2017年03月25日

キングコング : 髑髏島の巨神

KONG アメリカ
 アドベンチャー&アクション&ファンタジー
 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
 出演:トム・ヒドルストン
     ブリー・ラーソン
     サミュエル・L・ジャクソン
     ジョン・C・ライリー

【物語】     (シネマトゥデイ)
 コンラッド率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。
島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。
そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく…。

 世間的にはゴジラと並んで怪獣の代名詞となっているキングコングだけれども、日本人としての矜持なのか?ゴジラほどに魅力が感じられなし、それ以上に今さら感が強くあったんで、観るかスルーするかで迷うも、よくよく思い返してみると、33年のオリジナルをはじめゴジラと戦った「キングコング対ゴジラ」、近々では05年のピーター・ジャクソン監督版、そして珍しいところでは香港映画の「北京原人の逆襲」と何かにつけてキングコングに惹かれ触れて来ていることに気づき、それならばと思い張り切って髑髏島に行ってきた。

 幕が開いたと同時に必要最低限の情報だけを提示しただけで、間髪入れずにキングコングが登場。そのキングコングを筆頭にスカル・クローラーとの怪獣バトルに時が経つのも忘れほどに夢中になり、すっかり童心に返ってまった。
背景にあるベトナム戦争とキングコングに仲間を殺されたパッカード大佐の憎しみや喪失感は、観ているときは怪獣バトルに目を奪われてその辺の感情をそれほど感じることがなかったのに、観終わってみればパッカード大佐の感情がビシっと記憶されていて、怪獣同士のバトル以上に丁寧に人間ドラマが語られていたように感じられ、その辺の緩急は天晴の一言。
 終盤でメイソン(美女)を抱え込んでのバトルはキングコングの基本スタイルを踏襲、ベトナム戦争が背景にあることから髑髏島上陸する際のヘリコの編隊、炸裂するナパーム弾の行は「地獄の黙示録」、南海の孤島と原住民、そしてゲソラとのバトルは「決戦!南海の大怪獣」、さらに言えば常に嵐によって周りから隔絶された髑髏島へ向かう行もどことなく「行こうおばさん! ラピュタはあの中だ!」の趣で、全編にわたって映画愛にあふれたものとなっていて物語、迫力ある映像以上に惹きつけられるものがあって観ていてホントに楽しくあった。
 キングコングが時折見せる優し気で寂しげな目つきがとても印象的。確か05年版のときも同じことを感じたことを思えば、この目つきがキングコングの魅力のひとつなのかもと。
ゲソラ、牛にクモと登場した巨大生物の数々は魅力的も【怪獣】というよりかは【クリーチャー】といった印象。確かに同じ意味合いではあるけれどもニュアンス的になんか違うかなぁと。
そう言う意味ではスカル・クローラーの造詣がいかにもアメリカ的で心底ダセぇうえに怪獣感が皆無…なのが実に残念…この辺を観るとどんだけ日本の怪獣の造詣のセンスの良さが優れているかがよく解る。願わくば大きくゴジラやキングギドラの造詣を損なうことを願うばかり。
何にせよ、次作のゴジラ篇、さらにその次のゴジラVSキングコング篇が楽しみだ。

 戦場に生きるも戦争終結とともに生きがいを失った喪失感、仲間を殺された怒り、自己満足が招いた結果に対する後悔と負の感情しかないようなパッカード大佐役のサミュエル・L・ジャクソンがすげぇヨカッタ。Fワードが売りなのは解るけど、ムリに言わせようとしなくてもいいような…。
ほぼ主役なのにコレといったことをしているように見受けられなかったトム・ヒドルストンはイマイチだったかなぁと。

notorious74 at 22:30コメント(4)トラックバック(10)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. キングコング:髑髏島の巨神  [ Akira's VOICE ]   2017年03月27日 11:49
格闘中。 コング格闘中。  
『キングコング:髑髏島の巨神』Kong: Skull Island 監督 : ジョーダン・ヴォート=ロバーツ出演 : トム・ヒドルストンサミュエル・L・ジャクソンジョン・グッドマンブリー・ラーソンジン
3. キングコング:髑髏島の巨神  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2017年03月27日 13:42
公式サイト。原題:Kong:Skull Island。ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督。トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー。オリジナルの193 ...
4. 『キングコング 髑髏島の巨神』 2017年3月25日 丸ノ内ピカデリー  [ 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!− ]   2017年03月27日 14:44
『キングコング 髑髏島の巨神』 を鑑賞しました。 これは驚きだ 【ストーリー】  コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”
5. キングコング:髑髏島の巨神  [ あーうぃ だにぇっと ]   2017年03月28日 13:18
キングコング:髑髏島の巨神@ユナイテッドシネマ豊洲
6. キングコング: 髑髏島の巨神・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2017年03月28日 23:22
怪獣vs狂人! いや〜呆れるほど面白かった。 ギャレス・エドワーズ版「GODZILLA ゴジラ」と世界観を共有する、レジェンダリー・ピクチャーズの怪獣シリーズの最新作。 1933年のオリジナルから数えて、正規作としては東宝版を含めて8作目の「キングコング」である。 南
7. 「キングコング髑髏島の巨神」☆子供にエンタメ大人に反戦映画  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年03月29日 13:20
ポスターからして子供向け怪獣映画と思うでしょう? ところがどっこい。 男の子の好きな怪獣や恐竜もいっぱい、アーミー好きにも大満足、バトル映画としてもパニック恐怖映画としても完璧でありながら、大人だから判るメタファーを用意した実は真面目に反戦映画でもある。
8. キングコング 髑髏島の巨神  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2017年04月07日 19:48
【監督】ジョーダン・ボート=ロバーツ 【出演】トム・ヒドルストン/ブリー・ラーソン/サミュエル・L・ジャクソン/ジョン・グッドマン/ジョン・C・ライリー/他 【公開日】2017年3月25日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 未知の生命体の存在を確認しようと学者や
9. 『キングコング 髑髏島の巨神』  [ こねたみっくす ]   2017年04月08日 22:50
YOUは何しに髑髏島へ? ゾクゾクするB級映画だ。ごちゃごちゃ言わず、ただひたすら怪獣映画の面白味を追求したそのヲタク魂に、歓迎の意を大いに示したいと思える映画だ。 QTや ...
10. 『キングコング:髑髏島の巨神』('17初鑑賞26・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2017年04月09日 12:32
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月27日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:20の回を鑑賞。 2D:字幕版。

コメント一覧

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年03月29日 13:25
風情さん☆
主役の彼の影が薄かったですが、怪獣映画+戦争映画の醍醐味が存分に生かされていて、女子でも童心にかえる男子の気持ち判りました。
次回作も楽しみですね〜
2. Posted by 風情☭   2017年03月31日 14:27

コメント感謝です♪

正直なところ、いくらハリウッドでも怪獣映画になると
全ての面において日本に劣るところが大きくあったりも
するんで、少なからず不安があったんすけど、思った以
上に物語りがしっかりと作られていてかなり見応えのあ
るものになっていたように思えました。
ただ、ただね、あのスカル・クローラーなる怪獣の造詣
がいかにもアメリカ的で、いただけませんでしたな…。
ここさえ怪獣、怪獣してれば文句なしにでした♪
(゚▽゚)v
3. Posted by メビウス   2017年04月07日 19:48
風情♪さんこんばんわ♪

後々のシリーズに繋げるためか、オリジナル版やピータージャクソン監督のリメイク版ともかなり異なる内容にはなっていましたが、でもこっちはこっちで怪獣映画としての迫力や興奮が詰まってて、自分もかなりツボにハマった作品となりました。体格も力もコングとは天地の差があるにもかかわらず、ひるまずドアップでガンたれるパッカード大佐の凄味も本作の見所の一つでしたね。憎しみ募らせてしぶとく生き残って欲しかったのですが・・・惜しいキャラクターです^^;

そういえば、イマイチなトム・ヒドルストンの吹き替えはGACKTさんだったんですが、こっちもイマイチ・・どころかガッカリでしたね。低温ボイスのトムヒは無茶苦茶違和感でしたw
4. Posted by 風情☭   2017年04月12日 15:27
コメント感謝です♪

まぁ本作は端からVSゴジラを想定してるワケだから過去
のコング作品は端から無視ってぇところでしょうね。
それはそれとして、ひたすら怪獣バトルにこだわったつ
くり、それでいながら大佐の人間ドラマもきちんと描か
れていて思いのほか以上に見応えのある作品でした。

そもそもスピード感があるうえに、叫ぶ作品なのにボソ
ボソとしゃべるGACKTをキャスティングって火を見るよ
りも明らかなキャスティングっすよ♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ