2008年09月21日

おくりびと

okuribito 日本
 ドラマ
 監督:滝田洋二郎
 出演:本木雅弘
     広末涼子
     山崎努
     余貴美子
    

【物語】
  チェロ奏者の大悟は、所属していた楽団の突然の解散を機にチェロで
食べていく道を諦め、妻を伴い、故郷の山形へ帰ることに。さっそく職探し
を始めた大悟は「旅のお手伝い」という求人広告を見て面接へと向かう。
 しかし旅行代理店だと思ったその会社の仕事は、“旅立ち”をお手伝い
する納棺師というものだった。社長の佐々木に半ば強引に採用されてし
まった大悟。世間の目も気になり、妻にも言い出せないまま、納棺師の
見習いとして働き始める大悟だったが…。     (allcinema)

 そもそもオレは何々映画祭の何々賞受賞と言う冠が付くと敢えてスル
ーする傾向にあるヘソ曲がり者なんだけれど、本作は賞を受賞する前か
ら扱われている納棺師がどう言うものか興味があったことと、ここ最近ど
う言うワケか嫌いだった広末涼子が急に気になる存在になって来きたこ
ともあり、張り切って観に行って来ました。

 期待していたとは言え、お涙頂戴的な作りでもあるんだろうと気持ち構
えていたのだが…我ながら勝手な思い込みが甚だしかったと反省。
 普通だったら怖いとか、ちょっと…と敬遠されがちな【死】を特別なこと
でも、忌み嫌う物でもなく当たり前のこととして捕らえ、時折軽い笑いを混
ぜて、よくぞこうも温かく見事に織り込んだものだと思うばかり。
 まぁ、ご他聞にもれずオレも【納棺師】なる職種を初めて知ったワケだが
彼らの誠意と尊厳を持って死者に対する一連の儀式はまるで何かの舞
を見ているようで不謹慎かも知れないけれど心奪われるものがあった。
納棺師と言う仕事に対してキレイだの芸術的だののイメージが先行しがち
だけれど、実際は死に携わる仕事と言うのはオレ等が思っている以上に
堪えるものが大きいとも思えるから、そのイメージだけで固まって欲しくな
いなとも思える。
 大悟が扱った死者の死に方も自殺・事故死・病死・孤独死と様々で、そ
の死に方によって遺族がそれぞれ違った反応を示す描かれ方にはリアリ
ティがあり感慨深くもあった。
 中でも印象的だったのが笹野高史演じる火葬場の親父の「死は門だと
思う〜」のセリフで、それまで死に携わることを生業としている人に対して
美香ほどではないものの同じような気持ちがあったことを否定できないこ
ともあって、このセリフ聞いたときは目から鱗と言うか頭をガツンとやられ
たと言うかで反省の念と感銘を抱き、そして感動の涙。

 主役のモックンをはじめ脇を固めた一癖も二癖もあるベテラン俳優さん
たちはホントに素晴らしかった。本作でも笹野氏の存在は光るものあり!
 お目当てでもあった広末涼子はどうだったか?と問われれば、正直な
ところよく解らん…なんせ映画はもちろんTVドラマでも彼女の演技を観
たのは今回が初めてだったもんで比べようがないんだよね…。
モックンに服の上からとは言え(揉み弄ったところでオモシロ味を感じさ
せるサイズではなかったけれど)よく乳を揉み弄らせたなぁ〜と思えなく
も。まぁ何だ、大人の女優としての第一歩と言ったところか?

notorious74 at 16:10コメント(13)トラックバック(37)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ≪おくりびと≫(予告編あり)  [ 局の独り言。 ]   2008年09月21日 21:30
9.13 Road Show 「おくりびと」 - 公式サイト Yahoo!映画 - おくりびと 解説: ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があた...
2. 「おくりびと」:福神橋バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2008年09月21日 21:36
{/hiyo_en2/}やっぱり、あれよねえ。死ぬときくらい美しい姿で死にたいわよねえ。 {/kaeru_en4/}なんだよ、いきなり。あと100年はピンピンしていそうな体格して。 {/hiyo_en2/}でも映画の「おくりびと」とか観るとそう思わない? {/kaeru_en4/}わかった、わかった。その...
3. おくりびと<試写会>  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年09月21日 21:40
観てきました。 <丸の内ピカデリー2> 監督:滝田洋二郎 脚本:小山薫堂 所属楽団が突然解散、職を失ったチェロ奏者の大悟。音楽の道を諦め、妻の美香とともに、母が残した家がある故郷の山形へ。職を探す大悟は、ある朝一件の求人広告を見て・・・。 観たいけど観たく...
4. おくりびと  [ いい加減社長の日記 ]   2008年09月21日 21:56
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/63b954fb4fc7b25c528730f06b7cc45d
5. おくりびと(2008年)  [ 勝手に映画評 ]   2008年09月21日 22:00
2008年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。ベネチア国際映画祭に、北野武(『アキレスと亀』)、押井守(『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)、宮崎駿(『崖の上のポニョ』)の3監督の作品が出たと騒いでいる陰を縫って、こちらの作品が、別のところで世界的...
6. 『おくりびと』 (2008) / 日本  [ NiceOne!! ]   2008年09月21日 22:05
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...
7. おくりびと  [ 花ごよみ ]   2008年09月21日 22:07
監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎。 納棺師…こういう仕事はあまり 今まで聞いたことがありません。 この作品はモントリオール世界映画祭で グランプリに輝いたということです。 米アカデミー賞の、 外国語映画賞部門の日本代表にも 決まりました。 チェロ奏者だった主...
8. おくりびと  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2008年09月21日 22:09
5 ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (383) おくりびと(ネタバレ編) -ぼろぼろ泣ける。しかし泣けるだけではない。 チラシを読みながら、20年以上前の祖父の通夜のことを思い出した。 かけられた布団の膨らみは亡くなっ...
9. おくりびと  [ You got a movie ]   2008年09月21日 22:19
監督 滝田洋二郎 音楽 久石 譲 キャスト 本木雅弘 広末涼子 山崎 努       余貴美子 吉行和子 笹野高史 峰岸 徹  とても美しい映画です。最後の方では不覚にも止めどなく涙が溢れていました。 モントリオール映画祭でグランプリを受賞しましたが、日本人...
10. おくりびと/本木雅弘、広末涼子  [ カノンな日々 ]   2008年09月21日 22:23
『夜の上海』の舞台挨拶でモックンが言ってた「今はまだ言えない次回出演作」ってコレだったんですね。モックン自身が物語の発案をしたという話だけど、たぶんモントリオール映画祭でグランプリを受賞しなかったら日本では公開前から話題にさならなかったでしょう。素敵な代....
11. 『おくりびと』  [ めでぃあみっくす ]   2008年09月21日 22:25
第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続き、本年度アカデミー賞日本代表にまで選ばれたこの作品。納棺師という日本独特のものを描いていながら、決して職業説明だけに留まらず、宗教や国境を越えて全世界共通の「身近な者の死」の受け止め方を丁寧に描いていた秀....
12. おくりびと (試写会にて)  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年09月21日 22:37
5 納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか?   物語:「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。」―...
13. 映画レビュー「おくりびと」  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年09月21日 22:59
「おくりびと」オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆納棺師になった青年の成長を通して生と死の意味を問う秀作。納棺の所作と山形の自然が美しい。 【75点】  失業したチェロ奏者の大悟は、ひょんなことから故郷の山形で納棺師という職につく。特異な職業にとまど...
14. おくりびと  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年09月21日 23:02
公式サイト。滝田洋二郎監督、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫。遺体を「葬る」(ほうむる)ことと遺体を「頬張る」(ほおばる)こととは、実は一対じゃないかと思えてくるほど、なぜか食事のシーンが多い。
15. 映画「おくりびと」を試写会で鑑賞  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年09月21日 23:29
 「おくりびと」@ヤクルトホール 試写会の主権はニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」だ。映画上映前にパーソナリティーの増田みのりさんの舞台挨拶があり上映だ。客入りは若干空席のある9割ほどで年齢層は高い。 映画の話 リストラされたチェロ奏者・大悟...
16. おくりびと    試写会  [ レンタルだけど映画好き ]   2008年09月21日 23:56
キレイになって、逝ってらっしゃい。 見つけた仕事は、納棺師。人生最高の旅立ちのお手伝い致します。 人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと――。   あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか? そしてどう“おくられたい”ですか? 2008年 日本 2008...
17. 『おくりびと』  [ ラムの大通り ]   2008年09月22日 00:03
----この映画って、9月の公開だよね。 いま、話すの少し早くニャい? 「いやいやどうして。 この映画に関しては 内覧試写の案内がなんと2月から電話やファックスで…。 それだけ松竹としては自信作なんだろうなと 密かに期待はしていたけど、 なるほどこれはよくできている」...
18. おくりびと  [ 悠雅的生活 ]   2008年09月22日 00:33
 人の尊厳と、日本の所作の様式美。そして、清しさ。
19. 「おくりびと」  [ お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法 ]   2008年09月22日 01:38
(2008年・松竹/監督:滝田 洋二郎) “納棺師”という珍しい職業を題材に、人間の喜び、悲しみを丁寧に描いて心温まる、本年屈指の感動の傑作。 チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は、所属
20. 偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年09月22日 07:08
遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。
21. おくりびと  [ 迷宮映画館 ]   2008年09月22日 08:16
御当地です。
22. 「おくりびと」  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年09月22日 08:39
納棺の際の死化粧と納棺の儀式を行なう「納棺師」という人の死にまつわる職業に焦点を当て、ともすれば美化しすぎたりネガティヴになりがちな題材を、ユーモアを交えつつ普遍的に描いた滝田洋二郎監督作品。 まずはともあれチェロ奏者の夢を捨てて納棺師となった主人公大悟...
23. 『おくりびと』  [ Sweet*Days** ]   2008年09月22日 08:43
監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他 モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞 チェロ奏者だった大悟(本木雅...
24. おくりびと  [ ぷち てんてん ]   2008年09月22日 17:57
珍しく試写会に当たったんですよ〜。試写会ってやっぱり年齢を書かせるけど、年齢を見て選んでいるのね(笑)試写会の年齢層は高かったですもん。と思ったんだけど、よく考えると試写会の応募した人の年齢が高かったのかもしれないよね。モントリオール映画祭グランプリ受...
25. 「おくりびと」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年09月22日 18:15
全てをナチュラルなものとして捉えたい、そんな作品だから言葉にするとひどく嘘っぽく聞こえてしまいそうで、蘊蓄はあまり語りたくないし、聞きたくない。きっと誰もが観るだけで心に沁み入るものがあると思う。素晴
26. 【試写会】おくりびと(評価:☆)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2008年09月22日 20:34
【監督】滝田洋二郎 【出演】本木雅弘/広末涼子/余貴美子/吉行和子/杉本哲太/笹野高史/山崎努 【公開日】2008/9.13 【製作】日本 ??.
27. 『おくりびと』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年09月22日 21:53
昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりました。 先月、松竹オンラインさんからいただいた試写会をフイ...
28. 映画 【おくりびと】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年09月22日 22:29
映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、...
29. おくりびと  [ 映画のメモ帳+α ]   2008年09月23日 00:15
おくりびと(2008 日本) 英語題  Departures 監督   滝田洋二郎   脚本   小山薫堂       撮影   浜田毅                   音楽   久石譲                出演   本木雅弘 広末涼子 山崎努       ...
30. 『おくりびと』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年09月23日 00:35
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思ったら
31. おくりびと  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年09月23日 14:51
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくすごい!素晴らしい!完璧です! ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い映...
32. おくりびと  [ カリスマ映画論 ]   2008年09月23日 20:28
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『生』を慈しみ、『死』を尊ぶ  
33. 「おくりびと」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年09月23日 21:32
「おくりびと」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 原作は何かということも知らなければ納棺師という仕事も知りませんでした。 葬儀屋の話だとずっと思っていました。 納棺師そういう仕事あるんですね。 あんなふうに納棺の仕事見せられると素晴らしいと思うのですが、...
34. 『おくりびと』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年09月23日 22:41
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点...
35. おくりびと  [ C'est Joli ]   2008年09月23日 23:00
4 おくりびと’08:日本 ◆監督: 滝田洋二郎「バッテリー」「阿修羅城の瞳」「壬生義士伝」◆出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努 ◆STORY◆所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の....
36. 試写会「おくりびと」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2008年09月28日 01:13
2008/8/2、有楽町朝日ホールでの開催。 最近は並ぶのが嫌で、開場前に行くことは少なくなった。 それにしても今回は遅かった。 開演ぎりぎり、5分前のベルが鳴った後に到着。 中段から上は満席だが、いつも前方の席を選んでいるので中央の席を確保できた。 **   本木...
37. おくりびと☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2008年10月07日 23:40
予告を観たときに、なんとなく様式美的でいいかなっと変なところでひっかかってた『おくりびと』そしたら、モントリオール映画祭で金賞ですか?平日金曜日の昼間の回・・・ほぼ満席って^^;これって映画祭金賞効果なのか、どうなんだろう・・・ちなみに年配の方が多くて・

コメント一覧

1. Posted by ノラネコ   2008年09月21日 23:23
こんばんは~、
確かに笹野高史の台詞はズシンときましたね。
なるほど、門という考え方なら、死そのものの捉え方も違ってくる。
色々な宗教でも死後の世界へは門を通ってゆくのも、同じ考え方から来てるのかなあなど、色々考えてしまいました。
じんわりと心に残るいい映画でした。
2. Posted by sakurai   2008年09月22日 08:20
どうもです。
この映画の舞台になったのが、なんせ実家のあるところなもんで、普通以上に思い入れを持ってみました。
なんか、吹きだまりのような、田舎の象徴なような扱われ方でしたね。まあ、そうですけど。
流れ流れて、山形は庄内にすんでるのねえ。
ま、そんなひがみはそっちにおいて、ここは笹野さんでしたわ。彼のセリフも佇まいも、庄内弁も見事でした。
3. Posted by 風情♪   2008年09月22日 13:47
コメント感謝です♪

ノラネコ様
先日はお疲れ様でした。

葬式の形式には多々の宗教が絡みますが
死自体にはんなもん関係ないですからね。
この一言で佐々木より平田と言う人間に惹き
付けられたところが大きかったです。
それに差別の念は無いとは言え、やっぱり心
のどこかで死を生業にしている人に対してちょ
っと…と思っていたこともあって平田のセリフ
&仕事に対する姿勢が大きく響きました♪
(゚▽゚)v


sakurai様
おお〜庄内がご実家ですか。
父方の祖父母の出が山形市内と寒河江なん
で、本籍は東京なんですが、一応我が一族は
出羽の出となってます。
山形の中でも庄内ってあまり知らなかったので
すが、何か良さ気なところだな〜と思えました。
関係の無い話ですが、山形って名作映画の舞
台になる地ですよね尾♪ (゚▽゚)v
4. Posted by 睦月   2008年09月22日 14:03
こんにちわ。
先日は楽しい時間を本当にありがとうございました。

田舎育ちのズーズー弁な私は、『フラガール』での
田舎の描き方に大変憤慨して、全く良い映画だとは
思えなかったんですが・・・この作品には全く違和感を
感じることなく見入ることができました。

モックンの東北弁もとてもよかったー。
笹野さんはもうさすがとしか言いようがないなあー。

自分の経験や体験とシンクロさせながら
この作品を観た人が多いと思います。
物語で泣かせるのではなく、細やかなエピソードの
積み重ねで、受け手の心情に深く入り込むような
要素が大変秀逸な1作でしたね。
5. Posted by たいむ   2008年09月22日 18:14
風情さん、こんにちは。
>「死は門だと思う〜」
笹野さんってホント素敵な役者さんですよね。
とはいえ、このセリフは一つの例えであって、そうだなーと思いつつ、ちょっと違うような気もして、まぁ、いろいろですね。
この伏線には「やられた!」でしたが(^^)
6. Posted by メビウス   2008年09月22日 20:43
風情♪さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ドラマもあんまり観ないですし、『鉄道員(ぽっぽや)』すらも未だに未鑑賞なので、自分も実は広末涼子が出演してる作品を観るのは本作が初めてだったりします。
他作品でどうだったのかは分かりませんけど、彼女の半脱ぎシーンは自分も結構驚愕しましたね。でもどうせなら体当たり的にもっと大胆に脱いだ方が、彼女の演技を更に高く評価出来たかもしれないですね〜。結局変に寸止め食らって少々ガッカリしてしまいました(^^;)
7. Posted by 風情♪   2008年09月22日 22:04
コメント感謝です♪

睦月様
先日はお疲れ様でした。

まぁ幸いなことにボクは今まで生きてきて
葬式というものに参加した回数が死んだ
ジイさんを含めて4回くらいしかないんで
あまりと言っちゃ〜なんですがシンクロす
ることは残念ながら無かったです。
もし、シンクロする部分がもっとあれば感
動も感慨も大きかったのではと思えてなら
んです。
葬式なんか参加する回数が少ないほど
イイことなんですがね♪ (゚▽゚)v


たいむ様
>「死は門だと思う〜」
ちょっとセリフが長かったんで最初の行で端
折っちゃいましたが、その後の言葉の方に
感銘を受けた方が大きいと言ったところなん
ですよ。
「死者を送り出す門番」のと言うところですかね。
自分の中で敬遠してるつもりがないと思って
いてもどこかで「ちょっと…。」と言う念がある
のを否定できなかったもんで、彼の姿勢や
心構えみたいなものにガツンとやられた感じ
なんですよ…言葉足らずでゴメンなさいね…。
r(^^;)
8. Posted by 風情♪   2008年09月22日 22:07
メビウス様
ボクもあまりTVドラマは観ない方だし同じ
く「鉄道員(ぽっぽや)」も未見です。
彼女の半脱ぎは結構驚きでしたよね。
こう言う演出をすように思えないイメージが
大きかったもんで。

>変に寸止め食らって少々ガッカリ
嗚呼〜コレに関しても全く同じ意見ですわ〜。
もうチョイ露出があって欲しかったですよね!
(*゚∀゚)=3 ムッハー
9. Posted by ミチ   2008年09月22日 22:34
こんにちは♪
ヒロスエがどうにも好みじゃないのですが、男性にとってはもしかして「たまらん」かんじの人なんでしょうか?

>よく乳を揉み弄らせたなぁ〜と
そう思わせるような人なんですね。
でも、バツイチで子供アリなんでしょ、彼女。

モックンはじめ山崎さん笹野さん、みなさん素晴らしくて、やっぱり彼女だけが浮いて見えてしまったのです。
仕方ないかなぁ〜?
10. Posted by sabunori   2008年09月23日 00:02
風情♪さん、こんばんは。
「山形へ帰ろうと思う」と言った夫に「いいよ」とニッコリ笑って東京での生活をさっさとたたんでついて行っただけでもできた奥さんだぁ!と思いました。
笹野さんはじめ山努、余貴美子と脇が文句なく素晴らしかったですね。
山努が食べるシーン、本当に「困ったことに」おいしそうでした。
11. Posted by chikat   2008年09月23日 00:09
こちらもコメントで失礼します。

広末さん、もう子供さんもいるママさんなんですから、いつまでも清純派とは言っていられないと思うし、ちょっと危ないシーンもこなしてこれからなんでしょうが、あのしゃべり方だけは、私はどうも駄目です。
ごめんなさい。
最近は長沢まさみちゃんなんかもそんな感じですが、作品によって使い分けてほしいと思いました。

宗教的なこととか、文化的なこととか、美しくみせてくれたことは、とても映画的なんでしょうね。
12. Posted by 風情♪   2008年09月23日 11:12
コメント感謝です♪

ミチ様
いや、広末は別に「堪らん」と感じさせるワケ
ではなく最近TVでよく見かけたんで女優さん
として、気になって来たと言ったところなんです。
確かにモックンをはじめ周りを固めたベテラン俳
優さんたちがみな曲者ばかりだから彼女は浮い
てしまっていた感は否めませんね。
まぁ深田恭子よっか遥かに上手くは感じました
けどね♪ (゚▽゚)v


sabunori様
あの奥さんは見てくれとは裏腹にかなり精神的
にタフな女性ですよね。
鶏肉、干し柿、白子とホント困ったことに美味そう
でしたよね。あのバケツいっぱいのチキンを一人
で全部喰いたいです。って言うかそれをやるのが
夢であったりもするんですよね♪ (゚▽゚)v
13. Posted by 風情♪   2008年09月23日 11:17
chikat様
しゃべり方の使い分けか〜なるほど。
どんな演技をしてもしゃべり方が変らない
俳優さんっていますよね。
でもそれを味と言う見方もあるから難しい
ところでもありますよね。
一連の儀式を美しいとか芸術的と皆さん
おしゃってるんですが、何かその辺だけが
クローズアップされているように思える
ことがあってちょっと違和感を覚えてます…。
( ̄~ ̄;) ウーム

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
超絶カワイイ、まりか♪
photo-marika01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ