2007年04月21日

ハンニバル・ライジング

hann アメリカ&イギリス&フランス
 サスペンス
 監督:ピーター・ウェーバー
 出演:ギャスパー・ウリエル
     コン・リー
     リス・エヴァンス
     ケヴィン・マクキッド

1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年は幼い妹ミー
シャと2人で山小屋に隠れ住んでいた。ある日、残忍な逃亡兵グループが山小
屋を乗っ取り、か弱いミーシャは彼らに殺されてしまう。その後、心を閉ざし
たまま孤児院で成長したハンニバルはやがて脱走し唯一の親類を求めてパリの
叔父のもとへと向かう。しかし、すでに叔父はこの世を去り未亡人の日本人女
性レディ・ムラサキがハンニバルを温かく迎える。ハンニバルは彼女のもとで
高度な教育を受けると共に次第に心の奥底に封印されていた復讐の情念を目覚
めさせていくのだった。 (allcinema)

若かりし頃のレクター博士に興味はあるものの、いまいち乗り気せずだったの
でスルーする予定でしたが間際でキャスティングにご贔屓俳優さんの一人であ
るR・エヴァンスの名が連なっているのを目にし、急にものすごく観たくなり、
朝早く観に行って参りました。
う〜〜〜〜〜んッ!?正直なところ判断に苦しむなぁ〜。別個の物語だったら
間違いなくオモシロくはあるんだろうけど、レクター博士シリーズとして観れ
ば、復讐劇の要素が強いため、そちらに目が向いてしまい何か物足りなさを感
じる。博士の狂気も先天的なものなのか後天的なものなのかも判断に苦しむ。
もし先天的なものだったなら、幼少時代に例えば動物なんかを傷つけてみたり
死体に興味を持つような怪行動を見せたと思うのだが、そう言ったシーンも無
(自分に牙向く者にはそれなりの行動はしていたけど)かったし、殺人行動の
動機付けも妹の弔い合戦だから後のエピの徹底した黒のイメージじゃなく、ま
だ白が残る灰色の印象を受けたから、やはり逃亡兵たちによる悪行を経験した
ことが起因してるんじゃねぇかなと思ったりしてみた…なのだが、個人的な想
いとしてはレクター博士の狂気はやはり先天的なものであって欲しい。
先天後天は別として戦争時における非人間的行為、それに伴い生み落された怪
物という副産物の意味合いもあるのかもね。(自分で書いていて何が言いたい
のか解らなくなってきた…困ったね…。r(^^;))
レクター博士誕生の経緯は解ったから次はどのようにその狂気を昇華させ、医
学は勿論として文学&美術と多方面に精通し洗練された悪になっていったのか?
を知りたい。まぁそんなワケで諸々補足したいところもあるので原作を読むと
しよう。

レディ・ムラサキのG・リーもご贔屓の俳優さんの一人なんであまり否定的な
ことは言いたくはないのだが、この役はやっぱり日本人に演じて欲しかったと
いうのが誰しも思うところだろうな。工藤夕貴なんか向こうでのキャリアと実
力あるから彼女あたりを望みたいが、残念なことに今の日本人女優陣にはG・
リーのように東洋の妖艶さと落ち着きを持ち合わせる者が見当たらない…。
日本刀に限らず骨まで断つような斬り方したら人一人でも刃毀れするぞ!
それと出来れば、剣道のシーンは有段者(かも知れんが。)の人に演ってもら
った方がメリハリとピンと張り詰めた空気が出せたんじゃねぇかな

notorious74 at 22:40コメント(14)トラックバック(41)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ハンニバル・ライジング  [ そーれりぽーと ]   2007年04月21日 22:48
記憶に残るトマス・ハリスのサイコサスペンス小説“ハンニバル・レクター三部作”と言えば、『レッド・ドラゴン』『羊たちの沈黙』『ハンニバル』。 小説は最高に面白かったし、映画の方も2作目『羊達の沈黙』のヒットからブームが起きた誰もが知る名シリーズ。 その前日談『...
2. ハンニバル・ライジング  [ 悠雅的生活 ]   2007年04月21日 22:57
 ハンニバル・レクター、ここに誕生す。
3. ハンニバル・ライジング  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年04月21日 22:58
映画鑑賞前に、原作を読了した。原作には、生意気にも、芝居がかった語り口調と残忍さ、心理描写の甘さ等を感じたが、映画となるといいのでは。。。と思い、公開を心待ちにしていた。なんたってギャスパー・ウリエル君が観たいのだ〜〜〜【story】戦争で家族と死に別れ、孤児...
4. ハンニバル・ライジング  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2007年04月22日 05:41
2 製作年度 2007年 製作国 アメリカ/イギリス/フランス 上映時間 121分 監督 ピーター・ウェーバー 製作総指揮 ジェームズ・クレイトン 、ダンカン・リード 原作 トマス・ハリス 脚本 トマス・ハリス 音楽 アイラン・エシュケリ 、梅林茂 出演 ギャスパー...
5. 映画 【ハンニバル・ライジング】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年04月22日 08:23
映画館にて「ハンニバル・ライジング」 トマス・ハリス原作のハンニバルシリーズ最新作。レクター博士が“人喰いハンニバル”になるまでを描く。 1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で生...
6. 「ハンニバル・ライジング」感想 日本テイストが微妙・・・  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2007年04月22日 09:53
この手の映画(内臓もろ見えとか、グロい系)が非常に苦手でなのですが、実際見たらば、やっぱり想像した通り、もの凄〜く、キモ怖かった!でも、ハラハラ+面白かったし、何と言っても、映像美が素晴らしかった!!4つ☆
7. ハンニバル・ライジング  [ Lovely Cinema ]   2007年04月22日 17:02
イギリス・チェコ・フランス・イタリア合作 監督:ピーター・ウェバー 出演:ギャスパー・ウリエル(ハンニバル・レクター)    コン・リー(レディ・ムラサキ)    リス・エヴァンズ(グルータス)    ケビン・マクキッド(コルナス)    ドミニク・ウ...
8. 『ハンニバル・ライジング』  [ ラムの大通り ]   2007年04月22日 17:36
(原題:Hannibal Rising) 「う〜ん。このシリーズは 監督にとってアプローチが難しい作品だなあ」 ---えっ、どういうこと? 「シリーズ化されるきっかけとなった 『羊たちの沈黙』がホラーとして初のオスカーを獲得。 でも、物語自体はシリアルキラーものだよね。 本来な...
9. 「ハンニバル・ライジング」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年04月22日 18:26
痛い・恐い・気持ち悪いが3拍子揃ったこの作品。残虐非道なものは得意ではないのだけど、『羊たちの沈黙』以来見続けてきた「ハンニバル・レクター」のシリーズ、今更止められない。4作目にして”誕生”を描くという『スター・ウォーズ』のような構成だけ
10. ハンニバル・ライジング  [ Diarydiary! ]   2007年04月22日 19:52
《ハンニバル・ライジング》 2007年 イギリス/チェコ/フランス/イタリア映
11. ハンニバル・ライジング (2007) HANNIBAL RISING 121分  [ 極私的映画論+α ]   2007年04月23日 12:27
 ドレミファソラファミ・レ・ド ソファミソファミレ〜♪ って、分かります?
12. ハンニバル・ライジング  [ I am invincible ! ]   2007年04月23日 12:36
Hannibal Rising Hannibal - koletise sünd Hannibal 4 Hannibal Lecter - Le origini del male Hannibal Lecter - Les origines du mal Hannibal doguyor Hannibal rising - Wie alles begann Hannibal rising - ondskan vaknar Hannibal. Po drugiej stronie mask...
13. ハンニバル・ライジング  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2007年04月23日 14:57
まぁ、驚き!若きハンニバル・レクター演じるギャスパー・ウリエルは、雑誌や映画チラシで見るより、映像で観たほうがずっと綺麗です! この人、『かげろう』に出ていた少年ですね。 この映画、好きでした。きりきり
14. 映画:ハンニバル・ライジング  [ 駒吉の日記 ]   2007年04月23日 17:50
ハンニバル・ライジング(シネマイクスピアリ) 「記憶があなたの心をナイフのように傷つける」 麗しーレクターを観にいきました。 羊たちの沈黙(1990)、ハンニバル(1999)、レッド・ドラゴン(2003)。「羊たち・・・」は勿論文句ナシなのですが、2作目はジュリアン・...
15. ハンニバル・ライジング  [ amapola ]   2007年04月23日 19:06
製作年:2007年 製作国:アメリカ/イギリス/フランス 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル コン・リー リス・エヴァンス 川崎TOHO Story1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年は、幼い妹ミーシャと2人で山小屋に隠れ住ん...
16. ハンニバル・ライジング  [ ぷち てんてん ]   2007年04月23日 22:34
毎日忙しかったので、週末はゆっくり映画館へ。☆ハンニバル・ライジング☆(2007)ピーター・ウェイバー監督ギャスパー・ウリエル・・・・・・・・・・・ハンニバル・レクターコン・リー・・・・・・・・・・・・・・・・レディ・ムラサキリス・エヴァンス・・・・・・・...
17. 映画「ハンニバル・ライジング」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年04月23日 22:40
映画「ハンニバル・ライジング」に関するトラックバックを募集しています。
18. ハンニバル・ライジング  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年04月23日 22:55
                          評価:★3点(満点10点) 2007年 121min 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 、リス・エヴァンス 、ケ...
19. ハンニバル ライジング  [ ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○ ]   2007年04月24日 09:39
久々の映画館です。「ハンニバルライジング」を見ました。 ハンニバル・レクター誕生秘話。 楽しみに見に行ったのですが残念
20. ハンニバル・ライジング みました。  [ ★Shaberiba ★ ]   2007年04月24日 11:54
 『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』、『レッド・ドラゴン』で知られる ハンニバル・レクターの過去に迫る、シリーズ最新作!! 詳しくはハンニバルライジング公式サイトへ♪ 私にとっては「羊たちの沈黙」は、1級のサスペンスとして今も心に残る作品だ。 それだけに「ハ...
21. ハンニバル ライジング  [ Akira's VOICE ]   2007年04月24日 16:07
レクター博士誕生ストーリー。 というより復讐劇。
22. ハンニバル・ライジング  [ ネタバレ映画館 ]   2007年04月24日 17:46
ソーッファミソファミレ♪ソーッファミソファミレ♪ドレミファソーラファ、ミ・レ・ド♪
23. ハンニバル・ライジング  [ eclipse的な独り言 ]   2007年04月24日 18:12
 コン・リー。ハリウッドの進出が「マイアミ・バイス」に続いてこの作品。大丈夫で
24. ★ 『ハンニバル・ライジング』  [ 映画の感想文日記 ]   2007年04月24日 20:13
2007年。 MGM. "HANNIBAL RISING". ピーター・ウェーバー監督。 トマス・ハリス原作・脚本。 ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、リチャード・ブレイク、ドミ...
25. ハンニバル・ライジング/ギャスパー・ウリエル  [ カノンな日々 ]   2007年04月24日 22:17
4 あの「羊たちの沈黙」で名優アンソニー・ホプキンスが演じたハンニバル・レクターの物語のエピソード1です。観る前に全作復習しておこっかなぁと思っていたんだけど時間がなくて結局観ることが出来ませんでした。でも3作品ともだいたいは覚えているしエピソード1なんだから....
26. ハンニバル・ライジング  [ 5125年映画の旅 ]   2007年04月25日 06:48
2 1952年リトアニア。戦争によって家族を失った青年、ハンニバル・レクターは、ある日孤児院から脱走し親類の住むパリを目指す。親類はすでに亡くなっていたが、未亡人となった日本人女性ムラサキの厚意で屋敷で暮らすことになったハンニバル。平穏な日々が続いたが、市....
27. ハンニバル・ライジング(評価:○)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年04月26日 04:13
【監督】ピーター・ウェーバー 【出演】ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンス/ケヴィン・マクキッド/ドミニク・ウエスト 【公開日】2007/4.21 【製作】アメリカ、イギリス、フランス 【ストーダ??
28. ハンニバル・ライジング  [ シャーロットの涙 ]   2007年04月26日 16:46
トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾
29. ハンニバル・ライジング  [ 龍眼日記 Longan Diary ]   2007年04月26日 18:51
同じ日に観た「ラブソングができるまで」があまりにズキュ〜ン!な作品だったので こちらの作品の印象は・・・かなり薄い。 考えてみたら決して薄い内容の映画ではないはずなのに。 なので少々簡単な感想になってしまうが、とりあえず「観た」という記録というコトで。 ...
30. ハンニバル  [ いま話題のエンターテイメントとは? ]   2007年04月27日 20:50
ハンニバル プロフィール検索 動画検索 画像検索
31. [映画]ハンニバル・ライジング  [ 落とし穴には気をつけろ! ]   2007年04月28日 17:54
ハンニバル・ライジング、観てきました。 原作者が脚本やってるだけあって、ストーリーの流れはほぼ原作どおりなんですが、映画の見せ場を考えたせいか、凄惨な復讐劇の部分ばかりがクローズアップされてしまったのが残念だったと思います もちろん、それはそれで作品の一...
32. ハンニバル・ライジング(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年04月29日 13:41
彼に魔物が棲み付いたのか?彼の魔性が目覚めたのか?
33. ハンニバル・ライジング  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年04月29日 22:47
4 彼に魔物が棲みついたのか、魔性が目覚めたのか!?。ハンニバル・レクターの人格を決定づける「記憶の迷宮」の扉が、今ここに開かれた_。 1944年リトアニア。名門貴族であるレクター家も、ドイツ侵略の足音におびえながら暮らしていた。一家は城を捨て、辺境の地へ疎開...
34. ハンニバル・ライジング  [ C'est Joli ]   2007年04月30日 00:02
3 ハンニバル・ライジング’07:イギリス・チェコ・フランス・イタリア ◆監督:ピーター・ウェーバー「真珠の耳飾りの少女」◆出演:ギャスパー・ウリエル 、 コン・リー 、 リス・エヴァンズ 、 ケヴィン・マクキッド ◆STORY◆1944年リ...
35. ハンニバル ライジング  [ B級パラダイス ]   2007年04月30日 18:54
羊たちの沈黙、ハンニバル(レッド・ドラゴンは未見です)の2作品は映画・原作ともに楽しんで観ることができましたが、この作品はどうなんだろうなと正直心配でした。でもそんな心配は無用でした。
36. ハンニバル・ライジング  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年05月02日 17:02
「復讐は毒と同じ。人を醜くするのよ!」メイおばさんの話を聞いていてもきっとだめでしょうねぇ。おばさんがレディー・ムラサキだったばっかりに…って、違うかっ
37. ハンニバル・ライジング(-_-;)レクター博士“誕生”の秘密  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年05月06日 23:41
アンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士のシリーズ、第四弾「ハンニバル・ライジング」が遂に公開されたでも、アンソニー・ホプキンスは出演していないので、あしからず ハンニバル・レクターは、鬼才トマス・ハリスが生み出した“世界で最もインテリジェンスのある”...
38. ハンニバル・ライジング(-_-;)レクター博士“誕生”の秘密  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年05月06日 23:42
アンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士のシリーズ、第四弾「ハンニバル・ライジング」が遂に公開されたでも、アンソニー・ホプキンスは出演していないので、あしからず ハンニバル・レクターは、鬼才トマス・ハリスが生み出した“世界で最もインテリジェンスのある”...
39. 【 ハンニバル・ライジング 】  [ もじゃ映画メモメモ ]   2007年05月09日 00:24
トマス・ハリス原作の「ハンニバル・レクター」シリーズの映画化第4弾は、レクター博士の幼少、青年期を描いた作品。 復讐劇なので、まぁただ観てるだけ。 主演の青年ハンニバルを演じたギャスパー・ウリエルのニヤリ顔は狂気が滲み出て良かったと思いますが、本作をシ...
40. 『ハンニバル・ライジング』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年05月16日 12:07
□作品オフィシャルサイト  『ハンニバル・ライジング』□監督 ピーター・ウェーバー□脚本・原作 トマス・ハリス □キャスト ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ、ケヴィン・マクキッド■鑑賞日 5月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ...
41. ★「ハンニバル・ライジング」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年06月06日 03:08
観よう観ようと思って、タイミング的に後回しになってたサスペンスもの。 「ハンニバル・レクター」シリーズは、あまり詳しく知らないけど・・・ 誕生秘話なら、別物としても見れるし・・・。 今週末までの公開らしいので、ギリギリ間に合いました。

コメント一覧

1. Posted by 520   2007年04月22日 12:12
TBありがとうございます。
こちらからTB送れないようなので
コメントに残しておきますね。
2. Posted by たいむ   2007年04月22日 18:25
風情♪さん、こんばんは。
>別個の物語だったら間違いなくオモシロく
ですよね。
巧妙な復讐劇として、とても素晴らしい作品になりそうです。
が、レクターだと言うから、どっか違う、という評価がちらちらしちゃうのでしょうね。
日本の小道具が出てるから嘘くさい雰囲気が漂ってしまいますしね。
3. Posted by 風情♪   2007年04月23日 11:52
コメント感謝です♪

520様
わざわざ、コメント残してくださって感謝です。
どうも、LDのブログはどことも相性が悪いよ
うでTBが反映されないことが多々あるんですよ。
困ったもんです…。ヽ(▼皿▼メ)ノ

たいむ様
レクター博士に同情…う〜ん共感?
まぁ似たような意味合いですが、こう言う感情を
博士に対して抱かせちゃダメなような気がしました。
気に入った人物には紳士的に接するも、それ以外は
人を人とも思わないドス黒さが魅力ですからね。
トレードマークの噛み付き防止用マスクを無理に
【頬当】に当てはめたのは意外とツボでした♪
(゚▽゚)v
4. Posted by メビウス   2007年04月25日 15:16
風情♪さんこんばんわ♪

全編通して復讐劇な事も違和感を感じた理由の1つかもしれません。従来のレクター博士は自身の患者も手に掛けていましたが、本作では医学生だからか患者も持てなくて、結局グルータス一味ばかり天誅させてばっかりで・・・あ、肉屋もいましたね(笑

レディ・ムラサキにコン・リーも良かったですけど、やはり日本人と言う設定なら日本人の役者にもして欲しかったですね。工藤夕貴だったら英語も堪能だし、確かに適役だとも思いますね。
5. Posted by 風情♪   2007年04月26日 13:39
コメント感謝です♪

今回のレクター博士は【悪】のイメージが
薄かったんで、違和感と言うか物足りなさ
を感じたんです〜。

自分で書いておいて言うのも何なんですが
工藤夕貴じゃ、レディ・ムラサキ役にはや
っぱり役不足なんですよね。
軽さがまだあるように思えます♪ (゚▽゚)v
6. Posted by シャーロット   2007年04月26日 16:45
こんにちはー。
あーシリーズ知りませんから、とってもはまりましたです。まあファンを納得させる為にも続編はできたらあった方がいいですねー。笑

ムラサキってなんでムラサキ?
村崎さんって事かしら?爆

・・・
7. Posted by sabunori   2007年04月26日 18:56
風情♪さん、こんばんは。
そうですねー、私もシリーズの中ではちょっとムムム・・・っていう感じですかね。
風情♪さん同様シリーズでなければ悪くないと思うのですが。
それにしても若き日のレクターは美しかった!
コン・リーは子供に見えたりふけてみえたり不思議な女優さんですね。
8. Posted by 風情♪   2007年04月27日 11:17
コメント感謝です♪

シャーロット様
誕生と完成されたレクター博士は解ったので
次は成長過程が絶対に知りたいところです。
>ムラサキってなんでムラサキ?村崎さんって事?
村崎って、反省サルの村崎太郎さんじゃねぇっつうの!
「紫」ってなってたけれど「村崎」の方が断然
しっくり来るしオモシロいですね♪ (゚▽゚)v

sabunori様
>若き日のレクターは美しかった
この感想&好印象を持った人が結構いるんでちょっ
と驚いてます。
個人的なレクター博士観にルックスの「美」は
必要ねぇと思ってるくちなんで。まぁ若かりし
ころのエピだからまだ魅せられる悪徳の空気はまだ
無理なんでしょうな♪ (゚▽゚)v
9. Posted by あざみん   2007年04月30日 19:14
風情さん♪、こんにちは〜。
レクター博士シリーズとして観るにはちょっと違和感というか
微妙さ加減がありますね。
それなりに見応えがあって楽しめたのですが、あの美しい
ハンニバルが後のレクター博士になるとは思えません(^_^;)
日本的な要素も不思議な感じが・・・。
10. Posted by 風情♪   2007年05月01日 13:10
コメント感謝です♪

前のコメにも書いたのですがレクター博
士に見てくれの【美】は不要だと思えて
ならんですよ。
博士の魅力は内なる【美】ですからね。
原作者は日本が好きなんでしょうか?
それだったらもう少し、文化を勉強して
欲しかったところですよね♪ (゚▽゚)v
11. Posted by もじゃ   2007年05月09日 00:35
こんにちは。いつもTB&コメントありがとうございます。
今回の脚本はトマス・ハリスだと聞いて結構期待していたんですがねぇ。
ハンニバル・レクター・シリーズの1つと考えるとね、ガッカリでした。
レディ・ムラサキってレディ・紫式部だったの!?
12. Posted by 風情♪   2007年05月10日 11:18
コメント感謝です♪

>今回の脚本はトマス・ハリスだと
 聞いて結構期待していた
原作を読むと、ほとんど手を加えてない
感じでしたよ。
紫式部をモチーフにしてるみたいですね。
レディ・ムラサキは広島出身とあるのに
あの鎧兜は伊達政宗とありましたよ。
意味解りません…。( ̄~ ̄;) ウーム
13. Posted by HARRY   2007年09月01日 01:01
5 はじめまして(*´∀`)

昨晩、新作レンタルでやっと観れて、他の方の感想を探してこちらにやってきました。

私はこの作品、非常にOKオーライな感想です。
確かに、ムラサキは日本人の女優さんにやってもらいたかった感はありますが、コン・リーの百恵ちゃんばりのアジアンビューティーに目を奪われてしまいました(*´∀`)

これからも遊びに来させていただきます♪
TBさせていただきました<(_ _)>
14. Posted by 風情♪   2007年09月01日 11:56
コメント感謝です♪

コン・リーは個人的に大好きな女優さんの
一人と言うこともあってアジアン女優さん
の中では実力は1だと思ってます。
美しさの面で言えば仲間由紀恵ですがね。

これからも仲良くしてやってくださいね♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ