2011年02月26日

英国王のスピーチ

kings イギリス&オーストラリア
 ドラマ&伝記
 監督:トム・フーパー
 出演:コリン・ファース
     ジェフリー・ラッシュ
     ヘレナ・ボナム=カーター
     ガイ・ピアース

【物語】
 幼いころから、ずっと吃音に悩んできたジョージ6世。そのため内気な性格だっ
たが、厳格な英国王ジョージ5世はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピー
チを命じる。ジョージの妻エリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルのもと
へ夫を連れていくが…。   (シネマトゥデイ)

 最近、気になっていている俳優さんの一人であるC・ファース主演で、全く興味は
ないけど今年のアカデミー賞に12部門でノミネートされているとのことで興味(なん
だかんだとエラそうなこと言ってるワリには気になるのか?)があったので張り切っ
て観に行って来ました。

 ほほぉ〜、吃音がありそれがまたプレッシャーとなり人前で巧くしゃべることの出
来ないジョージ裟い離灰鵐廛譽奪ス解消劇をオモシロ可笑しく描いた「わが教え子、
ヒトラー」
のようなコメディ作品かと思っていたのだけど、国よりも愛に生きることを
選び退位した兄エドワード疾い慮紊鮨泙蕕困盞僂い瀬献隋璽賢裟い凌擁舛塙餡Δ
して生きねばならなくなった苦悩、彼の吃音矯正に当たったライオネルとの階級を
越えた友情を静かに綴った人間ドラマだったのはこっちの勝手な思い込みとは言え
チョット意外な気もだけど、最後には高揚させられたりウルリとさせられたりで毛色
の違ったスポ根映画みたいで見応えのある作品だった。
 ラストで戦争に突入することを国民に向けて発表せねばならないエピのジョージ
裟い離好圈璽舛賄初、某国の首相の所信表明や施政方針演説みたいに官僚の
書いた原稿をまんま読んでいるだけのものだったのに何時しか淀みがなくなりそれ
がまるで自分の言葉になって行く様に愛国心を掻き立てられるもがあって何とも言
えない高揚感が込み上げて来る。
基本的にこう言う愛国心を揺さぶる演出が大好きってぇのもあるけどね。
まぁ、派手な展開も無いうえに終始淡々と進むだけに好みが別れるところかも知れ
んけど、格式高い英国王室の人間がFワードを連発するあたりや演説の名手ヒトラ
ーとの対比なんかはかなり可笑しいし、全体的に心地よく観れるんで、先に述べた
ように全く興味はないけど今年のアカデミー賞に12部門でノミネートも頷ける。

 オスカーで互いに対抗馬になっている「ソーシャル・ネットワーク」は未見だから何
とも言えんし、何が作品賞を獲っても一向に構わんけど、善良で時として感情を爆
発させるジョージ裟い魃蕕犬C・ファースは素晴らしかったので彼には主演男優賞
を獲られせてやりたいところだ。
また、どっしりと腰を落ち着けてるライオネル役のG・ラッシュはさすがと言ったところ。
ジョージ裟い砲靴読佞ず離れずで叱咤激励し優しく見守るH・ボナム=カーターが
演じたエリザベス(現女王のかあちゃん)の存在が素晴らしい。
彼女はここんとこエキセントリックな役柄しか観てなかっただけに久々に落ち着いた
役柄の新鮮味は抜群。

notorious74 at 22:30コメント(3)トラックバック(16)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 劇場鑑賞「英国王のスピーチ」  [ 日々“是”精進! ]   2011年02月27日 14:53
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
2. 『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース...  [ NiceOne!! ]   2011年02月27日 15:02
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー...
3. 英国王のスピーチ  [ Akira's VOICE ]   2011年02月27日 15:46
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
4. 英国王のスピーチ  [ あーうぃ だにぇっと ]   2011年02月27日 16:20
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試写
5. 『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2011年02月27日 16:22
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。
6. 英国王のスピーチ  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2011年02月27日 18:49
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...
7. 『英国王のスピーチ』  [ こねたみっくす ]   2011年02月27日 20:48
英国史上最も内気で、繊細で、かんしゃく持ちなうえに、自分に自信がない内弁慶な国王の、男としてのプライドを賭けた静かなる戦い。それがジョージ6世の歴史に残るあの名演説。 ...
8. 英国王のスピーチ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年02月27日 21:38
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った実
9. 英国王のスピーチ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年02月27日 21:49
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...
10. 英国王のスピーチ  [ Memoirs_of_dai ]   2011年02月27日 22:18
日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピーチを命じた...
11. 英国王のスピーチ  [ とりあえず、コメントです ]   2011年02月27日 22:25
英国王ジョージ6世が王になるまでを描いたドラマです。 吃音に悩んだ国王の物語と聞いて、どんな展開になるのだろうと気になっていました。 悩みながらも困難に立ち向かおうとする姿を見ながら、いつの間にか頑張って!と応援していました。
12. 映画レビュー「英国王のスピーチ」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2011年02月27日 23:49
公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ...
13. 「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2011年02月28日 18:11
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
14. 英国王のスピーチ・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年03月01日 22:30
王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...
15. 英国王のスピーチ / The King's Speach  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年03月03日 15:59
ランキングクリックして ね ←please click   先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
16. 英国王のスピーチ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2011年05月02日 16:24
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...

コメント一覧

1. Posted by KLY   2011年02月27日 00:32
何でもエリザベス王妃が自分が死ぬまではこのことはオープンにしてくれるなということで、今頃の映画化なんだそうですよ。
吃音を治すだけの話ならどうということもないですが、王のパーソナリティや王室の政治的立場、国民との関係までも描き出した秀作だと思います。私も基本「ソーシャル」とこれしか観てないので何とも言えませんが、主演男優は固いんじゃないかなぁ。去年『シングルマン』の素晴らしい演技でしたけど、ジェフが持ってきましたしね。今年こそはってのがあると思います。^^
2. Posted by ノラネコ   2011年03月01日 22:48
見事オスカー掻っ攫って行きましたねえ。
戦争の始まりを、こんなにも静かに、それでいて情感たっぷりに描いた作品は珍しいかも。
あらゆる点が上品かつ高い完成度で作られていたと思います。
個人的にはソーシャルもこれもどっちも好きなんですが、実はこの2本、案外似たもの同士と思っています。
ソーシャルもおススメです。
3. Posted by 風情♪   2011年03月02日 18:32
コメント感謝です♪

KLY様
ほほう、そのような経緯があったんですか。
とは言え、オープンになったらなったで映画なりと一つの作品
として発表するあたりは中々皇室を題材にした作品が撮れない
日本の感覚からするとスゲェなぁと思うばかりです。
ですね、吃音矯正だけの話だったらただそれだけのものだった
でしょうね。今の王室しか知らんので彼のように国民に慕われ
た王がいたことを知れたことも有意義な作品でした♪ (゚▽゚)v


ノラネコ様
いや〜、見事にオスカーをGet!しましたね〜。
正直なところどの作品が?誰がノミネートされていたのか知ら
んかったのですが、C・ファースのオスカー受賞だけはまず間違
いないだろうなぁと思ってました。
後出しジャンケン的な意見ですけどね…><
あまり好きそうな感じがしなかったんでスルーしたんだけど、や
っぱこうなると「ソーシャル」も観ておけばと今になって思う
ばかりです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ぎゃ〜〜〜〜〜ッ!!
one02

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ