2016年06月05日

デッドプール

Deadpool アメリカ
 アクション&ヒーロー&コメディ
 監督:ティム・ミラー
 出演:ライアン・レイノルズ
     モリーナ・バッカリン
     エド・スクライン
     T・J・ミラー

【物語】     (シネマトゥデイ)
 ウェイド・ウィルソンは、以前は優秀な特殊部隊の傭兵として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。

 世間的には残念なイメージに包まれているけれども、オレの中では【思いのほかハズレの少ない人】の称号をブルース・ウィルスから奪取し、ここ近年でその座を確固たるものとしたライアン・レイノルズが主演だし、大好きな「X-MEN」シリーズの流れを汲んでることもあって、これは観ておかなきゃだなってぇことで、張り切って観に行ってきた。

 「ウルヴァリン」でのデッド・プールは口を縫い合わされていたけども、本作では縫われてないという本来のあるべき設定で終始しゃべりまくり、そのせいなのだろう回想のエピがとにもかくにも説明クサくて仕方なく途中から若干の聴き疲れの感が…。
それはそれとして下ネタ、映画&音楽のサブカル小ネタ、アクションはいたって普通も生首&脳症飛び散りの悪趣味さは大大大歓迎なところだから、理屈抜きで楽しめたれども、ただそれだけってぇところの取り立てて特徴のない作品だった。
 デッドプールが「X-MEN」シリーズのキャラということで、本筋からコロッサスと原子力エネルギーを操る少女ネガソニック〜が参戦。コロッサスの参戦とロシア語訛りの英語はすっげぇ喜ばしいところだけど、なんでここに来て急にコミックス通りのオッサン風情にしてきたんだろうか? 本筋「2&3」での同じマッチョでもスマート系のコロッサスがけっこう気に入ってたんだけどなぁ。
残念ながらネガソニック〜は詳しくは知らず…できればジュビリーの方がと思ったけど、彼女は「アポカリプス」のほうで参戦とのことなんで、ネガソニック〜になったのかな。
 クレジット後の続編の告知ではケーブルの参戦が決定事項(?)のようで、しかもキャスティングにドルフ・ラングレンの名前が。ケーブルは重火器&マッチョ系なんでラングレンはまさに適役。現時点ではたとえ続編が公開されてもスルーってぇ感じだけど、ラングレン=ケーブルとなれば続編は観る価値大いにありになる。

当初は劇中での予算がないのセリフをも半ば冗談と受け取っていたのだけれども、ライアン・レイノルズ以外の俳優さんの顔ぶれをみると、若手と名が知れ始めきた俳優さん中心といった感じで、あながち冗談ではなく真実で、その辺を色濃く反映したキャストだったのかもと。
なんにせよ、本国アメリカをはじめ世界的に大ヒットとのことなんで、これでライアン・レイノルズは残念なイメージを払拭できるとイイね。

notorious74 at 22:30コメント(3)トラックバック(9)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『デッドプール』 2016年5月26日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ  [ 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!− ]   2016年06月06日 22:50
『デッドプール』 を試写会で鑑賞しました。 まさかのGACKT降臨であった。 そして、六本木ヒルズも先週行ったに、今週も行くとは思わなかったが、 来週も行きそうである(笑) 【ストーリー】  ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の
2. 「デッドプール」:ようやくMX4Dを初体験  [ 大江戸時夫の東京温度 ]   2016年06月06日 23:32
映画『デッドプール』は、えらく高評価を得ているようですが、うーん、そこまで面白か
3. 『デッドプール』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2016年06月07日 01:34
FOXが作ったわりには面白いじゃん。 こじんまりした丁度イイ話の規模と、コミカルなキャラがイイ感じ。 メタネタ、映画ネタ、自虐ネタ等どれも面白いし。 ただ「X-MEN」の世界の話 ...
4. デッドプール  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年06月07日 06:32
デッドプール@20世紀フォックス試写室
5. デッドプール  [ Akira's VOICE ]   2016年06月07日 10:21
死にかけ〜死に賭け〜死の賭け→DEADPOOL!  
『デッドプール』Deadpool 監督 : ティム・ミラー出演 :ライアン・レイノルズモリーナ・バッカリンエド・スクライン、T・J・ミラージーナ・カラーノブリアナ・ヒルデブランド 物語・ウェイド・ウィ
7. 「デッドプール」☆下品でいい加減で純愛  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年06月07日 20:29
「グリーン・ランタン」でヒーローとしては大コケしたライアン・レイノルズが起死回生。 茶目っ気たっぷりの無責任なヒーローは、正義を振りかざして、一般市民を巻き込み被害を大きくして、無限大のテーマに自らの首を絞めることがない。
8. 『デッドプール』  [ こねたみっくす ]   2016年06月08日 23:21
異色のヒーロー、今はまだマスクは脱がないで。 正義なんて知らん。あの組織からスカウトされようが個人的な復讐が第一。蘇生する以外に特殊能力がなくても、元特殊部隊としての ...
9. デッドプール  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2016年06月09日 20:28
【監督】ティム・ミラー 【出演】ライアン・レイノルズ/モリーナ・バッカリン/エド・スクレイン/T・J・ミラー/ジーナ・カラーノ/ブリアナ・ヒルデブランド/ステファン・カピチッチ 【公開日】2016年6月1日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 タクシーに乗って目的

コメント一覧

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年06月07日 20:34
風情さん☆
ライアン・レイノルズは残念をしっかり払拭できましたね〜
私も過去話の時はちょっと…なかんじでしたが、新しいパターンのヒーローが楽しめました♪
2. Posted by メビウス   2016年06月09日 20:28
風情♪さんこんばんわ♪

レイノルズの出演作をそれほど多くは見てないので自分も残念な俳優さんってイメージは無いんですが、それでも今回のデッドプールはその過激な言動諸々もあってかかなり強烈なキャラクター性も出てて、レイノルズのイイ代表作にもなりそうな気はしますね。

でもミュータントとなる経緯の回想シーンなどで大分尺を取ってるような感じもあって確かにだるさが出そうな展開ではありましたね。一作目はやはり土台を固める感じにして、最後でも言ってた続編で色々本気出すのではないでしょうかね?
3. Posted by 風情☭   2016年06月10日 17:18
コメント感謝です♪

ノルウェーまだ〜む様
ライアン・レイノルズは世間的には残念なイメー
ジだけど、小作ながら「リミット」なんかオモシ
ロかったし、「グリーン・ランタン」も思いのほ
かで、ボクん中じゃかなりイケてる存在の俳優さ
んなんすけどねぇ。
何にせよ本作のヒットでマイナスイメージを払拭
できそうな感じなんでヨカッタです♪ (゚▽゚)v

メビウス様
下ネタ連発のチャラいヒーロー像はたしかに目新
しくあったけど、キャラ的には「テッド」と大き
く被ってるんで、それほど掴まれるものは…が本
音です。
それになんでしょうね、続編ありきで1作目はその
地固め、2作目では3作目への前フリ的なつくりも
もう勘弁ってぇ感じですし。
オモシロいことはオモシロいけど、ウェルカムっ
てぇ心持ではないってぇ感じです♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ