2008年07月13日

純喫茶磯辺

isobe 日本
 コメディ
 監督:吉田恵輔
 出演:宮迫博之
     仲里依紗
     濱田マリ
     麻生久美子

【物語】
磯辺裕次郎は、8年前に妻が家を出て行って以来、高校生の一人娘・咲
子との2人暮らし。無気力な毎日を送る裕次郎だったが、ある日、父親が
急死して多額の遺産が舞い込むことに。仕事を辞めダラダラする裕次郎
は偶然入った喫茶店でマスターと美女がイチャついている姿を目撃して、
喫茶店を始めることを思いつく。そして、あきれる咲子をよそに、近所の商
店街に純喫茶磯辺をオープンしてしまう。咲子は渋々店の手伝いを始める
が、案の定、客の入りはサッパリ。そんな時、美人の素子がバイト志願に
やって来る。裕次郎はさっそく、元々いたバイトの江頭をクビにして素子を
採用。すると、素子目当ての客が増え、ほどなく店内は常連客で賑やか
になっていくが…。   (allcinema)

本作か「庭から昇ったロケット雲」を観るかでかなり悩むも、端から期待し
ていたことと、B・B・ソーントンの面を観るより麻生久美子を拝んでいた方
が涼やかでイイだろうと思い観に行って来ました。

軽い笑いと程よい毒気で、ひと夏の出来事を通じて成長する少女・咲子
を軸に周りの連中の心の移ろいを綴った展開は期待通り最後まで和んだ
心持ちで気持ち良く観れ、「庭から昇ったロケット雲」は観てないから何と
も言えんが、こっちを選んで後悔無しと言ったところ。
やもめのダメ親父と素直でしっかり者の娘のコンビも終始仲の良さが伺え
るあたりは、最近の捻くれた女子高生観を思うとかなりの好印象。
ダメ親父が多額の遺産を元手に不純な動機ではじめる喫茶店を開くまで
の経緯だけでも十分オモシロかったが、そんな2人の元にバイトでやって
来た何とも表現し難いキャラの素子が絡んでくるとオモシロさが倍増。
閑古鳥が鳴いていた喫茶店も不思議な空気を漂わせる彼女を目当てに
次第に賑わい始めるワケだが、女目線の咲子は嫌っていたけれど、男目
線で見ると彼女のキャラと言うのは確かにそそられる存在。
当初、素子のはっきりとしない素性や毛深いと言うセリフに「カワイイ顔し
て、もしかしたら×なのでは?」などと期待の念を抱いたんだけどね〜。
まぁこれが正解だし、×だったら逆にここまでオモシロいと思えなかった
かも知れんな。
ラストで苦々しくも充実した思い出の残る潰れた喫茶店をシャッター越し
に除き涙する咲子の初々しい心情にホロリ。

ダメ親父、裕次郎の宮迫はまぁ良くも悪くもなくだったけれど、一番難しい
役どころを見事に演じた咲子役の仲里依紗をはじめとする濱田マリ、麻生
久美子の女優さんたちの存在感が抜群でとてもヨカッタ。
特に素子役の麻生久美子が巧い! 彼女のルックスで素子みたいなのが
いたら裕次郎同様に間違いなく攻めに出るだろうなぁ〜♡
そうそう、ハリセンボンの近藤春菜の裕次郎にそれとなくクビを言い渡され
る前の勘違いぶりの演技は妙にリアリティがあってツボだった。

notorious74 at 14:55コメント(8)トラックバック(11)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 純喫茶磯辺  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年07月13日 16:00
公式サイト。吉田恵輔監督。いい加減な父親磯辺裕次郎(宮迫博之)が開いた喫茶店といい加減なアルバイト女性素子(麻生久美子)に挟まれたしっかり者の娘の高校生咲子(仲里依紗)の1年間の成長物語。
2. 純喫茶磯辺  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年07月13日 19:09
2 ダメ人間たちを描く悲喜劇だが、完全にツボが違ってしまい最後までノレなかった。思いつきで喫茶店を始めたぐうたら親父としっかり者の娘の日々を描く。個性的な客は一瞬芸的に描かれるだけで面白味を感じるまでには達していない。最近流行のカフェ映画の好感度の源は、なご....
3. 純喫茶磯辺/宮迫博之、仲里依紗  [ カノンな日々 ]   2008年07月13日 21:33
というわけで?『純喫茶磯辺』です。役者の宮迫博之さんって私はけっこう好きなんだけど、なんでも『蛇イチゴ』以来6年ぶりの主演作品らしいです。予告編からしてダメダメなお父さんぶりや、仲里依紗さん、麻生久美子さんらのキャラたちが面白そうで実は今週の本命作品とし....
4. 純喫茶磯辺  [ 龍眼日記 Longan Diary ]   2008年07月14日 09:16
純喫茶という響きが好きだ。 大人のための秘められた憩いの場というどこか甘い響き。 純喫茶では絶対にアイスコーヒーは銅の器で出てくる。 キンキンに冷えた器は汗をかいていてコーヒーの冷たさは格別だ。 そういえば最近近所に「軽喫茶○○」っていうのがオープンし...
5. 97●純喫茶磯辺  [ レザボアCATs ]   2008年07月14日 22:25
これは何か自分の好みそうな映画かな?と思って、ついつい見に行きました。雰囲気がマッタリしてて、宮迫のキャラも何かしらやってくれそうな、そして笑えそうな、ちょっとホロっときそうな、そういう映画じゃないかな、と。そこそこ楽しみにしてたんですね。
6. 映画:純喫茶磯辺 試写会  [ 駒吉の日記 ]   2008年07月17日 10:15
純喫茶磯辺 試写会(サイエンスホール) 「こんな店なくなってよかった」 なぜにカフェじゃなくて喫茶なのか。。。昭和テイストのなんというかどーにもダメなところの集大成のような店ですがある種のノスタルジックを感じます。 宮迫のダメ親父っぷりはあまりにも...
7. 純喫茶磯辺  [ ★試写会中毒★ ]   2008年07月22日 08:53
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:吉田恵輔 キャスト:宮迫博之       仲里依紗       麻生久美子       濱田マリ       近藤春菜       ダンカン       和田聰宏、他 ■内容■  
8. 【2008-167】純喫茶磯辺  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年07月22日 20:26
3 人気ブログランキングの順位は? 喫茶店はじめたぐらいじゃ、 人生変わらないと思ってた・・・。
9. 「純喫茶磯辺」完成披露試写会  [ アートの片隅で ]   2008年07月26日 23:26
「純喫茶磯辺」の完成披露試写会でヤクルトホールに行って来ました。 舞台挨拶に登場したのは、宮迫博之、仲里依紗、吉田恵輔監督の3人です。 宮迫博之は最近あまりやらなくなった「ミ、ヤ、サ、コ、です!」のギャグに、照れていました。 最近テレビドラマ「ハチワンダイ...
10. 純喫茶磯辺  [ eclipse的な独り言 ]   2008年09月15日 19:10
 これ結構いけます。日曜の昼間に見るにはもってこいでした。(9月14日 静岡シネ
11. 純喫茶磯辺  [ C'est Joli ]   2008年10月22日 14:18
3 純喫茶磯辺’08:日本 ◆監督:吉田恵輔「机のなかみ」◆出演:宮迫博之、仲里依紗、濱田マリ、近藤春菜、ダンカン、和田聰宏、ミッキー・カーチス、斎藤洋介、麻生久美子 ◆STORY◆高校生のひとり娘・咲子と公団で暮らしている磯辺裕次郎。急死した父が遺した多額の遺....

コメント一覧

1. Posted by sabunori   2008年07月14日 09:14
風情♪さん、こんにちは。
この監督、前作でもそうなんですが女性をよく観察しているなーと感心しました。
麻生久美子の演じる素子みたいな女性って絶対男子に人気出ますよね〜。
そしてそんな男子を見て「なんでわかんないんだろ」と冷めた目で男子を見る女子の姿も目に浮かぶところです。(笑)
磯辺に通う面々、キャラが楽しすぎでした。
2. Posted by 風情♪   2008年07月14日 11:41
コメント感謝です♪

吉田恵輔監督作品を観たのも、名前を
知ったのも本作が初めてでした。

サバけてるのにプチ不思議ちゃん系の
女の子は間違いなくモテるタイプです!
まぁ確かに同性から見れば腹立たしい
存在であると言うのも解る気がします。
男でもそう言うバカ野郎がいますからね。

お客の面々が皆、変質的な奴等ばかり
で楽しかったです♪ (゚▽゚)v
3. Posted by とらねこ   2008年07月14日 22:34
こんばんは〜、風情♪さん。
そうですね、なんか、麻生久美子は、怖いぐらい本物っぽく見えました。
素子が喋り始めて、さえぎるように咲子が「うぜえよ」って言った時の気持ち、すっげー分かったもん(笑)
あとやっぱ、どっか鈍感な感じがしちゃうんだけど、そういう辺りが、
「別に男に好かれれば、女に良く思われなくてもいいや」的に思えて、女子にはダメなんですよねー。
でも、意外に素なんですよね〜。そんなイヤなヤツじゃないの。そういうのもすっげー伝わりました。
4. Posted by 風情♪   2008年07月16日 10:39
コメント感謝です♪

きっと男でも素子タイプの女性を嫌う
奴も多いと思うんですが、ボクは恐ら
く思いっきり釣り上げられる方ですね。
まぁ男女に関わらずモテる奴って何を
やっても素だったりするんですよね〜。
こう言う奴には勝てませんよ。
モテない男の見解でした…r(^^;)
5. Posted by 健太郎   2008年09月19日 23:24
2 こんばんは。遅くなりましたが観てました。
単純なようで奥が深くて、奥が深いようで実はそうでもなさそうで、でもやっぱり深いのかな?
と、よくわからない状態です。
だらだらとしてるけど詰まっていた夏の出来事、でしょうか。
なかなかに感想の難しい映画でした。
6. Posted by 風情♪   2008年09月21日 10:39
コメント感謝です♪

言わんとすることはよく解ります。
でも、個人的にはこのダラダラ感がとても
心地よかったんで、リラックスして最後まで
飽きることなく楽しく見ることが出来たと
言ったところです。
結構、1シーズンのちょっとした出来事みた
いなストーリー展開って好きだったりする
もんでして♪ (゚▽゚)v
7. Posted by 健太郎   2008年09月26日 01:39
2 えらく遅くなってしまってすみません。
TB&コメントありがとうございました。

やはり「一夏の思い出」と捕らえるべきなんですかね?
そもそも、そんな御託抜きで観ろ、て事ですかね?
イマイチ乗り切れなかったものでそんな事を考えてしまいました。
8. Posted by 風情♪   2008年09月26日 11:04
コメント感謝です♪

一夏の思い出&それを通して大きくではなく
少し成長と言うのが大好物なんですよね。

いや、でも健太郎さんの言うこともよく解るん
ですよね〜。
同じような作風でも時としてこれらの設定や
空気がやたらと鼻に突くときがあるんで。
この手の作品って作るのも観るのも意外と
難しいのかも知れないですね♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ