2011年08月21日

シャンハイ

sha アメリカ&中国
 サスペンス&ロマンス
 監督:ミカエル・ハフストローム
 出演:ジョン・キューザック
     コン・リー
     チョウ・ユンファ
     渡辺謙
     
【物語】
 1941年、アメリカ諜報部員のポールは、太平洋戦争勃発前の不穏な空気が漂
う上海の地を踏む。彼は親友の死の真相究明のためやって来たが、やがて中国
とアメリカ、そして日本を取り巻く巨大な陰謀の真相に迫っていく。
ポールの周りには常に彼を執拗に追い回す日本人将校タナカらの存在があり…。
(シネマトゥデイ)

 普段ならハリウッド映画に我らが謙さんに菊池凛子と日本人俳優が主要キャス
トで出演しているだけで観に行くところなんだけれども今回は謙さんたちが目的で
はなく、もうマジで抱かれたく抱かれたくてしょうがないG・リー様を一目拝顔したく
て張り切って観に行って来ました。

 別に殺された諜報員が何を掴んでいたのかを語ってるワケじゃないんだけど19
41年の12月前と言う日付と加賀&赤城の両空母と航空魚雷の存在を観れば日本
軍による真珠湾への電撃作戦の情報を掴んでいたことは一目瞭然で政治サスペ
ンスとしては些か拍子抜けの感が無きにしもだし、各面々の愛憎劇も手数を掛け
た分ただただ面倒クサいだけ…。
俳優陣の顔ぶれに魔都上海と言う折角の極上素材が揃っているのに全体的に男
たちが激動の渦中にいるにも関わらず一人の女に振り回されるだけで【木を見て
森を見ず、森を見て木を見ず】の中途半端で薄っぺらで大してオモシロくもない作
品だった。
 一部で「反日映画」と言われるほど感じるものは無い。無いけど第二次大戦時の
日本軍の悪行を描かれると解ってはいてもやっぱり気分のイイものではないわな。
コナーの感情には共感出来るものが十分以上にあるけど諜報員失格だな。
諜報員が道義心を持ち合わせてたら戦争なんざ起きねぇよとも思ってみたりする。

 J・キューザックは良くも悪くも安牌なんで落ち着いて観ていられる。片や日本人
組は全く印象に残らないし、菊池凛子に至ってはあの役は彼女でなくちゃならんか
ったのだろうか?と思えるほど…C・ユンファも何だかなぁ…。
目当てのG・リー様の妖艶さだけが唯一の救いだった♪ にしてもG・リー様は本作
と言い「マイアミ・バイス」と言い出演したハリウッド作品の出来が芳しくねぇな。
中国に腰を落ち着けて再度Z・イーモウ監督とタッグを組んで欲しいところである。
そうそう阿片窟にいた二人の白人の一人が「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」
でホームズを演じていたN・ロウだったのにはビックリ!

notorious74 at 22:30コメント(8)トラックバック(10)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. シャンハイ    SHANGHAI  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2011年08月21日 16:51
上海出身の映画製作者マイク・メダヴォイが企画して、太平洋戦争勃発直前の上海を舞台にして入り乱れた租界に暮らす男女の様子を描いたサスペンスだ。登場人物が下の者に指揮しているうちは重厚的だったけど、現場で銃撃戦をするシーンが出てきて深みに欠けていた。もう少し
2. 「シャンハイ」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2011年08月21日 18:56
アジアのスター勢ぞろいともなれば、観るしかないじゃないか!な気分で鑑賞。舞台は第2次世界大戦前後の”上海”。各国や個人の様々な思惑が交差し入り乱れた”魔都”と呼ばれる地で起こった米国人諜報員の殺害。サ
3. 『シャンハイ』  [ こねたみっくす ]   2011年08月21日 19:38
太平洋戦争開戦前夜、東洋の魔都・上海。そこで繰り広げられる国家ではなく5人の男女関係だけを揺り動かす、別に1941年の上海が舞台じゃなくてもいいやん!な物語。 ジョン・キュ ...
4. シャンハイ  [ あーうぃ だにぇっと ]   2011年08月21日 21:46
8月12日(金)@一ツ橋ホール。 今日から夏の短期休暇。(笑) たまりに溜まったお仕事を片付け、夕方から一ツ橋ホールに出かけた。 この時期の東京は人も車も少ない。 他県ナンバーの車の比率が普段より高い。 慣れてない故か危険な運転をするドライバーが多いのも
5. シャンハイ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年08月21日 22:30
1941年の上海を舞台にとあるアメリカの諜報部員の死の真相を突き止めようとする主人公の視点で、男と女の複雑に入り組んだ悲しい関係を見つめた運命の物語だ。主演は『2012』のジョン・キューザック。共演にコン・リー、チョウ・ユンファ、菊地凛子、渡辺謙といった
6. シャンハイ  [ とりあえず、コメントです ]   2011年08月22日 08:44
太平洋戦争前夜の上海を舞台に、様々な想いと愛に動かされていく男女の姿を描いたサスペンスです。 話題のキャストと、1941年の上海がどんな状況だったのか興味があって気になっていました。 “魔都”と呼ばれた上海で世界の混沌がそのまま繰り広げられる様子に、ちょっと考
7. シャンハイ / SHANGHAI  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年08月22日 22:58
ランキングクリックしてね ←please click ジョン・キューザック×コン・リー×チョウ・ユンファ×渡辺謙  ジェニファー・アニストン×クライヴ・オーウェン主演の『すべてはその朝始まった』のミカエル・ハフスト...
8. シャンハイ/ジョン・キューザック、コン・リー  [ カノンな日々 ]   2011年08月24日 15:24
予告編が流れ始めた頃は『上海』というタイトルだったように思ったんですけど、いつの間にカタカナ表記になったのでしょう?しかも中国映画だとばかり思っていたらアメリカ映画だ ...
9. 『シャンハイ』 ('11初鑑賞114・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2011年08月24日 20:40
☆☆★−− (10段階評価で 5) 8月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。
10. シャンハイ  [ 龍眼日記 Longan Diary ]   2011年08月29日 23:37
日本、アメリカ、イギリスなど各国が租界を置いていた1941年の上海。 友人で同僚のコナーが上海で殺害されたことを知り、彼の後を引き継ぐ形で 米国諜報員のポール(ジョン・キューザック)が上海へと向かう。 コナーの死の真相を探るポールは情婦のスミコ(菊地凛子)、

コメント一覧

1. Posted by BROOK   2011年08月21日 15:46
>目当てのG・リー様の妖艶さだけが唯一の救いだった♪

ホント妖艶でしたよね。
そして、“美しい”演技を見せてくれ、あの喋り方がかなり好きです♪


作品自体は、サスペンスなのだけど、
愛憎劇メインといった感じでしょうか?
でも、愛憎劇自体も陳腐に感じてしまいました。
脚本を練れば、もっと面白くなったような気もしますが。

上海のリアルなセットは印象に残りました。
魔都を醸し出していましたね。
2. Posted by たいむ   2011年08月21日 19:00
面白かったか、って聞かれたら「ビミョ〜」って答えると思うのだけど、「面白くなかったか」と聞かされた、私は「そういうわけでもない」って答えるところです。

気持ちの問題は別として、日本人の悪行はハリウッドにありがちな「なんちゃって」な感じが無かったところで好印象です。
3. Posted by KLY   2011年08月21日 22:23
たいむさんに同意かなぁ。つまらないとは言わないです。豪華な役者陣はやっぱり観てるだけでも幸せになれるほどだし。ただなぁ…なーんか中途半端なんですよね。
4. Posted by mig   2011年08月22日 22:56
こんばんは☆
ごめんなさい、なぜかブラピのを送ってしまいました〜お手数ですけど削除お願いします!

わたしはこれ、もっと内容的に面白いものだと思っていたので、正直がっかりでした〜

はっきりいってどうでもいい(笑)
来月にはもう忘れてそうな内容、
コンリーは美しかったですね☆
5. Posted by 風情♪   2011年08月24日 11:58
コメント感謝です♪

BROOK様
別に裸になるワケでも激しい濡れ場があるワケでもないんだけど
個人的にG・リー様はそこにいるだけでエロスを感じる女優さん
なんすよ。
愛憎劇がメインだと思いますね。
まぁ、どちらにしても中途半端な感は否めずであまり楽しめる作
品でなかったです♪ (゚▽゚)v


たいむ様
何か今年はこの「オモシロいんだけどそれほどオモシロいってぇ
ものでは…。」の作品が多気がします。
ホントは日本の蛮行を観て反省したりしなきゃいけないところも
あるんだけど、なんちゃってでも全うでも解ってはいてもやっぱ
り気分のイイものではないです…><
6. Posted by 風情♪   2011年08月24日 14:20
KLY様
上でも言ったんすけど今年は特にキャストだけで目を惹く作品が
多い気がしてらんです。本作がまさにその類の作品で何時もの如
く悪くはないんだけど…なんすよねぇ…。
まぁ、それでも憧れのG・リー様のお姿と胸の谷間を拝めたこと
はヨカッタかなぁと♪ ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘヘ

mig様
間違いTB削除の件ですが謹んで【断る!】
別に迷惑TBじゃないんで別に構わんのですが削除しておきます。
まぁ、ただ中途半端なだけでつまらないワケではなかったけど
おっしゃる通り来月あたりには観たことすら忘れてるのは同意
かなぁです♪ (゚▽゚)v
7. Posted by sabunori   2011年08月29日 23:55
風情♪さん、こんばんは。
おっしゃるとおり今年は私も「これ!」という作品が少ないですねぇ。
この作品もそんな感じでした。
まぁもともと「こんな感じだろう」と思って鑑賞したのでそれほど落胆もしなかったのですが。
それにしても菊地凛子の役は何故彼女・・・?でしたね。
8. Posted by 風情♪   2011年08月30日 15:48
コメント感謝です♪

なんすよねぇ…な〜んか今年は例年に比べると作品的に小ぶりなの
かなぁ?と思えてならんのですよね。
新聞なんかにも洋画が不振とあったしボク自身映画チラシを集めて
るんすけど、2〜3年前あたりから手に入るタイトル数が減って来て
るし逆に邦画が倍増してるんすよね。

脱線しちゃました…まぁ、G・リー様目当てでだったんであまり
エラそうなことは言えんですが、もうチョイなんとかならんかっ
たかなぁ…です♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ