2016年12月24日

バイオハザード:ザ・ファイナル

THE FINAL CHAPTER アメリカ
 アクション&ホラー&SF
 監督:ポール・W・S・アンダーソン
 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
     アリ・ラーター
     ショーン・ロバーツ
     ルビー・ローズ

【物語】     (シネマトゥデイ)
 アリスは、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが…。

  第1作目の公開から約15年の月日を費やして「バイオハザード」もついに本作をもって完結。
大好きなシリーズと公言しながらもその実、本作でシリーズ何作目なのかもう定かじゃねぇし、復習も新作公開毎に「1&2」のみだから、それ以降のストーリーがどんなもんだったかすんげぇ怪しくあるけれども、とにもかくにも完結なんで是が非でも観なければということで、張り切ってアリスの雄姿を見届けに行ってきた。

 確か前作でアリス側についたウェスカーがまた敵方に回ってたり、クレアと何時何処で別れたんだっけ?とド忘れしてるところが諸々とあって記憶を手繰り手繰りながらの鑑賞となってしまったことで、冒頭の方は展開についていくのに気持ち難儀しちゃったんで、やっぱり3作目以降の作品もきちんと復習しておくべきだったと反省するばかり。
 それはそれとして、15年の月日を費やして大風呂敷を広げてきたワリには、アイザックス博士とアリシア=アリス(名前を見ただけで2人の関係性はバレバレ)それぞれのひとり相撲だったような気がしなくもなうえに、何時ものごとく切り替えの早いアクションは観づらくあったりしたけれど、決してつまらないワケではなく、安定の「バイオハザード」ってぇ感じ。
 その不敵な面構と強さを武器にシリーズをここまで牽引してきた強敵ウェスカーも「解雇!」の一言の前に敢えなく瞬殺…「バルス!」ばりの破壊力。アイザックス博士のクローンの暴走ぶりはもはやコメディの趣と最後の最後に来て敵側にキャラ崩れ現象が発生。
そういえば前作あたりのラストにチョイとジルが登場し現場復帰を期待させたけど、彼女は何処いったんだ? 他にも登場して生き残ったキャラがいたようにも記憶してんだけど、彼らも何処へいったんだ? そう考えるとキャラ使い捨てが目立つ作品でもあったんだな。
なんにせよ「バイオハザード」シリーズも幕引きを見たワケだけど、なんかまだありそうな気配がしなくもだね。

 ローラの出演がやたらと騒がれたんで、かなりの露出があるものと期待したんだけれども、ひと言ふた言セリフがあったのみで登場早々に戦線離脱…何作か前の中島美嘉同様になんの意味っちゃ〜アレだけど、出演しなきゃならんもんだったのかねぇ。
ミラ・ジョヴォヴィッチも1作目あたりのころはアリスの役柄同様にギラギラ感があったけど、本作ではイイ感じにオバちゃんになってきたなぁと感慨深く、また1作目に登場したミシェル・ロドリゲス似のアビゲイル役のルビー・ローズがすげぇ気になった。

notorious74 at 22:30コメント(0)トラックバック(3)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. バイオハザード:ザ・ファイナル  [ Akira's VOICE ]   2016年12月24日 10:53
自演乙としか言えない・・・。  
2. バイオハザード:ザ・ファイナル  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年12月24日 10:58
バイオハザード:ザ・ファイナル@ユナイテッドシネマ豊洲
3. バイオハザード:ザ・ファイナル  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2016年12月24日 13:02
公式サイト。原題:Resident Evil:The Final Chapter。ポール・W・S・アンダーソン監督。ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、エヴァ・アンダーソン ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ