2017年05月07日

追憶

tsuioku 日本
 ドラマ&ミステリー
 監督:降旗康男
 出演:岡田准一
     小栗旬
     柄本佑
     長澤まさみ

【物語】     (シネマトゥデイ)
 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含む三人は、幼少期に親に捨てられ、共に過ごした関係だった。会社と家族のために金策に奔走していた川端と、幸福な日々を送る田所。
そして、妻とすれ違いの日々を送る四方。こうして四方と田所は再会を果たすものの、四方の問い掛けに田所は何も語ろうとせず…。

 オモシロそうというのが第一の理由なのは当たり前として、先日観た「ミュージアム」の好演を観て以来、それまであまりイイ印象を持っていなかった小栗旬の印象が変わったこともあっていま一度、小栗旬を劇場で観てみたいという思いと、彼をはじめ岡田くん、柄本佑に長澤まさみと確実にキャリアを積んで、若手から中堅に移行する俳優さんたちの活躍も観たくあったんで、張り切って観に行ってきた。

 不幸な少年期をともに過ごすと同時に不幸な出来事を共有するた3人が25年後に再会、その後そのうちのひとりが殺されて云々に観終わってから「けっこうオモシロかった」と概ね満足するも、レビューを書くにあたって記憶を辿り、よくよく考えてみれば、あの殺人事件は3人の過去と再会劇とは何ひとつとしてつながりがないことに気づき、そこからいろいろと粗が浮き彫りに。
物静かな展開と篤の鬱屈したキャラからトマス・H・クックの記憶シリーズの小説か「ミスティックリバー」の趣が無きにしもだったんで、おそらくその雰囲気にダマれちゃったかなぁと…。
 篤の「オレたちはもっと早く再会すべきだった!」は再会したところでどうなるもんでなしで、ムリに感動させようとする陳腐なものにしか聞こえなかったし、カフェの窓から見る夕日の半端ない合成感が興を削ぐ。まぁ、それでも過去の清算と決別、今を生きる三者三様の生き方なんかは見応えがあってオモシロくあったことに間違いはなく、啓太の「悟は家族を守ろうとしただけなのに」の悔しさに滲むセリフも胸を打つものがあった。
そんなワケでもうチョイ時間をかけて語るところを語ってれば、もっとバランスが出て感動できたのでは?と。

 岡田くんは着実にキャリアを積んでる感が出てたし、小栗旬も主役級の配役でありながら華を岡田くんに持たせるてるあたりに同様にキャリアの賜物だし、柄本佑は柄本佑でお父さん譲りの名脇役の存在感。女優陣でも安藤さくらの抜群の存在感と今後の日本映画界を担うであろう俳優さんたちと、そんな中堅どころを支える北見敏之とりりィの渋めのベテラン勢の共演は見応えは十分以上。

notorious74 at 22:30コメント(4)トラックバック(5)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『追憶』 2017年4月28日 朝日ホール  [ 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!− ]   2017年05月07日 20:48
『追憶』 を試写会で鑑賞しました。 不安的中。上映時間の短さがそのまま作品に現れている。 【ストーリー】  富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、漁港で旧友の川端悟(柄本佑)の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太(小栗旬)を含む三人は、幼少期に
2. 追憶(2017)〜予め外されていた梯子  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2017年05月07日 22:37
公式サイト。降旗康男監督。木村大作撮影。岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、 ...
3. 追憶 (試写会)  [ 風に吹かれて ]   2017年05月08日 08:36
それぞれの理由 公式サイト http://tsuioku.jp5月6日公開 監督: 降旗康男  「鉄道員」 「憑神」 「あなたへ」 「少年H」 富山県の漁港で刺殺体が発見された。駆けつけた富山県警捜査
4. 「追憶」:オーソドックスな小品の味わい  [ 大江戸時夫の東京温度 ]   2017年05月13日 21:52
映画『追憶』は、なんで『追憶』なのかタイトルがピンと来ませんねえ。まあ、変なサブ
5. 「追憶」☆様々な形の愛  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年06月02日 17:15
評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもったテーマ曲だったかも☆

コメント一覧

1. Posted by ここなつ   2017年05月20日 14:00
こんにちは。
再会したところでどうなるものでもなし…全くその通りの内容でしたね。
ミステリーものというよりも、鬱屈した心情を描いた作品だったのかも。ただ、それにしては掘り下げが甘かったという気もします。
まあ、北陸の風景は美しかった、それだけは言えますね。
2. Posted by 風情☭   2017年05月24日 15:49
コメント感謝です♪

ですね、ミステリー要素はあくまでで、それぞれ闇
を抱えた者たちのドラマでしたね。
最近の流行りなんすかね?「怒り」や「北のカナリ
アたち」もこんな趣でしたよね。
何にせよこういう作りのドラマは大好物なところな
んで、なんら問題なしなだけに、もっと丁寧に作り
込んでくれてればの思いが強くあります。
ホント、もったいない作品でした♪ (゚▽゚)v
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年06月02日 17:20
風情さん☆
その通りですよね。
役者も実力ある人ばかりで豪華だし、雰囲気も映像も展開も良かったから、なんとなく凄く良い映画の様に騙されちゃうのですが、しっかり考えると酷く粗が目立ってモヤモヤしちゃうのです。
「もっと早く出会うべきだった!」の台詞は、監督が岡田君に任せて彼が考えて付け加えた台詞らしいですが、やっぱりそれが一番上滑りする原因でしたね。キチンとプロが考えたように、先ずはするべきでした。
4. Posted by 風情☭   2017年06月03日 21:59
コメント感謝です♪

そうなんすよ! 人気実力ともにかね揃えた中堅俳優陣、
映像美に音楽とすべて雰囲気にダマされちゃった感が
半端ない作品でした。決して悪くはないんですけどね。

>「もっと早く出会うべきだった!」の台詞

岡田クンが考えたセリフですか…。
まぁ言いたいことは解るんですが、もうチョイ説得力
が欲しいというかなんとうかなんですよね。

なんにせよ、もうちょい丁寧に作り込んでればと思わ
されるもったいない作品でした♪ (゚▽゚)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ