2017年05月14日

スプリット

SPLIT アメリカ
 ホラー&サスペンス
 監督:M・ナイト・シャマラン
 出演:ジェームズ・マカヴォイ
     アニャ・テイラー=ジョイ
     ベティ・バックリー
     ジェシカ・スーラ

【物語】     (シネマトゥデイ)
 高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。
帰りは、彼女とクレアの親友マルシアをクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし…。

 ご贔屓の監督さんということもあって、今まで大不評だった「レディ・イン・ザ・ウォーター」「ハプニング」を擁護してくるも「エアベンダー」ではさすがに擁護のしようもなく、「ヴィジット」以降は新作が公開されても劇場に足を運ぶ気にはなれず、ここのところ距離を置いていたM・ナイト・シャマラン。そんな中、多重人格という題材に漠然と往年の勢いを取り戻した感を感じなくもだったんで、久々にシャマランワールドを堪能すべく、張り切って観に行ってきた。

【ネタバレ要注意】
 同監督の「ヴィレッジ」をはじめ「エスター」「崖っぷちの男」といくつかのミステリー作品を途中で謎を直観とひらめきで見破った実績と自負があるんで、「今回も見破ってやんよ!」とかなり気を張ってヒントや伏線を見落とさずよう観るもミステリー要素はそれほど感じられず、思いのほかフラットな展開であると同時に思いっきり拝借したのか?「24人のビリー・ミリガン」の趣。
終盤に入るとビーストなる24人目の新たな人格…というより怪物がの登場に漠然と同監督作品の中ではあまり好きではない「アンブレイカブル」に似るなぁと思いながら観ていると、案の定というか、まさかというか、その「アンブレイカブル」との関連作品だった。
 夢か現か幻か?のオチと捉えたんで、犯人(多重人格状態)=ケイシー(基本人格)として着地してみた(そのまんまジェームズ・マカヴォイが多重人格もある)けれど、オレとしては同じ多重人格もののジョン・キューザック主演の傑作「アイデンティティー」のようなオチを期待したところだし、男のアジトにあるいくつもの部屋もそれぞれの人格を表す装いとなっているものだろうと予想して頭をつかっただけに今回の「アンブレイカブル」と絡んでますにモヤモヤとしつつもヤラれたの思いもありのない交ぜの感情に。
 と、シャマラン監督は以前ほどのパワーは感じらねぇことを再確認するも、最後の最後に「アンブレイカブル」の主役ブルース・ウィリスの登場と、クレジット後の本作と「アンブレイカブル」が激突のテロップに素直に「観てぇッ!」と思わされたことは、何だかんだ言ってまだシャマラン監督に期するところがあることを再確認ってぇ感じかな。

 多重人格者役だけに一人でいろいろなキャラを演じ分けないといけないジェームズ・マカヴォイはやりがいのあってオモシロくあっただろうけど、その反対に瞬時に入れ替わったりしなきゃなんねぇからきっと大変なことと思う。それだけにインパクトは抜群だった。
良くみればカワイイし、思いのほかナイスバディのケイシー役のアニャ・テイラー=ジョイの目力がとても印象的だったんで、オレが着地した通りのオチならば次回作に登場してくれことと思う。何にせよ注目しておくに損はなさそうだ。

notorious74 at 22:30コメント(5)トラックバック(5)劇場公開  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. スプリット〜トラウマの二乗?  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2017年05月14日 21:40
公式サイト。原題:Split。ジェイソン・ブラム製作、M・ナイト・シャマラン監督。ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリ ...
2. 「スプリット」:シャマランの大イタチ  [ 大江戸時夫の東京温度 ]   2017年05月14日 23:27
映画『スプリット』は、「結末は絶対ナイショだよ」(c)M.ナイト・シャマラン な
3. スプリット  [ 心のままに映画の風景 ]   2017年05月15日 12:02
高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートの誕生パーティーの帰り、車に乗り込んできた見ず知らずの男に拉致されてしまう。 薄暗い密室に閉じ込められたケイシーと2人の友人の前に、誘拐犯(ジェームズ・マカヴォイ)が現われるが…。 23の人格を
注・内容、他のシャマラン監督作品にも触れています。『スプリット』Split 監督・脚本 : M・ナイト・シャマラン出演 : ジェームズ・マカヴォイアニヤ・テイラー=ジョイベティ・バックリージェシカ・ス
5. 『スプリット』  [ こねたみっくす ]   2017年05月17日 00:29
M・ナイト・シャマランが帰ってきた! かつてアルフレッド・ヒッチコックの後継者とまで称されるも、稀代の一発屋として長年多くのファンのマトモな期待を裏切り続けてきた、あ ...

コメント一覧

1. Posted by mig   2017年05月16日 12:11
こんにちは〜!シャマラン本当にファンなのかわからなくなってきた副会長の風情さんコメントありがとうです!あはは、主演の子、よく見れば可愛いですか??怖い顔してますよね。魚顔って言われるそうです。ま、それはさて置き、元ネタがダニエルキイスのパクリの上で、あんな途方もない展開にしちゃうから今回ダメダメでした、ヴィジットの方がまだ面白いですよ!笑
2. Posted by 風情☭   2017年05月20日 10:55
会長、コメント感謝です♪

副会長ですか…【名誉会長】だったらお引き受けすると
ころなんすけどねぇ〜。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

それはそれとして、アニャ・テイラー=ジョイは決して
きらいな顔立ちじゃないっすかもです。
本作で彼女を知ったこともあって、7月に公開の彼女の
出演作の「ウィッチ」も何気に気になってます。

「24人のビリー・ミリガン」って出版されてからかれこ
れ20年近く経ちますよね。だけにベースなっていること
に「今さら?」感が大きくありました。
にしてもそれを「アンブレイカブル」と絡めることを思
うとやっぱシャマラン監督はただ者じゃねぇのかなぁと♪
(゚▽゚)v
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年05月21日 22:41
風情さん☆
「アンブレイカブル」は観てなかったので、驚愕のラストは別の意味で驚愕でした。
これから「アンブレイカブル」見てみますっ
4. Posted by 風情☭   2017年05月24日 15:57
コメント感謝です♪

「アンブレイカブル」未見ですか…。
だと、最後の最後にブルース・ウィリスの登場も次回作
との絡みというよりかは、友情出演的なものと受け取れ
かねないヤバいオチだったのだと今さらながらに気づか
されましたぜ。
ボクなんか数回観てようやく言いたいことを理解したく
ちなんで何とも言えないところですが、やっぱ「アン
ブレイカブル」は観ておいたほうがイイんでしょうね♪
(゚▽゚)v
5. Posted by sabunori   2017年06月28日 21:22
風情♪さん、こんにちは。
鑑賞後感想を書かずに放っておいた挙句
どんどん記憶が怪しくなった末に書いたメモ程度の感想にTB&コメント感謝です。
ケイシーの幼い頃の生い立ちは語られていたものの現在、そしてこれからについては謎のままだったのでそのあたりも次回作で描かれるのでしょうか。
私は間違いなく観ますよ、次回作。
あ、その前に全く記憶から消えた「アンブレイカブル」も観ておかねば。

「アイデンティティ」は名作ですよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 

  • ライブドアブログ