2010年02月14日

インビクタス / 負けざる者たち

inv アメリカ
 ドラマ&伝記&スポーツ
 監督:クリント・イーストウッド
 出演:モーガン・フリーマン
     マット・デイモン
     トニー・キゴロギ
     パトリック・モフォケン

【物語】
 1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、
彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワ
ールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナールは、一致団結
して前進する。   (シネマトゥデイ) 

 イーストウッド監督作品は絶対に間違いは無ぇし、何やかやと観に行く理由
付けも必要無ぇ!つべこべ言わずにじぃさんの説教でも喰らって来るかと張
り切って観に行って来ました。

 最後には小さな希望を感じることが出来るものの基本的に観た後、凹んで
しまう作風が多いイーストウッド監督作品の中にあって本作は意志の強さ、
信念のために屈しないと登場する人物の軸は一緒だけれども、最初から最
後まで希望を声高らかに謳い上げたストレート勝負で(新聞配達のワゴンや
旅客機、そして挙動不審の少年と思わせぶりに不安を煽る演出が多かった
のがチョット気になったけど)マンデラ氏にもラグビーのどちらかに特出すも
のではなく全てが絶妙なバランスで綴られていて観ていてスゲェ気持ちのイ
イ作品だった。にしても旅客機のエピは実話だと言うから機長の心意気に愛
国心と男気を感じずにはいられない!!
 アパルトヘイト撤廃後、それまでの互いの立場が逆転したことで生じるであ
ろう混乱の悪の循環をその国の象徴を用いて赦し=融和政策を図り国を国
民を一つに纏め上げて行くマンデラ氏の指導力も然ることながら、その象徴
に試合後に敵味方の区別が無くなり互いに健闘を讃え合う【ノーサイド】と言
う言葉を用いるラグビーを選んだあたりは融和政策を体現するにはこれ以上
のものはないと思え氏の類稀なる政治力を見た思い。
オレ等日本人も時節がらから言えば長野五輪でのスキージャンプ団体や0
2年の日韓共催のW杯で日本代表の活躍(まぁ、組み合わせに恵まれた感
は強いけどね)なんかで経験しているだけに後半の南ア代表の試合のシー
ンや共に国旗を掲げ、国歌を歌うスタジアムや街中の人々の一体感や高揚
感が最高で、また個人的にナショナリズムを掻き立てられるものが右肩上が
りなだけにこの手の大好きなもんだから熱い涙で溢れてしまった。
 
 アパルトヘイトのために国際舞台から閉め出しを喰らっていた南アが自国
開催とは言え95年のW杯で国際舞台に戻って来た時は確かオーストラリア
やニュージーランドより強く【影のチャンプ登場】と騒がれていたと記憶してる
んだけれども本作を観る限りじゃ自国でも大して期待されていはいなかった
みたいなのは少々ビックリだった。
にしても日本はアジアじゃナンバー1だけど、やっぱ世界に出るとだねぇ…。
まぁ、そらぁ〜そうだわなぁ…なんせ2メートル近く&100キロ級、そしてスピ
ードも持ち合わせた連中に勝てるワケねぇよ…。

notorious74 at 09:30コメント(11)トラックバック(32)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. インビクタス/負けざる者たち  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年02月14日 12:37
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。“I ...
2. インビクタス/負けざる者たち  [ Akira's VOICE ]   2010年02月14日 12:43
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
3. 劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」  [ 日々“是”精進! ]   2010年02月14日 12:47
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール...
4. インビクタス 負けざる者たち  [ あーうぃ だにぇっと ]   2010年02月14日 12:55
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出た...
5. インビクタス / 負けざる者たち  [ Diarydiary! ]   2010年02月14日 13:16
《インビクタス / 負けざる者たち》 2009年 アメリカ映画 ?? 原題 ??IN
6. インビクタス/負けざる者たち  [ 悠雅的生活 ]   2010年02月14日 13:26
私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。
7. 『インビクタス 負けざる者たち』  [ めでぃあみっくす ]   2010年02月14日 14:04
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でした....
8. インビクタス 負けざる者たち  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年02月14日 14:32
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画化...
9. インビクタス‐負けざる者たち‐  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年02月14日 15:12
2010年2月13日(土) 18:30?? チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかスポー...
10. インビクタス/負けざる者たち  [ まぁず、なにやってんだか ]   2010年02月14日 16:06
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモーガ...
11. インビクタス/負けざる者たち  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年02月14日 16:58
最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。
12. 試写会「インビクタス/負けざる者たち」  [ 流れ流れて八丈島 ]   2010年02月14日 17:57
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...
『ミリオンダラー・ベイビー』辺りからでしょうか、とても優れた作品を次々と世に送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作です。このところのクリント・イーストウッド監督の作品はまずハズレ無しと思ってもいいくらいの安定感を誇ってるのでこの映画にもかなり....
14. 「インビクタス/負けざる者たち」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年02月14日 18:27
最近の濃厚・濃密なイーストウッド作品とはまた違った、どちらかといえば政治色よりスポーツ色の要素が強い映画だけれど、長年の恨み辛みを水に流して今こそ国全体で変わっていこうとする静かなる闘いと、ラグビーの
15. 「インビクタス 負けざる者たち」  [ ハピネス道 ]   2010年02月14日 18:49
JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。「チェンジリング」「グラントリノ」に引き続き、またもや感動の嵐…。今年で御歳80ですから、そのバイタリティに脱帽です。ここのところ一貫して“正義”や“勇気”というメッセージが伝わってくる作品が...
16. インビクタス 負けざる者たち  [ インビクタス 負けざる者たち: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年02月14日 19:03
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデラ元...
17. 『インビクタス/負けざる者たち』 ('10初鑑賞16・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2010年02月14日 19:42
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。
18. 『インビクタス/負けざる者たち』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2010年02月14日 20:38
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観てき...
19. 奇跡のゴール〜『インビクタス/負けざる者たち』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年02月14日 21:16
 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって宮.
20. インビクタス/負けざる者たち  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年02月14日 21:55
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネルソ...
21. インビクタス/負けざる者たち  [ Memoirs_of_dai ]   2010年02月14日 22:58
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...
22. インビクタス/負けざる者たち [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年02月14日 23:05
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994年、...
23. インビクタス/負けざる者たち  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2010年02月14日 23:32
偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピール....
24. インビクタス/負けざる者たち  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年02月14日 23:48
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経...
25. インビクタス/負けざる者たち  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年02月14日 23:54
インビクタス/負けざる者たち'09:米 ◆原題:INVICTUS◆監督・製作:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「硫黄島からの手紙」◆出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン ◆STORY◆1994年、....
26. インビクタス 負けざる者たち  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2010年02月15日 00:09
■ 試写会にて鑑賞インビクタス 負けざる者たち/INVICTUS 2009年/アメリカ/134分 監督: クリント・イーストウッド 出演: モーガン・フリー...
27. インビクタス/負けざる者たち(2009年、アメリカ)  [ 泉獺のどうでも映画批評 ]   2010年02月16日 12:08
 この映画は、試写会で観ました。 監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・リーヴス、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ原題:INVICTUS原作:
28. 「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな??。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2010年02月16日 13:50
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな??!イーストウッド監督。  南アフリカで、...
29. インビクタス/負けざる者たち☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2010年02月17日 23:15
クリント・イーストウッドの作品は音楽が結構好きです。ということもあり、今回もはまり♪舞台は南アフリカ共和国。1994年マンデラが大統領になりアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をひとつにまとめるために、彼が注目したものは・・・1995年に開催されたフッ...
30. 『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2010年02月20日 08:01
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
31. インビクタス 負けざる者たち  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2010年02月22日 21:18
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ/スコット・イーストウッド 【公開日...
32. インビクタス/負けざる者たち  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年03月08日 23:06
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。

コメント一覧

1. Posted by たいむ   2010年02月14日 18:32
こんにちは。
>凹んでしまう作風が多いイーストウッド監督作品
そうそう、毎度悔しい涙があふれちゃうんですが、今回は嬉しい涙ばかり。
そういう意味では軽く感じちゃうけれど、熱さはここ最近では一番かもしれません。
監督のセンスには頭が感服するばかりですね。
2. Posted by KLY   2010年02月14日 19:06
風情さんの言うとおりで、ラグビーをやっている友人に聞いたら、南アは優勝してもおかしくないぐらいの実力はあったっていってました。ただ、やっぱりアパルトヘイトが撤廃されて国内が大混乱している時期には、正直ラグビーどころじゃないって言うのもあったようですね。

私は今回モーガン・フリーマンに完全にやられましたよ。彼がスクリーンに登場した瞬間から持ってかれました。なんて素晴らしく魅力的な俳優なんだろう…。アカデミー賞獲って欲しいな。
3. Posted by 風情♪   2010年02月16日 10:22
コメント感謝です♪

たいむ様
イーストウッド監督作品の中でも一番好きな
「ミリオンダラ〜」は同じスポーツものでも
観た後、かなり凹みましたからねぇ。
スポーツ&社会ドラマの組み合わせの作品は
たくさんあるですが、本作は話がそのどちら
にも偏り過ぎずで絶妙なバランスで観ていて
ホントに気持ちがヨカッタです♪
(゚▽゚)v


KLY様
劇中でも準々決勝止まりと言っていたあたり
は実力的なものではなく、国内の情勢でのこ
となんでしょうね。
でも、この辺のやり取りだけを観るとラグビ
ーに明るくない人が聞けばただ単に南アはそ
れほど強いチームではないと言う印象を与え
てしまうように思えたんで、チョット不親切
かなぁとも思えました。
なんでしょう、M・フリーマンはこう言う人
格者の役やらせると最高ですよね♪
(゚▽゚)v
4. Posted by コブタです   2010年02月20日 00:29
最後のラグビーシーン熱かったですよね〜

あまりの迫力に、すっかり興奮すら覚えてしまいました。

日本ラグビーはイマイチみたいですね、、不思議と、、アメフトは結構強いのにね〜
ワールドカップで2度優勝して、前回もアメリカ相手に20対23と大健闘なのにまったく世間で騒がれない可哀想な表、、、。
5. Posted by 風情♪   2010年02月21日 11:17
コメント感謝です♪

TVでやってれば観ることは観るんですがルールをよく
知らないこともありラグビーには他の球技と比べると
馴染みが薄いんですが、あの決勝戦のシーンには結果
が解っていても大興奮ものでした。

ああ〜そう言や〜アメフトは矢鱈と強いらしいっすね。
ラグビーはやっぱ欧米人やサモアあたりの面々と比べ
ると体格的に劣ってますからねぇ〜。
重戦車がトップスピードで突っ込んでくるんですぜ。
かないっこないっすよ♪ (゚▽゚)v
6. Posted by メビウス   2010年02月22日 21:19
風情♪さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

イーストウッドは監督としての手腕が秀でているので基本ハズレなしの作品多数ですけど、後味が妙に重いのも多分に含まれてるので、なんか気を引き締めて観なければと思う所もあるんですよねぇ^^;
でもその点本作は全然重苦しい雰囲気はありませんでしたし、最後の優勝も凄い気分が高揚して、南アの国民と一緒に心の中で歓喜してたよーなw

ネルソン・マンデラの融和政策にこういう秘話があったというのも驚きですが、スポーツのもたらす力というのも改めて知った気がしますねぇ。WBCの2冠達成の時なんかも、日本全体が本作のラストシーンのような感じだったんじゃないでしょうか?
7. Posted by 風情♪   2010年02月24日 14:06
コメント感謝です♪

イーストウッド監督作品は後味が重いんですよ、
だけにボクは間際まで観るか否かで迷うとこと
が多々あるんですよ。
でも、ハズれ無し、心にガツンと響いた
りする
んで結局は劇場に足を運んでしまうんですよね〜。
やっぱ、最後の決勝戦のシーンなんかを観ると
スポーツ映画はイイなぁとつくづく思ってしまい
ます。
とは言え、本作はスポーツに偏りすぎもせず、
マンデラ氏にも偏り過ぎずで兎にも角にも頗る
バランスのイイ、熱い作品でした♪
(゚▽゚)v
8. Posted by ノラネコ   2010年02月28日 22:51
ストレートで熱血な作品でしたね。
アメリカの話でないせいか、イーストウッド作品にしてはやや理詰めに感じましたが、クライマックスではこぶしに力が入りました。
しかし、いろんな意味で、この15年で世界は変わったんだなあと思いました。
機長の応援はビックリですけど、今だったら撃墜されてますね(苦
9. Posted by 風情♪   2010年03月01日 14:45
コメント感謝です♪

熱血ものなんすけど、これがスポ根に偏
り過ぎず、マンデラ氏にも偏り過ぎずの
絶妙な匙加減に感服ってぇところです。
終盤の決勝戦のシーンは結果が解ってい
るのに&スポ根が苦手な人でも絶対に力
が入ったのではなかろうかと思えるくら
い大興奮でしたよね♪ (゚▽゚)v
機長の応援は今だった100%迎撃されて
ますよねぇ〜。
10. Posted by ノラネコ   2010年03月01日 23:42
イーストウッドの熱血な部分がストレートにでた力作でしたね。
ラストでは思わずググッと熱いものが溢れてきました。
果たして、今度のW杯ではどんなドラマが生まれるんでしょうか。
南アの優勝は・・・ちょっと無理でしょうけど。
11. Posted by 風情♪   2010年03月03日 15:57
コメント感謝です♪

ラグビーに関してはサッカーや野球ほどに詳
しくはないんで南アが今どのくらい強いのか
よく知らんのですよねぇ〜。
知ってると言えば、ニュージーランド、オー
ストラリア、イングランド、フランスが強い
程度ですわ。
個人的にはアイルランド&アルゼンチン代表
が好きなんで両国に優勝して欲しいところで
すが、本作を観た後だと南アを応援したくな
っちゃいます♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ