2013年04月14日

舟を編む

fune 日本
 ドラマ
 監督:石井裕也
 出演:松田龍平
     宮崎あおい
     オダギリジョー
     黒木華

【物語】
 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言
葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。
新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志
など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するあ
る日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢に一目ぼれし…。
(シネマトゥデイ)

 三浦しおんの作品は一度も読んだことはないけれども、以前観た同氏の箱根駅
伝を題材にした「風が強く吹いている」がけっこうオモシロかったことと、辞書編纂と
いうテーマと、お気に入りの女優さんの一人である宮崎あおいに強烈に惹かれるも
のがあり公開を楽しみにしていた作品だったんで張り切って観に行って来ました。

 馬締をはじめとする編纂作業に携わる面々の淡々とした群像劇の中に辞書編纂
の大変さ、言葉に対する深い愛情、今の時代大きく売れる見込みがない辞書(モノ)
を作る意味合い、仕事に対する誇りと多くのテーマも描かれていて、大きな見どこ
ろこそないものの興味深くオモシロく観ることができた作品だった。
それと同時に書店に並ぶまでに10〜20年掛かることで、その間は収益ゼロの仕事
ということ等をはじめて知り得たことは今の今まで全く気に止めることも無かっただ
けに大きな発見だったし、「天地明察」の暦のように辞書もまた、当たり前のように
存在することで、その有り難味や編纂者たちの労力を見落としていることを教えて
もらい、これから辞書を見る目線が違って来るかもと。
 前半部のコミュニケーション下手の馬締と香具矢のロマンスパートもオモシロか
ったけれども、馬締を取り巻く魅力的な先輩の西岡、松本先生と大渡海編集者と
仕事を通じて面々と交わることで馬締が変人から徐々に普通の人に近づいていく
様がなんとも温かく、彼等の存在あってこその本作と思える。
中でも普段はチャラ男でもその実、その内に秘めた大渡海に掛ける想いが強かっ
た編纂作業から離脱せざるを得なくなった西岡の存在は群を抜いていた。
彼はその才能を発揮する環境は整っていれど、やる気を起こさせる揮発剤がなか
っただけのことなんだよね。その揮発剤となった馬締をバカにしながらも好いてい
て、何より感謝している様が窺い知れ、馬締と併せて西岡の成長劇は観ていて心
地がヨカッタ。
用例採集カードに馬締が香具矢の情報を記録するシーンは用例採集カードを初
めて耳目にしたにも関わらず巧く完璧な使い方だと感心してしまった。

 本作は主演の松田龍平よりもオダギリジョー、加藤剛、小林薫、伊佐山ひろ子
の脇を固めた俳優さんたちがスッゲェ光っていた。
加藤剛なんか、新しい言葉探しをするために合コンに参加したりする学者先生な
んか普段ならお堅いイメージのある俳優さんだけに何時もとは違う柔軟性のある
役がとても新鮮だった。
また、「人の気持ちが解らないから言葉がある、だから喋る」と言葉の本質を頭デ
ッカちの馬締に笑いながら諭した下宿先のタケばぁさん役の渡辺美佐子も出番こ
そ少ないもののその存在感は抜群。にしても麻生久美子の贅沢な器用方だよな。
そうそう、ニャンコのトラさんもGood!

notorious74 at 22:30コメント(7)トラックバック(11)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 舟を編む  [ Akira's VOICE ]   2013年04月16日 10:37
大渡海めっちゃ欲しい。  
2. 舟を編む〜言葉の光と影  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2013年04月16日 11:24
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
3. 舟を編む  [ あーうぃ だにぇっと ]   2013年04月16日 12:29
舟を編む@東商ホール
4. 「舟を編む」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2013年04月16日 16:22
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき
5. 映画レビュー「舟を編む」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年04月16日 20:23
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ...
6. 舟を編む  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2013年04月16日 21:25
【監督】石井裕也 【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛 【公開日】2013年 4月13日 【製作】日本 【ストーリー】 ...
7. 大渡海〜『舟を編む』  [ 真紅のthinkingdays ]   2013年04月16日 21:47
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
8. 劇場鑑賞「舟を編む」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2013年04月18日 12:25
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
9. 舟を編む  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年04月20日 21:24
2013年4月14日(日) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイではあるが頑固な好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書編集の話。気の長い仕事なのだろうと思ったが、
10. 舟を編む  [ とりあえず、コメントです ]   2013年05月04日 13:23
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じられるような作品になっていました。
11. 舟を編む  [ 龍眼日記 Longan Diary ]   2013年05月04日 23:04
今までいろいろな仕事をしてきた。 しかしどうしてもその仕事がしたい!と惚れ込んだ仕事があっただろうか。 仕事はプライベートを充実させるための手段。 どちらかというとそんなふうに考えていたのだ。 もちろんどの仕事も始めてみれば学ぶことは多いし 「仕事をこ

コメント一覧

1. Posted by BROOK   2013年04月16日 14:56
>大きな見どころこそないものの

淡々と進む展開ながらも、かなり惹き付けられる作品となっていましたね。
やはり辞書作りという、ほとんど知られていない仕事を題材にしたからでしょうか?


そうそう、キャスト陣では松田龍平さんよりも、他の方々の演技の素晴らしさに目が行ってしまいましたね。
オダギリジョーさんのチャラ男には笑いました。
2. Posted by たいむ   2013年04月16日 16:21
実は結構地味な内容なのに、そうならないのは俳優陣が揃いも揃って良かったからかと。

オダギリくんのチャラ男役は久々な気も。
ライフカードのCMを少し思い出してみたり(笑)
3. Posted by メビウス   2013年04月16日 21:25
風情♪さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

地味・・・で片付けちゃうには勿体無いくらい良い作品でしたね^^仰るとおり、辞書編纂の行程は自分も知り得ない世界だっただけに、過酷で地道な作業にうへぇ〜となりつつもずっと興味津々で観てましたし、ホントこれ観た後は絶対辞書の見方が変わる事請け合いw書店で分厚い辞書見かけたら『・・・だいたい20年位かな?』と年輪を見るみたいな見方をしてるかもしれません(笑
キャスティングも素晴らしく、目当ての宮崎あおいもやっぱり妻役が今回も似合ってて良かったですが、西岡を演じてたオダジョーもまた良い先輩役でしたよね。達筆ラブレターへのツッコミ、泣き上戸、そして赤ちゃん言葉とユーモア炸裂しまくりでディモールトベネ!ああいう先輩、自分の職場にも欲しいですw
4. Posted by 風情♪   2013年04月18日 10:36
コメント感謝です♪

BROOK様
出版界の中でも辞書というのは切っ掛けがない限り興味を持つ
対象物じゃないから、おっしゃる通りその新鮮さが相乗効果と
なってるかも知れませんね。
取り立てて松田龍平がヨカッタとは感じなかったけど、脇を固
めた俳優さんの個性と力量がすっげぇ光っていた作品だったと
思います♪ (゚▽゚)v


たいむ様
ホント本作は脇を固めた俳優さんたちの存在感&力量には目を
見張るものがあったし、彼等の存在なくして本作が地味であり
ながらもここまで強烈に惹きつられなかったと思います。
加藤剛なんかマジで堅物のイメージしかなかっただけに今回の
柔軟性のある役柄がすっげぇ新鮮で今までのイメージがガラリ
とまではいかないまでも、大きく変わりましたよ♪ (゚▽゚)v
5. Posted by 風情♪   2013年04月18日 10:41
メビウス様
コツコツ作業の辞書編纂作業はジグソーパズル&プラモとコツ
コツ作業が好きなボクでもさすがに数時間で発狂することと思
いますわ…。

>目当ての宮崎あおい

言っておきますが、メビウスさんは単純に宮崎あおい目当てて
でしょうが、ボクは【宮崎あおい学】というアカデミックな目
線ですので悪しからず♪ ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘヘ
6. Posted by sabunori   2013年05月04日 23:01
風情♪さん、こんばんは。
こういう仕事私もしたい!と気分はすっかり伊佐山さんの演じた派遣社員の
ポジションに収まりつつ鑑賞してしまいました。(笑)
麻生久美子さんの名前をエンドロールで見て一体どこに・・・?と思っていたら
アレがそうだったのね!とビックリ。
確かに贅沢な起用でしたよね。
とらさんもラブリーでしたし、馬締くんと香具矢が住む家もステキでした。
7. Posted by 風情♪   2013年05月05日 00:00
コメント感謝です♪
そしてお帰りなさいませ。

伊佐山ひろ子のポジに収まって鑑賞ですか。
ボクはどちらかと言えば、最初はイヤイヤでもそのうちのめ
り込んでいくファッション系から異動して来た岸辺みどりの
ポジなんで、彼女にかなり感情移入してたところがありました。
麻生久美子はポスターだけの出演っすよ。コレってすっげ
ぇ贅沢な起用ですよ。
そうそう、2人の住む下宿屋の佇まいは味わい深いものがあ
って心底惹かれました。

あとで、旅行記読みにうかがうであります! (`д´ )ゞ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ