの執着ぶりは 表現できていたと思います。 映画にしては時間が長かったですけど、...
43. パフューム ある人殺しの物語  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年03月16日 16:16
あんなに怒り心頭だった人でも魅了されてしまうって・・・ ど、どんな匂いなん? 「ボールド」とどっちがいい匂いなんやろぉ〜♪ これねぇ、とにかく観たかった映画でした! 1500万部も売り上げたという原作は読んでおりませんが、監督があのトム・ティク...
44. パフューム ある人殺しの物語(06・独)  [ no movie no life ]   2007年03月16日 20:06
「カオリ」と言うハンドルネームは私の本名からきてます。 そのせいか?ともかく今回公開の映画ではこれが一番観たかった。 いやーー、こういう映画、私は好きです。観客に考えさせる映画とか、解釈がどうとでも取れる映画など。 18世紀のフランス、パリ。不衛生なため...
45. パフュームある人殺しの物語  [ ぷち てんてん ]   2007年03月17日 00:34
やっぱり、映画館に行ってきました^^)ちょうどよい時間にこの映画があったので、見逃せないと思って。ただ、147分もあるので、仕事帰りに見るのはちょっと心配だったのですが、全く心配なく楽しんできました。面白かったです〜♪そうそう、私が見た劇場ではラスト近く...
46. パフューム ある人殺しの物語  [ 活動写真評論家人生 ]   2007年03月17日 02:17
 TOHOシネマズ高槻  映画を観た後、「もう他の映画を観る必要なんかない。」と思わせるときがある
47. パフューム ある人殺しの物語  [ 何書☆ねくすと ]   2007年03月17日 23:20
評価:☆   臭い中毒度:∞ 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  1738年、パリの市場は悪臭に満ちていた
48. パフューム ある人殺しの物語  [ 迷宮映画館 ]   2007年03月18日 09:47
格調高くしようとしたB級。はっきしいうと微妙〜。
49. パフューム ある人殺しの物語  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年03月18日 15:50
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名をジャ...
50. パフューム ある人殺しの物語  [ It's a Wonderful Life ]   2007年03月21日 19:32
犬の嗅覚はやっぱりスゴイよ・・・。あれ? そんなテーマの話じゃなかったでしたっけ?失礼しました。 数か月前からかなりオシャレ映画イメージのポスターを 見かけてましたが、実際観てみると・・なるほど映像も重厚で ダスティン・ホフマンも出ているし、 音楽...
51. パフューム ある人殺しの物語  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007年04月01日 01:35
5  18世紀のパリに産み落とされた赤子は悪臭立ち込める魚市場で、生み捨てられた。    奇跡的に助かった彼グルヌイユは、その産声で母を子殺しの罪で死へといざない。また、歴史に残る嗅覚の持ち主でもあった。  あらゆるものを嗅ぎ分け、遠い先のほ....
52. 「パフューム ある人殺しの物語」鑑賞  [ エモーショナル★ライフ ]   2007年04月16日 00:50
「パフューム ある人殺しの物語」を見てきました。 なかなかすごい映画でした。 東京国際映画祭や東京国際シネシティフェスティバルでも公開されていて 当時から気にはなっていたのですが残念ながら見てませんでした。 こんな面白いなら見たかったなあ。 ストーリーは、天....
53. パフューム ある人殺しの物語  [ ★試写会中毒★ ]   2007年05月06日 21:40
満 足 度:★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー       ダスティン・ホフマン       アラン・リックマン       レイチェル・ハード=ウッド       アンドレス・エレ...
54. パフューム 〜ある人殺しの物語〜  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年10月06日 13:31
究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す

コメント一覧

1. Posted by masala   2007年03月14日 16:01
4 こんにちは、TBありがとうございます。
ダステイン・ホフマン良かったですね。彼は今週末公開のある映画にカメオ出演していますよ。
またお邪魔します。
2. Posted by あざみん   2007年03月14日 20:29
風情♪さん、こんばんは〜。
私はいろいろと考えちゃったせいかいまひとつ楽しめませんでしたが
すごいボリュームで見応えはあるなあと思いました。
それにしてもグルヌイユの嗅覚ってスゴイです。超人並ですよね〜。
犬以上ではないかと。ローラを追っかけてるところは狂気すら感じて
恐かったです。
3. Posted by たいむ   2007年03月14日 20:37
風情♪さん、こんばんは。
>落ちぶれた香水調合師役のD・ホフマンがヨカッタなぁ〜
よかったですねー!
幸せそうに逝ってくれたのでそれだけが救いでした(笑)
スネイプ先生も紳士で。・・でもやっぱり(^^;)
4. Posted by ミチ   2007年03月14日 20:38
こんばんは♪
私もダスティン・ホフマンとアラン・リックマンを見れて嬉しかったです。
こういうベテランがシッカリやってくれると物語が締まりますよね!
冒頭の市場のシーンはウエっとなるほどの悪臭ばっかりでした。
ベルサイユにしても体臭を消すための香水や白粉の匂い&し尿の匂いがしていたと言うし、同じ時代でも日本はお風呂があって清潔でよかったわ!
5. Posted by メビウス   2007年03月14日 23:40
風情♪さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

グルヌイユのように体臭がないって事は、悟られないって事でもあるんですよね。終盤ローラの香りを確保するために屋敷に侵入するシーンで、犬の横をすんなり通り過ぎる所はちょっと印象的でもあったり♪番犬飼ってる家には天敵ですねw

でもスナイプ先生、引越しまでして娘をグルヌイユの魔の手から守ろうと努力していたのは分かるんですけど、鍵をあんだけ堂々と置いてる辺り『どうぞ盗んでください』って言ってるようなものなので、慟哭するシーンを観て胸を締め付けられる一方『あなたのせいです』と冷ややかな観方もしてますたっ(笑
6. Posted by chikat   2007年03月14日 23:42
視覚からの操作で人がこんなに酔ってしまうのに、本当に究極の香りを嗅いでしまったら、狂っちゃうというのがわかる気がします。
考えてみれば恐い話ですよね。
7. Posted by 風情♪   2007年03月15日 12:36
コメント感謝です♪

masala様
>彼は今週末公開のある映画にカメオ
 出演している
今週公開の作品ってぇと「ナイト ミュージ
アム」でしょうか?
まさか「ケロロ軍曹」じゃッ!? Σ( ̄口 ̄|||

あざみん様
ローラをあそこまで執拗に追いかける
理由がいまひとつでした。
まぁ恐らく、最初に殺した赤毛の女性に
似ていたとか綺麗だったとかが理由なんで
しょうが、もっと明確なものが欲しかった
ような気がしますね。(゚▽゚)v
8. Posted by 風情♪   2007年03月15日 12:45
たいむ様
あのニンマリ顔はナゼか当分忘れられそう
にないくらい印象的でした。
A・リックマンの普通の役もヨカッタですが、
S・ビーンみたいに最後の最後に何か仕出か
すものを期待しちゃいましたよ♪ (゚▽゚)v

ミチ様
ベルサイユもウ○コなんかは野でするみたい
らしいし、処理もしねぇと言う話を聞きました。
こう言う背景があるから向こうじゃ犬のウ○コ
も拾わないんでしょうな。
日本は水の文化に関しては世界でもトップクラス
じゃないでしょうか!! (゚▽゚)v
9. Posted by 風情♪   2007年03月15日 12:50
メビウス様
鍵の置き所はボクも思わず「ソコかよッ!」
とツッコんでましたよ〜。
と言うか、あの親父も娘の部屋で張り番して
てたほうがいっちゃんヨカッタんじゃない
でしょうかね…。( ̄~ ̄;) ウーム

chikat様
>究極の香りを嗅いでしまったら狂っちゃう
 というのがわかる気がする
これはよく解りますよ〜男なら特にそうじゃ
ないですかね。ボクなんかもご多分にもれず
おネェちゃんの普通の香水の香りにフラフラ
と酔っちゃいますからね♪ ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
10. Posted by シャーロット   2007年03月15日 23:48
こんばんはー。
グルヌイユってワンコみたいでした。
主人となる人には忠実で、匂いもよくわかっちゃうし。体臭がない辛さはやはり当人じゃなきゃわかりませんよね〜笑
まあ、そんな人はいないと思いますけど…
風情さんのことだから辛口批評かなと想像してましたけど、素直に楽しんでいただけたようで何よりです♪
11. Posted by 風情♪   2007年03月16日 13:50
コメント感謝です♪

体臭がないということがそれほどまでに
嫌なことかなぁ〜なんて観ていてふと
思ったんですがどうなんでしょう?
ニオイに気を配らないだけ逆にイイじゃん
って感じなんですがね〜。 (゚▽゚)v
12. Posted by カオリ   2007年03月16日 20:05
こんばんは!TBどうもでした。

この映画、圧倒されました〜。予備知識があんまりなかったって言うのもあったかもしれませんが・・・
生涯、こういう映画に何度出会えるだろう?と思いました。
13. Posted by たましょく   2007年03月17日 23:19
 ども、たましょくです♪

 加齢臭じゃないにしろ、人間の体臭(フェロ
モン?)だけで、あれほどの威力を発揮出来る
「香水」って作れるもんなのかと。誰か試して
くれないかなぁ〜(ぇ

 主人公の意志とは関係ないところで、彼と
関わった(食いモノにした)人間が不幸な目に
あってゆくのも「嗅覚」以外に天が彼に与え
た能力だったんでしょーね。
14. Posted by 風情♪   2007年03月18日 13:31
コメント感謝です♪

カオリ様
多々ツッコミたいところもありましたが
同様に予備知識が無かったから結構素直
に楽しめました。
中々、映画から感じ得ない【嗅覚】を感
じる作品に出逢えることってないから貴
重な作品ですよね♪ (゚▽゚)v

たましょく様
全くフェロモンを放出してないボクとし
てもこの究極の香水は是が非でも欲しい
ところだし、絶対に作って欲しいですよ!!
なるほど、不幸な目に会わせるのも彼自身
気づかないうちの才能課も知れませんね♪
(゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ