2014年09月20日

猿の惑星:新世紀(ライジング)

planap アメリカ
 SF&アクション&アドベンチャー
 監督:マット・リーヴス
 出演:アンディ・サーキス
     ジェイソン・クラーク
     ゲイリー・オールドマン
     ケリー・ラッセル

【物語】      (シネマトゥデイ)
 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考えに従って動き出す。一方、猿たちを率いるシーザーは、人類と接触しようとせずに文明を構築していた。

 前作の創世記(ジェネシス)から3年も経ってしまい、概略こそ覚えてはいるものの細かいところは、すっかりデリートされてしまってるもんだから、復習しようと思ってDVDを借りに行くも、梅宮辰夫の「不良番長」シリーズが、棚に並んでいるのを発見し「久々に観てぇ!」で、誕生月で1作50円で借りられることから、大量に借りてしまい復習できず…運よくTVで放映があったんで、そっちで済まそうと思うも…で、復習を怠り、大丈夫かなぁと不安を覚えつつ観に行ってきた。

 嗚呼…やっぱりきちんと復習しておくんだった…かなり忘れてしまってるところがあったわ…。
それはそれとして、相互理解の欠如による不信感、互いのコミュニティーからすれば、どっちが先に手を出したの出さないのの闘争劇は、イスラエルとパレスチナの関係を見てるよう。
だけにシーザーという強大なリーダーのもと、同属で殺し合う愚かさを第一とし、、種族間を超えて共存共栄するという社会を創り出している様は、本来なら人間が目指さねばならねぇところなのにと思うと同時に、人間の美徳や醜さといった人間&社会の在りかたをサルを通じて見させられ、多々深く考えさせられるものが。しかもシーザーをはじめコバにしろドレイファスにしろ、それぞれ言ってることが正しいから困ってしまうし、穏便にすまそうと模索するもいったん引金が弾かれれば、戦端は切られ後戻りはできずの流れがやるせない。
 と、ドラマは前作以上に濃いものであって満足しうるところなんだけど、シーザーを筆頭に出てくるサルがほぼCGというのがどうも…というかシーザーなんざチンパンジーじゃなくてもはや毛深い人間といった面構えなもんだから感情移入はしづらく(この場合、サルに肩入れしてイイものか?だけど)ある。何もCGを否定してるのではなく、シーンによってはOKなワケで、全部が全部CGなのはどうなの?ってぇやつなんだよね。これならなにもA・サーキスが演じなくても、端から全部CGでもイイじゃんってぇ話になりそうな気がしないでも。特化した映像が興を殺ぐってぇのもそうねぇよな。
 本作が今後サルたちが世界を支配していく契機になる話であったワケだから、次回作では人類対サルの最終局面、支配への過程が描かれるのであろう。願わくばあまり間をあけて欲しくないものである。何にせよ今から楽しみだ。

 やっぱり本作はサルが主役なんだねぇ、人間側はダレひとりとして印象に残る人がいない。期待したG・オールドマンにしてからごくごく普通の人柄だったしね。なんかもっとこうサルに対してギラギラした狂気みたいなものを見せて欲しかった。
マルコムの息子役のコディ・スミット=マクフィーって「モールス」の男の子だったんだ?たかだか2〜3年でスッゲェ大人になってるよ。本作のサルたち以上に進化しちゃってるよ。

notorious74 at 22:02コメント(5)トラックバック(10)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2014年09月21日 13:01
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスならい
2. 猿の惑星 新世紀(ライジング)  [ Akira's VOICE ]   2014年09月21日 14:18
シーザーの男前のみを観るべき映画。  
3. 猿の惑星:新世紀(ライジング)/アンディ・サーキス  [ カノンな日々 ]   2014年09月21日 14:37
SF映画の金字塔『猿の惑星』の新たにリブートしエピソード0的位置づけのストーリーを描いた前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にした続編です。 出演はその ...
4. 『猿の惑星:新世記』  [ こねたみっくす ]   2014年09月21日 16:30
猿が主役になっちゃった。 人類目線で描いてきたシリーズの流れからいうと、これは本筋からちょっと寄り道したようにも思える前日譚。なんせストーリーテラーからEDクレジット順ま ...
5. 猿の惑星:新世紀(ライジング)  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2014年09月21日 19:30
希望は再エネだったが・・・ 公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイ ...
6. 猿の惑星:新世紀(ライジング) : ”知能”がもたらす悲劇とは  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2014年09月22日 20:29
 横浜DeNAの中村ノリ、3度目のFA宣言するみたいですね。どこの球団が、彼のような我がままデブを採るのでしょうか。本当に、懲りない人ですなぁ。では、本日紹介する作品はこち
7. 猿の惑星:新世紀(ライジング)  [ 象のロケット ]   2014年09月23日 01:05
天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシス
8. 猿の惑星:新世紀(ライジング)  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年09月29日 00:59
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し
9. 猿の惑星:新世紀(ライジング)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2014年09月29日 21:35
【監督】マット・リーブス 【出演】アンディ・サーキス/ジェイソン・クラーク/ゲイリー・オールドマン/トビー・ケベル/ニック・サーストン/カリン・コノバル/ジュディ・グリア 【公開日】2014年 9月19日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 天性のリーダーシップを
10. 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2014年10月01日 18:05
2011年公開『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。 遺伝子操作によって高い知能をもった猿たちのその後と、人類との新たなる戦いの始まりが描かれている。先行で鑑賞する予定だったけれど体調を崩したため

コメント一覧

1. Posted by BROOK   2014年09月21日 13:06
>戦端は切られ後戻りはできずの流れがやるせない。

猿も人間も大切なものを守りたいということだけは一緒でしたが、
猿から戦争の火蓋を切ったという展開はなかなか面白かったです。
その元凶を作ったのは武器を大量に保持していた人間側ですが…。


>支配への過程が描かれるのであろう。

旧シリーズに繋げるのだとしたら、そうなりますよね。
さらに猿も進化してくるでしょうし、
今から公開が楽しみですが、
まだまだ先なので、今作の内容を忘れてしまいそう。
2. Posted by 風情♪   2014年09月24日 17:26
コメント感謝です♪

相手が強力な武器を持てば、自分たちを守るために
相手と同様、もしくはより強力なもので武装する様
はホント、遥か昔から変わらない理由でいまだにド
ンパチやってる地域や国の姿を垣間見る思いでした。

旧シリーズにつなげるためにも、コバ以上の強硬&
過激派が登場し、推測だけど、シーザーと事を構え
るとサル側の更なる内部闘争劇になりそうな気がし
ます。
何にせよ楽しみだけど、モチベーションとかあるん
で、間髪入れてくれて欲しいですよね♪
(゚▽゚)v
3. Posted by メビウス   2014年09月29日 21:35
風情♪さんこんばんわ♪

誤解や食い違い、主義主張の違いなど、人間と猿との対立が前作以上に複雑に見えもしましたが、その分ドラマ性が向上してて見応えがありましたね。マルコムの息子とあのオランウータンの交流のように、共存の可能性が垣間見えてもいただけに、戦争突入のラストはどこか物悲しくもありました。

次回作でいよいよオリジナルの方とくっつく感じになるんでしょうかね?だとしたら支配の過程もそうですけど、オリジナルのラストにも出てた自由の女神の倒壊とかも描いて欲しいですね。
4. Posted by たいむ   2014年10月01日 18:03
猿が主役ですから〜(笑)
でもG・オールドマンはもう少しイヤな人間代表として活躍するかと思っていただけに肩透かし感はありますね。

次回はいよいよ総力戦?
楽しみです。
5. Posted by 風情♪   2014年10月02日 14:18
コメント感謝です♪

メビウス様
戦争への突入の過程はまさに人間社会まんまですよ。

>自由の女神の倒壊

ここの行すっかり忘れてた。
旧シリーズでの倒壊した様子を見ると人為的にとい
うよりも長年の風雪に耐えかねて、足元から崩れた
ってぇ感じなんすよね。
でもまぁ、あのラストの衝撃度を思えば、アっと驚
きつつ納得のいく手口を繰り出してくることは間違
いねぇことと思いますぜ♪ (゚▽゚)v

たいむ様
フィクションの目線で観ればサルに感情移入すると
ころなんすけど、本作は少なからず支配される側の
人間目線で観てることもあって、同等の知的&異種
族の絶対に共存は絶対にありえねぇ!でもあるんで
すよね。けっこうムズかしいっすよ。
ですね〜次回作は総力戦か、サル軍団に派生するコ
バ以上の強硬派との内部抗争でしょうね。
何にせよ楽しみです♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
濡れぬ先の傘
UMBRELLA03

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
最新TB
エル・クラン (あーうぃ だにぇっと)
エル・クラン
怒り (試写会) (風に吹かれて)
怒り
「怒り」 (ここなつ映画レビュー)
怒り
怒り (Akira's VOICE)
怒り
『怒り』 (こねたみっくす)
怒り
怒り (あーうぃ だにぇっと)
怒り
 

  • ライブドアブログ