2010年08月22日

瞳の奥の秘密

sc スペイン&アルゼンチン
 ドラマ&犯罪&サスペンス
 監督:フアン・ホセ・カンパネラ
 出演:リカルド・ダリン
     ソレダ・ビジャミル
     パブロ・ラゴ
     ハビエル・ゴディーノ

【物語】
 刑事裁判所で働いていたベンハミンは、定年を迎え、25年前に起きた忘れ難い
事件をテーマに小説を書くことにする。
それは1974年、新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件で、担当
することになったベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人
の職人が逮捕され…。   (シネマトゥデイ) 


 ここ4〜5年でアルゼンチン映画が日本でも多く公開されるようになり、それに併
せてオレも年に1〜2本は劇場に足を向けている傾向にある。
本作は今年一発目のアルゼンチン映画、今年だか去年だかのアカデミー賞外国
語映画賞を受賞(アカデミー賞自体は興味ないけど、外国語映画賞は別)した謳
い文句に釣られて張り切って観に行って来ました。
 
 刑事裁判所の元職員のエスポシトが、退職を機に25年前に関わり不本意な結
末で終えてしまった殺人事件を小説化するために再調査をはじめ、過去と現在の
エピを織り交ぜながらその事件に関わった連中の姿とエスポシトのいれーネへの
秘めた想いを丁寧かつ重厚な人間ドラマは素晴らしく、過去と現在、過去と引きず
ったままの愛への決着、人間ドラマとサスペンスと二重構造で綴られていてどれ
も複雑過ぎず、時にコミカルと緩急が素晴らしくオスカー受賞も頷ける。
 また、逃亡中の犯人が名前や仕事、住居先をいくら変えても好きなものまでは
変えられない(南米らしい行だったし、オレも同様だなと思えて思わず苦笑)や、目
線でと言った些細なことから犯人を追い詰めるあたりや全く予想さえしなかった衝
撃の結末を迎えるサスペンス部もこれまた素晴らしい。
正義と法の下に犯人を逮捕するも上司のエスポシトへの個人的な思惑と政治的利
用価値から無罪放免としてしまう行にアルゼンチン…と言うより南米?特有のズル
さと言うか社会や時代の暗部みたいなものを垣間見た思い。
殺人犯から権力側に転身した犯人がエレベーター内でエスポシトとイレーネに対し
て無言の脅しをかけるエピの緊張感と空恐ろしさは秀逸としか言いようがない。

 アルゼンチン人の俳優さんは全く持って知らんけど、奥さんへの深い愛と犯人へ
の寡黙な恨みを演じていた殺された女教師の夫リカルド役のパブロ・ラゴを要チェ
ックてぇところだな。
って言うか、この俳優さん「今夜、列車は走る」に出てたんだ…全然記憶にねぇよ。
まぁイイさ、兎にも角にも要チェックの俳優さんだ。
 エスポシトの相棒で飲んだくれのパブロの存在もヨカッタ。彼のコミカルさが無か
ったら重く静かな展開だけにきっと中ダルみしてしまってかも知れん。
友を救うため、正義が罷り通らないもどかしさ、そして酔いどれの手前ぇに見切り
をの複雑な想いが重なった彼の最期にウルり…。

notorious74 at 22:30コメント(7)トラックバック(8)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 瞳の奥の秘密  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年08月23日 00:22
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホ...
2. 『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン  [ NiceOne!! ]   2010年08月23日 06:12
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...
3. 瞳の奥の秘密  [ あーうぃ だにぇっと ]   2010年08月23日 06:38
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今日...
4. 瞳の奥の秘密/リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル  [ カノンな日々 ]   2010年08月23日 09:47
本国アルゼンチンでは大ヒットを記録し第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。70年代の軍事政権下のアルゼンチン社会を背景に過去の記憶に支配され苦悩する男の姿を描くサスペンス・ドラマ。 出演はその他に、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ・....
5. 映画レビュー「瞳の奥の秘密」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2010年08月23日 23:47
El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は、政...
6. 瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年09月01日 23:02
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...
7. 【映画評】瞳の奥の秘密  [ 未完の映画評 ]   2010年09月06日 23:47
1974年のブエノスアイレスを襲った残虐な殺人事件を発端に、人間の業をえぐり出すミステリー・ドラマ。
8. 瞳の奥の秘密  [ 龍眼日記 Longan Diary ]   2010年09月10日 15:19
刑事裁判所を退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は25年前に自分が担当した ある殺人事件を題材にした小説を書き始める。 それは1974年、新婚夫婦の妻が自宅で殺害された事件だった。 ベンハミンはこの事件を部下のパブロ(ギレルモ・フランチェラ)、 上司のイレ...

コメント一覧

1. Posted by KLY   2010年08月23日 00:26
25年越しのサスペンスと恋愛の謎解きがこんな風に絡まりあってくるとはね。ちょっとこういうプロットは考え付かないです。お見事!
しかも恋愛にも事件にもきちんと大きな伏線を用意して、しかもそれが単純に結末を想像させてしまう訳ではなく、上手いこと途中で回収したかに見せかけてある。いやはや参りました。
2. Posted by rose_chocolat   2010年08月23日 06:18
パブロはやっぱり、人生に嫌気がさしてたんだろうなーと思います。
いくらなんでも、単に義侠心では死ねないじゃんって思うんですよね。

途中ちょっともたっとした感じがあって、
もしもこれがフランス映画ならどういう風にしただろうと思いました。
3. Posted by 風情♪   2010年08月23日 16:12
コメント感謝です♪

KLY様
前半部の人間ドラマ、後半のサスペンス
その2つに平行して進むロマンスと言う構
造がホント素晴らしかったです。
そのどのパートも出過ぎず、引っ込み過ぎ
ずでバランスも最高でした。
まぁ、ロマンス部での伏線の張り方にはチ
ョイとあざとさを感じちゃったのは否めん
です♪ (゚▽゚)v

rose_chocolat様
パブロのあの行動の選択は複雑なものが重
なり合い過ぎて痛いくらいでした。
そうなんすよ、ダレこそはしないものの途
中ダレかかったんで、彼のコミカルなキャ
ラでだいぶ助けられたところが大です。
う〜ん、本作がフランスだったらかぁ…。
もっと暗く重い展開だったかもですかねぇ♪
(゚▽゚)v
4. Posted by ノラネコ   2010年09月01日 23:05
これは名作でした。
個人史と社会史が交錯するよく出来た物語に、凝りに凝った映像。
全く予想出来なかったオチまで、のめり込んでみてました。
オスカー受賞も納得の出来です。


5. Posted by 風情♪   2010年09月04日 13:25
コメント感謝です♪

前半部も然ることながら犯人逮捕後のエピ
が半端なくオモシロく、中でも権力側に華
麗に転身した犯人のエレベーター内での無
言の脅しと終盤での予想外のリカルドの行
動はもう鳥肌もので、この演出の秀逸さに
は感服ものでした♪ (゚▽゚)v
6. Posted by sabunori   2010年09月10日 15:11
風情♪さん、こんにちは。
アルゼンチン映画って私はほとんど観たことがなかったのですがコンスタントに公開されているんですか。
むむむ、知らなかった・・・!(恥)
ところでこの作品は観ごたえありましたね。
あの自分の胸元を見る犯人の視線でピンときて攻め込むイレーネのシーンは息を飲むほどでした。
リカルドのなくなった妻への愛、犯人への憎しみが産んだあの結末は心が凍りつくと共に悲しみがこみ上げました。
7. Posted by 風情♪   2010年09月12日 09:52
コメント感謝です♪

大作&話題作こそ少ないけど、地味に
イイ作品が
年間を通じて何本か公開されるようになってます。

そうそう、犯人が胸元を見る視線でイレーネが犯人
と確信するシーンは圧巻でした。
女性特有の直感と性犯罪者等に対する嫌悪感をあの
シーンで全て表現していたように思えましたからね。
リカルドの犯人を個人的に収監したあたりまでは
解るけど、長い年月、犯人に何の言葉もかけない
と言う手口にゾクゾクしました。
犯人にとっては死よりもつらい仕打ちと思わざる
を得ないですもん♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ぎゃ〜〜〜〜〜ッ!!
one02

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ