2014年01月25日

エンダーのゲーム

en アメリカ
 SF&アクション
 監督:ギャヴィン・フッド
 出演:エイサ・バターフィールド
     ハリソン・フォード
     ベン・キングズレー
     ヴィオラ・デイヴィス

【物語】      (シネマトゥデイ)
 強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。
そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダーもベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し少年戦士の指揮官となるエンダーだった。

 シリアス&重厚なものは別としてドンパチ色の強いSFはあまり得意なほうじゃないんで当初はスルーの予定もまさにタイトル通りエンダーなる少年がまるでゲームをしているように艦隊の配置や攻撃のタイミングを図る予告編を観て、今までにあまり観た記憶がないうえにチョイと毛色の変わった演出に妙に惹かれたんでそれならばと張り切って観に行ってきた。

 世に出た年代も近く、内容も似ている作品があるのは別に珍しいことじゃないけど、エンダーの戦況をガラリと一変させる特出した能力、彼を取り巻く環境等を観ていて「機動戦士ガンダム」にえれぇ酷似してる印象を受けた。(「ガンダム」79年放映で本作は77年短編で発表され85年に長編化されたようでどちらが影響を受けてるのか?の判断がむずかしいところだけど日本人なんで本作がという目線で鑑賞。)
というのもエンダーはアムロのように超能力は持ってはいないけれどもその抜きんでた先読み&戦略眼なんかは他の候補生を圧倒しているあたりはまさにニュータイプといったところだし、自身が別次元であることに対して少なからず矜持を持ち、驕り、苦悩し、最後は武を交えるのではなく対話による解決に行きつくあたりはまさにアムロ。さらに言えば能力の高い子供をあつめて強力な戦力=NTとして育成するは「フラナガン研究所」や「ムラサメ研究所」そのもの。
極めつけのメガ粒子砲と何からなにまで「ガンダム」に観えてしょうがなかった。そうなると敵なき今、隊を離脱したエンダーはその思想と能力、そして敵であったフォーミックの時期女王の卵所持ゆえにIFからアムロのように危険視される存在になるのだろうか?と思えてもしまった。
 とまぁ文句をぶ〜タレてはいるけど戦場に駆り出された少年と彼を利用しようとする大人たちとの壁、相手を知り敵を愛せと解りながらも戦わなくてはならないもどかしさも「ガンダム」に酷似してるだけあって根本的なところは骨太であったかなと思えたんで、それだけに決してキライではない。また、今もアフリカや中東の情勢不安な地域での少年兵徴兵問題の普遍的なテーマや「食べる前に飲む!」じゃねぇけど某大国の「やられる前に徹底的に叩き潰せ!」思想への皮肉みたいなものも感じられた。

 最終バトルの艦隊戦はなかなか迫力があって大満足だったけど「ナニやってんのッ!? 弾幕薄いぞッ!」とブライトさんが心の中で叫んでいたし、エンダー=アムロならばハイラム大佐は連邦の高圧的な官僚、アンダースン少佐はWBのおっかさんことミライさんに見えてしかたがなかった。と、何からなにまで「ガンダム」とダブらせて観ちゃったという珍しい作品だった。

notorious74 at 22:30コメント(2)トラックバック(10)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. エンダーのゲーム  [ あーうぃ だにぇっと ]   2014年01月26日 10:55
エンダーのゲーム@TOHOシネマズららぽーと船橋
2. 劇場鑑賞「エンダーのゲーム」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2014年01月26日 12:40
人類の勝利は正しかったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401210001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック・スコア エンダーのゲーム [ スティーヴ・ジャブロ...価格:2,520円(税込、送料込) 【送料
3. 『エンダーのゲーム』('14初鑑賞9・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2014年01月26日 13:43
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 1月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 15:45の回を鑑賞。
4. エンダーのゲーム  [ 風に吹かれて ]   2014年01月26日 14:23
幼き新世代の軍師 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/ender原作: エンダーのゲーム (オースン・スコット・カード著/ハヤカワ文庫)監督: ギャヴィン・フッド
5. エンダーのゲーム  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2014年01月26日 16:00
野焼きでイナゴ退治かよ 公式サイト。原題:Ender's Game。オースン・スコット・カード原作、ギャヴィン・フッド監督。エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キング ...
6. エンダーのゲーム (IMAX)/エイサ・バターフィールド  [ カノンな日々 ]   2014年01月26日 16:41
1985年に出版されたオースン・スコット・カードによるSF小説の名作を『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド監督が映画化した作品。コレって本国ではヒットしているので ...
7. エンダーのゲーム  [ とりあえず、コメントです ]   2014年01月26日 17:04
オースン・スコット・カード著のベストセラーSF小説を映画化した作品です。 原作をもう何度読んだか分からないほど好きなので、公開を楽しみにしていました。 子供たちが戦い続ける姿に、大人が彼らの無邪気さに求めた残酷さをしみじみと感じるような作品でした。
8. エンダーのゲーム  [ 象のロケット ]   2014年01月26日 23:19
昆虫型異星生命体フォーミックの攻撃に備え、国際艦隊は世界中から天才児を集めたバトル・スクールを設立。 訓練教官のグラッフ大佐は、禁断の“サード(第三子)”として生まれた10歳の少年エンダーの能力を見抜き、訓練生にスカウトした。 同年代の仲間たちと共に戦闘訓
9. エンダーのゲーム  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年01月27日 21:46
産児制限が行われている未来の地球。 地球外生命体フォーミックの侵攻を受けた人類は、辛くも絶滅を免れるが、さらなる侵攻に備え、優秀な子供たちを徴兵し、地球軌道上に設置された訓練施設“バトル・スクール”でエリート戦士の養成が行なっていた。 政府の特別許可
10. 『エンダーのゲーム』 2014年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2014年02月02日 10:30
『エンダーのゲーム』 を試写会で鑑賞しました。 初めてのTCX、ドルビーATMOSを体験 まだ新築の匂いが少しありました(笑) スクリーンは想像以上に大きく(といっても六ヒルスクリーン7位かな)、 音は凄い重低音で椅子にまで響いて気持ちが良い 【ストーリー】  強大な

コメント一覧

1. Posted by BROOK   2014年01月26日 12:46
たしかに「ガンダム」に影響を与えた感じがしましたね。
私は「エヴァ」っぽくもあったりと…。

結局のところ子供の純粋さを利用する大人たちという構図が出来上がり、
意外性のあるオチまでかなり楽しめました。


ラストバトルの艦隊戦は見応えがありましたよね♪
VFXも良く描き込まれていました。
2. Posted by 風情♪   2014年01月27日 11:50
コメント感謝です♪

最終戦を2連チャンで見せるワケもないんであの最終テスト
が本チャンであることは読めたんすけどエンダーが子供なが
らに遊び感覚で命を奪ってしまったこと、ひとつの種族を
殲滅させてしまったことへの後悔の念に苛まれる姿には心う
たれるものがありました。
敵が敵に意志を託し、託されたほうも命がけで全うしようと
するあたりは涙でしたよ♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ