2009年03月15日

ダウト 〜あるカトリック学校で〜

doubt アメリカ
 ドラマ&ミステリー
 監督:ジョン・パトリック・シャンリー
 出演:メリル・ストリープ
     フィリップ・シーモア・ホフマン
     エイミー・アダムス
     ヴィオラ・デイヴィス

【物語】
 前年のケネディ大統領の暗殺や公民権運動の高まりなど激動と変革の
真っ只中にある1964年。ニューヨークのブロンクスにあるカトリック学校で
も、厳格な校長シスター・アロイシアスに対し、進歩的で生徒の人望も篤
いフリン神父はより開かれた校風にしていくべきとの持論を展開していた。
 そんなある日、新人教師のシスター・ジェイムズは学校で唯一の黒人生
徒ドナルドを呼び出したフリン神父の不可解な行動に不審を抱きシスター・
アロイシアスに相談する。シスター・アロイシアスは2人が不適切な関係に
あるのではと疑い、フリン神父を厳しく問い詰める。   (allcinema)

 アカデミー賞に何ら興味のないオレだけれど、演技3部門で4人がノミネ
ートされた出演者たちによる演技合戦をどうしてもと、個人的に「司祭」や
「薔薇の名前」のように淫靡な空気を感じさせる背景にキリスト教の作品
が好きだったりもするので観に行って来ました。

 どちらが正義なのか明確な答えをくれなかったので気持ちモヤモヤする
ものはあれど、確証の無い疑惑の中で繰り広げられる各々の心理&価値
観の会話劇は、緊迫感も感慨も深く、只単に疑惑を暴くだけの作品と思っ
ていただけに見応えが十分以上にあった作品だった。
 「疑うことなかれ」を教義とするカトリックに置いて、厳格で保守的な思考
…それもと自分には持ち得ない資質を持つフリン神父への嫉妬から芽生
えた一方的で確証の無い疑惑を芽生えさせ暴走させてしまったシスター・
アロイシスと言う一人の人間の卑小さ、不寛容、視野の狭さの劣等感が徐
々に露呈して行く様と、そんな彼女が最後に傲慢ながらも己に向けた疑い、
犯した罪深さ、愚かさに気付き涙するラストは印象的。
また、寛容さを持って教会の改革を目指すフリン神父、校長と神父の言動
に疑惑と信じたい気持ちで揺れる新人教師のシスター・ジェイムズの純粋
故の危うさ、時として悪と折り合いをつけなければ生きて行けない現実社
会で逞しく生きるドナルドの母ちゃんと疑惑に絡む登場人物たちの描写も
見事。

 観てないからはっきりと言い切ることは出来ないんだけれど「マンマ・ミー
ア」での弾けた感じのM・ストリープとは違い本作での冷徹で無表情の演
技は鬼気迫るものがあり、彼女が主演女優にノミネートされたのも頷ける。
 P・シーモア・ホフマンの如何にも怪しげな空気を漂わせる演技も流石の
一言で、2人の舌戦のシーンは下手な法廷劇の遣り取りよりピリピリとした
空気があって惹き込まれること間違い無しなんで観る価値は大アリ。

notorious74 at 13:56コメント(6)トラックバック(14)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ Sweet*Days** ]   2009年03月15日 15:52
監督:ジョン・パトリック・シャンリー CAST:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 他 196...
2. ダウト ??あるカトリック教会で??  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年03月15日 16:41
主演は最近では『マンマ・ミーア』が記憶に新しいオスカー女優のメリル・ストリープ。共演にこれまたオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン。他にもエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィス。驚嘆すべきはこのメインの3人がいずれも本年度アカデミー賞にノミネー...
3. 「ダウト あるカトリック学校で 」  [ ハピネス道 ]   2009年03月15日 16:54
JUGEMテーマ:映画  主要登場人物4人がアカデミー賞にノミネートされていた本作品、惜しくも受賞までには至りませんでしたが、前評判として聞こえてくるのは、そのクオリティの高さについてのことばかり…。とても期待していました。もともとは舞台劇ということ...
4. 映画「ダウト あるカトリック学校で」(2008年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2009年03月15日 20:16
     ★★★☆☆  John Patrick Shanley監督が トニー賞とピュリッツァー賞に輝く自身の舞台劇を映画化。 原題は「Doubt」。        1964年、ニューヨーク・ブロンクスのカトリック学校。 校長のシスターAloysius Beauvier (Meryl Streep )は 厳格な指導...
5. ダウト ??あるカトリック学校で??  [ 映画通の部屋 ]   2009年03月15日 20:48
「ダウト ??あるカトリック学校で??」DOUBT/製作:2008年、アメリカ 10
6. ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ  [ カノンな日々 ]   2009年03月15日 21:42
前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジナルは舞台劇でトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞演....
7. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年03月15日 22:38
公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)>>>校長(メリル・ストリープ)と説明されていたはずなのに...
8. 映画レビュー「ダウト/あるカトリック学校で」  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2009年03月15日 23:47
ダウト―疑いをめぐる寓話◆プチレビュー◆ 大量破壊兵器の疑惑に振り回された米国を強く意識させる物語。名優同士の競演は凄味がある。 【70点】 1964年のNY・ブロンクスのカトリック学校。厳格な校長シスター・アロイシスは、新米教師の目撃談から、進歩的で人望のあ....
9. ★ダウト〜あるカトリック学校で〜(2008)★  [ CinemaCollection ]   2009年03月16日 02:49
DOUBT神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化。上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/03/07ジャンルドラマ/ミステリー【解説】劇作家ジョン・パトリック・シャンリ...
10. ダウトーあるカトリック学校でー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年03月16日 22:48
4 この物語から浮かび上がってくるのは、「確信が凝り固まった後には、疑惑という名の亀裂が生じる」というひとつの心理。 ジョン・パトリック・シャンリィ監督の、アメリカ社会に対する想いが、登場人物のセリフ、設定のなかに真摯に込められている。 物語:舞台は教会に...
11. ダウト 〜あるカトリック学校で〜  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年03月19日 18:26
1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在で...
12. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2009年03月31日 21:40
『少年愛の美学』じゃなく『少年愛の疑惑』 ...なぁんて耽美なものでなく、ばりばり言葉のバトル・ロワイヤルです...(あら...) 大作とい??.
13. ●ダウト 〜あるカトリック学校で〜(DOUBT)  [ コブタの視線 ]   2009年04月24日 23:45
私の母は敬虔なクリスチャンでした。 娘にそれを強要はすることもなかったので、私はたまに母に付き合って教会にいくくらいでしたが、あの??..
14. 神聖なはずのカトリック学校で何が起こったのか?「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2011年10月21日 02:14

コメント一覧

1. Posted by となひょう   2009年03月15日 20:51
こんにちは。
ご覧になったのですね。
重厚でしたね。
観客に解釈を委ねるような終わり方でしたけど、あれはあれでズシッときました。
ホフマンさんは、今までの出演作をつい思い出してしまうと、本当は怪しいんじゃないかと思わされました。
その存在感がさすがと言うか。
『マンマ・ミーア!』は、弾け過ぎでしたー
メリルだけではないのですが、歌唱力が伴わないパフォーマンスって印象だったので、私には騒がしいだけのミュージカルでした。
だから、本作のメリル・ストリープには安心しました。
2. Posted by 風情♪   2009年03月16日 12:14
コメント感謝です♪

フリン神父が徹底抗戦もせずにあっさり
と学校を去ったことを思うと、疑惑はホ
ントだったのか?と思っちゃうんですよね。
でも本作はそんなことは二の次で疑惑に
絡む面々の心理劇がホント素晴らしかった
です♪ (゚▽゚)v
3. Posted by オリーブリー   2009年03月19日 18:33
風情さん、こんばんは〜TB、ありがとうございました。

「マンマ・ミーア」は楽しい映画でしたが、確かに弾けたメリルよりこんな冷淡な役柄の方がしっくりきますね。

疑う事と信じる事、寛容や妥協、考えさせられました。

>時として悪と折り合いをつけなければ生きて行けない現実社会

本当に仰るとおりです。
あの親子に救いの手を…と願います。
4. Posted by 風情♪   2009年03月22日 10:44
コメント感謝です♪

神父が行為に及んでいたのかは謎で
すが、底辺部から這い上がろうと努
力する親子に救いがあって欲しいで
すよね。
「疑」「信」どちらも盲目的なって
しまうことに今更ながらに考えさせ
られました♪ (゚▽゚)v
5. Posted by コブタです   2009年04月24日 23:41
先日お会いした段階では迷っていたのですが、風情♪さんの言葉を聴いてやはり観にいってしまいました!

面白かったです!
やはり、、M・ストリープ、、妙に高いテンションでハジケタ演技ではなく、、こういう演技を見たいのよ!と私は強く思いましたよ(−−;

こういう役をやって、単なる嫌なオバハンにならないところが、彼女の凄いところですよね!
6. Posted by 風情♪   2009年04月26日 00:34
コメント感謝です♪

「マンマ・ミーア」を観てないんで
解らんのですが、予告なんかで観た
あの弾けぷりより彼女は断然、本作
のような腰の据わった役柄の方がシ
ックリくると思います。
極力、化粧気を控えた風貌もヨカッ
タし、また実際にいそうだからスゴ
イです♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ